天神平と一ノ倉沢周遊

10月24日(土)                                               (記:山口 文嗣)

 暖かな晴天に恵まれた秋の一日、谷川岳天神平と紅葉の一ノ倉沢岩壁鑑賞を楽しんできた。地下80ⅿほどにある上越線土合駅に降り立ち、まずは地上の改札口まで、四百数十段の階段上りからスタートする。我々60歳代より上の山屋にとってこの駅と階段は非常に懐かしい思いがある場所であろう。上野駅から満員の夜行列車に揺られて午前2時頃に土合に着き、地上の待合室に良い仮眠場所を確保するために先を争って駆け上った思い出がある。今は夜行列車も廃止され、さぞや寂れているだろうと思って行ってみて、びっくり。多勢の若い観光客が降り立ち、写真を撮ったりしている。最近増えている鉄チャンやブームの鉄道遺産巡りの人たちのようである。                                            国道へ出て、上り線の踏切を渡り、谷川岳遭難慰霊碑を通り、ロープウェイ駅へ。紅葉の最盛期を過ぎているせいかさほどの混雑もなく、15分程の空中遊泳で、天神平に着く。さらにリフトに乗り継ぎ天神峠に登る。天気は良いがあいにく視界がやや悪く、至仏山や燧ケ岳は見通せないが、眼前には谷川岳の双耳峰からオジカ沢ノ頭、万太郎山、右側には白毛門、笠ケ岳、朝日岳が聳え立っている。天神平で眺望を愛でながらお弁当を食べてから再びロープウェイで下山。登山指導センターの前から旧道を登り、マチガ沢、一ノ倉沢へと向かう。天神平の紅葉は既に終わっていたが、旧道沿いはブナやサワグルミ、ミズナラの黄葉が真っ盛りであった。

一ノ倉沢では小疇先生から「谷川岳の氷河地形/一ノ倉沢を中心に」という、先生労作の小冊子を頂く。谷川岳東面の地形が氷河作用により形作られたという説明をお聞きし、氷河地形、モレーンの観察と解説を受ける。今までただ沢や岩を登っていたが、谷川岳にも昔氷河があったというお話を伺い、大変為になった。

帰路は湯檜曽川沿いの新道を戻る予定であったが、崩壊のため通行止めになっていたので、往路と同じ旧道をのんびり下った。バスの発車まで時間があったので、登山指導センター下にある谷川岳山岳資料館に立寄る。この資料館の館長は今年日本山岳協会の会長に就任された群馬支部の八木原圀明氏である。谷川岳の登山史や、谷川岳の動物、植物の資料・写真から、昔の登山用具まで、豊富な資料を展示してある。山岳愛好家であれば一度訪れてみるべき場所である。少人数であったが、かえって和気あいあいと、小疇先生のお話しもしっかりと聞けて、楽しいハイキングであった。