第2回 コース:林道口→小鋸山→白狐峠 平成26年12月21日(日)

コース:林道口→小鋸山→白狐峠      (記 小澤)

2回目は郡界尾根を横切る林道金谷元名線の林道口からの郡界尾根歩きとなる。

林道口にはとても小さく「郡界尾根」と看板があり、その下の方にこれまた小さく「危険注意」とあった。目印のテープやトラロープがあり、時々地図とコンパスで確認をしながら進む。切れ落ちた岩場のある尾根道があったり、トラロープが張ってあるところを降りたり登ったり一人ひとり慎重に歩く。 何度もこのような所を繰り返しながら行くと前方に風に揺られている目印のテープが見えたがそこが小鋸山の頂上だ。その頂上までは両方切れ落ちた尾根のアップダウンを慎重に行く。 頂上の岩場で昼食、その後下山するコースを見失うが直ぐにテープを発見して下る。これまたロープのある急な下りを慎重に降りた。

 白狐峠と言われている広々した場所に出た。ここはまた岩石採取場跡地で痛々しい山の姿があり、何とも言えない気持ちになりながらバス停まで林道を下った。

2-1.jpg   2016-1-31-2-2.jpg
写真1   写真2