⑥ (細尾横根~横根峠~志駒川横断点) 平成27年12月19日(土)

(細尾横根~横根峠~志駒川横断点)                  (記 吉野)

2016-1-31-6-1.jpg

 細尾横尾集落から取付きを目指すが2万5千の地図で探してもなかなか判かりづらい。幸いなことに最奥の民家の人が親切に入口を教えてくれた。山の斜面は早咲きのスイセンが一杯に咲き誇る。また一方で、山道に沿ってイノシシの罠や電気柵が設置されている。スイセンを踏まないよう、電気柵に触れないよう慎重に登っていく。
 11時過ぎ、前回誤った263ⅿのピーク周辺で正しいルートの特定を開始。これを南下し,途中で188メートルの三角点確認する。、20ⅿのロープを何度も使い、湿ってすべりやすい急斜面を慎重に下降して横根峠に降りる。長狭街道を横断してルートを探しながら約200メートル南に向かい、続いて東北東に向かうがここからは草茫々、たまたま市町境界杭があったのでそれを頼りに400メートル弱進み、最後は道路にコンクリート吹付をた上に出てしまう。それを避けてまたロープを使い何とか降りることができた。ここで志駒川源流域にぶつかり今回の踏査を終了した。