山行報告佐久の名山御座山とシャクナゲの高峯山

   佐久の名山()(ぐら)(さん)とシャクナゲの高峯山

           6月10日(土)~11日(日) (齋藤米造 記)

6月10日御座山 参加者7名                                                          

北陸新幹線佐久平駅からレンタカーで南相木村の栗生登山口へ。10:40出発、曇り空、新緑の中を11:35不動の滝着。1800m地点から見え始めたミツバツツジが、2000m地点ではピンクの花を美しく咲かせていた。ここから急登となり連続した鎖場を慎重に登る。稜線に近づくと足元にコイワカガミの可愛いピンクの花が現れ、疲れを癒してくれた。葉の先がお米のように見えるコメツガの幼木も見られた。13:35御座山2112m山頂。帽子が飛ばされるほどの強風で、厚い雲が垂れこめ、眺望は望めなかった。記念撮影後、少し下った避難小屋で遅い昼食とする。14:15避難小屋発、16:10登山口に帰着した。麓の滝見の湯で汗を流した後、今夜泊めて頂く佐久平在住の千葉支部会員小澤さん宅に向かう。小澤さん手作りの夕食は、山菜の天ぷら、鯉のあらい、うどの煮物や佃煮などなど、佐久の味覚が満載で一同大満足。お酒もたっぷりいただいて、持参のシュラフに潜り込んだ。

コイワカガミ

chiba-ogra-iwa20.jpg

 

6月11日高峯山 参加者8名 

昨夜の雨が上がり快晴。鯉こくと筍ご飯という贅沢な朝食をいただき、レンタカーで小澤さんを加えて8名で出発。当初黒斑山の予定だったが、シャクナゲの咲く高峯山に変更。9:40車坂峠1973mを出発。高峯山2106mまでは、コースタイム40分のところ、倍の80分かけて山頂へ。“今日は自然観察会。ピークハンティングするも良し、ゆっくり花を愛でる山もまた良し”と誰かがつぶやいた。登り始めてすぐ、クロマメの真っ赤なつぼみが足元に見え出し、やがてハクサンイチゲが真っ白な小さい花を付けている。最初の小さなピークに着いたところで“彩雲だ”という三木さんの声に後ろを振り向くと、鮮やかな青・緑・赤の虹色に染まった彩雲が、まるで天女の羽衣のように佐久の空に浮かんでいた。頂上に近づくにつれ、開花して間もないシャクナゲの群落が斜面いっぱいに広がっている。 11:00高峯山頂上着。澄み切った快晴の展望は360度。焼岳から五竜岳までの北アルプスの白い稜線がくっきり浮かんでいた。

シャクナゲ                                                                               彩雲

chiba-takamine.png  chiba-saiun.jpg