日本最後の秘境!「西表島発見の旅」案内(会員・支部会友限定)

日本最後の秘境!「西表島発見の旅」への募集要項(日本山岳会 会員・支部会友限定)

 

 今回の西表島は、日本山岳会千葉支部会員の安間繁樹さんから直接指導していただきながら行きます。

 皆さん、ご存じのように安間さんは、動物生態学者、農学博士。西表島及びボルネオ島の自然と人々の営みをあるがままに記録し続けることをライフワークとしています。

 著書には、「西表島探検 亜熱帯の森をゆく」、「動物が好き!イリオモテヤマネコをとおしてみえたこと」、「ネイチャーツアー西表島」等琉球列島関連の著書及びボルネオ島関連の著書が多数出版されています。

 このように、今回の西表島は、単なる登山ではなく、世界一西表島を知り、世界一西表島を愛している、安間さんと一緒に行ける一生に一度の大変貴重な旅になります。

 

今回の西表島の魅力の一端

①亜熱帯植物に囲まれたジャングルの島。

島という独特の生態系の中で、イリオモテヤマネコをはじめとした固有種の他、多種多様の亜熱帯の珍しい動植物が生息する生命の宝島。

②あまりに美しい夜の景色

夜の西表島は、昼と違う表情をみせます。空には満天星が輝き、ちょうどこの季節はヤエヤマボタルが、日没後の一時、地上の星のように幻想的な光を放ちます。

③マリユードの滝&カンビレーの滝

マリュードウの滝は日本の滝100選に選ばれている滝です。豊富な水量が特徴で、滝の落差は20mで2段になっています。水しぶきが丸い滝壺に流れ落ちる景観や轟音が壮観な自然美を映し出します。カンピレーの滝は西表島のほぼ中心部、広いナメ床で昼食をとりながら、ゆったり時を過ごします。

④ジャングルを歩くような古見岳登山

西表島最高峰、標高469.5mですが、標準コースタイム登り3時間、下り2.5時間です。

登頂までは渡河、ジャングルの急登、滝などがあり、登りごたえもありスリリングな登山となります。当然ながらイリオモテヤマネコの生息地、イノシシに出くわす時もあるようです。

 

「西表島発見の旅」募集要項

1.期日:①2018年4月12日(木)~16日(月)4泊5日 又は

    ②2018年4月12日(木)~17日(火)5泊6日

2.費用:概算8~10万円(飛行機代、高速船代、宿泊費、レンタカー代、その他)

3.参加人数:10~15名

4.日程

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

省略 詳細は日本最後の秘境!「西表島発見の旅」への募集要項(日本山岳会 会員・支部会友限定)PDFファイルを参照

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5.その他

・往復の石垣空港までの参考時間及び費用は後日連絡します。

・宿泊は、民宿として1泊2食で約7,000円前後となります。

・参加人数、宿などが決まりましたら、全体の費用を連絡します。

 

 参加申込の締切日⇒ 2018331日(木曜日)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

石垣島空港までの航空券は、早割がお得です。

また、利用便の希望時間内のチケットに限りがあるので、2月前半までに、参加申しみ、航空券の各自予約が必要。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

6.参加申込先:

  ①メールの場合:支部だより参照

    ②携帯メールの場合:支部だより参照

    ③携帯電話の場合:090-3346-1380

  ④FAXの場合:043-496-5785

  ⑤郵便の場合:〒285-0923 千葉県印旛郡酒々井町東酒々井3-3-484 

 

  以上、何れも山田紀夫宛でお願いします。

また、日数①4泊か②5泊かも合わせてお知らせください。

 

長くなりましたが、皆様の参加をお待ちしております。