アポイ岳 キタゴヨウ(北限)とハイマツの共存 2020年7月20日

アポイ岳 キタゴヨウ(北限)とハイマツの共存 (かんらん岩による特殊な環境) 2020年7月20日

 登山口から沢を渡った標高の低い所でキタゴヨウの小木が自生①。キタゴヨウの看板有り②、5合目避難小屋の尾根にも自生③。露出したかんらん岩帯で花を撮影し7合目から馬の背に入り、幌満お花畑分岐ではハイマツとキタゴヨウが共存④していた。⑤、⑥ 下山中五合目360mでハイマツが自生⑦。標高が最も低いハイマツ自生地と云われている。登山口の王子製紙社有林看板の近くでキタゴヨウが有り。ジオパークを見学後、幌満峡沿いの幌満ゴヨウマツ自生地⑧⑨とかんらん岩露頭⑩を見学。

アポイ岳の地質成り立ちはアポイ岳ジオパークで詳しく解説されています。

chibakitagoyou1.JPG chibakitagoyou2.JPG chibakitagoyou3.JPG 
① キタゴヨウの小木 ② キタゴヨウとアカエゾマツ森林植生看板

③ 5合目避難小屋の前

キタゴヨウとかんらん岩

chibakitagoyou4.JPG chibakitagoyou5.JPG chibakitagoyou6.JPG
④ ハイマツとキタゴヨウが共存 ⑤ 振返ってみたキタゴヨウ自生地 ⑥ キタゴヨウの5本葉
chibakitagoyou7.JPG chibakitagoyou8.JPG chibakitagoyou9.JPG
⑦ 五合目避難小屋前のハイマツ 標高360m ⑧ 幌満峡 天然記念物碑 ⑨ 幌満峡と樹林
chibakitagoyou10.JPG chibakitagoyou11.JPG chibakitagoyou12.JPG
⑩ 幌満峡 カンラン岩露頭 かんらん岩を研磨した案内碑 アポイ岳ジオパーク

アポイ岳のかんらん岩

割れた面