①最新ニュースの最近のブログ記事

千葉県房総 鋸山[車力道から観月台ルート]の現在 2020613()

天候は曇り後雨。 新型コロナ感染を防ぐための4月5日から緊急事態宣言の外出自粛が解かれ鋸山を4名で歩いてきました。

梅雨に入り、今日も雨予報。気象情報を確認すると関東南岸に雨雲が無く半日は持ちそうだ。千葉市でわずかな雨。8時分43分君津行快速、君津乗り換え浜金谷10時1分着。浜金谷で曇りガスが鋸山に掛かっていた。(写真①) 10時13分出発、車力道入り口(写真②)10時31分、昨年9月台風の倒木は、鋸山関連ボランティアにより、丁寧に処理されていて安全に歩けました。(写真③、④、⑤、⑥、⑦、⑧) 作業に携わった方々に感謝いたします。 霧の中の石切り場跡は、晴天と違った雰囲気だ。最後の急な連続階段は薄暗く(写真⑨)、イワタバコの花が少ない。(写真⑩) 尾根に出ると涼しい風にホットした。霧の中の樹林帯は倒木が幾つかあった。程なく、霧の山頂着(写真⑪)11時30。展望台に戻り中食、休憩12時-12時45分。靴にヒルが付いていた。下山途中の急階段で雨が降り出し傘を差して下る。観月台方向に向かい途中石切り場を見学、赤黒く錆びたウインチとショベルカーが残されていた。(写真⑫、⑬、⑭、⑮、⑯) 観月台分岐から少し日本寺境内方向に登り、岩登りの北壁ルート跡を確認。80mの垂直な北壁は樹々の合間に僅か見えた。階段を少し登ったが雨が気になり下ることに。尾根の二箇所で樹木が倒れ堆積岩が剥き出していた。安全のため、柵とロープが張られていた。(写真⑰、⑱) 林道登山口14時。温泉に。15時16分発の特急電車で千葉に。

chiba_noko1.JPG  写真① 浜金谷駅 霧の鋸山

chiba_noko2.JPG 写真② 車力道入り口 上は館山道

chiba_noko3.JPG 写真③ 樹林帯

chiba_noko4.JPG 写真④ 倒木

chiba_noko5.JPG 写真⑤ 処理された登山道

chiba_noko6.JPG 写真⑥ 細かく切断された杉

chiba_noko7.JPG 写真⑦ 車力道 樹木が倒壊し明るい

chiba_noko8.JPG 写真⑧ 車力道

chiba_noko9.JPG 写真⑨ 急階段

chiba_noko10.JPG 写真⑩ イワタバコ

chiba_noko11.JPG 写真⑪ 山頂 霧で見えない

chiba_noko12.JPG 写真⑫ 石切り場跡1

chiba_noko13.JPG 写真⑬ 石切り場跡2

chiba_noko14.JPG 写真⑭ 石切り場跡3

chiba_noko15.JPG 写真⑮ 石切り場跡3

chiba_noko16.JPG 写真⑯ 石切り場跡3

chiba_noko17.JPG 写真⑰ 観月台ルート崩壊場所1

chiba_noko18.JPG 写真⑱ 観月台ルート崩壊場所2

県外移動の自粛解除まで山行の自粛継続のお願い

2020年5月25日(令和2年) 

[ 県外移動の自粛解除まで山行の自粛継続のお願い ]

 緊急事態宣言の解除でも、1都3県の方の県またぎの横断は自粛継続と

思いますので、もうしばし自粛継続が必要です。

また生活圏での外出自粛が解除されるということで、すぐに山岳スポーツの

自粛が全面解除されるわけではないと私は解釈しています。

経済復興のために、焦って自粛を安易に解きすぎることは、コロナの第2波を招くことにもなります。

 自粛疲れでストレスも溜まっているかと思いますが、県外移動自粛が解除される6月中旬までお願いします。

日本山岳会千葉支部長 松田宏也

 

------------------------------------------------------------------------------------

日本山岳会だより[246号]より

山岳四団体から自粛解除後の山岳スポーツ再開にむけて基本的なガイドライン(指針)が示されました。

「政府の緊急事態宣言全面解除を受けて 山岳四団体」

https://jac1.or.jp/event-list/event-guide/202005268165.html

  具体的内容は上記URLを参照し、より詳細なガイドラインにつきましては自治体、所属の山岳団体、山岳会等のガイドラインを参考にしてください。

山行自粛継続のお願い 

山行自粛継続のお願い

緊急事態宣言が延長されるますので、日本山岳会からの山行自粛解除がでるまでは、山行の自粛をお願いします。

日本山岳会 千葉支部長 松田宏也

2020年度千葉支部通常総会の中止

2020年度千葉支部通常総会の中止

 59日(土)に開催を予定していた2020年度千葉支部通常総会は、新型コロナの感染拡大により開催を中止することに決定いたしました。

中止に伴い各議案の審議については、書面(ハガキ)による議決とさせていただきます。議題ごとに議決権を行使するか、あるいは委任するか選んでいただきます。議決権の行使は、会員のみとなります。4月下旬に会員の皆様に総会資料と返信ハガキをお送りしますので熟読のうえ回答くださるようお願いします。議決権行使書の返信用はがきには、総会資料に対するご意見・ご質問等の記載スペースがございません。誠に申し訳ございませんが、三田事務局長宛てにメールまたは電話等で、ご意見・ご質問等の連絡をお願いいたします。

 今後とも支部運営にご協力・ご支援を宜しくお願いいたします。

 

公益社団法人日本山岳会千葉支部

支 部 長 松田宏也

副支部長 山口文嗣

事務局長 三田 博

山岳四団体より山岳スポーツ愛好者の皆様へのお願い  日本山岳会だより[228号 山岳四団体からのメッセージ]

https://jac1.or.jp/event-list/event-guide/202004207602.html

令和2年4月20日

 山岳スポーツ愛好者の皆様へ (上記Websiteメッセージからの抜粋)

 新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。

山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。

 この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いいたします。

 《山岳四団体》

公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会

日本勤労者山岳連盟

公益社団法人 日本山岳会

公益社団法人 日本山岳ガイド協会

[2020年3月30日 新型コロナウイルス対応により5月6日まで支部山行を中止]

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、千葉県でも感染が急拡大しています。

千葉支部ではこの事態を受けて、メールによる緊急の役員連絡会を開き、

支部山行を当面5月6日(水)まで中止することに決めました。

それ以降の対応につきましては、状況によりその都度ご連絡いたしますので、

よろしくお願いいたします。

 千葉支部副支部長  山口文嗣   、山行委員長 三田 博

*****************  追加情報   *******************************

[令和2年4月1日 日本山岳会古野会長からの当会活動、および登山行動等についての例示、要請 ] 

新型コロナウイルスの対応について 大都市圏の皆さまへ

日本山岳会 会長 古野 淳

※抜粋です

 委員会・同好会などでの活動において、登山を含む不要不急の外出は当面の間、控えるようお願いいたします。外出の際にはくれぐれも三密(密閉、密集、密接)を避けるようにお願いいたします。高齢者の多い会です。感染の自覚症状のない元気な人たちが、他者に感染させて重篤な症状に発展させてしまうリスクを理解の上、団体(5人以上)での行動は慎み、また大都市圏から医療施設へのアクセスが制限される遠隔地へ感染を広げないようくれぐれも注意を払って行動してください。

さらに、クライミングや山スキー等、遭難事故を起こすことで、医療システムの負荷を高めてしまうことも考慮してください。

もはや、騒ぎ過ぎだとか、神経質になり過ぎだとか言っている時期は過ぎました。欧米での状況が数週間後の日本であることも想像して、節度ある論理的な思考で行動をお願いいたします。

不確かな状況ですが、当会としては迅速な対応をもって臨みたいと思います。

[2020/4/8 「緊急事態宣言」への日本山岳会の対応 号外 ]

会員皆様の行動、生活に関わるお願い

登山はじめ外出自粛、三蜜回避、集会、高齢者配慮など詳しくは、下記ページをご覧ください。

 https://jac1.or.jp/event-list/event-guide/202004077418.html

 

 

 

 

 

千葉県房総  富山と伊予ヶ岳の現在 2020年3月15日

1.千葉県房総富山の現在 2020315

 昨年9月と10月の台風で大きな被害にあった富山の状況を調べてきました。ルートは、富山登山者駐車場、福満寺、富山南峰、富山北峰、伏姫籠穴です(福満寺ルート、伏姫籠穴ルート 通行止めとなっています)。福満寺ルートは、①から⑥で危険な場所は少ないようです。伏姫籠穴ルートは写真⑧~⑩間で登山道の崩落、⑪と⑫の写真で広範囲な激しい崩落、⑬~⑮で沢山の倒木と階段の消失が見られました。台風前の穏やかな富山と異なり様変わりしていました。安易に伏姫籠穴ルートに入ってしまうことから、登山道の通行止め標識を掲げているようです。伏姫籠穴ルートは写真のように登山道の崩落と倒木が激しく通行止めは、暫く続くと思われます。国土地理院地図に写真番号示します。(記山本)

chiba_tomisanMap.JPG

chiba_tomi1.JPG

写真①福満寺ルート1合目付近

chiba_tomi2.JPG

写真②南峰下階段

chiba_tomi3.JPG

写真③南峰下階段

chiba_tomi4.JPG

写真④南峰下 倒木

chiba_tomi5.JPG

写真⑤北峰下階段

chiba_tomi6.JPG

写真⑥南峰山頂

chiba_tomi7.JPG

写真⑦階段が崩壊

chiba_tomi8.JPG

写真⑧登山道の消失 足場無

chiba_tomi9.JPG

写真⑨階段の消失

chiba_tomi10.JPG

写真⑩右上に階段の登山道跡 

chiba_tomi11.JPG

写真⑪激しい崩落

chiba_tomi13.JPG

写真⑫崩落上部 落石にも注意

chiba_tomi14.JPG

写真⑬倒木

chiba_tomi16.JPG

写真⑭階段消失

また、林道に合流する登山道入り口も崩壊していました。

 

2.千葉県房総 伊予ヶ岳の現在 2020315

 登山道の入り口は工事中で鉄板の上を歩きます。直ぐに処理された倒木。中間の樹林帯に杉の倒木があったり、階段が2か所壊れています。休憩所周辺は倒木が目立ちます。ロープのある岩場は、ロープ支点の木が倒れていました。北峰と南峰間に少し倒木があります。伊予岳は沢山の家族連れで人気があり、ロープのある岩場でお子様達の下る様子を観察できました。北峰まで歩けますが、本ルート以外の登山道は荒れているようです。国土地理院の地図に写真撮影地点を写真番号で示します。

chiba_iyogatakeMAP.JPG

国土地理院地図 撮影地点

chiba_iyogatake20_1.JPG

写真① 登山道入り口 工事中

chiba_iyogatake20_2.JPG

写真② 登山道入り口

chiba_iyogatake20_3.JPG

写真③ 倒木

chiba_iyogatake20_4.JPG

写真④ 休憩所小屋

chiba_iyogatake20_5.JPG

写真⑤ ロープのある岩場

chiba_iyogatake20_6.JPG

写真⑥ 南峰と北峰の間

chiba_iyogatake20_7.JPG

山頂  風景を楽しむ登山者

日本山岳会120周年記念事業 グレート ヒマラヤ トラバース ライブ報告

 重廣隊長含め3名の隊がカンチェンジュンガ~エベレスト~マナスル周辺を通過し、

 西ネパールをインド国境までの踏査遠征に出発しました。現在地がライブ報告として

 下記URLで確認することが出来ます。

  https://maps.findmespot.com/s/JC3M 

 

日本山岳会だより[224号]より

山の絵二人展 芳賀淳子・小出和子(日本山岳会スケッチクラブ会員)のご案内

元千葉支部会員(現北海道支部)の芳賀淳子さんから「山の絵二人展」のご案内を頂きました。是非とも、ご参加下さい。

期日 2020年2月16日(日)~2月22日(土)  

         10時30分~16時30分 (初日 13時00分~、最終日15時00分まで)

会場 東京交通会館地下一階エメラルドルーム

千代田区有楽町2-10-4 TEL 03-321-4-4288

chibasketch2020.jpg  chibasketch2020-2.jpg

千葉県房総 高宕山と御殿山の現在 2019年12月21日、22日

1.高宕山(石射太郎ルート)の現在 20191221

 99日、台風15号は中心気圧955hPa・最大風速45m/Sで千葉県に強風による甚大な被害をもたらした。この15号は気圧傾度が非常に高く瞬間風速は50m/Sを超え、最大57.5m/Sが記録された。県内では、送電線の倒壊、倒木や電柱の損壊で長期間の停電が続く被害が発生した。房総の山では、アプローチや登山道が倒木で通行不能でした。更に1010日台風19号の豪雨被害も発生した。そのため、登山が暫く難しい状況であった。12月になって地元の方々の努力により登山道の倒木処理が行われていて歩くことができました。

 登山口、駐車場を920分出発。樹林帯に杉の倒木が有り、石射太郎から尾根に出ると、見通しが良くなっていた。展望台の西側が崩壊。下ってから左に回る登山道は上部からの崩壊で埋まっていました。

chiba-takago1.JPG

登山口近くの杉林

chiba-takago2.JPG

展望台下の崩壊

苔道の先でも崩壊。岩崩れも有り。

 

chiba-takago3.JPG

苔道先の崩壊

岩盤上の樹木は根こそぎ倒れている状態です。地元のボランティアの方々がチェーンソーで切り、人が通れるようにしてくれていました。

chiba-takago6.JPG

登山道の倒木

尾根に出る手前でも杉の木が倒れ見通しが良くなっていた。

chiba-takago8.JPG

強風で倒れた杉

高宕観音堂くり抜かれた岩を越えると倒木が登山道を覆っていた。土の付いた根の大きさは直径10mもありそうです。ここは山頂に近いため強風で倒木被害が多かったようです。その先にも大木が4-5本登山道を覆っていました。

chiba-takago10.JPG

根こそぎ倒れた倒木  登山道の人と比較すると大きさが分ります

chiba-takago11.JPG

切断してくれていた木 

高宕観音階段下 2015年と今回の比較写真

chibatago2015-3.jpg 

2015年3月22日撮影

chibatakago2019-12.JPG

今回撮影  岩盤から根こそぎはがれています。周囲も明るく様変わりしています。

山頂直下の見通しの良い岩場は、足元が崩壊し、左からのルートに変更されていた。山頂からの光景。115分。常緑樹の葉が強風でちぎれ、落葉樹のようでした。

chiba-takago12.JPG

足場の消失した登山道(高宕山 山頂直下)

chiba-takago13.JPG

山頂からの光景

高宕観音に下り休憩、駐車場に14時に着いた。

2.御殿山の現在 20191222

 翌日、同メンバーで御殿山に。登山道の一部では豪雨によりで表土が流されています。倒木も少なく歩行に差し支えありません。御殿山山頂シンボルの大木が倒れ、処理されていました。

chiba_goden1.JPG

御殿山 大黒様下 倒木

chiba_goden2.JPG

御殿山 大黒様の上 倒木

chiba_goden3.JPG

御殿山 山頂の倒木