山行参加記録・報告の最近のブログ記事

2021.02.20 定例山行「乗鞍岳」

2021.02.20 定例山行「乗鞍岳」 

参加者:田路(L)、小林、小寺、長谷川久、曽我、山本、高橋、亀田(SL)

天気:曇りのち晴れ

 コースタイム:7:00ハーモニーホール⇒ 8:30国境スノーパーク駐車場⇒ 8:50 R-161国交省スノーステーション横登り出し(ワカン装着)⇒ 10:00湖東線34鉄塔(小休止)⇒10:55主尾根出会い⇒ 11:55 乗鞍岳(昼食)⇒12:35下山開始⇒ 13:30湖東線34鉄塔⇒ 14:00 国境スノーパーク駐車場⇒ 15:20ハーモニーホール

感想:天気が良い予報であったが国境スノーパークに到着するとどんより曇り空。R161を移動し国交省スノーステーション脇から登りだした。先日の雪で積雪量はしっかりとあり最初からワカンを装着。ワカンが初めての方やほとんど履いたことのない方もいて装着に少し手間取る。

 取り付く予定のルートに雪崩跡があったので少し遠巻きして登りだす。先行者はおらず真っ白の雪面にウサギの足跡が先導してくれるようにずっと付いていて、みんなで先頭を交代しながら進んでいく。湖東線34鉄塔でゲレンデからの夏道と合流したがゲレンデ側からの足跡はなし。この鉄塔から主尾根に出るまでが少し難儀した。時折腰までになる。雪庇を乗り越えて主尾根に出ると銀杏峰にも負けない強風とガスで見通しが悪い。強風でうっすら樹氷も見られた。張り出した雪庇に気をつけながらひたすら稜線を歩く。周りの景色は全く見えず心が折れそうになった頃頂上着。建物の脇で風を避けながらお昼ご飯を食べていると風が止み徐々に青空が。琵琶湖方面の竹生島もぼんやり見えた。

 下りは登りとは一転、青空のなか野坂山や岩籠山を眺めながら雪景色を満喫し、途中雪崩跡を横切る箇所もあったが、ふかふかの雪の下りは楽しくあっという間に湖東線34鉄塔に着いた。下りはゲレンデの方へ降りたが多くのスキーやスノーボード客で賑わってるゲレンデを横切るのはとても気を使う。

 雪山としてはマイナーな山で登山者が少なく足跡もルートの目印もない、地図や地形を見ながら自分たちで判断して歩く山行は経験値が上がって良い。ワカンやラッセルが初めての人たちも良い経験になっただろう。たまにはこういう山行も山岳会らしくていいな、と思う乗鞍岳山行だった。【亀田記】

2021.2.20 norikura2.jpg2021.2.20 norikura 1.jpg2021.2.20 norikura3.jpg2021.2.20 norikura4.jpg2021.2.21 norikura5.jpg2021,2,20 norikura6.jpg2021.2.20 norikura7.jpg2021.2.20 norikura8.jpg2021.2.20 norikura9.jpg2021.2.20 norikura10.jpg

2021.2.6 定例山行「西方ケ岳」

 2021年2月6日(土)

天候 : 快晴

参加者: 小寺(L)・高橋・山本・亀田・小林・曽我・舩田・長谷川久

コースタイム:駐車場出発 8:37 ⇒常宮神社 ⇒ 奥の院展望所 9:04 ⇒西方ケ岳 避難小屋 11:13~12:01 ⇒ 奥の院展望所13:22 ⇒ 駐車場 13:46

 感想:2月7日(日)の予定だったが、天気予報が悪かったので前日の6日(土)に変更しての山行となった。お天気に恵まれて青空の下 汗かきながらの山歩きとなった。 雪が緩んで 足元が危うい・・・  キョロキョロと景色に見とれて歩いていたら 踏み抜いて自力では這い上がれない ><。立ち止まって上着を脱いだり 汗を拭ったり。 何枚も着込んで暑そうに見えるのに涼しい顔がいる。 暑くないのか聞いてみたら「暑くない 汗かかない 平気よ!私は女優だから・・・」って、爆笑しました。 凄い(⌒∇⌒)

樹氷は見れなかったけど 落葉してすっきりした木立の間から敦賀湾に浮かぶ水島も見え、対岸の奥には白い山並みが連なって 青空に映える景色を楽しみながらの山歩きでした。                           【長谷川久 記】

13543716352404.jpg13543716403730.jpg13543716436159.jpg13543716496555.jpg13543716526270.jpg13543716567795.jpg13543716608116.jpg13543716649745.jpg【撮影:長谷川久】

2021.1.17 定例山行「日野山」

 

2021年1月17日(日) 

天候:曇り時々小雨

参加者:小寺、山本、田野、亀田、田路、長谷川久、小林、曽我、浜中(V) 

 コースタイム:8:55、平吹日野神社出発 ⇒ 10:00、室堂休憩所 ⇒ 10:10~11:10、山頂奥の院 ⇒11:10~11:15、三角点 ⇒ 11:20、山頂山小屋 休憩、ぜんざいパーティー ⇒ 12:50、下山開始 ⇒ 14:20、日野神社駐車場

 一週間前大雪をもたらした福井県嶺北地方であるが、ここ数日の気温上昇で雪かさも幾分減っている。新雪を期待したが、当日は出発時から小雨であった。それでも私は15~6年ぶりで2回目の日野山が楽しみだった。スノーシューかアイゼンかを迷う中、皆スノーシューを選択しリュックに背負って、田野さん(数日前に日野山登山)を先頭に出発。登山道は、雪がグチャグチャ、穴ぼこだらけ、時に川のように流れる水で、想像以上に歩きにくい状態だった。室堂休憩所に到着した時、私は、『室堂』という名前で早合点し、頂上はもうそこにあると喜んだのも束の間、「まだ5分の2あるよ」と言われ、がっくり。それからの急登(比丘尼ころがし)は、滑る、はまるの繰り返しで、なんて厳しい所だろうと思ったが「積雪のない時には、ロープがあるところだよ」と知らされ、納得した。ようやく積雪170センチ余りの鳥居をくぐり山頂に到着。三角点地点にも足を運んだ。本日は、曇天で残念ながら視界は望めなかった。

山頂奥の院前で記念撮影後、山小屋で恒例のぜんざいパーティー。初参加であったが、こんなに本格的で、おもちが一人あたり4~5個とびっくり!これだけ大準備していただき、本当にありがたいし大感謝でした。

帰りは、さらに雪が解けだしグチャグチャの雪道を滑り降りるように下り、なんとか全員無事に下山、解散となった。今回は、結局スノーシューもアイゼンも役に立たず仕舞いでしたが、ぜんざいがとても美味しかった。           【曽我雪枝 記】

13403904477566.jpg13403904509551.jpg13403904539367.jpg13403904548795.jpg13403904571319.jpg13403904577485.jpg13403904610167.jpg13403904632578.jpg【撮影曽我】

2020.11.30 定例山行「文殊山」

 2020.11.30 定例山行「文殊山」

参加者:亀田(L)、森田、長谷川直、濱野、舩田、加藤、田中

天候:曇りのち雨

コースタイム:9:05大村コース登山口出発⇒10:00小文殊⇒10:20大文殊(小休止)⇒11:20大村コース登山口

感想:天気予報では曇り予報だったけど朝方まで雨が降り続き、向かう道中も雲行きが怪しく決行するかどうか迷いながら登山口に着いた。集合時点では青空が見えていたためとりあえず予定通り出発。

大村コースには「七福神ラリー」みたいなものが設置されていて、小さな瓶に入った七福神が番号札と一緒にコース上に置かれているらしい。それらを順番に探しながら登っていく。二上コースとの合流地点までで5つあったが3番は見落としてしまった。

この時点でパラっと小雨が降ってきて上空もどんよりと暗くなってきたため、丹波岳・広野山への周回は諦め大文殊までの往復コースへと変更した。時期的にここから先の紅葉が見頃かと思ってこの日に山行設定したけど紅葉は終盤を迎えていた。それでも最後の色づきを見せてる木もあって、終わりゆく秋を感じながら歩いた。普段は大賑わいの文殊山だけど、あいにくの天気だったため大文殊は貸切だった。新しくなったお堂を参拝ししばし休憩。白山も雲の中だったけど日本海側はスッキリ見えていた。

下りは雨でぬかるんだ登山道を一気に駆け下り、下山直後に本降りの雨となりギリギリのタイミングで下りてこられた。結局3番、6番、7番の七福神は見つけることができなかった。

今回予定していた丹波岳・広野山周回コースはまた春の時期、お花見山行で行きたいと思う。          【亀田記】

PB300004-4.png新築なった山頂の文殊堂前で

2020.11.14 定例山行「野見ケ岳」

 

2020.11.14 定例山行「野見ケ岳」

天候:快晴

参加者:小寺、舩田、曽我、長谷川久、森永(L)

コースタイム:7:00松本合同庁舎→8:45登山口→10:30武周ケ池→11:50岩谷峠

秋の紅葉を求めて野見ケ岳へ。牧谷の登山口から野見ケ岳を目指し、武周ケ池、岩谷山へ向かいログハウスをゴール予定として、あらかじめ2台の車で来ており、ログハウスがある岩谷峠の駐車場にデポ車を回す。前回は12月に登り、積雪のため車をデポすることができず、車で30分かかる車道をひたすら雪にがぼり(福井弁)ながら下りてきた苦い経験があった。今回は事前に車道が通行可能か土木事務所に確認済みのため、足取りが軽い。

武周ケ池登山口までは、看板もなく分かれ道もあり少しわかりづらかった。初めから急所が続くが鉄塔を数えながら進むと、1時間半もかからずあっという間に山頂に到着。看板がポツンとあるだけでさっさと先を進むとすぐに池が見えてきた。青空の下、武周ケ池の周りの木はカラフルに色づき、その姿が池に鏡のように映り最高な気分を味わうことができた。岩谷山の分岐までは周りの山がよく見え、紅葉狩りを十分に満喫しながら、岩谷山で昼食を取り、分岐まで戻ることなくきれいに整備された道を進み、再び登山道に合流することができた。あとはなめこがないか目を光らせながら歩き、少し収穫できたところでログハウスに到着。12時にもなっておらずあっけない登山であった。駐車場には車が10台もあり人気のコースであることがうかがえた。           【森永 記】

20.11image0.jpeg20.11image1.jpeg20.11image2.jpeg20.11image3.jpeg20.11image5.jpeg20.11image6.jpeg20.11image7.jpeg20.11image8.jpeg20.11image9.jpeg20.11image10.jpeg

2020.11.1定例山行「鷲鞍岳」

 2020.11.1定例山行「鷲鞍岳」

天候:くもり

参加者:亀田(L)、船田、小林、加藤、長谷川久、森永、他ビジター3名

コースタイム:7:00松本合庁→8:20自然学校駐車場→8:30役場前コース登山口→10:40鷲鞍岳山頂→11:05-25ベンチ広場(昼食)→12:35国民宿舎前コース登山口→12:45自然学校駐車場

感想:鷲鞍岳は登ったことがない山だったのでどんな山なのだろうとワクワクしながら、集合場所へは家から直接向かった。福井県の山の本を頼りに車を走らせ「自然学校」の建物をみつけ、なんとか目的地に到着。時間があったので役場前コースの登り口を探したが、すぐには見つけられなかった。

 すぐに参加者と合流し、身支度を済ませ、いざ登山開始。まずは、背丈以上の草むらの中を進んでいく。あとから分かるが整備された道がほかにあったらしい。川の向こう側からは多くのバイクの音が聞こえ、気持ちよくツーリングで紅葉を楽しんでいるのをうらやまく思いながら、こっちは人力で息を切らし急坂を登っていく。見上げても後ろを振り返っても道は真っすぐ続き驚くほどの急坂である。わたしの前では「恐竜の足跡みたいな葉っぱはなんて名前だったかな、あーでてこない」と会話をされているが、木や花の名前はなかなか覚えられない。黄色や赤に染まった葉っぱが太陽に照らされ、森林パワーの癒しを感じながら、道中に出てくるお花よりいろいろな形のキノコにテンションが上がる。両手を合わせても足りないくらいの大きなキノコもあった。乾燥してない生きくらげを初めて見た。急坂を登りきると反射板が出てきて、遠くに雪化粧をした白山がはっきり見える。あっという間に鷲鞍岳山頂に到着。三角点にタッチをしたら、わたしのあとの楽しみは昼食タイムである。ほおばの葉がたくさん落ちているのをみると、飛騨牛を連想し余計にお腹が空く。お腹もギューギューと泣き出したころ、ようやく広場につき皆さんからたくさんのありがたい差し入れを頂く。わたしが持参したものはカップラーメンとパンだったが、やっぱり山の中で食べるランチは最高だ。心も身体も満足したあとは慎重に国民宿舎前コースの急坂をジグザクしながら下る。ゲレンデに出てから歩いてきた山を確認し、よくやったと我ながら感心した。【森永 悠琴記】

FullSizeRender.jpeg山頂にて

13010693255032.jpg13010693323734.jpg13010693364146.jpg13010693424846.jpg

13010695871517.jpg帰りに立ち寄った「仏御前の滝」              【写真撮影:亀田】

2020,10.25 定例日曜山行「三十三間山・轆轤(ロクロ)山」

天候:晴れ

参加者:小寺(L)、田路、長谷川久、曽我、亀田、ビジター(男)1名

コースタイム:6:30松本合庁→7:45~8:00倉見登山口→8:50夫婦松→9:20風神分岐→10:00~10:20轆轤山→11:00風神分岐→11:20~12:00三十三間山頂→13:30倉見登山口→15:00松本合庁

感想:今回の山行は24日(土)の予定が雨天だったため、25日(日)に変更、実施した。当日は雨の心配は全くなく、予定時刻に松本合庁をワゴン車に5名乗車で出発し、倉見登山口で田路さんと合流した。倉見登山口には水洗トイレ付きの丸太小屋が整備されている。付近には黄花の多いコスモスが満開できれいだった。イノシシの防止柵を抜けるとしばらくは林道で、周囲の杉林の下草をシカが食べてしまったのか、人工芝を敷き詰めたような風景であった。まもなく風神の滝を通過、昨日の雨のせいか水の勢いが凄く、見ごたえがあった。登山口から50分で夫婦松に着いたが、ほとんど枯れ木状態になっていたのがちょっと寂しかった。

風神分岐から低い木の間を抜けるような道を上ったり下ったりで、近くに見えた轆轤山は思ったよりも遠かった。轆轤山頂付近は木が無く、まあるい草原のようで見晴し抜群であった。花は少なく、トリカブトやアキノキリンソウが所々に咲いていた。

風神分岐まで戻って、まもなく三十三間山手前の展望抜群の芝生の広場に着く。ここからは周囲の山々をはじめ、眼下には若狭の町や三方五湖、遠くに若狭湾と日本海の大展望があった。ここで昼食をとっている人たちが何組かいたが風が強く寒そうなので、そのまま通過して11時20分に山頂へ到着、記念撮影し日当たりの良く、風のないところを見つけて昼食となった。

下山開始後、少し下ったところでマユミの花を見つけた。その後は足を止める花もなく1時間30分で倉見登山口へ到着した。【小寺記】

IMG_7965.jpegIMG_7966.jpegIMG_7969.jpegIMG_7979.jpegIMG_7983.jpegIMG_7991.jpegIMG_8017.jpegIMG_8020.jpeg

                                             【写真撮影 亀田】 

 2020.10.12(月)定例月曜山行「越前甲・加賀大日山」

参加者:亀田(L)、小林

天候:晴れのち曇り

コースタイム:8:00グリーンセンター⇒8:40新俣峠登山口駐車場⇒8:50登山口出発⇒9:15大日峠⇒10:20-10:30越前甲山頂(小休止)⇒11:45-12:35大日山山頂(昼食)⇒13:35-13:40越前甲(小休止)⇒14:20大日峠⇒14:40新俣峠登山口⇒15:30グリーンセンター

感想:当初7名の参加予定だったのが欠席者が相次ぎ2名での山行となった。クマの目撃情報が相次いでいる勝山へ少人数で向かうことへの不安もありつつ、集合時間が遅めだったため行き先は変更せず予定通り越前甲へ向かった。

登山口駐車場には先行者の車は1台もなく我々だけの山行となりそう。2人とも熊鈴をかき鳴らしながら登り始める。大日峠を過ぎロープが続く急登を、足下に咲くアキノキリンソウや全開で開いたリンドウ、ハクサンシャジン(?)などの花々に励まされながらよじ登って行く。傾斜が緩くなりだしふと顔を上げると、黄色に染まり出した葉が陽に照らされ黄金色に輝き、赤く染まった葉は青空に映えていた。

越前甲山頂に着き、天気が良く到着時間も早かったため加賀大日山まで目指すこととした。アップダウンを繰り返しながら、尾根から見える大日山の山肌は色づきがはじまってた。山頂手前からリンドウが多く見られたが旬は少し過ぎていた。

加賀大日山に到着し、白山展望絶景ポイントまで1分の標識があったので歩みを進めたが、生憎雲がかかっていて白山は望めず。荒島岳、法恩寺山、経ヶ岳は目視できた。

復路では少しずつガスが谷から上がってきてあっという間に周りは真っ白に。加賀大日山で集合写真を撮り忘れたので越前甲で写真撮影。往路で立ち寄った時は数匹しかいなかった赤とんぼが復路では大群が飛び交っていた。急登を慎重に下っていき、熊と遭遇することなく無事下山した。個人的にはまだ行ったことがなかった加賀大日山まで行けて良かった。【亀田記】

7VnjofzjSOGnkJhOHm1QAg.jpeg8ZR9stU7RQukJYG7q5JPXw.jpeg36%doeWPSQiUe+qBmF8YBw.jpegaZk7zcT+QXGMII3XM4TBVA.jpegb9HJ1yHaRKC6SwRmE5cbjw.jpegC3pK%sSVQ8+yT7HEyBQbrQ.jpegcqcvKKMlSkq9EXcikdw55g.jpegIMG_7900.jpegpECG%V29SbSs7S64fEnU2A.jpegPl7Jseq3R9WjcHG2LCCkkw.jpegStzTK94STka%lQcLHA1Htg.jpegxJ56UOiZTFG1CkY+VTZxjg.jpeg

2020.10.04(日)定例日曜山行「岩籠山」

 

2020.10.04(日)定例日曜山行「岩籠山」

参加者:亀田(L)舩田、小寺、田路、加藤、長谷川久

天候:曇り

コースタイム:7:00松本合庁⇒8:10岩籠山登山口駐車場⇒8:20駄口コース出発⇒9:00奥野山(四等三角点)⇒10:50岩籠山山頂⇒11:10インディアン平原⇒11:50-12:20ブナ林(昼食)13:00駄口コース登山口着

感想:天気予報が怪しい中とりあえず敦賀に向かって出発、敦賀に入ると小雨がパラつき始める。岩籠山駄口コース駐車場に着き田路さんと合流。どんよりとした曇り空であったが「雨が降ってきたら引き返そう」ということで準備をし登山開始する。

道中小雨がパラっときたが、登山道は樹林帯のため雨に当たることなく歩み進める。大きく成長したキノコはいっぱい生えていたが花は少なくママコナ、リンドウ、アキノキリンソウ、1輪だけキスミレを見つけた。ブナ林は色づき前で緑が薄くなり秋の静かな雰囲気が広がっていて、コロナ禍でマスク生活が続く日常から離れ清々しい空気を胸いっぱい取り込みリフレッシュした。樹林帯を抜け視界は開けたが山頂含め曇り空で眺望は望めず、うっすら野坂山や敦賀湾が見える程度。帰路でインディアン平原に立ち寄り巨岩を楽しみ、ブナ林まで戻ってお昼ご飯。一気に下山した。本降りの雨にならず歩きやすい気候のなか岩籠山を満喫した。【亀田記】

pNedOZivR7q0obCOvbkbmA.jpegA6PHnz7SQ%2UQ0EoO7FQmg.jpegC2uJU51UTmmdx6fC0yErVA.jpege0d6LzBDTaGE12PCZijRmQ.jpegEKm0jya+SlebtmR2xd+1nA.jpegIiDdDOiEQky4vFDGBBGAvg.jpegpvVyQLrPQvKMLzjsI4nIIg.jpegZN+klZEYQ6+GtFaIsO3b3g.jpeg

fullsizeoutput_a7e.jpeg

2020.09.29(火)取材協力山行「夜叉ヶ池」

 

2020.09.29(火)取材協力山行「夜叉ヶ池」

メンバー:舩田、亀田、撮影班2名

天気:曇り

資料映像を撮るため登山初心者という映像撮影の方々を夜叉ヶ池へ案内。

秋晴れの快晴という絶好の天気予報だったから楽しみにしていたが、向かう方角には暗い雲がかかっていた。登山口はひんやりと涼しく日差しもない。それでも天気予報を信じて夜叉ヶ池を目指す。

水場の写真も撮りたいということで登りは撮影ポイントを探しながら沢沿いを進んで行く。沢沿いには種類は少ないがいくつか花も咲いていた。沢から離れると急登が続くためスローペースで歩くが、やはり山歩きに慣れてないためだいぶん脚にきてる様子で、こまめに立ち止まりながら励ましながらなんとか夜叉ヶ池に到着。池に到着する手前の木道沿いにはリンドウがいくつか咲いていた。

太陽は雲に覆われ光不足で夜叉ヶ池の魅力は半減。待っていても太陽は顔を出さなさそうだったので、人がいないうちにドローン撮影を行う。ドローンを飛ばすところは初めて見るため興味津々で操縦や映像を見せてもらった。目で見ている以上に夜叉ヶ池は大きく、上空120mまで上げてやっと全体を捉えた。ただ、画面越しで見るドローン映像より実際に目で見る夜叉ヶ池の方が何倍も美しいと思った。ドローンでの撮影を終え、今度は岐阜県との県境へ移動し少し高いところから写真撮影。やはり真上からよりこの場所からの夜叉ヶ池の方が綺麗だ。しばらくすると岐阜県側から何組か登ってこられたので撮影を終了し、私たちも池のほとりに戻ってお昼休憩。撮影班の方が「この場所はとても気持ちが良くて休まるからずっといたいけど、下りのことを考えると憂鬱だ」とつぶやいた。その言葉通り、下りは目に見えて脚がガクガクなっていた。沢沿いまで下りてきて夜叉ヶ滝や沢、大ブナの木などいくつかのポイントで写真撮影をし、最後鳥居をくぐって無事下山し案内終了。映像ができたら一度見に行きたい。【亀田記】

image001.jpgimage002.jpgimage003.jpgimage005.jpgimage008.jpgimage009.jpgimage011.jpgimage012.jpgimage016.jpgimage017.jpgimage015.jpgimage018.jpg

 

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28