2021.1.17 定例山行「日野山」

 

2021年1月17日(日) 

天候:曇り時々小雨

参加者:小寺、山本、田野、亀田、田路、長谷川久、小林、曽我、浜中(V) 

 コースタイム:8:55、平吹日野神社出発 ⇒ 10:00、室堂休憩所 ⇒ 10:10~11:10、山頂奥の院 ⇒11:10~11:15、三角点 ⇒ 11:20、山頂山小屋 休憩、ぜんざいパーティー ⇒ 12:50、下山開始 ⇒ 14:20、日野神社駐車場

 一週間前大雪をもたらした福井県嶺北地方であるが、ここ数日の気温上昇で雪かさも幾分減っている。新雪を期待したが、当日は出発時から小雨であった。それでも私は15~6年ぶりで2回目の日野山が楽しみだった。スノーシューかアイゼンかを迷う中、皆スノーシューを選択しリュックに背負って、田野さん(数日前に日野山登山)を先頭に出発。登山道は、雪がグチャグチャ、穴ぼこだらけ、時に川のように流れる水で、想像以上に歩きにくい状態だった。室堂休憩所に到着した時、私は、『室堂』という名前で早合点し、頂上はもうそこにあると喜んだのも束の間、「まだ5分の2あるよ」と言われ、がっくり。それからの急登(比丘尼ころがし)は、滑る、はまるの繰り返しで、なんて厳しい所だろうと思ったが「積雪のない時には、ロープがあるところだよ」と知らされ、納得した。ようやく積雪170センチ余りの鳥居をくぐり山頂に到着。三角点地点にも足を運んだ。本日は、曇天で残念ながら視界は望めなかった。

山頂奥の院前で記念撮影後、山小屋で恒例のぜんざいパーティー。初参加であったが、こんなに本格的で、おもちが一人あたり4~5個とびっくり!これだけ大準備していただき、本当にありがたいし大感謝でした。

帰りは、さらに雪が解けだしグチャグチャの雪道を滑り降りるように下り、なんとか全員無事に下山、解散となった。今回は、結局スノーシューもアイゼンも役に立たず仕舞いでしたが、ぜんざいがとても美味しかった。           【曽我雪枝 記】

13403904477566.jpg13403904509551.jpg13403904539367.jpg13403904548795.jpg13403904571319.jpg13403904577485.jpg13403904610167.jpg13403904632578.jpg【撮影曽我】

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28