画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン入会案内・問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ
sline_376252699546753.jpg
第1回雪山学塾が令和3年1月16日(土)、谷川岳天神尾根を会場に開催された。栃木支部事務局長の前田さんの指導の下、星野、中島、田中の合計4名が7時に「道の駅みなかみ水紀行館」に集合した。
天気はそれほど寒くもなく、谷川岳の山頂がくっきり見える晴れ。心弾ませながら持ち物チェックを済ませ、9時にロープウェイに乗車。アイゼンを付け9時45分天神平を歩き出す。先に歩き出したグループのトレースに沿って進む。新雪が柔らかく膝まで沈み、スタートから体力を奪われた。10時27分、熊穴沢避難小屋に到着。避難小屋は雪に埋もれ煙突だけが突き出し、登山者の目印となっていた。11時45分(標高約1662m)天狗の留まり場に到着。小休止をとりながら山頂方面を望むが早朝とは一転、雪雲に覆われ薄暗くなる。11時52分下山を決定。深い雪に足を取られながらも12時15分避難小屋まで順調に下山。
sline_379220356074426.jpg

ここでビバーク訓練。スコップで4人分の穴を掘り終えたと同時に吹雪となり、ツェルトをかぶり昼食をとる。13時4分吹雪の中下山。ここからのおよそ30分が飛ばされそうな暴風雪に苦しむ。風上に背を向け低い姿勢でなんとか凌ぎスキー場まで無事にたどり着く。13時45分から滑落訓練。基本動作を繰り返し練習。無事に生還を喜ぶ下山者が続々と訓練脇を通り過ぎていった。あまりの天気の急変驚くと同時に、大自然の脅威に畏敬の念を覚えた。学ぶことの多い、貴重な体験となった。(田中 規王)☆感想昨年の黒斑山に続いて2回目の雪山、今回は谷川岳での雪山学塾に参加しました。初めて

使うピッケルで滑落訓練、スコップも担いで登りましたが実際何に使うのかわかりませんでした。ツエルトを張りビバーク訓練、ここでスコップの登場。スコップで雪をかいて場所の確保をし、座れる様に椅子を作りました。下山時は一時、飛ばされそうになるくらいの強風で焦りましたが無事下山する事が出来ました。今回の雪山で多くを学ぶ事が出来ました。今回の私の課題はロープ結びをマスターし、アイゼンの付け外しに時間がかかってしまったので練習をして今後に活かしたいと思います。次回も雪山学塾楽しみです。(星野 弘美)

sline_445834161701240.jpg 生まれ育った故郷の山・谷川岳。
まさか自分が、冬の谷川岳に足を踏み入れることができる日が来るとは思ってもいませんでした。初回の雪山学塾では、「自然をなめてはいけない」ということを教わったように思います。
たったの2時間。
双耳峰がはっきりと見えるほどの快晴から、風で飛ばされそうになるほどの暴風雪へと変化する。
これまでに味わったことのない、自然のチカラを体感しました。この日の最大の教訓は、暴風雪になる前に下山するという塾長・前田さんの判断です。
・12時から天候が悪化するという予報
・風向きの変化
・一緒に歩いているメンバーの力量
すべてを踏まえた上での、「今日はここで引き返そう」という天狗の留まり場での判断。
自分だけだったら、あのまま突き進んでいたでしょう。
山頂付近で、あの風を受けていたらと想像すると…今でも震えます。期せずして、ビバーク訓練が本物のビバークになるところでしたが、
一刻を争う状況の中、「必要なのは判断力と俊敏性」という塾長の言葉が脳裏にやきついています。
sline_445862915579882.jpg いざという時のために、想像力をはたらかせて、自分なりに装備を工夫したり練習を重ねてみようと思います。
夏山とはまったく異なる環境下で、多くのことを学ばせていただきました。
塾の開催を実現してくださった、栃木支部の前田さん、群馬支部の皆様に心から感謝しています。
今後の雪山学塾に向けて、日々自己鍛錬を重ねていきたいと思います。
生きて、笑顔で、あったかい家に帰るために。(中島 あづさ)

 

 

 

 

 

gnm-shibuou14_1.jpg

 

最新号!
群馬支部報「第14号」を発行しました

群馬支部では1月20日、支部報第14号を発行しました。この号では昨年秋の尾瀬合宿とその関連山行などの記事のほか、コロナ禍で縮小開催となり、昨年12月に終了した健康登山塾の総括を特集しました。
また10回目となる「群馬の藪山」シリーズでは西上州碧岩の南奥にそびえる栗小立(ククリ岩)を紹介しました。紙面は左の画像をクリック、またはこちらからもご覧いただけます。

謹賀新年

IMG_1129.JPG

恒例の初日の出山行。赤城長七郎山の頂から、筑波山の右手に登る初日の出にそれぞれの新年の願いと誓いを込めてご挨拶。
今年は6名が参加。下山後はおいしいアヒージョに舌鼓を打ち、心も温まりました。

2020年 健康登山塾 開催記録

◯ 赤城 長七郎山(第1回):令和2年9月12日

赤城大洞午前7時気象データ:天気 キリ・小雨、気温16℃、湿度100%、風 南東1.7m/sec(前橋)

 2020年の初回。新型コロナウィルス感染症流行の影響で開始を半年遅らせてのスタート。赤城山ビジターセンターでの検温の後、各自小沼駐車場に移動してもらう。簡単に企画趣旨、本日のコース、各種測定の意義・注意点を説明後7時30分に準備体操、その後4班に分かれて班ごとの紹介を行い、7時45分から順次スタート。小地蔵岳との分岐点と長七郎山山頂で血圧測定、着衣調整。小沼南側から道路に上がり、9時頃から9時30分に順次小沼駐車場に帰着する。帰着時測定ののち解散。終始遠望はきかなかったが、大粒の雨もなく、無事終了する。上毛新聞社 三神記者の取材あり。22名の塾生参加(1名欠席)

 

◯ 赤城 地蔵岳(第2回):令和2年10月17日

赤城大洞午前7時気象データ:天気 小雨、気温5℃、湿度96%、風 北0.8m/sec(前橋)

 2020年の第2回。小沼駐車場に午前7時集合し、検温・手指消毒の後、簡単に企画趣旨、本日のコース、各種測定の意義・注意点を説明する。とくに今回は雨天で木道や岩が滑りやすい場合の歩き方、下山時の膝に優しい着地法を意識するよう伝達する。準備体操の後、4班に分かれて班ごとの紹介を行い、7時45分から順次スタート。八丁峠を経て、地蔵岳山頂には8時15分から30分ごろにかけて順次到着し、血圧測定、着衣調整などを各自行う。雨天だが視界は良好で大沼や黒檜山がよく見える。各班10分程度の滞在時間をとり、その後、8時30分頃から同じルートを下る。9時00分から9時10分頃にかけて順次小沼駐車場に帰着する。帰着時測定ののち解散。雨天ではあったが転倒者等はなく、無事終了する。上毛新聞社 三神記者の取材あり。20名の塾生参加(3名欠席)

◯ 赤城 黒檜山・駒ヶ岳(第3回):令和2年11月7日

赤城大洞午前7時気象データ:天気 晴、気温11℃、湿度77%(前橋)、風 西北西1.2m/sec(前橋)

 2020年の第3回。午前7時大沼湖畔「おのこ駐車場」イベント広場に集合、各種測定とコース説明、本日のポイント「下肢の関節に負担の少ない歩き方」の解説を行う。その後、準備体操を行い、7時40分頃から、2班は黒檜山西側の尾根から黒檜山頂-駒ケ岳経由の周回コースに、残り2班は駒ケ岳往復コースに順次出発する。駒ケ岳往復メンバーは8時30分から8時50分ごろ順次山頂に到着する。黒檜山-駒ケ岳周回コースメンバーは9時から9時20分ごろに山頂に到着する。黒檜山頂では山頂北側の展望ポイントでの写真撮影等で約20分を費やし、9時30分ごろから順次下山を開始する。黒檜山-駒ケ岳周回コースでは下肢への負担が大きいため、一部メンバーに腓腹筋痙攣などが見られた。10時10分から11時10分にかけて、駒ケ岳往復コースのメンバーから順次下山を完了し、11時20分には終了となる。天気予報は当初曇り時々雨であったが、実際には晴れ間の多い曇りで、風もなく気温も高めのため、登りではかなり暑く感じたメンバーが多かった。黒檜山の山頂北展望ポイントからは一部の山の山頂に雲がかかるものの、展望良好であった。22名の塾生参加(1名欠席)

 

◯ 高崎市根小屋城址(第4回):令和2年12月12日

前橋地方気象台

 午前7時気象データ:天気 晴、気温7℃、湿度72%、風 北西2.9m/sec

 午前7時高崎市金井沢碑駐車場に集合、各種測定とコース説明、本日のポイント「1年を通じて坂道を歩こう」の解説を行う。その後、準備体操を行い、7時20分頃から4班に分かれ根小屋城址周回コースに順次出発する。各班メンバーは8時から8時30分ごろに根小屋城址(山頂)に到着する。根小屋城址では山頂北東側の高崎市街の展望を楽しみながら各班とも約20分、時間を費やす。押し出し式に各班は8時30分ごろから順次下山を開始する。下山は北側の里山道を下り、上信電鉄踏切を渡って、出発

20201212.jpg

点に戻る。各班9時から9時30分ごろに下山完了する。天気予報は当初曇りであったが、実際には晴れ間の多い曇りで、風もなく気温も高めのため、登りではこの季節にしてはかなり暖かく感じた。下山後は今年度最終回のまとめの会と写真撮影を約30分間行い、10時に解散となる。20名の塾生参加(3名欠席)

 

 

 

 

<全体総括>

 2020年は新型コロウィルス感染症蔓延に大きく影響を受け、当初開催予定の半分を年後半に実施するという予想外の展開となった。しかしながら、そうした社会状況にもかかわらず参加してくれた塾生ならびにスタッフの健康管理、健康増進への意欲は極めて高く、感染症を含む疾病に対する最大の対策は日頃から健康な体づくりに励むことという健康登山塾のコンセプトがかえって強調される結果となった。幸い、各回とも参加者の健康状態は優良で、この半年の活動をきっかけに更に健康度を上げることが期待できると思われた。集合時の体温チェックやマスクをつけての登山など、通常とは異なる対応が課されることになったが、特に大きな健康上のトラブルもなく2020年の健康登山塾が無事に完了できたことは、塾生ならびにスタッフの多大な協力によるものであり、企画代表者として深く御礼申し上げたい。

(塾長 齋藤繁)

IMG_1083(1).JPG

健康登山塾2020が無事終了しました

12月12日(土)、今年度最終回となる「健康登山塾」第4回目の現地講座を高崎市の観音山丘陵で開きました。金井沢碑入り口から歌碑の点在する歴史と里山の自然をたどる道をたどり、根古屋城址から出発点に戻る4.5kmほどの周回コースでおこないました。

最後に修了証が手渡され、齋藤繁塾長のまとめの言葉で締めくくりました。

来年度の詳細が決まりましたらホームページ上でお知らせします。

筑波山(支部山行)

| コメント(0) | トラックバック(0)

筑波山は穏やかに晴れていました

IMG_1048(1).JPG IMG_1052(1).JPG IMG_1055(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年最後となる支部山行で筑波山へ。栃木支部からの参加者1名を含めた6名が筑波山神社から御幸ヶ原へのコースで、女体山、男体山を登ってきました。展望は少しかすみ気味ながらも眼下の霞ケ浦から太平洋、そして東京スカイツリーと東京都心から富士山まで。そして、ふるさとの山「赤城」も見えていました。

IMG_0985.jpg   IMG_0994(1).JPG

健康登山塾2020 第3回現地講座

11月7日(土)、今年度の「健康登山塾」第3回目の現地講座を小春日和の赤城山で開きました。今まで雨に泣かされた登山塾でしたが、今日は最高の登山日和でした。黒檜山から駒ケ岳へ縦走するグループと、駒ケ岳往復のグループに分かれ、赤城外輪山内壁の直登ルートで急斜面の登り下りを実践的に学び、また血圧などの測定で登山と身体への影響を記録しました。次回は12月12日(土)、今年の健康登山塾のまとめを高崎市郊外の史跡を訪ねるコースで行います。(健康登山塾はすでに募集は締め切られています)

IMG_0996(1).JPG

IMG_0946.jpg

健康登山塾2020 第2回現地講座

10月17日(土)、今年度の健康登山塾第2回目の現地講座を赤城山地蔵岳で開きました。雨模様で気温4度という悪条件下でしたが、しっかりとした雨具、防寒で、小沼から地蔵岳までのコンパクトなコースを往復し登下降の基本を学習。また行動中には血圧なども測定し、健康登山を実践的に学びました。次回は11月7日、同じ赤城山の黒檜山で少し長めのコースを歩く予定です。(健康登山塾はすでに募集は締め切られています)

コロナ禍で開催が見送られていた今年の「ぐんま山フェスタ」ですが
このほど、WEB上で開催されることになりました。

URLは次の通りですが、Twitterから「群馬の山歩きベストガイド」があたる懸賞企画も注目です。
https://yamafes.jp/

これからコンテンツもますます充実されていきますのでご期待ください。

群馬支部報13号

| コメント(0) | トラックバック(0)

13-20200916.jpg

 

群馬支部報第13号を発行しました

群馬支部報第13号を発行しました。5月に書面での開催となった通常総会や夏山の支部山行や個人山行を中心にまとめました。PDFファイルはこちらから。ぜひご覧ください。

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

山を楽しむための6つの約

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード