画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

第3班(8/4~5)
渋峠~野反湖(約24Km) ぐんま県境稜線トレイル③は、渋峠~野反湖。中山さんと田中の2名の参加となった。稜線トレイルはサポート無しでは成し遂げられない。今回は「道の駅八ッ場ふるさと館」に集合。そこから武尾さんに渋峠まで送っていただくこととなった。「道の駅八ッ場ふるさと館」~渋峠までおよそ1時間で到着。途中、日本国道最高地点で下車。朝日に照り輝く草津白根山、芳ヶ平の美しさに息をのむ。

サポートをしていただいた武尾さんに手を振り元気にスタート。歩き出して20分で横手山(2307m)登頂。水と食料を積んだ重いザック、一歩目から急登で早くも汗がにじんだ。スキー場のゲレンデを下り途中から登山道へ入る。道標や草津峠や鉢山の説明が記された看板など、長野県が設置したものには「ぐんま県境稜線トレイル」のプレートが取り付けられてなかった。歩き出して4時間、赤石山(2109m)登頂。山名の通りなぜかここだけ赤茶色の岩場となる。絶壁から360°の大パノラマ。眼下には、真っ青な大沼池。最高のビューポイントである。P_20180804_111026.jpgここで初めて「ぐんま県境稜線トレイル」のプレートを発見。そこから約1時間進み湯ノ沢ノ頭付近、倒木により登山道遮断。なんとかよじ登りクリア。しかし、その辺りから笹藪が深くなり登山道の踏み跡が分かりづらくなる。大ベテランの中山さんに続きゆっくり進む。そんな中、水芭蕉や綺麗な苔の群生地があり深い山奥の大自然を感じた。事前情報で登山道が荒れていることは聞いていたが2m以上もある藪漕ぎは、わたしの予想は超えていた。幸い天気がよかったのでサバイバル気分を楽しむことにした。歩き始めておよそ8時間。15:30宿泊場に到着。深い笹藪と倒木により「五三郎小屋・水場」の道標はあるが、辺りはまるでジャングルのようだ。
この日は天気がよく大量に汗をかいたせいでさすがに疲れた。小屋のすぐ横に水場があり、冷たくておいしい水が確保できたことが

P_20180805_082233_HDR.jpg

せめてもの救いだ。この日は、笹藪を踏みつけ平場を作り、ツエルトを張って寝ることにした。


二日目。空が明るくなるのと同時にツエルトから這い出て綺麗な空気をたくさん摂取。気分良好。計画した時刻より早く6:00にスタートした。藪をかき分け道を探しながら稜線までのジャングルでもがく。顔の高さまである笹をかき分け急登を登り続ける。振り返ると思わず「オーッ!」と声が出た。四阿山、草津白根山、横手山等、踏破してきた山々が朝日に照り輝いていた。
歩き出しておよそ1時間、大高山(2079m)登頂。朝露で袖までびっしょりになった。今日は、野反湖周辺の山々を踏査するため根井さん、西田さん、島さんが野反湖三壁山登山口からスタートしている。事前に用意した無線機で交信成功。途中で交差することを確認。野営一泊しただけだが早く合流し会いたいな、そんな思いであった。登山道はその後も昨日同様、踏み跡が分かりづらい。ゆっくり進む。歩き出して2時間半、山深い中に突如広がる爽やかな草原。絶景カモシカ平に到着。さらに急登を登り切ったところで振り返るとまたまた絶景。踏破してきた山々とカモシカ平。歩き出して3時間、高沢山(1906m)登頂。P_20180805_094511.jpgその先で西田さん、根井さん、島さんと無事合流。差し入れをいただき元気倍増。帰路のサポートを確認し、お互い歩き出す。歩き出して4時間、三壁山(1974m)登頂。そこからは、野反湖を望みながら登山口まで下る。無事に踏査終了。このコースは景色よりも山深い静かな樹林帯を楽しむには良いかもしれない。そのために登山道の整備は必須。安全登山のために、しっかりとしたコースに仕上げていきたいと感じた。(田中)

 

8月10日ぐんま県境稜線トレイル登山道の確認を行っていた県の防災ヘリ「はるな」が横手山東麓で墜落し県防災航空隊員と吾妻広域消防本部職員の経験豊富な精鋭9名を亡くしてしまったことは痛恨の極みであり心からご冥福をお祈りします

7月下旬、私たちが調査山行のために野反湖から八間山、堂岩山へと向かう途中、上空を白砂山稜線に接近するヘリを見た。隊員の一人は機外に出て地形の把握に努めていた。ぐんま県境稜線トレイルの全線開通が迫り、訓練にいそしんでいる姿を見て、頼もしく、また頭の下がる思いで見送った。

山行報告 馬蹄形縦走

日時;2018年8月11日(土)、12日(日)
コース;谷川岳馬蹄形縦走
行程;土合→白毛門→朝日岳→清水峠→蓬峠(蓬ヒュッテ泊)→茂倉岳→谷川岳→天神平

ぐんま県境稜線トレイルが8月11日に全線開通となった。この記念登山ツアー「山の日イベントin谷川岳(みなかみ町)」(主催:谷川岳エコツーリズム推進協議会・群馬県山岳団体連絡協議会)が行われ、同協議会の構成組織の1つである日本山岳会群馬支部からも多くの会員がスタッフとして参加した。私もその一人として『ぐんま県境稜線トレイル馬蹄形縦走ツアー』に加わった。

DSCN2155.JPGのサムネール画像

馬蹄形縦走コースは当日の行程で私のGPS計測では、距離24.7km、累積標高差+2812m、-2200mであり、標高2000mを超える山はないものの、8つの主要ピークと小さなギャップのアップダウンは、それを遂行する強い気力と体力が要求される。また、この上越国境は、天候が安定しないことでも屈指の地域と言える。

多くの登山者の間で、この縦走コースを1日でこなして初めて一人前と言われてきた。空と稜線の区別がつくように明けてくるのを待ちきれないように出発し、日暮れ前には西黒尾根を下ってくる。そんな仕組みである。

このコースで要求される気力・体力・天候の次に挙げられるのは知恵かもしれない。持つ水や食料を含め身軽な行動がとれるようにすること、また最初のピークの白毛門まで標高差1000m強の急登を急がず遅れず歩いてペースをつかむことの二点が特にポイントのように思う。

今回のこのコースの参加者のほぼ半分は女性であり、またこの両日における谷川岳ロープウェイを利用した天神尾根コースの谷川岳往復のハイカーも若い人が目立ち、山を目指す人が増えるとの期待を抱かせた。(記:まゆ)

8月11日(土)「の山の日」に、群馬県みなかみ町の谷川岳一帯を舞台に、山の日イベントin谷川岳が開かれました。群馬支部が主管する自然観察ツアーに加え、天神尾根からの山頂往復や清水峠弾丸ツアー、そしてぐんま県境稜線トレイルの一部を歩く1泊コースの、馬蹄形縦走と谷川岳から平標山を目指す縦走コースなどへ支部から14人がスタッフとして加わり、その運営に参加しました。

IMG_1010.JPG

IMG_1030.JPG

第2班(7/30) 

毛無峠~渋峠 photo1.JPG日本山岳会群馬支部は、支部創設5周年のイベントとして、『ぐんま県境稜線トレイル』のリレー踏破を行っている。第2回となる毛無峠-渋峠のルートを2018年7月30日に縦走した。

1.ルートの概要 『ぐんま県境稜線トレイル』(以下稜線トレイル)で毛無峠-渋峠間は、長野県と接する17km、うち遊歩道・登山道が3km、残り14kmが舗装道路である。万座温泉周辺が遊歩道、ここから山田峠近くまでが登山道で、前半が針葉樹の中に木道や階段の道、後半はササ原の道となる。この辺り一帯を含む上信越高原の広い範囲が国立公園であり、ルートはほぼ中央分水嶺に沿っている。コース難易度は現時点で未決定であるが、A2相当である。

 アプローチは自家用車が便利であるが、渋峠、万座温泉へは定期運行バスの利用も可能である。毛無峠は、万座温泉等宿泊施設による送迎を利用できる可能性がある。万座温泉から先の車道は、例年11月中旬から4月下旬まで冬季閉鎖される。

 約100kmの稜線トレイルで、舗装道路は唯一ここだけである。歩くことをどう考えるか、第4項で述べてみたい。

2.コースガイド
photo2 .JPG毛無峠から県道112号線の緩い上りを北上する。左手に北アルプスの遠景と北信五岳の山並みが広がる。足元にはホタルブクロ、ウツボグサなど。

県道466号線の起点となる三叉路で右に折れて東進する。こんどは群馬県側の視野が広がる。亜高山帯特有のコメツガ、オオシラビソなど針葉樹の鬱蒼とした山並み。

万座温泉街までは緩い下り。ここから遊歩道に入り、万座川左岸に渡る(注1)。川に沿って登ってゆくと、樹林帯に入り、木道や木製の階段が続き次第に高度を増してゆく。ここではゴゼンタチバナ、マイズルソウ、アカモノなど。

樹林帯を抜けるとササ原の道となる。道標がないので注意深く踏み跡を追う。高度が増すにつれ右の白根山、左の横手山が近くなる。最後に少し下って国道292号線に下り左に行くと、山田峠の道標と避難小屋が見える(注2)。

このまま国道を行く。右に大きくカーブする所に国道からそれて渋峠に向かう登山道があるが、ルートが明瞭でない。国道を上りあげると、標高2,172 m国道最高地点の碑があり、ほどなく渋峠に着く。

photo3.JPGのサムネール画像

(注1)橋は3本ある。最上部の橋は現在通行止め
(注2)避難小屋は現在立入禁止

【標準的な歩行時間】

・東進ルート 約5時間 (距離;17km、累積標高差;+648m、-317m)
 毛無峠→1:00三叉路→1:10万座峠→0:25万座温泉(万座住民センタ)→1:40山田峠→0:50渋峠

・西進ルート 約4時間30分 (距離と累積標高差は東進ルートを参照)
 渋峠→0:30山田峠→1:20万座温泉(万座住民センタ)→0:30万座峠→1:20三叉路→0:50毛無峠

【注意点】県道112、466号線はセンターラインのない狭い道であり、また国道292号線は観光道路として往来が激しい。車道を歩くときには車やバイクに十分注意しよう。

3.コース上又は周辺のハイキングコースなど
【登山・ハイキング】
・御飯岳(2160m)(ぐんま百名山、信州百名山)
・老ノ倉山(2020m)
・笠ヶ岳(2075m)(日本三百名山、信州百名山)
・草津白根山(2171m)(日本百名山、ぐんま百名山) (注)2018年6月現在、噴火警戒レベル2で立入規制中
・岩菅山(2295m)(日本二百名山、信州百名山)
・毛無峠から破風岳を経て西進する稜線トレイル
・渋峠から横手山を経て東進する稜線トレイル
・渋峠から芳ケ平を経て草津温泉

【温泉・スキー】
・草津温泉;日本を代表する名湯。湯畑を中心に古い風情の温泉街
 https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

・万座温泉;標高1800m。通年自家用車で辿り着ける日本最高所の温泉
 http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php

・万座温泉スキー場

【その他】
・毛無峠;名のとおり、木々が少なく荒涼としている。小串鉱山の硫黄採掘による伐採や亜硫酸ガスで一帯が裸山に。鉱山は昭和
 46年に閉山。今の峠にはグライダーマニアやライダーが集う。

4.エピローグphoto4.JPG約100kmの稜線トレイルで毛無峠-渋峠間は一部を除き舗装道路である。この区間をどの様につないで100kmトレイルを完結させるか、チャレンジする各人の思惑はいろいろであろう。
当支部でも、この区間は、徒歩の他、ロードバイク、ランニング、車での通過で“縦走”としている。一方、そのようにこだわって線でつなぐ方法の他に、前項で例示したように、このエリアでは、温泉、スキー、登山、ハイキング、バードウォッチ、ラジコングライダー、バイク、曲竹筍狩り等々、多様な楽しみ方が可能であり、それらすべてはトレイルの精神に合致するはずである。(日本山岳会群馬支部;まゆ、Merapi、山頂珈琲)

支部報第8号発行

| コメント(0) | トラックバック(0)

群馬支部報第8号を発行しました。

gunm201807no8.jpgのサムネール画像

北アルプス・焼岳

| コメント(0) | トラックバック(0)

平成30年度第3回支部山行 
上高地集中「焼岳」

2018年7月21日(土)・22日(日) 
北アルプス・焼岳(長野県)

今回の支部山行・上高地集中には7名が参加。乗鞍岳と焼岳の2班に分かれて実施した。
焼岳班は沢渡からバスで上高地へ。まずは河童橋まで行ってみた。そこで穂高連山を望む。振り返ると、これから登る焼岳が朝日に照り輝いて微笑んでいるように見えた。わたしにとって初めての北アルプス。涼しさと、まるで絵はがきのような景色に感動し、ワクワクしてきた。

焼岳登山口には、爆発と土石流の注意喚起を促す看板が目についた。活火山であることを再認識して歩み出す。整備されたなだらかな樹林帯を少し進むと水場があった。

2018072102.jpg

さわやかな冷水が流れる沢に架かった橋を渡り、さらに進むと徐々に傾斜がきつくなる。数カ所の梯子をクリアすると、谷側が切れ落ちた痩せた登山道。その辺りからは、焼岳が近く見えるようになった。急傾斜のアルミ製梯子を登り岩場を超え、笹の斜面をジグザクに進みやっと?焼岳小屋に到着。ザックを下ろし長めの休憩。この日は風もなく大量の汗をかいた。焼岳小屋から
 

2018072101.jpg

数分で焼岳を目の前に絶好のビューポイント。登山者同士写真を撮ったり撮られたり撮影会。ここから引き返す登山者もいた。周囲からは蒸気が立ち上がり、活火山であることを実感。ヘルメットをかぶる登山者が多い。今にも崩れそうな巨大な溶岩ドームに少し怯えながら、急なザレ場を登り続ける。山頂直下の鞍部でオーストラリア人の素敵な女性に声をかけられ疲れが一気に吹っ飛んだ。元気になったところで山頂直下のさらに急なザレ場を登り切り、ようやく焼岳山頂についた。360度の大パノラマ。穂高連山、笠ヶ岳、槍ヶ岳。眼下には上高地のホテルや湖が我々の下山を静かに待っているように見えた。

2018072103.jpg

夜は河童橋に寝転び星空観察。下界は記録的災害猛暑。さわやかな上高地山岳研究所に泊まり心に残る山行となった。(田中記)

神々の遊ぶ庭 カムイミンタラ~北海道の屋根・大雪山へ

7月21日・22日の2日間にわたり、北海道層雲峡温泉および大雪山系で第34回となる日本山岳会の全国支部懇談会が開かれました。
群馬支部からは4人が参加。1日目は層雲峡のホテルでの講演会と懇親会。講演会では山岳写真家で層雲峡・大雪山写真ミュージアム館長の市根井孝悦会員が大雪のおおらかな大自然と花の素晴らしさなど、その魅力を熱く語ってくれました。懇親会では全国の岳友とも打ち解けた雰囲気の中で語り合い、豊かな時間を過ごしました。
2日目は3コースに分かれ、大雪での交流登山を楽しみました。群馬支部の4人は黒岳を往復するコースに参加。登山口ではエゾシマリスがお出迎え。登り始めは雲に覆われた大雪も、黒岳山頂に立つ頃には見事にその姿を現してくれました。チシマノキンバイソウの群落も見事でした。(根井記)

IMG_0959.JPG

IMG_0977.JPG029.JPG

八間山

| コメント(0) | トラックバック(0)

野反湖東岸八間山

新ガイドブック調査山行報告
日時;2018年7月20日(金)
コース;八間山
行程;野反峠→八間山→堂岩山→地蔵峠→池ノ峠

DSCN3440.JPG

前々日の例会時、日山協の会長で、当支部の設立メンバーでもある方から、『山岳(第十四年第一号)』(大正九年一月発行)の複写をいただいた。「信州笠ヶ岳と横手山」及び「白砂登山記」の記事が掲載されている。私たちの進めている『群馬県境稜線トレイル』リレー踏破の参考のためだと理解した。アカデミックな背景を理解したうえで、実証の場であるフィールドに歩を進めれば山を広く深く理解できるのだよという示唆として。

大正九年当時、白砂山登山の入口となる野反湖畔(当時は湿原の中に点在する池を総称して野反池と呼ばれていた。昭和28年から31年にかけて東京電力が水力発電用ダム湖として建設して野反湖となる)に立つまでのアプローチの大変さは並大抵ではなかった。軽井沢を朝4時に出発し、花敷温泉に着いたのが夜7時過ぎ。また、白砂山往復には二晩の野営を余儀なくされている。

記事を読んで驚くのは、地元の人々が日常的に山深く分け入り、地形・気象や産物を熟知していたことである。生活の糧を得るために歩いた踏み跡が今の登山路につながっている。大正六年に日本山岳会の先達が歩いたその道を私たちも今日歩いた。私たちの装備は技術的に改良されているだろうが、一歩の歩幅が変わらないように、探究心も約100年前と変わらないハズだと感じつつも、困難さが格段に違うことから生ずる輝きの差は避けがたいように思えた。(リーダ:コーヒーを頂で)

ぐんま県境稜線トレイル完全縦走へ第一歩

IMG_0948.JPGのサムネール画像のサムネール画像

7月14日、3名の本隊が長野県境の鳥居峠をスタートし、四阿山を目指した。全長100km、鳥居峠から谷川馬蹄形を経て土合へ下る長大な「ぐんま県境稜線トレイル」へのチャレンジがいよいよ始まった。一方、サポート隊はこの日パルコールつま恋のゴンドラ

DSCF3292.JPG

での荷上げもかねて、ゴンドラ山頂駅から四阿山を目指し、山頂で本隊と合流。

本隊はさらに北上、途中一泊し毛無峠を目指した。サポート隊は新入会員や健康登山塾受講生を含む13人。読図などの実地学習をしながらの登山となった。

 

稜線トレイル完全縦走はこの後、さらに北上し渋峠、赤石山から野反湖を経て、新規開通区間から谷川連峰へと進めていく。9月16日に白毛門から土合へと下山する予定。

ぐんま県境稜線トレイル全線は8月11日に全線開通となる予定で。同日、谷川岳天神平で開通セレモニーが行われる。

健康登山塾第4回 現地講座

7月7日(土)、健康登山塾の第4回講座を実施しました。今回は足場の不安定な急斜面の登降で筋肉群と心肺機能の強化を狙い、赤城の最高峰を目指しました。あいにくの天気予報でしたが、天気も何とか持って、一部コースを変更し、駒ヶ岳先回りの黒檜経由と駒ヶ岳往復の2班で行いました。展望の利かない急登を黙々と。時間に少しゆとりのできた駒ヶ岳班は山の天気のワンポイントや赤城の植生なども学びながらの現地講座でした。というわけで写真は登山前の準備運動の様子です。

IMG_0943.JPGのサムネール画像


次回は9月8日(土)、同じく赤城の地蔵岳で行います。*健康登山塾はすでに参加申し込みを締め切っています。

 

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード