画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン入会案内・問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

 黒斑山 2020/03/21 

kurohu01.jpg

楽しさ満点 春山満喫

3月21日、群馬支部7名と栃木支部1名で、春の浅間山系黒斑山へ。蛇骨岳まで往復する4名と、雪上歩行や読図のトレーニングをしながらゆっくり黒斑山までを往復する4名の2パーティーで登り始める。

振り返ると北アルプスが登るにつれて高さを増し、3連休の中日でトレースも固く締まり快晴の空のもと快適に登る。槍ヶ鞘を過ぎると眼前には約束の浅間の雄大な姿が飛び込んでくる。

 

 

kurohu02.jpg

トーミの頭へのガレ場は一部雪も消えかけていたが、特に問題もなく、さらに黒斑山まで足を延ばす。晴天にも恵まれ、岩場のトーミの頭も狭い黒斑山の山頂もかなりの混雑。

下山するころには雪も緩み、予定していた滑落停止の練習はできなかったが、2パーティーともほぼ同じ時刻に登山口に戻ることができた。

 

kurohu03.jpg

健康登山塾2020の情報はこちら

IMG_0713.JPG

早春の低山歩きで地図読み実習

 八王子丘陵・茶臼山 2020/03/01 

3月3日、快晴に恵まれ、前橋市上川淵公民館のトレッキングサークル0の仲間たちと八王子丘陵・茶臼山へ。読図やナビゲーションを中心に、座学で学んだことを実習しながらの山行でした。あまりの好天に、勉強を忘れそうなほど。

赤城、榛名から浅間・西上州と続く大展望。南から西にかけてはかすみがちでしたが、それでも奥秩父もくっきり。この丘陵のふもとで生まれた日本山岳会3代会長の登山家・木暮理太郎も、幼いころこんな景色を眺めたのだろうかと、ふとそんな想いにひたりました。

 

IMG_0714.JPG

八王子丘陵は標高300m足らずの低山ですが、展望も良く、縦走気分も味わえます。長短いろいろなコース取りができますが、今回は東毛青少年自然の家から三本松コースを登り主稜線に。茶臼山は主稜から少し外れているので、十字路のピークから尾根を往復。主稜に戻り、明るい早春の尾根道をたどり、石切り場跡を「見学」して、スタート地点に戻りました。(根井)

IMG_0715.JPG

sIMG_1139.jpg

 戸神山・高王山 2020/02/29 

眺望が良いと教えていただいた、沼田市・戸神山へ行って来ました。

天候が良かったこともあり、駐車場は満車でした。

登山口付近で出迎えてくれたのは、地元の方が製作された木彫りの干支オブジェ達。

毎年大晦日になると、翌年の干支のお披露目となるそうです。

sIMG_1157.jpg

2月とは思えぬ暖かさに、汗だくになりながら登ること約40分。

山頂からの眺めは、まさに絶景です!

眺めを楽しんでいると、戸神山を愛する地元の方々が声をかけてくれました。

聞けばこの方々、ほぼ毎日登られているとのこと。

地元の方々が色々とガイドしてくれるのが、戸神山名物であり、魅力なのだと実感。

戸神山から高王山までの道には、日影にうっすら雪が残っていました。

長めの休憩を含めて、約3時間半。

単独行でしたが、この眺望と、沼田の方々との会話のおかげで充実した時間となりました。

 (情報提供:中島あづさ)

sIMG_1165.jpg sIMG_1178.jpg

 

2020kenkou.jpg

 

「健康力」「登山力」をアップし、豊かで充実した日常生活を!

日本山岳会群馬支部では今年も健康登山塾を開講します。開催は4月から11月まで(8月を除く)の全7回。赤城山系などで行います。

募集締め切りは3月末日です。詳しくは左記の募集リーフレットをご覧ください。申し込みはこちらからメールで送信できます。

*応募者多数の場合は抽選となり、4月上旬に受講決定を通知いたします。

IMG_0702.jpg
IMG_0709.jpg
 

2月15~16日、茨城県つくば市で栃木・千葉・茨城・群馬の4支部合同懇談会が
開かれました。

各支部から43人が参加。15日は各支部の活動報告と「霞ケ浦と筑波山の環境問題」
と「赤道直下の氷河の山ー日本・エクアドル友好登山隊」の講演。そして懇親会。
群馬支部からは北原支部長はじめ6名が参加しました。

16日はつくばの「宝篋山」の里山歩きと歴史探訪に分かれ、懇親を深めました。
4支部持ち回りで開催し、来年は4月に群馬支部が榛名山に3支部を迎えます。

sP_20200211_081818.jpg

 水沢山(水沢観音コース)2020/2/11 

「景色よし水沢山」
 天気予報を見てから登山届けを提出。澄んだ景色を求めて水沢山へ。
 未明にうっすら積もった雪で駐車場は真っ白。
 8時過ぎに歩き出す。気温は低いが風もなく快適。
 すでに下山する人、トレランで往復する人、ソロ、家族や団体、愛犬を連れている人など様々でいつ来ても人気の登山コースだ。
 山頂からは、富士山はもちろん、筑波山、八ヶ岳、浅間山、スカイツリーまで確認できた。
 北方面は全面雪雲に覆われていた。
11時前には下山。水沢観音は大賑わいで、駐車場は満車であった。                 (情報提供:田中 規王)
 
 

sP_20200211_093715.jpgsP_20200211_092455.jpgsP_20200211_093915_HDR.jpg

 
   

 

sDSCF1817.jpg

  ヤカイ沢 2020/02/02 

◆平標山エリアにあるヤカイ沢山行を紹介します。◆ 

 今シーズン初めての山スキーで平標山ヤカイ沢に入った。驚くほど雪が少なく岩魚沢林道もヤカイ沢との分岐手前300mでようやくスキーを履くことができた。ヤカイ沢にはすでに数パーティーが先行しているようで霧の中から何ケ所かでにぎやかな声が聞こえていた。ヤカイ沢自体も積雪量が少なくブッシュが多くスキーでおられた枝が多数散乱している状態であり、今回はスキー靴の慣らしが目的なので、標高1700mから滑走して帰路に就いた。

sDSCF1826.jpg

 下山したら国道沿いに15台の車が路肩駐車していた。平元新道への踏み跡がかなりあったので平標山への登山者もいたものと思われる。

 私の記憶では10数年前までの土日は元橋駐車場がきちんと除雪されていたが、近年は除雪しないようである。帰路は越後湯沢ICに抜けたが、かぐらスキー場の駐車場は15時過ぎでも満車であった。

                     (情報提供:北原秀介)

sRIMG4306.jpg

 谷川岳天神尾根 2020/1/25 

 

 天神尾根をひたすらアイゼンを効かせて登る。

 天気晴朗なれど風強し。風速10mはあろうかと思われる突風が吹き荒れる中、膝まで埋まる程度の雪面を踏み抜きながら。

sRIMG4341.jpg

 ロープウエーは8:30が始発であったため、登山開始は9:00、山頂には11:30、肩の小屋で同行のNさんを12:00まで待って下山開始。

 スキー場には休み休み14:00に到着。

 お山が機嫌よく顔を見せてくれた。(情報提供:田村和彦)

sRIMG4317.jpg sRIMG4349.jpg

 

sIMG_1091.jpg 

赤城・長七郎山 2020/01/24 

 

小沼駐車場は全面圧雪、凍結。車両なし。

小沼駐車場10:30発~小地蔵岳11:00~長七郎11:00(休憩20分)

~小沼湖畔11:45~八丁駐車場12:00(様子見)~駐車場12:15

sIMG_1094.jpg

 雪は、元日に比べても若干増えているものの、長七郎からの下山では、山頂近くなどは、無雪部もあり。日も上がっていたため雪が緩んでおり、吹きだまりでは踏み抜くこともある。

入山状況は、下山時の小沼湖畔で登り対抗の単独女性が1名と、八丁駐車場手前で、準備中の男性1名にすれ違ったのみ。下山後の駐車場でも、自車のみ。

 道路は、カーブ35過ぎから圧雪・凍結部あり、鳥居峠から小沼方面へ分岐後は、ほぼ全面で圧雪・凍結あり。

(情報提供:萩原公平)

sIMG_1096.jpg sIMG_2338.jpg

 

 

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

山を楽しむための6つの約

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード