画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン入会案内・問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

 

sRIMG5211.jpg

「甲武信ヶ岳」 山行記録 2020/7/30~31

 

 7月30/31日、甲武信ヶ岳に行って来ました。

  7/30は、終日合羽着用の登山でした。

 自ずと視線は足元に注がれ、長雨で元気に育った「コケ」にばかりレンズを向けていました。

sRIMG5226.jpg

 甲武信小屋は、徳さんこと山中徳治さんが古希を過ぎ、本当に隠居の身となったようです。

 後を引き継いだのは、十文字小屋の小屋番宗村紀子さんの息子さん、宗村洋一さんご夫妻です。

  ハキハキとした受け答え、大きな熊さんのような印象です。

sRIMG5238.jpg

 夕食はお決まりのカレーライス。

 なんだカレーか、と侮るなかれ。

 このカレーを食べたいために、全国津々浦々から多くのファンがやって来るのです。

  しかし、変わったのは小屋番だけではありません。 

 小屋を利用するには、尾瀬のように予約とマスクが必須となりました。 

 利用したい方は、下界と同じ感覚で山小屋を利用するようお願いします。
sRIMG5244.jpg

 7/31は、十文字小屋が小屋番不在で開いていないため、来た道を戻りました。 

  山頂で30分待って見たものの、富士山はおろか金峰も見えず、只管ピッチをあげて下山しました。

  毛木平に戻ったらなんと青空! ようやく梅雨明けでしょうか。 

 南相木滝見の湯で汗や垢を落とし、南相木十割蕎麦を頂いて今回の登山をしめくくりました。

情報提供:田村和彦

sRIMG5270.jpg sRIMG5309.jpg

P7193870.JPG

上高地山研で夏山合宿「上高地集中」

毎年恒例の「日本山岳会上高地山岳研究所」(山研)での集い。今年は7月18日の一泊で行いました。前々日から1人が信濃の山のピークハントへ、そして3人が常念岳、5人が爺ヶ岳を登り、18日夕刻9人が山研に勢揃いしました。

今年はコロナ対策で山研の宿泊人数も抑えられる中でしたが、楽しく登り楽しく語り合う夏の初めの支部のメイン行事を無事行うことができました。

来年も実施予定です。このページをご覧のみなさん、日本山岳会群馬支部の仲間になって一緒に北アルプスを登り、上高地で語り合いましょう。

 

常念岳(7月17~18日 常念小屋1泊)

7月17日、一ノ沢から入山し、常念岳を登り、その日は常念小屋泊。雷鳥の出迎えに感激しきり。雲の切れ間に常念乗越から槍の穂先もチョイ見。2日目は往路を下山し、仲間の待つ上高地へ。(CL:田中)

P_20200717_143500.jpgP_20200718_055904.jpg   P_20200718_070008_HDR.jpg

 

爺ヶ岳(7月17~18日 種池山荘1泊)

7月17日、扇沢から入山。柏原新道で種池山荘を経由し、爺ヶ岳へ。小屋への帰路では雷鳥とも遭遇。2日目は往路の柏原新道を扇沢へ下山。北アルプスでは最も歩きやすいといわれるこの道も、部分的には雪渓の横断やがラバもあり、油断は禁物。扇沢から途中、松本で食材を調達して上高地へ。(CL:根井)

IMG_0836.JPG   IMG_0833.jpgimage0.jpeg
naka001.jpg

「憧れのお花畑 平標〜仙ノ倉」

 6月27日、梅雨の合間の晴れ予報に期待し、ぐんま県境稜線トレイル・平標山〜仙ノ倉山へ行って来ました。

 朝6時半の時点で、第一駐車場は満車。

 さすが、花の百名山です。

naka002.jpg

 今回は松手山を登るコースを選択。

 登り始めは濃い霧に覆われていたものの、五合目の道標あたりからは青空が見え始め、あちこちで歓声が!

 青空や色とりどりのお花にエネルギーをもらい、疲れも忘れ、あっという間に山頂到着です。

 平標山頂から仙ノ倉山への稜線は、まさにお花畑!

 ハクサンイチゲやハクサンコザクラ、ミヤマキンバイ等の可愛らしいお花が、あたり一面咲いています。

 展望も良く、人々を魅了してやまない理由を実感しました。

naka003.jpg

 今回の山行では、「分水嶺」とはどういったものか、考える機会に巡り合いました。

 お花だけでなく、こういった地理的な特徴についても学びたいと思いながら、階段が続く平元新道を下りました。

 1,300mの標高差。

 学び多き、楽しい山行となりました。

            (情報提供:中島あづさ)

 

 

 

 

 

 

 

 

sDSC_1322.jpg

 

2020/6/27(土)の平標山

お花が見頃です。(写真提供 星野弘美)

sDSC_1336.jpg
sDSC_1341.jpg sDSC_1368.jpg
sDSC_1383.jpg sDSC_1442.jpg

miyama.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本山岳会群馬支部自然観察会

「湯ノ丸高原でミヤマシロチョウに会おう!」

 

主催:日本山岳会群馬支部

担当:自然保護委員会

協力:嬬恋村高山蝶を守る会

 

 

内                                     容

1

目 的

   絶滅が危惧される貴重な高山チョウ・ミヤマシロチョウの不思議な生態を学ぶとともに、

   登山を通じて自然と関わることの素晴らしさを親子で体験する。

2

場 所

   湯ノ丸山(群馬県吾妻郡嬬恋村)

3

日 時

   2020年7月11日(土)※雨天中止(中止の場合は前日PM8:00までに連絡します)

4

集   合

解   散

9:00 湯ノ丸山地蔵峠駐車場(北側鉄塔付近)

    15:00 湯ノ丸山地蔵峠駐車場

5

参加対象者

   群馬県内に住む小学1年生以上の親子

   定員8組(最大25人まで)※応募者多数の場合は抽選とします。

6

参加費

  子供500円 大人500円※傷害保険を含みます。

7

スタッフ

日本山岳会群馬支部に加入の会員(自然保護委員会会員ほか)

8

コース概要

湯ノ丸山地蔵峠駐車場~湯ノ丸山登山口~コンコン平周辺~湯ノ丸山山頂~湯ノ丸山地蔵峠駐車場

 

 

9

 

 

申込方法

インターネットからの申込はこちらから

または、参加申込書に必要事項を記入し6月30日までにお申し込みください。
参加申込書のダウンロードはこちらから

※参加承諾は、計画書の発送をもって通知いたします。

申込先:371-0051 前橋市上細井町1200-7

日本山岳会群馬支部事務局

Tel・Fax 027-237-0026

nei@k1.wind.ne.jp

※参加費は当日ご持参ください。

10

服装

持ち物

  食料:昼食、行動食(食べやすく好きなもの 非常食も含む) 水1人1ℓ以上

 装備 :雨具(セパレーツのもの)、防寒着、ヘッドランプ、手袋、帽子着替え:下着の上下、靴下、
    予備手袋等

  保険証  :健康保険証、持っている方は山岳遭難・捜索保険証

11

その他

1、キャンセルの場合は、必ずご連絡ください(当日のキャンセル・問い合わせは木暮まで)

2、湯ノ丸山地蔵峠駐車場をご利用ください。

3、登山経験が長く、登山技術や自然に関わる知識が豊富な山岳会員が引率・指導いたします。

4、事故のないように、引率・指導者の指示に従って行動してください。

5、保険証、着替えは、保護者の方がご持参ください。

6、新型コロナウイルスの影響で中止になることもあります。

12

問い合わせ先

自然保護委員会

  木暮幸弘090-1838-1486

 事務局

  根井康雄080-3506-3567

 

2015-10-02 12.01.04.jpg

gnm2005sibuhou_1.jpg

 

群馬支部報第12号を発行しました。今まで年2回の発行を3回に増やします。今号では冬から春にかけての山行報告を中心にまとめました。PDFファイルはこちらから。

群馬支部主催の「健康登山塾」は4月の開講を5月に延期しましたが、コロナウイルス感染拡大が続き緊急事態宣言が延長される中、5月の開講も難しい情勢となり、6月も確実に開講することが見通せないため、9月開講を目指すこととしました。また9月開講もできなない場合は今期の健康登山塾は中止とします。

9月開講の場合のその後の予定は下記の通りです。9月から11月までは当初予定の通りですが、12月は追加となります。

9月12日(土) 「長七郎と小沼周回」
10月17日(土)「地蔵岳」
11月7日(土) 「黒檜山」
12月12日(土)「高崎市 金井沢碑から根小屋城跡往復」

なお、今期健康登山塾の募集は既に締め切っております。

新型コロナウイルス感染症の影響で、現在5月6日(水)まで全国に緊急事態宣言が発令され、これに伴い、山岳四団体から事態が収束するまで「登山スポーツ行為の自粛」が要請される中、ぐんま県境稜線トレイル活用促進協議会ではトレイルへの入山を控えるよう呼び掛けています。詳しくは同協議会ホームページをご覧ください。

登山自粛のお願い

| コメント(0) | トラックバック(0)

山岳スポーツ愛好者の皆様へ

新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。
山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。
新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。
全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。
この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いいたします。
山岳スポーツに係わる皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。
近々事態が収まり、山で、岩場であるいはスポーツクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。

山岳四団体
公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 日本山岳ガイド協会

健康登山塾2020には20人の募集に120人の応募をいただきました。

 

受け入れ能力の問題もあり、みなさまのご希望に沿いえないことをお詫びします。受講決定の通知はメール、電話でお伝えしておりますが、ご不明な場合は支部事務局までお問合せください。

なお上毛新聞での紙上健康登山塾も4月から始まります。
また日本山岳会群馬支部では自然観察会などの企画も予定しておりますので、山でお会いできることを楽しみにしております。

ベルクハイル!

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

山を楽しむための6つの約

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード