画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

鬼怒沼湿原・鬼怒沼山

新ガイドブック調査山行

日時;2018年6月22日(金) 

コース;鬼怒沼湿原・鬼怒沼山

行程;大清水→湯沢出会→展望台→最大露岩→物見山→鬼怒沼山→鬼怒沼湿原→物見山→最大露岩→展望台→湯沢出会→大清水

 大清水から片品川にかかる大清水橋を渡ると、タイムスリップしたかのように静か大自然の中に入り込む。林道を30分弱で物見橋を渡る。行く手には物見山が高い。右側には廃鉱の根羽沢金山がある(分かりにくい)。

 湯沢には大きな倒木を削って作った橋が横たわる。コケに覆われ水量が多い時以外、実際に利用することは勧められない。湯沢を渡ると木の根が出ている急登になる。40分余りの急登で大きな露岩の上に出と、先日登った四郎岳が三角定規の形に見える。さらに20分ほど登ると展望台の小広場に出る。ここから20分ほど登ると、この尾根では最も目立つ腰かけ岩があり、休憩に良い。

 腰かけ岩から20分で、この尾根最大の露岩が数塊あるヤセ尾根となる。露岩の奥にヒカリゴケあり。ぜひ気づいてほしい。最上部は丸太に足場が刻んである。この先、原生林中の急登がなお50分ほど続いて物見山(毘沙門山2113m)に着く。展望はよくないが、樹間から会津駒ケ岳が見える

DSCN3388.JPG

。下りにかかると鬼怒沼湿原の木道が見えてくる。県境縦走路を進み鬼怒沼山に向かう。山頂には三角点と山名板があるものの、笹に覆われ狭い。少し奥に行くと日光白根山望むことができる。来た道を戻り、途中左側に進むと湿原の北端に出る。そこには10人以上は雨宿りできるしっかりした避難小屋がある。湿原の南端まで10分余りを往復して湿原北端に戻り、往路を下山する。この往復コースはやはり健脚・上級コースである。(リーダー:黛 記録:田中)

 

赤城鈴ヶ岳

| コメント(0) | トラックバック(0)

赤城鈴ヶ岳

新ガイドブック調査山行

日時;2018年6月22日(金) 

コース;新坂平から鈴ヶ岳往復

IMG_0910.JPG


行程;新坂平→鍬柄山→鈴ヶ岳→鍬柄山→新坂平

 ツツジも終わった新坂平から西に少し登り外輪山へ。このあたり道はいくつかに分かれているが右寄りに踏まれたところをたどるのが効率的か。外輪山の尾根に出たら北へ。緩やかな上り下りがだんだん波打ってくると鍬柄山は近い。最後の直登わずかで山頂。ここがコース中最高のビューポイント。
 鍬柄山からやせ尾根を下る。足場の悪いところは慎重に。大きく下った鞍部が大ダオのコルで、ここからまた100メートル以上登り返す。岩の多い急な道で、特に下山時はルートを外さないよう、そして足運びも慎重に。山頂からは西の展望が開けているのみ(写真)。東は灌木の上にかろうじて黒檜も望める。展望の良い鍬柄山からは外輪山をゆったり下る。全体的に樹林帯で早春や秋がおすすめ。(リーダ:根井康雄・単独) 

健康登山塾第3回現地講座 赤城鳥居峠で実施しました

18061601.jpg

18061602.jpg

6月16日、赤城鳥居峠で開講。今回は急傾斜地の登行能力・腿上げ運動などをテーマに、赤城鳥居峠から利平茶屋まで下降し、鳥居峠までの登り返し。最後のケーブルカー跡の急な800段の階段登りは結構ハードワークでした。時間は短めでしたが、足に来た受講者もいたのでは。次の第4回講座は7月7日(土)、赤城黒檜山で行います。*健康登山塾はすでに参加申し込みを締め切っています。

貫田宗男氏特別講演会

| コメント(0) | トラックバック(0)

貫田宗男氏特別講演会のお知らせ

ぐんま県境稜線トレイルが8月11日(土・祝)の山の日に全線開通します。これを記念して、テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」登山部顧問でおなじみの貫田宗男さんによる特別講演会が「ぐんま県境稜線トレイル検討委員会」の一環として下記の通り開催されます。お早目の申し込みをおすすめします。

日時 平成30年6月27日(水) 11時00分~12時00分

場所 中之条町ツインプラザ交流ホール(吾妻郡中之条町伊勢町1005-1)

講師・演題 登山家 貫田 宗男(ぬきた むねお)氏 

      「稜線を楽しもう!極楽登山のススメ」

申込・問い合わせ先:ぐんま県境稜線トレイル検討委員会(事務局:県スポーツ振興課) 電話027-897-2722

詳しく群馬県ホームページをご覧ください。

180608.jpg

「6つの約束」制定協議会が基本的なルール

日本山岳会群馬支部と群馬県山岳連盟、群馬県勤労者山岳連盟で構成する群馬県山岳団体連絡協議会ではトレイルランニングの団体とその競技者・愛好者有志らとともに、山を楽しむすべての人々に共通するルールやマナーについて、昨年から会議体(群馬の山「6つの約束」制定協議会)を設け、検討、協議を重ねてきました。

そしてこのたび登山やハイキング、トレイルランニングなどさまざまなスタイルで群馬の山を訪れる人たちが、ともに安全に山を楽しむための「6つの約束」をまとめました。これは9日から群馬県庁で開かれる「ぐんま山フェスタ2018」で配布するほか、その後の山に関係する各種イベント等で配布するなど、全国的なモデルにもなりうることを目指し、広く周知を図っていくものです。PDFはこちらからダウンロードできます

 

山の日イベントin谷川岳&ぐんま県境稜線トレイルオープニングセレモニー

日本山岳会群馬支部と群馬県山岳連盟、群馬県勤労者山岳連盟で構成する群馬県山岳団体連絡協議会は、谷川岳エコツーリズム推進協議会との共同主催(共催:群馬県、みなかみ町)で山の日イベントin谷川岳を今年も8月11日(土)の山の日に開催します(一部ツアーは12日まで)。

yamanohi18b.jpgyamanohi18a.jpg  

今年は稜線トレイルの核心部でもある谷川連峰の2つの縦走コースも加えた盛りだくさんなツアーが行われます。群馬支部では毎年恒例のカフェ&スィーツ付きの自然観察会を主管します。

またこの日全線開通の「ぐんま県境稜線トレイル」のオープニングセレモニーも谷川岳天神平において同時開催されます。

■問い合わせ 谷川岳エコツーリズム推進協議会事務局 TEL0278-62-0401

■申し込み先 みなかみ町観光協会 TEL0278-62-0401 (受け付けは7月10日から8月1日まで)

赤城長七郎山からオトギの森

新ガイドブック調査山行

日時;2018年6月1日(金) 

コース;赤城長七郎山からオトギの森

行程;赤城ビジターセンター→覚満淵→鳥居峠→長七郎山→小沼分岐→オトギの森→小沼沼尻→八丁峠→ビジターセンター

 赤城ビジターセンターから覚満淵へ。沼の西岸を半周し、一登りで鳥居峠。峠からは小地蔵岳の西面をトラバース気味に登っていく。小沼を見下ろす尾根に出て、幅広い道を小地蔵岳と長七郎山の鞍部を目指す。鞍部からは山道らしくなり、東側が切れているところもある。ビジターセンターから1時間15分ほどで長七郎山の頂上に着く。

DSCF3156.JPG

 頂上からは西へガレ場を下る。霧にまかれると樹林帯への降り口が見つけにくいかもしれない。樹林帯に入り間もなく小沼分岐。幅広い道を長七郎山の南面を巻くようにゆっくり下っていく。目の前に外輪山が近づいてくると分岐があり、指導標もある。右に大きく曲がるとおとぎの森は近い

 オトギの森からは粕川源流沿いの登りとなり、ところどころ滝や流れを見下ろしながら登っていくと、小沼分岐に戻り、小沼沼尻から八丁峠を経てビジターセンターへ戻る。危険なところや急な上り下りもないおだやかなハイキングコース。(リーダ:根井康雄・単独) 

 

日光白根山

| コメント(0) | トラックバック(0)

日光白根山(丸沼高原コース)

新登山ガイド調査山行

日時;2018年6月3日(日) 

コース;日光白根山(日光市と片品村の境)

行程;片品村丸沼高原スキー場→避難小屋→座禅山→日光白根山山頂→大曲→七色平分岐→丸沼高原スキー場

 丸沼高原スキー場のゲレンデトップを9時ころ出発。なだらかな自然探勝路を45分ほどで七色平分岐。ここを左に入り、避難小屋、七色平を左に見てしばらく下り気味に行くと。右手に座禅山への急登が分かれる。ここは見送り、北を迂回するコース

DSCF3227.JPG

で座禅山を目指す。頂上の噴火口が異様だ。座禅山を下り、白根山への登り返し。徐々に傾斜もきつくなり、浮石の多いガレ状から最後は岩場となり、頂稜に抜ける。避難小屋から山頂まで2時間15分ほど。

 頂上で新入会員の読図講習。進行方向を確認し、南峰を経由し、丸沼高原スキー場を目指す。最初は南西へ砂礫の斜面を下る。道が大きく右へ曲がるあたりから樹林が出てきて、北西へ向きが変わる。2時間半かけてゆっくりと下山。天気に恵まれ、少しかすんでいたが、会津駒から尾瀬、上州武尊、赤城と名山をぐるりと見渡すことができた。(リーダ:根井康雄) 

 

 

四郎岳と燕巣山

| コメント(0) | トラックバック(0)

四郎岳と燕巣山

新ガイドブック調査山行

DSCN3316.JPG

日時;2018年6月3日(日)

コース;四郎岳(片品村)と燕巣山(日光市と片品村の境)

行程;片品村丸沼温泉環湖荘駐車場から右俣分岐点を経て四郎峠へ。そして燕巣山往復と四郎岳往復をして往路を下山

集合の1時間半前に丸沼駐車場に着くと、すでに田中会員はストレッチで体をつくっていた。早速準備を整えて出発。このコースは、最上部の堰堤までの道が判りにくい。おまけに笹が背丈より高く茂っている。堰堤からは水量の少ない沢を右に左に渡り返しながら進む。太い倒木を越えたりくぐったり。体力勝負だ。支尾根から四郎峠に駆け上がると、途端に刈り込まれた歩きやすい道が開けていた。東電の作業道だ。

まず高度の高い燕巣山(つばくろすやま)を往復する。次に四郎岳を往復する。両方とも一直線に山頂まで延びた急登だ。最低鞍部から山頂までの斜面の平均は燕巣山が26度(高度差382m)、四郎岳が31度(同330m)。建築物の一般的な階段は、30から35度、住宅で約45度だと言われている。毎日のトレーニングに階段を用いている鈴木会員の強さが際立った。

両方のピークとも、南方向が開け、苦労に見合う眺望が得られた。燕巣山の名前の由来は、「日本山名事典」(三省堂)には記載がないが、四郎岳からの下山時に眺めた姿は、逆さに見たツバメの巣を連想させた。(リーダ:黛利信)

日光白根山(日光白根山から金精峠へ)

新ガイドブック調査山行報告

日時;2018年6月2日(土) 

DSCN3308.JPG

コース 日光白根山(日光市と片品村の境)

行程;片品村菅沼登山口→弥陀ケ池→日光白根山山頂→避難小屋→五色沼→五色山→金精山→金精峠→菅沼

 菅沼キャンプ村午前4時20分過ぎ。ロッジ前のテーブルで早い朝食を食べていると、白根山に朝日が射し始めた。急ぎ支度を整えて出発。シラビソの林をぬう登山道には所々雪が残る。静寂な弥陀ケ池は鏡のようで、武骨な白根山を忠実に映している。

 白根山山頂からは、東に日光連山、南に赤城山と関東平野、西に上州武尊山、北に尾瀬と県境の山並みが眺望できる。避難小屋を経て五色沼に下る。五色山の登り口にはシラネアオイの群生が保護されていたはずだが、今は絶えて跡形もない。五色山の登りでは強い陽射しに柔肌を焼かれる。ここから北進する。北面の登山道には大量の雪が残り注意しながら通過。金精山は崩落が進み、登山道には亀裂ありの注意情報が出ている。さっさと通り過ぎる。湯元温泉で汗を流す。午後4時20分のロッジ前のテーブル。今度は夕食後、菅沼方向に傾いた夕日を見ながらお茶でくつろぐ。(リーダ:黛利信) 

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード