画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

健康力・登山力のアップをめざす 健康登山塾 受講生募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本山岳会群馬支部創設5周年記念事業 

 真の健康増進登山で 無理のない登山スタイルを 

塾長 斎藤繁(日本山岳会理事・群馬大学教授)

saitousigeru.jpg
 山歩きは健康に良いというイメージがありますが、取り組み方を間違えると関節の故障や持病の急変による「遭難」につながります「。健康登山塾」では、医学的な見地から山登りの体への影響を認識し、真の健康増進登山はどんなスタイルか、地元群馬の山々を歩きながら考えます。また、日頃の山登りのなかで体が発する信号を正しく理解するためのポイント、無理のない山登りのスタイルを自分で作り上げるためのコツなどを習得します。
 この「登山塾」では、忙しい人でもわざわざ1日つぶさないで取り組める、天気が多少悪くても予定通りこなせるなど定期性の確保に有利な近郊短時間登山をトレーニングの基本とします。年間6回の登山企画とその間の自主練習で登山への取り組み方改善と合わせて生活習慣病対策が可能となるでしょう。

 

4月から11月までおもに赤城山で全7回実施します 

詳しい内容と申込方法はこちらから

gnm0126tozan3image.jpg

全力でサポートします
 日本山岳会群馬支部会員で、群馬大学医学部教授の斎藤繁さんが「登山を楽しむための 健康トレーニング」(上毛新聞社刊)を刊行しました。健康力をつけて、快適な山登りができる身体を維持、そして、向上させることを内容にした著作です。県内の身近な山岳などをフィールドにした解説も大きな特徴。体力
と折り合いをつけながら山を歩く、シニア世代にとってこの上
ない参考書になると思います。
 そこで、群馬支部主催で同書を教科書に、斎藤会員を塾長とした「健康登山塾」を企画しました。第1回は赤城山系を学び場にし、実際に歩きながら、健康力・登山力のステップ・アップを目指します。充実の医療スタッフ、ベテランの群馬支部会員も塾生を全力サポートします。
 これから山登りを始めたい方、山登り人生を少しでも先に延ばしたい方の入塾をお待ちしています。
 日本山岳会群馬支部は、産声をあげて今年で5周年を迎えます。この登山塾も5周年記念事業の1つです。まだまだ、組織的には未熟ですが、群馬県の多様な山岳文化の発展に向けて、会員一同、一歩一歩、前に進んで行く所存です。健康登山塾ともども、よろしくお願いいたします。 
公益社団法人・日本山岳会群馬支部 支部長 北原 秀介

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jac.or.jp/mt/mt-tb.cgi/3612

コメントする

このブログ記事について

このページは、群馬支部が2018年1月27日 11:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「群馬支部報第7号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • YOUTH CLUB
  • イベント記事
Powered by Movable Type 5.02