画像1

画像2

画像3

画像3

画像3

支部紹介ボタン活動紹ン介ボタン入会案内・問合せボタン

ケルンと肩ノ小屋の朝 衝立岩への道 新雪を踏む 滝の音 朝日に燃えるマナイタグラ

木暮理太郎翁を偲ぶ会

| コメント(0) | トラックバック(0)

ritarousai2019.jpg

木暮理太郎翁を偲ぶ会

11月3日、太田市寺井町の日本山岳会第3代会長・木暮理太郎翁の生家近くの顕彰碑前で、今年も「偲ぶ会」が行われました。地元で顕彰活動を続けている木暮理太郎翁の足跡を語り継ぐ会(服部佳郎会長)の主催で毎年行われているもので、同会員や山岳関係者などが、翁の偉業を偲びました。日本山岳会群馬支部からも北原支部長(写真)ほか2人が参加しました。数日前の予報では雨マークも出ていましたが、薄曇りながらも日差しもさし、天気に恵まれた穏やかな碑前祭となりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jac.or.jp/mt/mt-tb.cgi/4252

コメントする

日本山岳会

茨城支部

千葉支部

埼玉支部

越後支部

栃木支部

群馬県山岳連盟

群馬県勤労者山岳連盟

群馬の山のグレーディング

山を楽しむための6つの約

群馬の山旅 ぐんま県境稜線トレイルを歩こう

Facebook

コンパス

コンパスQR
コンパスQRコード