海外登山基金

■ 2012.03.13

海外登山助成金とは

海外登山助成金(旧海外登山基金)は、海外登山の振興を図ることを目的に、会の内外を問わず、海外登山を計画する個人・団体(外国隊は当面対象としない)に助成をしています。

1989年に創設され、1990年の日本山岳会東海支部(日中友好天山山脈雪蓮峰登山隊)および日本山岳会青年部・高所登山委員会(日本山岳会第一次パミール登山隊)の2隊への交付を皮切りに、20年以上にわたり、経験豊富な審査委員による厳格な審査を通して、先鋭的な登山隊に交付が行われてきました。

これまで助成を受けた多くの登山隊が、その足跡を登山史に刻み込んできました。至近では、2008年の「GIRIGIRI BOYS カランカ登山隊2009」および「HIMALAYA CLIMBING 2008」の2隊によるピオレドール(黄金のピッケル)賞受賞などがあります。

 

海外登山基金の対象登山隊一覧表 1(2007年〜)

実施時期
計画
登山隊
メンバー
2007年 08.8-10 インドヒマラヤ カランカ北壁 ※1 GIRIGIRI BOYS カランカ登山隊2009 一村文隆・天野和明・佐藤裕介
08.9-10 インドヒマラヤ カメット南東壁(ナムナニから変更) ※1 HIMALAYA CLIMBING 2008 平出和也、谷口けい
08.10-11 カンテガ北壁 信州大学学士山岳会 横山勝丘、佐藤祐樹
2008年 09.10-11 ガウリシャンカール(7134m)東壁 JAPAN Gaurisanka 7134m EXP.2009 平出和也、谷口けい
09.9-11 ヒムルンヒマール(7126m)縦走、ヒムルン新ルート、ネムジュン(7139m)北西壁 信州大学60周年記念事業ペリヒマール登山隊 田辺治、花谷泰広、大木信介、他3名
09.4-5 カヒルトナピーク~カシンリッジ~デナリ(6192m) JAPAN kahiltna-Cassin Continuous Exp.2009 teamWASABI(谷口けい、鈴木啓紀、三苫育)
2009年 09.12- 冬季アラスカ山脈 ハンター(4442m)西稜 ※2 冬季アラスカ山脈ハンター西稜2010 栗秋正寿(単独)
09.10- 東チベット 崗日嗄布(カンリガルポ)山群 KG2峰(6708m) 神戸大学・中国地質大学崗日嗄布山群合同学術登山隊 神戸大学山岳会(井上達男隊長ほか日本5名、中国8名)
09.8- ティルジェ・ヒマール→パンポチェ(6620m)に変更 日本山岳会学生部 パンポチェ登山隊2009 日本山岳会学生部(蔵本悠介隊長ほか5名)
10.4- Mt.ローガン(5959m)南西壁 ※1 マウント・ローガン遠征隊 岡田 康、横山勝丘、鳴海玄希
2010年 10.9-11 アマ・ダブラム(6865m)北東壁 アマ・ダブラム北東壁遠征隊2010 平出和也+デービッド・ゴードゥラー(独)
10.8-10 アウトライヤー東峰(Janak chuli 7035m)南西壁 2010青山学院大学アウトライアー登山隊 青山学院大学山岳部OB会(岩井胤夫隊長ほか5名)
10.8-10 西ネパール フムラ地区チャンラ峰(Chang la 6563m) 同志社大学西北ネパール登山隊2010 同志社大学山岳部(小林博史隊長ほか3名)
11.4-6 デナリ(リアルカシン)、フォーレイカー(インフィニットスパー)、他 カフェ・コン・レチェ 谷口けい、花谷泰広、大木信介
11.3-5 マウントエドガー南東壁 ギリギリボーイズ マウントエドガー登山隊2011 一村文隆、長門敬明、増本亮
2011年 11.8-10 中国チベット自治区 納木那尼峰(ナムナニ7694m)南東壁 JAPAN 納木那尼峰 Expedition 2011 平出和也、谷口けい
11.12-12.1 フィッツ・ロイ山群(南東壁正面新ルート、他) チームあべこべ Patagonia Expedition 2012 横山勝丘、馬目弘仁、岡田 康

※1 ピオレドール(黄金のピッケル)賞受賞

※2 植村冒険賞受賞

海外登山基金の対象登山隊一覧表 2(〜2006年)

別表をごらんください(調整中)