アルパインフォトクラブ

■ 2001.10.15

2001年 撮影会

 


photo-20011013.jpg
 
 

 

10月13日(土)~14日(日)、長野県入笠山で当クラブの撮影会が行われました。
宿舎の入笠小屋は私が学生時代から通っていた小屋で、多少の無理は聞いてもらえるため、提案し決定して頂きました。6月に仮予約をし、8月の最終日曜日に状況把握のため偵察に入りました。
13日はそれぞれ撮影をしながら午後3時に小屋に集合しました。2階の展望風呂に入った後、ホールに集まり、羽田代表の挨拶の後、川嶋副代表の乾杯の音頭で懇親会が始まりました。100人は入る大きな鍋のキノコ汁を中心に、飲むほどに食べるほどに写真談義に花が咲きました。
懇親会終了後、河西氏の天体写真のスライド、川島副代表が「フォーラムIN」で紹介した『鳥海山の四季』のスライド上映を行いました。今回はサウンドプロジェクターを使ったので、映像と音楽で秋のひとときを楽しむことができました。
上映終了後は、有志がパラノマスキー場の広場に繰り出し、河西氏の指導で静止カメラによる星座写真に挑戦しました。撮影後は小屋に戻り、またもや写真談義に花が先、秋が更けるのも忘れてしまうところでした。
翌14日は日の出を撮るために早朝から入笠山組とパラノマスキー場組に別れ、三脚をたてて明けゆく一瞬一瞬をカメラに納めました。撮影に熱中して朝食に遅れた人もでたぐらいです。記念写真(上)を撮り10時に解散しましたが、帰路もそれぞれが撮影ポイントへと向かったようです。
今回は参加者が14名と少なかったのが残念でした。
日頃例会や行事になかなか参加できない会員は、写真展に出展するだけでなく、こうした機会をとらえて参加されたら、より良いクラブライフが楽しめるのではないかと思います。

撮影会担当:山本 武志