アルパインフォトクラブ

■ 2007.10.22

2007年 撮影会

 

satsuei2007.jpg
 

 

平成19年秋の撮影会は、10月20~21日の2日間かけて、
八海山のふもとペンション「わかい」をべ一スハウスにして新潟県魚沼地方で行われた。
参加者は22名で例年より多く盛会であった。
20日は関東地方は良い天気だったが、上越に入ったとたん天気が崩れていて地形の妙に感心させられた。
今年の山々の色付きは遅く附近を見てもまだ緑が多いくらいである。
午後5時各地を撮影してきた会員が今宵の宿に集合した。
懇親会は6時より川嶋先生の挨拶、松本会員の乾杯音頭ではじまり、北村先生のデジタル写真の話を聞いたり、撮影してきたポイントの情報を交換して写真談議に花が咲いた。
話は尽きなかったが新入会員を代表して夏原氏の一本締めで会をお開きにした。
懇親会の後スライド映写による勉強会が行なわれた。
佐々木会員 ネパールヒマラヤ
小田会員  アンデスの山
新道会員  上越附近の山
時間の経つのも忘れて三人三様の個性豊な映像に感動したり質間をしたりしていた。
21日、カメラマンの朝は早い、夜明けを待ちかねて数人が撮影に出る、天気が芳しくないが初冠雪の八海山に取り組んでいた。
朝食の後、宿の前で参加者の記念撮影。
雨こそ降らないが天気が良くないので、殆んどのメンバーは小幡会員がボランテアで通つている旧山古志村を訪間した。
3年前におきた「中越地震」が8割がた復旧して、旧山古志村村民が支援してくれた皆様にと「やまこしありがとうまつり」を感謝を込めて行なっていた。
キノコ汁、搗き立ての餅、コシヒカリのおにぎりが振舞われていたので何度もお替りをしていただいた。
現衆議院議員(旧山古志村村長)長島氏が見えられて、われわれ日本山岳会写真クラブの訪間を大変喜んでおられた。
旧庁舎では震災前と後の様子の写真が展示されていて今後の撮影に大いに参考になった。
おまつり会場を後にしてから旧山古志村の生活、風物の撮影にむかう、見事な棚田など撮るポイントが多く心ゆくまで写真に収めた。
暖かい人情にふれ名残を惜しみながら帰路についた。

撮影会担当:山本 武志