アルパイン・スケッチクラブ

■ 2016.04.24

「鋸山 描き初め会」山行報告

 

「鋸山 描き初め会」山行報告

                                                                                                          幹事 田中 順

山行日:2016年1月9日(土)

参加者:17名

 sketch201601-konoyubi001.jpg

 9:45、浜金谷の駅前に全員集合、素晴しい晴天の元、早速班分けを行った。徒歩にて鋸山山頂を目指すAチーム(リーダー齊藤)と、ロープウェイにて日本寺を目指すBチーム(リーダー田中)に分かれたが、当初のロープウェイ優勢との予想は外れ、リーダー2名除く16名中14名が徒歩にて山頂を目指すこととなった。さすが山岳会である。

 10:00、齊藤さんリードでストレッチの後、浅川さん、高橋と私のBチームはAチームと別れ、海沿いの道をロープウェイ乗り場へ。潮の香がして、これから山に登るとは思えない風情。10分ほどで乗り場に到着。家族連れやグループと共にロープウェイ山頂駅へ7分で到着。山頂駅の展望台では浦賀水道、三浦半島、そして遠く富士山も望める大展望が開けていた。景色を堪能した後、日本寺に向けて山道を下る。高橋さんは足の怪我から回復して初めての山行ということで慎重に、でもしっかりした足取りで下る。西口で拝観料を払って境内へ。百尺観音、地獄のぞき、頂上展望台を経て千五百羅漢へ。起伏に富んだ境内で、息を弾ませながら気持ち良い散策を楽しんだ。本来は大仏広場で一服しながらスケッチの予定だったのだが時間切れになってしまったので、千五百羅漢から直接山頂駅へ向かい、持参の野点セットで和菓子と抹茶を堪能した。気持ちの良い汗をかいた後の、海と山を望みながらの至福の一服はその日のクライマックスだった。

 13:00のロープウェイで下山後、浜金谷駅前にてAチームと無事合流。別件ある都﨑さんと別れて、残り全員はもう一つのクライマックスの浜焼きを味わうべく、車で“漁師料理かなや”へと向かった。数分で現地に到着、早速乾杯に続き、全員で牡蠣やホタテやサザエの浜焼きに舌鼓を打った。あまり汗もかいていなかったので、入浴はキャンセルし、15:00に現地解散。それぞれ帰路についた。帰路の電車の中で齊藤さんと私は焼酎片手に小宴会を開き、描き初め山行の成功を祝したのは言うまでもない。

 少々詰め込み過ぎて慌ただしいスケジュールになり、参加メンバーには申し訳ありませんでしたが、天気に恵まれ、怪我もなく大変充実した一日になったのではないでしょうか?参加各位の安全山行へのご協力に改めて感謝します。

sketch201601-konoyubi002 .jpg        sketch201601-konoyubi003.jpg