アルパイン・スケッチクラブ

■ 2020.11.16

2020年度初めて山行、この指とまれ 入笠山報告

  

                              この指とまれ、 入笠山(1955m)報告 

                                          沼田

日時:令和2826日(水曜日)

天候:晴れ,27C

参加者: 15

        sketch202008-konoyubi01.jpg

今年度初めての山行実施となり、それを祝福してくれるような天候に恵まれ、

絶好のスケッチ山行になりました。参加者も団体扱いぎりぎりの15名となり、

無料の貸し切りバスに乗れ、ゴンドラリフトも団体割引になり改めて参加者の

皆様に感謝申し上げます。

 今回は新入会員が2名参加してもらえましたが、予定通り計画書通り無事実

施することができました。それもこれも参加者の多大の手助けがあり、感謝感

謝です。そのほかにも色々と至らぬ点ありましたことお許しください。


 

入笠山山行  1955m

                                                                                                    清水

特急あずさの9時42分に富士見駅に到着した。幼少期に茅野市に住んで居たので、隣町の富士見駅前は懐かしい。駅前の食堂、向かいは呉服屋だった。昭和の面影残っている。駅前の広場に今回の入笠山に向かう15名が集合した。既に迎えのバスが到着している。10時30分に富士見駅を出発。10分程でパノラマリゾートに到着する。コロナの影響か駐車場にも余裕がある。ゴンドラでゴンドラ頂上駅にむかう、お天気は最高、八ヶ岳の上の方は雲かかっているものの、雄大なすそ野まで綺麗に見える。ゴンドラは余裕の4人乗り、景色や談笑しながら7分でゴンドラ頂上駅に到着。ここではマウンテンバイクのコースもあり、若者達が行き良いよく大きくジャンプしながら、坂を下っていく。頂上駅の広場で八ヶ岳をバックに記念撮影、入笠湿原に向かう、11時sketch202008-konoyubi02.png過ぎに鹿よけのゲートをくぐるとそこには、白・黄・赤・オレンジ・青・紫の色々な花が咲き誇っていて、素晴らしいお花畑だ。ゴンドラの乗車口で頂いた散策ガイドブックで花の名前を調べる。湿地帯は木道が整備され歩きやすく、お花畑と緑と白樺の白で美しい。11時20分花を楽しんだ後はいよいよ山道に入る。暑さとコロナ自粛の影響で運動不足だが12時20分に入笠山山頂(1955m)に到着した。皆でハイタッチして暑さの中登り切った喜びを分かち合う。北アルプス・南アルプス・中央アルプス360度の大パナラマ、眼下には諏訪湖も見える。今年はコロナの影響で諏訪湖の花火大会が中止になっている。いつかここから諏訪湖の花火を見たいものである。入笠山頂12時20分 急いでまず昼ごはん、食事をとらないで、スケッチに取り組んでいる人もいる。私は八ヶ岳全体をスケッチブックに絵描いた。写真をとり、仕上げは家で取り組もう。先輩達はとりかかりが早く、仕上がりも早い。私もなんとか一枚八ヶ岳の絵に水彩の色を添えた。13時10分にゆっくりと下山、帰りもお花畑を満喫しながら、ゴンドラ乗り場の前で植物繊維たっぷりの赤いルバーブという少し酸味があるソフトクリームを食べてゴンドラに乗り込む。八ヶ岳の頂上の雲はなくなり、裾野の広い八ヶ岳連峰を見納めした。バスに乗る前によく冷えたトマトジュースを配って頂きとても美味しかった。帰りは予定していた特急あずさ44号ではなく、小淵沢に出てあずさ42号で帰路。

今年度、最初のスケッチ倶楽部の山行はお天気に恵まれ、山や植物を楽しみとても楽しい時を過ごす事が出来ました。沼田さん、係の皆様ありがとうございました。