お知らせ山想倶楽部

■ 2017.02.07

山想倶楽部新年会報告

sanso-20170118-002sinnenkai.jpg   sanso-20170118-001sinnenkai.jpg
     

日 時   平成29年1月18日(水)18:00~21:00

場 所   飯田橋「かくや」

出席者   吉永、高橋、石原、森、醍醐、菊池、小亀、日出平、大塚、西谷隆亘、

寺田夫妻、川村、広島、下河辺、川井、平井

 

18:00には本日参加予定者の大半が出席したので、新年会を始める前に2月実施予定のスノー合宿、2月末実施のフランスのラ・プラーニヤ&レ・ザルクのスキー、3月20~22日実施予定(蓼品での)雪山登山を楽しむ会、4月4日~6日に愛知県の鳳来山で実施予定のお花見山行の説明や、毎年のように実施されている海外山行(今年は中央アジアのキルギスタン、カザフスタン、ウズベキスタンでのフラワートレッキングとシルクロードの遺跡見学)の説明があり、石原代表より下記のような本年の抱負の披露があり、参加者の中で一番若手の大塚さんより、乾杯の音頭があり21:00 近く迄楽しい時を過ごしました。

 

石原代表挨拶

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

個人的ですが、正月の3ケ日は自宅にいて、自宅の傍に80メートルの小山があり、日の出が見える筈なのですが,籏雲が邪魔をして見えないので、7:00過ぎに雲の上に太陽が出て来るのを待って、それを拝みました。4日より4日ほど北海道のニセコに家内とスキーに出かけ楽しんだ後、今度は網張に出かけて2日前に帰ってきました。網張では、気温が低く軽い凍傷になり、雪が少なく大変寒かったのですが、何とか多少はスキーを楽しむことが出来ました。

今年は毎月一回のペースで例会山行をしたいと考えていますが、低い山で(1,000~1,500m)程度の景色、花等が良い名山を探して、企画をしたいと考えていますので、会員の方々のより一層の知恵を拝借して、実行していきたいと考えています。

例年実施している海外山行は中央アジアのキルギスタン、カザフスタン、ウズベキスタンでのフラワートレッキングとシルクロードの遺跡見学等を企画していますが、その間に4.000m程度の山をどこか一つ登れればと考えています。

夏山山行は北アルプスに行き、通常の5割増し程度の時間をかけてゆっくりと歩み、若い時と違った山の楽しみ方を味わいたいと思っています。またこの山想倶楽部のメンバーも平均年齢が70歳を超しているので、若い会員を入れるようにしたいものです。最後になりますがこの山想倶楽部は何らの拘束もないので、今後とも皆さんと一緒に、気楽に山を楽しんでいければと考えていますので、本年も共に手を携えて楽しい山遊び致しましょう。

 

文責  髙橋 聰