山想倶楽部

■ 2018.01.20

2018年 山想倶楽部新年会報告

 

日 時   平成29年1月17日(水)18:00~21:00

場 所   飯田橋「かくや」

出席者   吉永、高橋、石原、醍醐、菊池、日出平、西谷隆亘、西谷可江

寺田美代子、川村、広島、下河辺、川井、平井 14名

 

18:00には本日参加予定者の大半が出席したので、新年会を始める前に2月実施予定のスノー合宿、3月実施予定のヨーロッパでのスキー、3月27~29日実施予定(蓼品での)雪山登山を楽しむ会、毎年のように実施されている海外山行(米国のワシントン州、オレゴン州、モンタナ州の国立公園にある4,000米の山)の説明と共に、石原代表より下記のような本年の抱負の披露があり、高橋による乾杯の音頭の後、21:00 近く迄楽しい時を過ごしました。

 

石原代表の新年挨拶

 

明けましておめでとうございます。本日はこの雨の中、足元のわるいところ多くの皆様(山仲間)のご参加いただきまして有難うございます。

平成29年は皆さんのご協力により、楽しい山行ができました。私事ですが昨年12月の忘年山行の際には私の為に種々の企画を頂き、心から感謝いたしております。

29年度の計画も残す処後3月ほどになり、2月のスノー懇親会、3月にはヨーロッパスキー、北横岳等の企画が有りますので、残り3計画に多くの方々のご参加をお願いしたいと思います。

30年度も皆様と共に楽しい山行を企画し、実施していきたいと考えております。

重点項目になります海外山行は、8月初めから12日間程度で、米国のワシントン州、オレゴン州、モンタナ州の国立公園にある4,000米の山に行くべく現在起案中ですが、基本案のできましたところで発表しますので、多くの方々が参加し、満足していただけるようご意見ご提案をお願いしたいと思います。費用としては基本旅費を35万円程度、費用外の昼食代を入れても40万円程度で抑えるように考えています。余談ですが各自で購入するお土産代は一切考慮しておりません。

また毎月の如く実施しています例会山行につきましては、過日高橋さんより叩き台として提案が有りましたが、それらを踏まえて、共に楽しく登れる山を探して実施する予定ですが、これには皆様のご提案、ご要望、ご意見が重要なファクターとなりますのでどうぞよろしく願いします。

当然のことながら会員の高齢化に伴い無理のない山ということになりますと、一般にハイキングの対象の山が多くなると思いますが、私たちの登山は同じ山でも年齢なりの登る過程を大切にして、ゆったりと安全に、しかも楽しみながら登るための工夫も考えるというところに単なるハイキングとは異質のものになる、と思っております。

また、日本アルプスで若き日々を過ごされた皆様には、また想い出の山に登ってみたい、あるいは熱き血を燃やした岩壁を眺めたいな、と思っていらっしゃる方も多いと思います。そこでこれらの南、北アルプスとうの高山を対象に、高齢者が安全に楽しめる登山ルートや時期、登山方法を研究し、それを実践するということも検討したいと思います。

今年は、かねてから唱えている生涯現役登山を皆様と共に確実に実践していくということで、この一年を有意義に過したいと思います。その為にも皆様には日頃からの健康維持のために格段のご配慮をされますようお願いいたします。

以上

sanso-20180117-01.png   sanso-20180117-02.png