お知らせ山想倶楽部

■ 2014.02.19

スノー合宿報告 ー山想倶楽部ー

 

sanso-201402ski-gasyuku00.jpg
集合写真(ユアーズインにて)
 

 

 

 参加者

石原達夫、横田昭夫、小亀真知子、西谷隆亘、西谷可江、高橋、聰、武田鞆子田矢八束、廣島孝子、菊池武昭、清登緑郎、小笠原辰夫

 

 

スノー合宿報告(スノーシュー組)

記 田矢八策

2月1日(土)晴 懇親会参加の為、長野新幹線で長野駅へ向かう。信越線のホームで武田鞆子さんとバッタリと合う。妙高高原駅に着くと高橋さんが駅傍の蕎麦屋さんより出てきて迎えてくれた。蕎麦屋では菊池さん、清登さんらが蕎麦を楽しんでいる。僕たちも一緒に丼に盛られた蕎麦を食した後、菊池さんの車に同乗して何時も世話になっている宿舎(ユアーズ・イン)に到着。高橋、清登、菊池の3氏は赤倉スキー場へと向かい、ウオーキング組の僕たちは、後から到着した西谷ご夫妻4人で、スノーシューの足慣らしとして裏の雪原をスキー場入口近辺迄歩き回った。誰も踏んでいない雪原を歩くのは久しぶりで実に気持ちが良い。 この間に石原、横田、小亀の各氏も到着。スキーに行っていた3人組も16:30には帰ってきたので全員集結。夕食はいつも通り18時よりで有る。その間思い思いに温泉をゆっくりと楽しみ、部屋では早くもお酒を飲んでいる人たちもいる。食後は食堂でお酒を飲みながら22時頃まで楽しい歓談だ。   

2月2日(日曜)晴 6時に起床、天候は週間予報では雨だったが、外を見るとどうやら心配なさそうだ。腹の調子が悪い高橋さんを残して、赤倉スキー場まで、小笠原さんの車で送ってもらいスキー組(石原、菊池、横田、清登)とスノーシュー組(西谷夫妻、小亀、武田、田矢)に別れる。  スノーシユー組は小笠原さんの案内で、いもり池に向かう、踏み後のない雪原と樹林の中を一時間程闊歩して、ゴルフ場と思われる広い雪原に出て、右上して樹林の中を進む。 暫らく歩いているとなんだか音楽らしきものが聞こえてきて、着いた処は池の平スキー場だった。ゲレンデを下り食堂に入り昼食だ(11:50~12:20) 食後は車道を15分くらい歩きいもり池へと出る。池は全面雪で埋まっている。ビシターセンターを見学後バスで小笠原さんの車が置いてある赤倉スキー場のパーキングに戻り、14時頃には宿で有るユアーズインに戻り、本日も温泉をゆっくりと楽しみ。そうこうする内にスキー組も16:30には帰ってきた。小亀さんは明日は用事があるとの事で、帰途に着き、一昨日より杉の原に行っていた廣島女史が、スキー組と共に登場し一段と賑やかになる。食後も昨日と同じように食堂でお喋りと色々なビデオを楽しんだ。

2月3日(月)晴  本日も起床は6時だ。天候は良く未だ明けやらぬので星が綺麗だ。全員今日は黒姫スキー場へと移動する。不要な荷物はそれぞれの車に乗せて9時に出発する。黒姫スキー場9:30到着13:00食堂に集合し食事後解散とした。スキー組は昨日参加した廣島さんをいれて6名となり、スノーシュー組は小亀さんが昨日帰ったので4名となったる。本日もスキー組と別れて小笠原さんの案内でゲレンデ脇の何も踏み後のない樹林帯を自由に歩きまわり、雪が無ければ、普段歩けないところや、沢山の兎や貂、鹿等の動物の足跡を見ることが出来、スノーシュー参加者は大いに満足し、案内してくれた小笠原さんには大感謝だ。 集合時間も迫ってきたのでスキー場に戻りスキー組を探すと菊池さんの姿発見。他の人たちは見つからない。携帯で連絡をすると他の人たちは既に食堂に入っているとの事。僕たちも食堂に向かい11:50着昼食を摂る。休憩後解散として横田さんは自分の車で、菊池さん、高橋さん、清登さんと廣島さんは、菊池さんの車で帰り、あとの者は黒姫高原駅まで送ってもらい、石原さんは明日より山スキークラブの雪崩講習会の世話役の為に白馬に向かうとの事で、ユアーズインに帰って行った。武田さんとは長野で別れ東京駅で西谷ご夫妻と別れて、今回の楽しかった旅が終わったのだと実感する。又、次回もこの会に参加しますので、企画する人は大変でしょうが、宜しくお願いします。

スノー合宿報告(スキー組)

記 菊池武昭

2月1日(土) 妙高高原駅で12時10分着の田矢さん、竹田さんと合流し、今回の宿「赤倉ユアーズ・イン」に13時過ぎに到着。今日は全員でのイベントは無いので、14時頃より高橋さん、清登さん、菊池の3名は、赤倉観光リゾートスキー場にて足慣らしを行う。スカイケーブルで上がった前山コースで高橋さんの指導を受けながら足慣らしを行う。この日は雪質も非常に良く滑り易かった事もあり、高橋さんの指導で少し上手くなった気がした。16時に小笠原さんの送迎車でユアーズインに戻る。

2月2日(日) 本日は、高橋さんがお腹の調子が悪いとリタイヤしたため、スキー班は石原さん、横田さん、清登さん、菊池の4名となった。昨日と同じ赤倉観光リゾートスキー場でスキーを楽しむ。天候は時々小雨が降ったり、日が照ったりし、気温は昨日より高く、春先の様な重たい雪質だ。午前中は中級の前山コースを滑っていたので、そこそこ皆さんに付いていけた。午後になって、お腹の調子が良くなった高橋さんが合流してからは、より急傾斜のコースを滑ることにり、まず国体女子コースを滑り、次いで急傾斜の壁の有るチャンピオンBコースを滑った。国体女子コースはそこそこ滑ることが出来たが、チャンピオンBコースの急斜面では、コースを外れるのではないかとの恐怖に駆られ全くスキーに成らず、皆さんに迷惑を掛けてしまった。また、最後の滑りでは、私が膝痛のため皆さんと逸れてしまい、高橋さんには大変ご迷惑を掛けてしまった。

2月3日(月) 本日はスキー場を変え黒姫高原スキー場に行く。ユアーズインで朝食を頂き、スノーシュー班と一緒に車に分乗し黒姫高原スキー場に向う。昼前迄スキーを楽しみ、スキー場の食堂でスノーシュー班と一緒に昼食を取り。昼食後解散し、各々家路についた。