山げらの会

■ 2018.05.13

歩くスキー&巡見(2018H30年3月26日~27日)報告 奥日光,日光東照宮

歩くスキー&巡見(2018H30年3月26日~27日)報告 奥日光,日光東照宮
 
○日程:2018年3月26日(月)~3月27日(火)1泊2日
 
○場所:栃木県 奥日光 光徳~林道奥鬼怒線
        日光市 東照宮
 
○参加者:会員3名,ゲスト・元会員1名
 
○宿泊:日光アストリアホテル
 http://www.nikkoastraea.com/
 〒321-1661 栃木県日光市光徳温泉
 TEL:0288-55-0585 / FAX:0288-55-0731
 
 
■2018年3月26日(月)
 
今回は,歩くスキーは1名で,巡見は4名全員でということになった。
 
以下は,歩くスキー隊(とは言え1人)のYが報告します。
 
 
歩くスキー隊Yは,自宅を4:30に出て,6:00少し過ぎに浅草駅着。
 
6:30発の東武特急リバティけごん1号に乗車した。
 
始発特急で,春休み期間ながら平日ということもあり車内は空いていた。
 
車窓からは隅田川沿いの満開の桜に続き,あちこちで桜や河原の一面の菜の花など,春の花が目に飛び込んでくる。
 
のどかな春の風情を楽しみながら進み,しばらくたつと日光の山々が見えてきた。
 
心浮き立つも,男体山が黒い。すなわち雪が少ないのが気になる…
 
『南面だからさ,このところ暖かったからさ』とポジティブシンキング(?)しようとするが,近づくにつれ雪のなさが目につくようになってきた。
 
8:22東武日光駅着。冬らしさなど皆無の,暖かい日光駅前である。
 
8:40発湯元行きのバスに乗車,この時刻だとまだ混雑もなくクロスカントリースキーを持って楽々座れた。
 
バス車窓からも,雪は見えない。いろは坂を登っても道路のへりに少し残っているだけ。林間にも残雪はない。
 
いろは坂を登り切って中禅寺湖畔にも雪は見えない。戦場ヶ原にも雪はないことがわかった。光徳沼周辺も雪なし。
 
計画ではアストリアホテルから光徳沼,戦場ヶ原へとスキーで散策する予定だったが,変更である。
 
『光徳なら,その北側なら雪もあるだろう』と考える。
 
9:50アストリアホテル着。ホテルの庭も雪なく,さんさんと春の陽が降り注いでいた。
 
アストリアホテルには近年ずっと雪の時期に来ていたので,雪のない光景を久々に見た。
 
すぐに外に出て見てみると,予想通りホテルから北,太郎山に向かう林道には雪が残っていた。
 
ホテルに戻り,スキーのしたくをする。荷物を預けて10:45にホテルを出た。
 
光徳園のスキーコース内を通り,雪が残っている山王峠への林道を進む。
 
yamagera_nikkou1.JPG
                                 【林道奥鬼怒線入り口】
 
 
ひとり,誰もいない雪道を楽しんだ。景色を眺め,好きなところで写真を撮り,好天下での春スキーである。
 
雪が残っていてよかったー,と思いながらも,ところどころで雪が途切れるし,ストックの手応えはアスファルト。
 
もうすぐこの雪も消えるんだなあ,と思いながら登っていった。
 
yamagera_nikkou2.JPG
                                【一人なので,カーブミラーに写して】
 
 
12:20に太郎山登山口脇を通過し,12:25に涸沼の上部に到着。
 
林道から下って切込湖刈込湖方面へ行くか偵察するが,雪がなさそうなのでそれはやめて往路を戻ることにする。
 
少しでもスキーをしたい一心である。
 
またもひとり,スキーで下っていくと,途中でクロスカントリースキーで登ってくる単独男性と行き会った。
 
この先の雪はどうかとたずねられたので,こんな感じで続くこと,切込湖刈込湖の方は雪がなさそうで戻ってきたことなどを話した。
 
男性にどこまで行くのかとたずねると,あと少し行って適当なところで引き返すつもりと言う。
 
予想外に雪が早く消えましたよね,まだ残っていてよかったですよね,などと話した後に別れた。
 
スキー中,会ったのはこの男性ひとりだった。
 
yamagera_nikkou3.JPG
                                                    【下りの道にて】
 
 
ゆっくり下って,14:15光徳着。
 
光徳園の中を下って光徳コーラルに着く。
 
売店のみ開いていたので,光徳牧場産のホットミルクを飲んで一休みする。
 
その後光徳牧場の方へ歩いていくと,巡見組のOさんからホテル到着のメールが入った。
 
返信してすぐホテルに戻る。
 
日光アストリアホテルにチェックインし,巡見組の3人Oさん,Wさん,Kさんと合流する。
 
着替えとスキーの後始末の後,ホテルの部屋にて四人でおしゃべり。
 
16:00に4人で散策に出る。
 
光徳コーラルに行くが,さっきYがホットミルクを飲んだお店はすでに閉まっていた。
 
牧場の牛乳とソフトクリームを買おうと思っていたのに,「4時までだったのかなあ,閉まるの早いなあ」と残念がりながら,雪の残る光徳の道を歩く。
 
山の空気はやはり心地よく,4人でゆっくり散策した。
 
ホテルに戻り,温泉に入る。久しぶりの光徳温泉,相変わらずいい湯である。
 
18:30から夕食。山げらメンバーのお食事らしく,お味もおしゃべりも楽しんだ。
 
食後も部屋でお話。これまでの山の思い出,おすすめのコース,山域… 国内から海外まで,盛りだくさんの山話だった。
 
寝る前にまた温泉に入る。部屋に戻って就寝。
 
 
■2018年3月27日(火)
 
起床後,7:30にホテルの朝食を4人揃ってとる。
 
この日は日光東照宮見学をすることにして,9:00にチェックアウト。
 
9:32にホテル前のバス停からバス乗車。
 
奥日光を抜け,いろは坂を下り,日光の街中の西参道バス停で下車する。
 
参道の物置裏にクロスカントリースキーを置いて,軽装で日光東照宮を見学する。
 
世界遺産登録後,外国人観光客が多くなった日光であるが,東照宮も外国人が多い。
 
日本人と外国人観光客と,半々ぐらいではないかと思われた。
 
これまでも幾回か足を運んだ東照宮だが,見所は多く,今回もあらためてその意匠やたたずまいに目を奪われた。
 
東照宮の見学を終えて,スキーを回収し,東方向に道を下ると神橋脇に出た。
 
道の向かいにあるカフェレストラン匠で昼食にする。
 
伝統建築に関心があるYは以前から入ってみたかったレストラン。
 
これまで土日祝日に来たときには混んで行列待ちだったので入れずじまいだったのが,今回は平日なのが幸いしてか念願かなって入店となった。
 
アンティークのインテリアを楽しみながら,ここでもゆっくり食事とおしゃべりを満喫した。
 
食後はレストラン1階にある金谷ホテルベーカリー神橋店でパンの買い物。
 
東武日光駅への道すがら,日光湯葉も購入。
 
東武日光駅に到着し,14:12発の電車に乗った後,各駅停車を乗り継ぎながら東武浅草を目指す。
 
以前は快速電車があったのが,今は浅草行きは特急ばかりになって,特急以外だとこんなふうにゆっくりの汽車旅になってしまう。
 
栃木から埼玉を経て東京に入り,各自が家路についた。
 
* * * * *
 
当初は4月に東北で,と予定していたスキーでしたが,係の都合で3月に日光での実施になりました。
 
予定くださってスケジュールを空けておいていただいたかたには申し訳ありませんでした。
 
今回は短い日程でしたが,雪も残っていて,歩くスキーも楽しむことができました。
 
日光東照宮巡見も楽しかったです。もと会員のKさんとは久しぶりにご一緒できて,これも楽しいひとときでした。
 
ご参加くださったOさん,Wさん,Kさん,ありがとうございました!