「山の日」事業委員会

■ 2014.10.12

国民の祝日「山の日」 の実施に向けて

2014年7月16日

国民の祝日「山の日」 の実施に向けて

《山に親しむ…》の意義周知で次のステップへ

国民の祝日に「山の日」が加わった。夏山シーズンの最盛期で、お盆休みにつながる8月11日である。《山に親しむ機会を得て、山の恵みに感謝する》という祝日制定の意義は、その字句にプラスして △山との深いかかわりを考える △山の国日本の美しく豊かな自然環境を守る △山を楽しみ安全な登山をこころがけるなど、人により、立場や環境によってさまざまに受け止められよう。いずれにせよ「山の日」を有意義な一日にしなければ、と思う。

祝日実施は再来年からである。連携して祝日運動を推進してきた山岳団体として、まずは2016年8月11日までの2年間を、より多くの人たちへの周知活動の期間ととらえ、次のステップに進みたいと思う。「山の日」づくりで動いたこれまでの4年余を振り返り、不足した部分、やりたくても出来なかったことを洗い出して活動目標に据えたい。

□全国協議会の国民運動、これからが本番

「山の日」の理念はどこまで理解され、実行に移されているだろう。結論から言えば、超党派議員連盟の周到な作業によって「祝日化」はスピード成立したが、その意義について国民的な理解と広がりは、まだまだ不足していると思う。いま私たちに求められているのはそのギャップを埋めることである。  

昨年11月に発足した全国「山の日」制定協議会は、この3月の臨時総会で、それまで《「山の日」を制定し祝日とする》とだけ規定していた目的条項に《「山の日」を制定し、その意義を広く国民に伝え、「山の日」にかかる広範な分野の発展に寄与すること》と、制定以後の運動展開を付け加えた。祝日法の改正案は4月25日の衆議院に続いて5月23日、参議院でも可決され、成立した。これを受けて全国協議会は5月26日に開いた通常総会で、会の名前から「制定」を外して全国「山の日」協議会と改めた。運動の中核を担う山岳団体として、「祝日制定の意義を広く伝え、広範な分野の発展に寄与する」という目的に向けて、さらに連携して進みたいと思う。 

□《意義ある日》実現に向けて

活動をパワーアップするため、より多くの方々の支持と理解を得ながら進めるため、ご参考までに、留意すべき事項を下記6項目にまとめた。

① 各団体とも全国「山の日」協議会に積極的にかかわり、運営・企画などで応分の役割を果たす。

② 山岳団体は、それぞれの本部はもとより、可能な限り支部、地域で連携して活動を展開する。「健康的かつ文化的な催しを通じて山に親しむ」ことをモットーに、内容としては

イ 登山活動(市民登山・ハイキング、親子登山、登山教室など。安全の確保、遭難防止が基本)

ロ 文化活動(講演・映画・音楽会、シンポジウム、図書・写真・絵画展・スケッチ会など)

ハ 環境保全活動(森づくり、里山・水源の保全、観察会)

ニ インターネットの積極的活用、など。

③    「山の日」周知のため当面「山の日制定記念」と冠をつけて、それにふさわしい諸企画を立案、実施する。年間スケジュール的な活動についても制定記念としてスケールアップを検討する。

④    関係省庁のほか、県、市町村など自治体との連携を重視し、諸企画の運営に当たる。

⑤    周知のため関連する諸団体との交流拡大を図り、合わせてメディアへの働きかけを重視する。

⑥    全国「山の日」協議会の組織拡大のため法人・団体会員、個人会員の勧誘に努める。(以上)

成川 隆顕 (全国「山の日」協議会顧問)

山岳4団体懇親資料)