会員ページ支部事業委員会

■ 2015.04.08

支部事業への助成金制度

支部事業への助成金制度

[内 容]

支部主催の事業で、会員増強や若手のリーダー育成に繋がるような良い企画に資金的援助をする。

1件の助成金額の上限20万円/年、特に優れたものは50万円/年とし、期間は3年を限度とする。

申請により、理事会で審議し、決定する。

申し込みは別紙により申請し、四半期毎の締め切りとして審査する。これに関しては、新規申請は、当面は25・26・27年度とする。 

審査のポイントは、新規制、有用性、将来展開、外部資金導入の可能性などとし、申請した支部の現況も考慮して支部事業委員会の見解を添えて理事会へ提出する。

申請者は年度末毎に別紙の成果報告書に決算関係書類を添えて、4月15日までに提出することを義務付ける。事業の進捗状況によっては、助成金の打ち切りや減額を理事会の議を経て決定することがある。

担当窓口:支部事業委員会 jac-shibuzigyo@jac.or.jp


支部事業補助申請書ダウンロード

※これは平成25年9月11日の理事会で承認されたものです。

※支部の活性化を図るために、支部長会議、事務担当者会議、理事会などでの審議内容をもとに支部事業への助成金制度を設け、実施するものです。