イベント案内山行委員会

■ 2017.08.28

四国八十八ヶ所歩き遍路第2回高知ご案内(山行委員会)

 四国八十八ヵ所歩き遍路第2回高知ご案内

四国八十八ヵ所1,200kmを春秋4回の区切り打ち(2年間)で歩きます。2回目は高知県(修行の道場)の24番札所最御崎寺から38番金剛福寺まで順打ちします。歩き遍路の経験豊富な四国八十八か所遍路大使が遍路・巡拝・服装等の作法はお教えします。遍路用品は途中購入もできます。
事前準備に5㎏のリックを背負って、10kmを10日間歩いておいてください。 

1.日程   10月20日(金)~10月31日(火)11泊12日

2.集合   10月20日(金)高知県東洋町甲浦(かんのうら)駅待合室9時30分。

(19日(木)東京発の夜行高速バスで徳島着・JR牟岐線・阿佐海岸鉄道で20日朝着、または19日甲浦前泊)

3.行程
10月20日 甲浦駅―佐喜浜町(泊)民宿徳増0887-27-2475   23.4K

10月21日 -24番最御崎寺―25番津照寺―26番金剛頂寺(宿坊泊)0887-23-0026    26.0K

10月22日 -27番神峯寺―唐浜駅=奈半利駅 送迎 (泊)ホテルなはり0887-38-5111   31.5K

10月23日 =(送迎)奈半利駅=唐浜駅―日野須町(泊)住吉荘0887-55-2945     23.0k

10月24日 ―28番大日寺―29番国分寺―30番善楽寺―(泊)ホテル土佐路たかす0888-82-7700   30.0K

10月25日 ―31番竹林寺―32番禅師峰寺―種崎=(高知県営フェリー)――33番雪蹊寺―34番種間寺―
(泊)ビジネスイン土佐0888-52-5322    30.1K

10月26日 ―35番清瀧寺―(泊)三陽荘0888-56-0001    19.5K

10月27日 ―36番青龍寺(しょうりゅうじ)―(別格5番大善寺)―(泊)黒潮本陣088-952-3500  38.5K

10月28日 ―37番岩本寺(宿坊泊)0880-22-0376    31.0K

10月29日 ―(泊)民宿みやこ0880-44-1485     30.9k

10月30日 ―(下田の渡しあるいは四万十大橋)-市野瀬バス停(歩き遍路3回目の愛媛集合場所)―
(泊)民宿久百々(くもも)0880-84-1664     30.2K

10月31日 ―38番金剛福寺(解散)   19.6K

4.帰路(例)

足摺岬13:12発(高知西南バス)⇒中村駅14:57着 

中村駅15:10発(JR)⇒高知駅16:59着

高知駅17:15発(バス)⇒高知竜馬空港17:41着

高知龍馬空港18:15発ANA570便⇒羽田19:40着

高知龍馬空港19:05発JAL498便⇒羽田20:25着 

《帰宅方法は各自、自由です》 

5.募集定員  10名(9月8日締め切り)

6.持ち物(ザックの中身は5㎏以下にする)他
遍路用品(納経帳、白衣、経本、納札、線香、ロウソク、手拭い、菅笠、ライター、お賽銭10円×2×寺数)
洗面具、肌着、救急薬品(まめの治療)、雨具、地図(歩き遍路用、へんろみち保存協力会編)、コンパス、
ザック30ℓ位、しっかりしたウォーキングシューズ(普段はいているもの+1.5~2センチ大きいもの)、テーピ
ングテープ(幅50ミリ、幅15ミリ各1本)、小型ハサミ、目覚まし時計、懐中電灯、洗剤(小袋3個)洗濯ア 
ミ袋、洗濯はほとんどの宿でできます。

7.参加費
1万円(通信料、写真代、保険)を振り込んでください。往復交通チケットは各自購入してください。一日1万
円(宿泊代、賽銭、納経、昼食代)をご用意ください。宿泊代は会計係がその都度集めます。お遍路用品の目
安は20,000円前後です。 

8.申込先・振込先(氏名、会員番号、連絡先、e-mail、生年月日)

山行委員会 数見 直(すみ ただし) 090-7204-4668 sanko@jac.or.jp

振込先  ゆうちょ銀行 記号:10190 番号:98977091 

名義:シャ)ニホンサンガクカイ サンコウイインカイ 

*申し込み後取り消しの場合、キャンセル料が発生する場合が有ります。 

9.問合せ先

 山行委員会 数見 直(すみ ただし) 090-7204-4668 sanko@jac.or.jp

 

以上