お知らせデジタルメディア委員会

■ 2015.08.04

気象庁噴火速報の開始・火山登山者向けの情報提供更新

〔気象庁〕「噴火速報」の発表を開始 8月4日から
気象庁が常時監視している日本国内の47の火山を対象に発表し、
「普段から噴火している火山において、普段と同じ規模の噴火が発生した場合」
「噴火の規模が小さく、噴火が発生した事実をすぐに確認できない場合」には
発表されないとのこと。

気象庁のホームページのほか、テレビ、ラジオ、防災行政無線や携帯端末などで「噴火速報」の発表を知ることができます。

◆気象庁|「噴火速報」のページ
http://www.jma.go.jp/jp/funkasokuho/index.html
http://www.jma.go.jp/jma/press/1507/28a/funkasokuho150728.html

平成26年10月10日から 気象庁が発表する最新の火山情報が火山登山者向けに気象庁ウェブサイトに情報提供ページが設けられています。最近噴火が伝えられた口永良部、浅間山など
個々の火山毎の気象庁が火山情報等が随時更新掲載されています。

閲覧は、
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/map_0.html

または、気象庁トップページの「火山登山者向けの情報提供ページ」の
リンクボタンををクリックして下さい。

kazantozansyamukejyoho01.png

お知らせ:活火山登山者向け情報の提供開始について