イベント案内総務委員会

■ 2018.11.12

晩餐会のお知らせvol.2

公益社団法人 日本山岳会

平成30年度年次晩餐会

(講演会・展示会 同時開催)

平成30年12月1日(土)京王プラザ

恒例の年次晩餐会を開催致します。

会員の皆様お誘い合わせの上、ご出席ください。

また、晩餐会に先だって展示会や講演会などを催しますので、こちらへもあわせてご出席ください。

本年度は、夢枕獏氏の講演の他、チョゴリザ60周年記念講演、明治〜平成の日本山岳会の展示など豊富な催しを準備しています。


日時 平成30年12月1日(土)

受付開始 12時30分

・年次晩餐会 開宴 18時00分

・講演会および展示会 開始 13時00分

場所 京王プラザホテル

・年次晩餐会 本館5階コンコード・ボールルームBC

・展示会 本館5階コンコード・ボールルームA

・講演会 南館4階「扇」

会費 15,000円(会報同封の振込用紙でお申し込みください)※まだ間に合います。

(講演会参加費:晩餐会に出席されない方は、こちらに登録後、当日受付で500円)

 

[年次晩餐会]

入場 17時30分

開会 18時00分

○開会の辞

・会長挨拶

・物故会員への黙祷

・新永年会員顕彰 新永年会員代表挨拶

・新入会員紹介 新入会員代表挨拶

・秩父宮記念山岳賞表彰

・高額寄付者表彰(正式名称と次第順番確認)

・鏡開き

○乾杯

・開宴 テーブルでの歓談

・支部と支部会員紹介

・会員相互の懇談

○閉会の辞

閉会 20時30分(予定)

 

[講演会]

南館4階「扇」 13時00分~17時00分

1 特別講演 夢枕獏氏

一昨年の「神々の山嶺」映画化および「神々の山嶺 創作ノート」などで、ふたたび関心が高まる夢枕獏氏をお迎えし、「神々の山嶺」を中心に、執筆のご苦労やエヴェレストに行かれたときのお話、また映画化や漫画化などのお話を伺います。

2 チョゴリザ登頂60周年記念講演

チョゴリザ登頂60周年を記念して、記録映画「花嫁の峰チョゴリザ』の上映および講演会をおこないます。登頂した京都大学学士山岳会(AACK)登山隊、中島道郎・平井一正・高村泰雄・岩坪五郎・芳賀孝郎各氏においでいただきます。

3 平成30年度秩父宮記念山岳賞受賞者・小疇尚氏による記念講演

4 海外登山隊の報告

①鳴海玄希氏(Giri-Giri Boys Kishtwar隊)「セロ・キシュトワール北東壁初登の報告』

②日本山岳会青年部「チャムラン登山隊2018」報告(宮津洸太郎、杉原一樹、佐々木優各氏)

※講演内容・順序は変更となることがあります。

《参加費500円(晩餐会参加者は無料)申込みが必要です。参加費は当日お支払いください》→申し込む

 

[展示会場

■特別展示「明治から平成の登山と日本山岳会」

本館5階コンコード・ボールルームA 13時00分~17時00分

平成最後となる晩餐会展示会場では、明治から平成へと続いた日本の登山と日本山岳会の歴史をテーマに、写真、図書、登山道具などを展示します。また、支部独自の「高頭祭」「泰澄祭」「藤木祭」「小島烏水祭」「槇有恒祭」などの歴史もあわせて紹介します。

加えて、チョゴリザ登頂60周年を記念したパネル展示や映画も上映いたします。

【出展一覧】(11月09日現在)

※出展数21、会場入口より左へ時計廻り 

(1)年表:明治〜平成 「日本山岳会のあゆみと日本・世界・山岳界の動き」《総務委員会》

(2)「山が紡いだ本、本が紡いだ山。山岳史のなかの本の紹介」《図書委員会》

(3)特別展示「近代登山の幕開け、日本山岳会の誕生と初期の女性登山家たち」《資料映像委員会》

志賀重昂の「日本風景論」は山岳の崇高なる美を説き、小島烏水と岡野金次郎は、宣教師であり登山家のウォルター・ウェストンとの邂逅を迎えます。7名の発起人による山岳会の創立は、探検登山、欧米への遠征、ヒマラヤへと発展し、女性登山家も続きました。

(4)「明治から平成にかけての登山用具・用品の変遷と特徴」《科学委員会》

(5)「チョゴリザ60周年」展示および「花嫁の峰チョゴリザ」放映《京都大学学士山岳会》

(6)「カラコルム・ヒンズークシュ登山地図」《福島支部》

1967年から50年の間、カラコルム山脈を中心に100回以上に及ぶ現地調査と400人に及ぶ国内外登山家の協力と助言を得て書き上げた山岳地図を展示。原本は第5回秩父宮記念山岳賞を受けた宮森常雄会員が手書きし、中西出版社が完成させた世界に誇れる労作です。

(7)「1965年ヒンズークシュ、コー・イ・モンディ峰(6248m)登山報告書」、「支部報」、「20周年記念誌」、「大分百山展示」《東九州支部 》     

(8)「携帯トイレの普及啓発活動、および販売」《自然保護委員会》

(9)「高頭祭と弥彦たいまつ登山祭」《越後支部》

高頭仁兵衛翁は、越後長岡出身の日本山岳会創設者メンバーで第2代会長です。今年度の第61回高頭祭セレモニーと、同時開催する弥彦神社神事を兼ねた第65回弥彦たいまつ登山祭をビデオ上映し、今迄の歴史をまとめ歴代会長や重鎮が参加した懐かしい写真をパネルで紹介します。

(10)「泰澄祭」(動画放映)《福井支部》

養老元年(西暦717年)に白山を開山したと伝えられる泰澄大師は越前国麻生津(福井県福井市三十八社町)に生まれました。神童と言われ、11歳で、越知山に登り修行。36歳の時十一面観世音菩薩のお告げで白山に登りました。福井から眺める白山連峰は、左から大汝峰・御前峰・別山が連なり、阿弥陀如来・十一面観世音菩薩・聖観音菩薩になぞらえられています。この泰澄の遺徳をしのび、福井支部では2008年から泰澄祭を開催し、行者道の登山、山頂での祭事と併せて登山の啓発活動を行っています。

(11)「藤木祭」《関西支部》

1.関西支部ルーム開設時の看板(昭和10年9月)

2.RCC創設者 藤木久三翁の色紙2枚、藤木九三翁が通った当時の六甲の岩場写真、藤木祭の状況

3.日本初のスキー技術指導者レルヒ少佐関係写真・スキー教則本・最初にスキーを始めた宮様伏見宮博義王のスキー写真 他

(注)伏見宮博義王は、明治・大正期の伏見宮家の皇族で、伏見宮第25代当主の伏見宮博恭王の第1王子とのこと。

(12)「小島烏水祭」《四国支部》

日本山岳会の発起人で初代会長の小島烏水に関する年譜、著作や「小島烏水祭」の顕彰碑、記念式典の写真などを展示。また、烏水が「アメリカで最も好きな山」としながら登れなかったカスケード山脈のシャスタ山に100年後に四国支部が登った「創立5周年記念・シャスタ山登頂」の記録を放映します。

(13)「槇有恒碑前祭」(動画放映))《北九州支部》

マナスル初登頂を果たした第三次マナスル登山隊の槇有恒隊長の輝かしい業績と、国内で唯一記念碑が存在する北九州市門司区の風師山(かざしやま)との関係などを紹介します。

(14)「学校から見える山」ほか《山形支部》

プレゼントは、平成28年の山の日制定に因み、小学校から見える山々のパノラマ図と鳥瞰図を作成し、これに山名の由来、植生や地形、登山路などの解説文を添えることで、子供たちの自然景観や山々への関心を醸成することを期待した企画事業です。また、創立60周年記念誌、書籍販売をおこないます。 

(15)「多摩百山」《東京多摩支部》

「多摩百山制定」は、2015年の支部設立五周年記念事業の一つとして実施。支部会員が実踏取材、その記録をまとめたガイドブックとなる冊子を発行、同一内容を東京多摩支部ホームページにも掲載。これらの展示と放映。同じ記念事業として、奥多摩駅近くに開設した奥多摩BC(ベースキャンプ)のPR。

(16)「富山支部の歴史」《富山支部》

1970年7月に日本山岳会の案内で立山を縦走したヒラリー卿夫妻。1960年7月黒部峡谷での冠松次郎と田部重治。JAC100周年に支部が遠征したヒマラヤ・ギャジカン峰の写真。かつて富山支部会員であった棟方志功作の富山支部報の題字をパネルで紹介。三田幸夫、深田久弥などが記帳した富山山荘(支部創立20周年記念建立)の「訪荘録」を展示。

(17)創立15周年記念品販売《山遊会》

(18)東海岳人写真展応募作品のカレンダー販売《東海支部》

(19)齋藤繁著『登山を楽しむための健康トレーニング』および前支部長・故田中壯佶遺稿集『遠い頂』陳列配布 《群馬支部》

(20)「コンロの歴史」《静岡支部》

かつてのコンロは灯油やガソリンが主流で、プリムス、ラジウス、スベア、ホエーブス、コールマンなど機能的で美しい姿は今でも健在です。1960年〜1970年代を主体とした懐かしいコンロ22台を展示します。

■図書交換会《図書委員会》

今年も300冊の山岳古書を陳列し販売します。これまで参加できなかった会員、特に支部や新入会員の皆さんの参加をお待ちします。購入希望の抽選を14時30分から開始します。早めに来場して購入申込みをしてください。複数の申込みがあった本は抽選となり、抽選で得た本は会場で精算後にお持ち帰りいただきます。手続きや出品目録会報「山」の10月号に掲載します。なお、この図書交換会は年次晩餐会に出席されない方も参加できます。ぜひ会場に足を運び、山の本の世界をご堪能ください。

[コーナー]

■ドリンクコーナー(有料) 

本館5階ロビー 13時00分~16時30分

懐かしい会員や親しい仲間と、久し振りの懇親をお持ちください。ウイスキーの水割りやソフトドリンクを用意してお待ちしています。

■グッズ販売コーナー

本館5階ロビー 13時00分~16時30分

JACマーク入りオリジナルグッズを販売します。

[主な販売品目]

帽子 1,500円  Tシャツ(長袖) 3,000円  Tシャツ(半袖) 2,500円

バンダナ 800円  ワッペン(大) 500円 ワッペン(小) 400円  会員章 700円  クラブタイ 3,000円