福島支部

■ 2017.12.05

デナリ山(旧マッキンレー)スキー大滑降の放映

マッキンリースキー滑降特別番組ご鑑賞のお勧め

植村直己さんをご存知ですか。1884年2月、アラスカのマッキンリーを単独で登攀中に行方不明となった伝説の登山家・冒険家です。そのマッキンリーはアメリカオバマ大統領時代「デナリ」と改名され、今でも魔の山として多くの岳人が憧れ、挑戦を続けています。そのナデリ山頂から最大斜度50度、ほぼ垂直の壁を滑り下りるという日本人登山家がいます。

佐々木大輔 40歳

がその人で、本年9月にNHKが特集番組で放映しました。

その講演会が12月2日に東京で開催され、実際に映像を見ましたが、なんとも開いた口が塞がらないどで、こんな日本人がいたのかと大いに感動してしまいました。 

イメージ 1

 

ナデリ滑降には佐々木さんと2名の日本人山岳スキーヤーが挑戦したのですが、これをサポートするスタッフも、NHKカメラマンも一流の登山家で、彼らと佐々木さんたちが生と死のギリギリのところを乗り越えて成功させたと講演で語ってくれました。

以下が滑降ルートです。

イメージ 2

 

以下が、本年9月にNHKスペシャルで放映された60分番組のタイトルです。

その再放送がありますので、年末のお忙しい時ではありますが、ぜひご鑑賞をお勧めします。

再放映の予定は以下のとおりです。

平成29年12月29日(金) 22:00から99分番組

NHK BS1で全国放映

撮影カメラ 4K ソニー製

 

 

イメージ 3

 

6月から7月にかけて37日間取材

以上