お知らせ福島支部

■ 2017.07.11

吾妻連峰・高山登山道の整備作業

日本山岳会福島支部の「年間活動計画」に高山登山道整備作業を組み入れました。吾妻スカイラインの浄土平駐車場を過ぎ、南に約2キロ進むと高山登山道入り口があります。

自動車道から歩くこと3分、鳥子平湿原が広がり今がワタスゲの満開でした。ここのワタスゲは背丈が20~30センチほどあり見ごろです。

 

イメージ 3

 

鳥子平湿原から高山へは直登の登山道路ですが、クマザサが覆いかぶさり、道迷いする心配はないものの、特に雨天時には笹の葉についた水滴でびしょ濡れになってしまいます。さらに登山道は壁土(かべつち)で滑りやすく、そこに刈り払いした笹が自然に敷き詰められこれが緩衝材となって登山道の荒廃(雨水による土砂流出)、転倒防止にと一石二鳥の整備作業でした。

イメージ 5

 

 

 

イメージ 1

 

 

イメージ 2

 

 

 上の画像は高山頂上付近です。午前9時から支部会員7人が3時間30分かかってしまいました。下刈り機械1台がフル稼働してようやく完璧な登山道となりました。

 

 

イメージ 4