お知らせ北九州支部

■ 2013.04.13

名残雪の中、英彦山で清掃登山

清掃登山集合写真

英彦山(1200㍍)清掃登山集合写真

福岡県添田町の英彦山(1200㍍)で4月7日(日)、日本山岳会北九州支部などの登山愛好家約50人が清掃登山を行った。

 

参加者は、3コースに分かれて登頂。

清掃の様子

強い寒気が流れ込んだ影響で、中腹から山頂にかけて5㌢程度の雪が積もる中、5時間余りかけてごみ袋24袋分を回収した。英彦山で4月に入ってからの積雪は珍しく、2009年以来4年ぶりという。

 

集められたゴミ

 

 

 

10年以上前から清掃登山を続けている伊藤支部長は、「山頂の展望台崖下は、昨年と同じようにゴミがどんどん出てきました。この場所は昔から、観光客が空き缶や瓶を投げ捨てやすい場所で、まだまだ沢山のゴミがあります。来年も支部をあげて、さらにたくさんのゴミを回収したい」と張り切っていた。

なお、登山のかたわら、登山者に対して下記パンフレットを配布し、「英彦山の山頂付近にトイレを。山の日をつくろう」などの呼びかけを行った。

 

(1) 「山のトイレを考える福岡協議会」のパンフレットと「山のトイレマナー袋」

(2)「山の日」制定協議会のパンフレット

 

以上の行事は、西日本新聞と毎日新聞で報道紹介された。

                                                                                                                                                                                           (竹本 正幸)