お知らせ北九州支部

■ 2013.05.12

北九州支部念願の「ルーム開設」

ktk_kaisetu_01.jpg

北九州支部念願の「ルーム開設」

 

日本山岳会北九州支部は本年5月1日より、北九州市小倉北区の毎日ビルディングの1階に、念願のルームをオープンすることになりました。当日は、15時よりささやかなオープン祝賀会を開催、会員27人が集まりました。

幸運にも「北九州と信州の会」が閉鎖した後の一室を借りることができ、さらに什器、備品等もそのまま使用できるとのことで早速検討に入りました。家賃等の問題もありましたが、発起人のご厚意による寄付が集まり、何とか開設にこぎつけました。

また、故人となられた重村伝平さん(日本山岳会北九州支部会員)の山の蔵書から約100冊の寄贈を受けて、今後は会員のための「山の図書室」としての利用も検討中。

ルームの最低条件は、誰もが、いつでも、自由に利用できること、開設したルームを有効に活用すること。最大のポイントは、尾上会長がおっしゃる「止まり木」の機能ができるかです。

支部長は、「賃貸ではありますが13年目にしてルームを持つことができ、日本山岳会5番目の開設になります。地域に密着した活動とルームをベースに会員同士の支部活動活性化を図ってほしい」とあいさつ。

来賓は、北九州商工会議所、西日本新聞、毎日新聞、毎日会館から6人の方が随時参加されました。

祝賀会は、16時30分に終了する。

 

・場所:北九州市小倉北区紺屋町13-1           

毎日ビルディング 1F

・ルームの広さは:10.44坪