日本山岳会山形支部の歩み
 昭和25年4月29日、月山山麓志津の旅館「ほていや」で山形支部設立総会を開催し、後藤幹次氏を初代支部長にして山形支部が誕生しました。翌30日に月山頂上で支部の発会式を行ないました。設立時の会員は27名でした。
 当時、日本山岳会の支部は、関西、越後、石川、東京、信濃、福島、富山、山梨、北海道、山陰、静岡の11支部があり、山形支部の設立は12番目でした。
 詳細は山形支部60周年記念誌を参照してください。