主な遠征記録
山形支部の創立40周年記念事業として平成3年(1991年)8月に、韓国・雪岳山縦走を行いました。
支部創立50周年の平成13年(2001年)にはテンシャン山行を行っています。
日本山岳会創立100周年(2005年)事業として、山形県の日本列島中央分水嶺踏査登山(関山峠~面白山~蔵王~番城山~二井宿峠~栗子山~板谷峠)を行いました。
これらの遠征記録は、山形支部創立60周年記念誌に詳しく記載されています。