支部発行物

東海支部

「東海山岳(第1号~第9号)」          

s_toukaisangaku9-thumb-85x119-102.jpg ■発行:日本山岳会東海支部
■概要:国内外の山行記録だけでなく、山にまつわる紀行、論文、書評など支部員及び支部友の深みのある登山活動の記録です。
■体裁:A5判
■在庫:第1号~第4号(品切れ)、第5号~第9号(在庫あり)
■料金:第5号=2,500円、第6号・第8号・第9号=3,000円、第7号=3,200円
■連絡先:東海支部(図書委員会)052-332-8363

岐阜支部

岐阜支部会報 「岐阜山岳 第58号」          

s_gihusangaku58.jpgのサムネール画像 ■発行:早田道治
■編集:堀 義博
■概要:平成18年度前期活動報告
■体裁:B5版
■料金:無料
■在庫:僅少
■連絡先:岐阜支部058-233-7351(今峰)

岐阜支部会報「岐阜山岳 第61号」          

s_gihusangaku61.jpg ■発行:早田道治
■編集:堀 義博
■概要:平成19年度後期活動報告
■体裁:B5版
■料金:無料
■在庫:僅少
■連絡先:岐阜支部058-233-7351(今峰)

岐阜支部創立30周年記念出版

「自然・登山・探検」(復刻版)(続編)2冊

s_sizentozan.jpg ■発行者:森本市郎
■概要:28回開催された山岳講演会の講演集
■発行年:2002年4月
■体裁:B6版
■料金:1300円
■在庫:少
■連絡先:岐阜支部058-233-7351(今峰)

富山支部

「日本山岳会富山支部創立60周年記念誌」
■発行者:日本山岳会富山支部
■編集者:記念事業実行委員会 山田信明
■概要:平成10年に50周年記念誌を刊行してからの10年間の支部の歩みをまとめたもの。日本山岳会創立100周年の記念行事の内容、毎年恒例の播隆祭や他支部との交流登山、例会山行の記録、物故会員の追悼文など。
■発行日:平成20年3月23日
■体裁:B5判、142ページ、白黒口絵写真3ページ
■在庫:あり
■連絡先:〒932-0101富山県小矢部市下後亟791 山田信明
電話0766-61-3010
Fax0766-61-3139

石川支部

「マリ山群・マーン峰6342m」

s_isikawamari.jpg ■発行者:日本山岳会石川支部
■編集者:中川博人
■概要:2007年石川支部創立60周年を記念して行った、初めて外国人入域が認められた山域インド・ラダック・パンゴン山脈での遠征報告書。末尾に地域情報も挿入し、今後の参考としている。
■ 発行日:2008(平成20)年3月
■体裁:A4判型、全編カラー66ページ。
■料金:2,000円
■在庫:僅少
■ 連絡先:石川支部 中川博人(TEL:076-232-3555 FAX:076-262-5161)

広島支部

「広島支部創立10周年記念号」

■発行:日本山岳会広島支部
■編集:国枝忠幹
■概要:支部創立10周年を記念して出版。全5章からなり、第1章では特に、10周年記念事業としての覇王山(中国四川省5551m)遠征報告、第4章では会員のミニ・エッセイが掲載されている。この記念号は、旬刊の支部報を充実して記念号としたもので、広島支部の歩みや支部報のバックナンバーの紹介、各種資料などが掲載されており、編集者の熱い思いを感じさせられる充実した記念号となっている。各章の内容は以下のとおり。
第1章:祝 創立10周年-花を添える覇王山初登頂
第2章:沿革 足跡を振り返る
第3章:現況 明日の峰を目指して
第4章:山の随想 百の頂に百の喜びあり
第5章:資料 温故知新の礎(いしずえ)
■発行:2008(平成20)年1月1日
■体裁:A4判、144ページ(表紙及び裏表紙カラー)
■料金:無料
■在庫:あり
■連絡先:広島支部082-248-3567(兼森)

「広島支部支部報 第28号」

■発行:日本山岳会広島支部
■編集:国枝忠幹
■概要:各種活動報告や会員動静などを掲載。今号では、平成20年度広島支部総会を中心として、東海支部による記念講演、各委員会からの報告などが掲載されている。そのほか『登山の健康診断』シリーズのほか、昨年の覇王山遠征に関連して、四川省大地震の関連記事がタイムリーに掲載されている。そのほか、随想や新入会員紹介が掲載されている。編集長の挿絵が随所に入れられており、読んで楽しい支部報となっている。
■発行:2008(平成20)年7月1日
■刊行期間(旬刊)4月、7月、10月、1月の4回
■体裁:A4判、28ページ(単色)
■料金:無料
■在庫:あり
■連絡先:広島支部082-248-3567(兼森)

福岡支部

『九州の岳人たち-その登山史』
■発行:日本山岳会福岡支部
■発行者:深田泰三
■編集:日本山岳会福岡支部
■執筆者:国内編・井上優、海外編・松尾良彦
■概要:日本山岳史の地方岳人史として貴重な資料である。九州の登山の始まりから九州岳界の動き、九州岳人たちの海外遠征のドラマまで。本書は九州の山のみならず、日本各地の山から世界の山まで4網羅しており、それぞれの山で活躍した九州岳人の足跡が記されている。
■発行:2002年5月12日
■体裁:A5判、550ページ(内カラー16ページ)
■料金:3000円(送料別500円)
■在庫:若干あり
■連絡先:福岡支部092-715-1557(渡部)

『福岡支部報NO.19』特集カンリガルポ山群調査
■発行:日本山岳会福岡支部(発行者:中山健)
■編集:辻和毅、倉智清司
■概要:特集カンリガルポ山群調査、他
第I部:カンリガルポ山群調査(第1次隊~第5次隊)特集(1.5年間を振り返って今後を考える:松本ゆき夫、福岡支部カンリガルポ山群調査の軌跡:渡部秀樹、カンリガルポ山群の山峰名(概念図、山名調査表、山峰の写真):松本ゆき夫・渡部秀樹、米堆谷について:中山健、2006年までの発表記録:松本ゆき夫
第II部:カンリガルポ山群第5次隊調査隊報告(第5次隊植物観察報告:松本ゆき夫・下田泰義
第III部:福岡支部「中央分水嶺踏査」報告:副島勝人、第IV部:会員活動報告(ベトナム最高峰ファンシーパン登頂記:高木荘輔)
■発行:2006年4月15日
■体裁:A4判、26ページ、カラー
■在庫:若干あり
■連絡先:福岡支部092-715-1557(渡部)

『福岡支部報NO.20』福岡支部創立50周年記念特集号
■発行:日本山岳会福岡支部(発行者:中山健)
■編集:辻和毅、倉智清司
■概要:
第I部:福岡支部創立580周年特集、(1.50周年によせて:中山健、2.福岡支部創設のころ:松本ゆき夫、3.福岡支部再建のころ:深田泰三、4.福岡支部の発展を期待する:松本ゆき夫、5.東海支部員から福岡支部を見る:石原國利、50周年によせる私の思い出:井上優、福岡支部の歩み-活動外概史:松本ゆき夫・深田泰三、福岡支部報総目次1号~20号:倉智清司・辻和毅)
第II部:会員活動報告(未踏峰をめざして:足達敏則、アイガーのミッテルレギ岩稜からの帰還:松隈茂、日本山岳会および福岡支部の現状:渡部秀樹、Greenlandのチョウノスケソウ:山本博、キングドン・ウォード追想:辻和毅)
■発行:2007年4月15日
■体裁:A4判、18ページ、カラー
■在庫:若干あり
■連絡先:福岡支部092-715-1557(渡部)

『福岡支部報NO.21』山に寄せる熱き想いと懐かしき峰々特集号
■発行:日本山岳会福岡支部(発行者:中山健)
■編集:辻和毅、倉智清司
■概要:巻頭言:4年間を振り返る:中山健
第I部:松本ゆき夫顧問第9回秩父宮記念山岳賞受賞(秩父宮記念山岳賞の受賞を祝して:深田泰三、秩父宮記念山岳賞を受賞して:松本ゆき夫)
第II部:福岡支部50周年記念事業報告:渡部秀樹、副島勝人、
第III部:山に寄せる熱き想いと懐かしき峰々特集(ヒムルンヒマールへの想い:中馬董人、ガウリシャンカール回想:植松満男、辺境の山を旅して、印象に残るバルトロ氷河の旅:太田五雄、ワラス再訪:成末洋介、私のアルプス紀行:井上優、私の海外登山12年:高木荘輔、カミさんと登った日本百名山:加藤昌隆)、
第IV部:会員の活動から(カンリガルポの旅に参加して:中馬一枝、チベットの大黒様:渡部秀樹)
■発行:2008年4月13日
■体裁:A4判、22ページ、カラー
■在庫:若干あり
■連絡先:福岡支部092-715-1557(渡部)