「山の日」事業委員会とは

2016年から実施の国民の祝日「山の日」を担当しています。「山の日」をつくることを目指すプロジェクトとして09年に始まり、祝日の制定に伴い、14年7月に事業委員会として組織が改まりました。年に数回、東京都内で会合を開いて、まだ馴染みが薄い新しい祝日を多くの人に知ってもらい、山に親しむきっかけとして生かしてもらうアイデアを話し合います。全国の支部と連携し「山の日」にまつわる集会などさまざまな企画にも取り組んできました。制定を進めてきた国会議員や関係する官庁、地方自治体、他の山岳団体などで構成する「全国山の日協議会」でも、日本山岳会が重要な役割を担っています。