山岳研究所運営委員会とは

 厳しい規制の上高地において、特別に建築を許された上高地山岳研究所を、会員が有効かつ末永く活用できるよう運営・管理を行っている。当委員会の活動目的は大きく3つに分けられる。

⒈ 施設の維持管理:毎年4月下旬の開所作業から、上高地に雪の舞う10 月下旬の閉所作業ま

で管理人と一体となって貴重な財産である“山研”を守っている。冬季の雪囲いのほか、給・

排水設備の保守、電気工事ならびに簡単な建物補修に至るまで自分たちの手により行ってい

る。

⒉ 会員サービス:会員サービスの一環として、山研利用を伴うイベントを開催している。具体

的には毎年6月第一土曜日に実施する新入会員対象の徳本峠記念山行と翌日のウェストン祭

参加、周辺山域への企画山行などがあり、山研ライフを楽しめるよう運営委員がボランティ

アで実施している。

⒊ 自然エネルギー利用研究:善六沢の水流を利用してミニ水力発電システムの実用化研究に取

り組んでいる。山研で使用する一部電力(照明、換気扇等)を賄うなど、その有用性は実証

されているが、山小屋での普及を前提とした新たな改善テーマを設定し、運用・保守性の向

上を追求している。環境対策とエネルギー開発が世界規模で課題となっているなかで、毎年

多くの方が視察に訪れている。