家族登山普及委員会とは

 家族登山普及委員会は2015年7月に発足しました。

 13年に発足した「家族登山普及ワーキンググループ」が前身です。独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」<の助成を受け、ウェブサイト「親子で楽しむ山登り」を制作することを目的とした組織でしたが、支部の活性化の一端を担う業務が加わり、プロジェクトチームから委員会に組織替えになりました。また、事業委員会や「山の日」事業委員会とともに支部連携部門となりました。

 ウェブサイト「親子で楽しむ山登り」(http://jac.or.jp/oyako/)は、山を通じて子どもを育成するためのツールとなるもので、子どもやその親に山に親しんでもらい、豊かな人生を歩んでもらうとともに、山の知識や経験によって山の自然や山の文化を理解し、未来の「山」を考える足がかりとなることを目指しています。また安全登山の周知を図り、事故を減らすことを目標としています。

 全国の親子登山に適したコース130コースの記載をはじめ、実際の家族登山や登山教室、また親子登山のノウハウ、山の基礎知識、山の図書の案内やクイズ、山での料理など、質が高くバラエティに富んだ内容を掲載し、毎年拡充されています。