2012年4月アーカイブ

2012/04/14-15 三支部合同登山「雲取山」

昨年9月以来、2回悪天のために中止したが、ようやく3度目の正直で実施することができた。

報告書は、こちら(PDF形式)です。

なお、雲取山については、50山「雲取山」も参照して下さい。

埼玉県障害者スポーツ協会との共催事業として、4月8日(日)寄居町にある鐘撞堂山に登った。

当日は快晴。9時20分寄居町役場集合。最年少5歳から最高齢76歳まで総勢65名が集う。

障害者11名(知的障害、高次脳機能障害)、家族等13名、日本山岳会関係者29名、

障害者スポーツ指導員2名、スポーツ協会1名。 開始式の後、10時出発。あらかじめ障害

の特徴や体力などの申告の内容により班分けを行い7つの班を編成した。健脚コース(桜沢ル

ート12Km)2班、一般コース(大正池ルート10Km)

4班、本部班1班、計7班に分かれて登山する。一般コースは、途中の竹工房のご主人の協力に

よりお茶用のお湯と参加者一人ひとりに竹を切って「竹カップ」が用意されており、しばしお

茶の時間を楽しんだあと山頂に向かう。健脚コースはリーダーから歩き方やストックの使い方

などの指導をうけながら、見晴らしのよい尾根歩きを楽しみ鐘撞堂山で合流。例年より寒さが

続いたため、山頂の桜の開花には1週間ほど早い登山となった。鐘撞堂山から羅漢山を経由し、

春の里山の景色を楽しみながら、また体調不良や遅れる者もなく全員がそろって歩くことがで

きた。

解散式では、障がい者それぞれから感想が述べられ、来年のふれあい登山での再会を約束して

15時に解散した。

当日の写真は、50山「鐘撞堂山」を参照して下さい。

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
mail:stm-inquiry@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行