2017年9月アーカイブ

 四季の山・秋山

十文字峠から白泰山・栃本縦走山行(グレード☆☆)

  長野県川上村から十文字峠を越え白泰山を経て埼玉県栃本に至る往還は、甲州街道の裏街道として江戸時代には多くの往来があったと言われています。今でもなかなかの難路ですが、当時のこの峠越えは相当困難な旅であったと思われます。名の知れた名コースなのですが、登山者も少なく訪れにくいルートです。
 往時を偲びながら深まりゆく秋の山を楽しみましょう。大賑わいのシャクナゲ時期の十文字小屋と違い静けさに埋もれるような小屋泊まりです。

         

  1. 日程    平成29年11月4日(土)~5日(日) 1泊2日
                                 *十文字小屋の都合で、当初予定の3日~4日の日程を変更しました。
          
  2. 目的の山  十文字峠(十文字山2072m)、赤沢山1818.9m
     
  3. 集合    11月4日(土)10:40 信濃川上駅
            新宿発8:00(スーパーあずさ5号)-9:53小渕沢駅着―
            9:57小渕沢発(小海線小諸行き)-10:40信濃川上駅着
            *乗車券は各自手配
  4. 行程
    第1日目(11/4)10:50信濃川上駅発(タクシー)―11:30毛木平出発 
            =14:00十文字小屋着(宿泊)
    第2日目(11/5)7:00出発=11:00白泰避難小屋=15:00栃本関所跡
            -(タクシー)-16:00三峰口駅(解散)―秩父経由帰路
  5. 連絡先
    十文字小屋 090-1031-5352
    川上観光タクシー 0267-97-2231  丸通タクシー三峰口営業所 0494-54-1771

     
  6. 装備
    初冬登山装備、軽アイゼン(念の為)、昼食2回、行動食、防寒具(小屋は寒い)
    (共同装備:ロープ、トランシーバー、ツェルト、救急薬品)

     
  7. 募集人数  8名(先着順・10月20日締切)
     
  8. 参加費   12,000円予定(宿泊費、タクシー代)
     
  9. 申込先   高橋 努   090-2906-4356 tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 

以上

 

平成29年度 第6回 支部委員会報告 (9月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 9月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

saitama-20170923.png

 

浦和のコミュニテイーセンターにて行われた、平川陽一郎講師の講演会が白熱する講義の中、参加者の熱い視線を受けながら終了しました。

埼玉支部員で支部の山行委員でもある、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドⅡの平川陽一郎氏を講師に招き、 「アクシデントに対応する安全技術」の講演会が開かれた。2016年の山の事故は、転倒・滑落・道迷いの50%を 60歳以上が占めるという結果を踏まえ、解決策として技術、経験値のアップ、体力アップのトレーニング、行動中のまめな水分・カロリー補給、早めの装備更新を上げた。また、過去の遭難事例をあげて、安全登山の基本は、 人(参加者の状況)、登山ルート、気象を配慮した行動が大事と説明した。ほかに、ストックの使用方法やザックの 背負い方、カミナリの情報は電力会社から得ることが出来るなどアドバイスした。質疑応答は時間いっぱい交わされ充実した内容であった。

anzen-17,9,20-houkoku2.pdf

2017「山の日」小江戸川越夕涼み・トークショーとミニコンサート報告

 埼玉県山岳連盟「山の日」イベント実行委員会主催の『2017「山の日」小江戸川越夕涼み・トークショーとミニコンサート』が平成29年9月1日(金);18時~21時、ウエスタ川越リハーサル室で開催され、一般の登山愛好家・埼玉岳連加盟の山岳会(日本山岳会埼玉支部を含む)等、約170名が参加しました。このイベントには(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会および(公社)日本山岳会・埼玉支部が後援しました。

 埼玉岳連・石倉昭一会長の挨拶に続き、東京芸大非常勤講師の佐原敦子さんのヴァイオリン演奏「講演テーマ:自然を愛したクラッシック作曲家」、前県警山岳救助隊副隊長の飯田雅彦氏およびヤマケイ登山総合研究所所長の久保田賢次氏、埼玉岳連名誉会長の田中文男氏による「山を安全に楽しむために」と題したトークショー、”はなみずき”によるフルート(村松りほさんおよび松本千佳さん)&ピアノ演奏(鈴木園子さん)で「想い出の山の歌の演奏と合唱」で、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」を目的として制定された2年目の「山の日」を楽しみました。                           TM

kouhou-2017yamanohi-1.jpg     kouhou-2017yamanohi-2.jpg

       開演前の会場                          埼玉岳連・天野理事長

 

kouhou-2017yamanohi-3.jpg    kouhou-2017yamanohi-4.jpg

 埼玉岳連・石倉会長                         ヴァイオリン演奏・佐原さん 

 

kouhou-2017yamanohi-5.jpg    kouhou-2017yamanohi-6.jpg

    ”はなみずき”の演奏                      ”はなみずき”の演奏

 

kouhou-2017yamanohi-7.jpg

            参加者一同

 

夏山・鳥海山紀行

 6月入会の轟と申します。出羽富士と称される鳥海山へ、高橋リーダーの元、女性6名、男性4名の計10名で、テント2泊の山行に行ってきました。7月の平ケ岳は天候不良につき中止で、今回こそはと祈りながらの参加でしたが、3日間お天気に恵まれ素晴らしい山行となりました。

以下はこちら → sanko-201710tyoukaihokoku.pdf

 

  

 

日本山岳会埼玉支部の9月月例山行ー箱根山の外輪山である明神ヶ岳山行報告

 平成29年9月2日(土)の8時40分に小田原駅集合でしたが、定刻前に参加者5名(右川、米山、橋本、古川、松本)全員が集合したため、伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅に行き、バスで予定よりも30分早く道了尊バス停(大雄山最乗寺)に着きました。各地に大雨を降らせた台風15号の影響で早朝より雨で登山が危ぶまれましたが、大雄山駅では青空が広がり始めなんとか山の登れそうな雰囲気です。

 大雄山最乗寺の門前でバスを降り、天狗の置物が多数飾られている土産物店を見学後、鬱蒼とした杉並木の参道を登ると最乗寺本堂です。本堂の左手奥から明神ヶ岳への登山道に合流(9時35分出発)します。見晴小屋までは崩れた登山道の急登で車道を2回超えます。尾根筋に着くと比較的緩斜面となり神明水の水を楽しみました。両側から覆いかぶさるススキをかき分けながら尾根を登り、巻道に入るとまもなく明星ヶ岳との分岐が現れ、右折して360度の眺望が楽しめる明神ヶ岳山頂(12時58分)につきました。箱根山、愛鷹山、金時山が確認できますが、富士山は頂上の一部のみ頭を覗かせていました。下山は明星ヶ岳との鞍部近くの宮城野分岐を右折して、別荘地の横をまっすぐに下り宮城野の登山口(15時55分)につきました。日帰り入浴は箱根温泉の一角である「勘太郎の湯」に浸かり、近くのバス停から午後6時頃、小田原駅に戻りました。     

sanko-20170902-myoujingatake-01.jpgのサムネール画像 sanko-20170902-myoujingatake-02.jpgのサムネール画像

       道了尊バス停の土産物店にて

 

sanko-20170902-myoujingatake-03.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-04.jpg

   道了尊バス停の土産物店前にて                  大雄山最乗寺の参道

 

sanko-20170902-myoujingatake-05.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-06.jpg

  大雄山最乗寺の本堂(登山道は左奥から)            最乗寺本堂から明神ヶ岳への登山口

 

sanko-20170902-myoujingatake-07.jpg   sanko-20170902-myoujingatake-08.jpg

   最初の林道で休憩                       神明水の冷たい水で一息入れる

 

sanko-20170902-myoujingatake-09.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-11.jpg 

  明神ヶ岳山頂にて(背後は箱根山)              明神ヶ岳から明星ヶ岳へ(相模湾が一望できる)

 

sanko-20170902-myoujingatake-12.jpgのサムネール画像              sanko-20170902-myoujingatake-13.jpg

明星ヶ岳への途中にある宮城野への分岐         宮城野登山口

                                                       以上 TM

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
mail:stm-inquiry@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行