2019年1月アーカイブ

支部安全登山委員会では、毎年1月に、埼玉県警山岳救助隊員の講演を開催している。

埼玉県内で起きた各種の遭難事故の様子を、映像と資料から参加者に訴えた内容は見事であった。

来年も又聞きたいとの意見が多く出た。詳しくはこちらからーanzen-2019,1,19-kirokubun.pdf

平成30年度「埼玉やま塾 第1期」が盛況を以て、終了いたしました。
そこで、やま塾にて実施された講義(座学)の内容について、平川講師のご了解を頂きましたので、収録動画を公開いたします。
 
山行に大変役立つ内容(情報)であるとともに、支部の活動を共有していただく一助になるかと思いますので、やま塾(活動)参加者だけでなく、参加されなかった会員各位にもご視聴をお勧め致します。
 
★「【埼玉やま塾 第1期】第1回~第3回 講義編」
 
1.H30年5月15日  第1回講義
 
2.H30年6月19日  第2回講義
 
3.H30年9月25日  第3回講義
 
                              <総務委員会>

平成31年1月 新年山行 懇親会

武蔵野の小京都小川町の仙元山(298.9m).小川町「寿司忠」

実施日:平成31年1月12日(土) 参加者24名

平成31年1月12日(土)に支部の新年山行と懇親会を実施した。

新年山行は東武東上線・八高線小川町駅10時00分集合し、小川町仙元山(298.9m)に登った。数日前までは雨が心配された天気も暖かい陽射しに恵まれA班13名、B班11名に分かれ出発、まず初めに町の総鎮守「八宮神社」にて一年の安全登山祈願をする。本殿の龍・唐獅子の彫刻は見事だった。境内の青麻三光宮は足の神様として下駄の絵馬が奉納されていた。ここからオオムラサキの展示館を見学し落ち葉の絨毯を踏みしめながらハイキングを楽しみ見晴らしの丘公園で昼食をとる。秩父連山から遠く群馬の山々が一望でき、眼下には和紙のふるさと小川町の街並みが美しく広がっている。山崎さん手作りの揚げ餅は忘れられない味となる。休憩後30分で山頂につき全員で記念撮影。青山城跡―国の史跡に指定された下里・青山板碑製作遺跡では鴨志田さんの見事な解説に皆で聞き入る。遺跡を後にし、のどかな里山風景が広がる道をおしゃべりしながら楽しく歩き、埼玉伝統工芸会館に着き和紙の手漉き実演を見学する。

その後移動し、懇親会会場「寿司忠」にて、老舗の料理に舌鼓を打ちながら松本支部長の新年度挨拶と参加者からひと言いただき、和やかな懇親会となった。

 最後になりましたが、幹事の宮川さんをはじめスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。  Y.K記

190112_Mt.kuruma-1.jpg    190112_Mt.kuruma-2.jpg

pdf版ダウンロード → 報告書

 

最近増えている山での遭難事故。セルフレスキューが叫ばれている中、応急手当など実習を通し学んでみましょう。

詳しくはこちらからーanzen-2019,2,24-kousyukai.pdf

平成30年度 第10回 支部委員会報告 (1月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  1月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 平成30年度忘年山行 寄居町「車山(226.8m)」      pdf版ダウンロード → 山行報告

1、日程:12月15日(土)~16日(日)

2、参加者:CL山崎保夫他17名(男性12名女性6名)

3、場所:寄居町車山(226.8m)・JA埼玉県農業団体教育センター(宿泊)

4、コースタイム:

   15日(土)9時寄居駅集合→10時鉢形城址後→10時45分車山登山口

   →11時30分車山山頂→縦走→12時45分車山下山口→14時JA埼玉県農業団体教育センター

   →18時忘年会→20時お開き

   16日(日)鐘撞堂山登山組と川の博物館組に分かれ懇親。

 

 この度、平成30年忘年山行・忘年懇親会に参加いたしました。

1日目は鉢形城跡見学と車山(標高226.8m)、夜はJA埼玉教育センターにて忘年懇親会を実施。

鉢形城は後北条家の上州、信州方面の拠点となった城で、荒川と深沢川、両河川の谷を利用して築かれた天然の要害をなしており、戦国時代の城郭がよく残された代表的な城郭跡です。

車山は鉢形城跡の西側に位置する里山で、山頂には三角点と金比羅様を祀った小さなお社が建てられていました。下山途中に広場があり、麓の保育園の園児たちが山を登ってきて遊ぶというハイジのようなブランコが設置されていました。

 夜は宿泊場所である教育センターの宴会コースで忘年会、その後はロビーにて持ち込みをした酒肴で二次会を。美味しい料理とお酒で話も弾み、大いに盛り上がりました。

2日目は朝食後、女性陣は鐘撞堂山(標高329.8m)へ行き、男性陣は川の博物館見学へ。

鐘撞堂山の道中では黄梅や水仙など季節を先取りした花々も見られ、山頂は関東方面の街が良く見渡せ、多くの登山者で賑わっていました。羅漢山~少林寺間の道に並ぶ羅漢像はユニークなものばかりで、色々な表情が楽しめました。

天気も良く、さわやかな気持ちの良い登山と忘年会で皆さんと懇親を深められた山行でした。報告:Y.W

 

 

181215_Mt.Kuruma.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車山山頂(226.8m)

 

181215_bounenkai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JA埼玉県農業団体教育センターでの忘年会

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
mail:stm-inquiry@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行