2020年3月アーカイブ

4月16日(木)「膝痛に有効なテーピング講習会」は、コロナウイルス蔓延のため

中止にいたします。安全登山委員会 宮川

 日本山岳会埼玉支部会員の皆様

 新型コロナウイルスの影響で何かとご苦労のことと拝察いたします。
さて、例年4月の桜花爛漫の時期に開催しておりますふれあい登山は本年も4月5日開催で計画し、既に90名近い参加者の申込もいただき準備万端整っているところですが、ご承知の通りの情勢で感染防止の観点から、主催の埼玉県障害者スポーツ協会ともご相談の結果、秋に延期することといたしました。

新日程は、11月8日(日)場所、コース等は変更ありません。

追って、またご案内いたしますが秋のふれあい登山にもご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

社会貢献委員会

高橋 努

 3月14日、降雪の中、新人会員歓迎山行として、四方津から扇山への登山が開催されました。悪天候のため、百蔵山への縦走は断念しましたが、参加された新人会員たちは、ある意味、貴重な体験をされたと思います。参加した新入会員からの山行報告です。

              ※pdf版はこちら → 山行報告

************************************************

     新入会員歓迎山行 「扇山」に参加して

準会員:小野 康子

  1. 期日:2020年3月14日(土)
  2. 場所:山梨県 扇山
  3. 参加者:15名
  4. 行程:8:30JR四方津駅集合-9:00犬目バス停-犬目丸-11:00扇山山頂-大久保のコル-カンバノ頭-宮谷分岐-14:00猿橋

 

 新入会員歓迎山行で扇山に新入会員7名を含む15名で登ってきました。私にとっては入会後2回目の支部山行でした。当初は扇山から百蔵山へ縦走する予定でしたが、関東地方に南岸低気圧が近づいており、天気予報は雨・雪であったため、扇山のみに変更となりました。

 JR四方津駅で集合した後、バスで犬目バス停まで行き、登山スタート。登り始めて40分を過ぎた頃から雨が雪へと変わりました。休憩で少し立ち止まっただけで寒さを感じ、皆で先を急ぎました。雪は徐々に積り始め、歩幅を少し大きくすると滑りそうになり、初心者の私は不安を感じましたが、ベテランの方々と一緒だから大丈夫!と自分に言い聞かせて歩き方に注意しながら登りました。11時頃、扇山山頂へ到着。山頂では10cm位の積雪になっていました。楽しみにしていた富士山を見ることはできませんでしたが、私たち以外の登山者は当然おらず、新雪が積もる山頂を独占し、雪を纏った木々の綺麗な姿を楽しむことができました。私は2月の雪山山行(北横岳)に直前で行けなくなってしまい、悔しい思いをしていたのですが、思いがけないところで雪景色を見ることができ嬉しかったです。

a0032.jpg a0084.jpg

 

 下山は大久保のコル・カンバノ頭を通り、宮谷分岐から沢沿いの登山道を下りました。途中、ぬかるんで滑りやすい斜面があり苦労していると、足を置く場所のアドバイスを頂き、転ばずに下山することができました。舗装道路に出た頃には雪は大きな雪片となり、まるで綿や羽毛が空を舞っているような幻想的な風景でした。

 その後、日本三奇橋の一つである猿橋の袂のお蕎麦屋さんで歓迎会をして頂きました。こちらも他のお客さんはおらず、貸し切り状態でした。新型コロナウィルス感染予防を気にかけながら、お酒と美味しい蕎麦、馬肉の竜田揚げなどを頂き、近況や今後の登山予定などを楽しくお話しました。

 個人的な登山であれば中止にする天気でしたが、今回のように厳しい条件の登山も経験しておくと悪天候に遭遇してしまったときに慌てずに対応できるように思いました。今後も沢山参加して学んでいきたいです。参加して下さった会員の皆様、寒い中ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

2019年度 支部報 第29号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 林  (代:稲越)

2020年度「埼玉やま塾」第3期講座は、新型コロナウイルスに伴う

緊急事態宣言を受け、今年度の開催を中止といたします。

 

2020-leaflet-s.png

 

パンフレット(pdf)のダウンロードは、上の画像をクリックしてください。

 

 

★★ 「埼玉やま塾」ご紹介動画を公開中 ★★

2020_movie-s.png

↑ クリック ↑

 2019年度 四季の山(冬山) 北横岳山行が、2月1日、開催されました。

以下に参加者からの山行報告を掲載いたします。     pdf版はこちら → 山行報告

 

八ケ岳山麓での雪山体験

                                 準会員:奥村 一江

◎日 程   2020年2月1日(土)~2日(日) 1泊2日

◎山 域   北八ヶ岳(北横岳(2,472.5m))

◎参加者   16名

◎行 程   

 【1日目】各集合場所7:00→中央道→北蓼科ビレッジ別荘12:30→北八ヶ岳ロープウェイ駐車場13:00→雪上講習13:00~14:30→15:00小斉の湯→北蓼科ビレッジ別荘16:30(宿泊)

  【2日目】北蓼科ビレッジ別荘7:00→北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅9:25→10:40北横岳ヒュッテ→ 11:00北横岳(南峰)→ 11:15北横岳(北峰)→ 11:30北横岳(南峰)→ 11:40北横岳ヒュッテ→ 12:45 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅→ 14:00 解散

 

埼玉やま塾第2期講習終了後に準会員になってから初めての山行参加でしたが、両日ともに天気に恵まれ、風もほとんど無く、快適に過ごすことができました。

1日目は、雪上講習にて駐車場脇の登山口から上りながら歩き方、ピッケル・ストックの持ち方、休憩時のザック置場の作り方、ラッセル体験など実に様々なことを学びました。思えば、今まで滑落停止訓練の経験はありますが雪上での歩き方などをきちんと学んだことは無く、滑落するために雪上の上り下りを繰り返すうちに何となく歩けるようになった気でいました。しかし、今回の講習では論理的に学習することができ、今まで理由はわからないままやっていたことも解決できたので、とても有意義でした。そして、宿泊先の別荘では数々の美味しいお酒と料理、そしてたくさんの興味深い話を聞くことができてとても楽しかったです。 

photo_6285.jpg photo_6298.jpg

 

2日目は、いよいよ北横岳に向かいました。スキー等の経験が無く今まで雪と無縁だったこともあり、雪山はいつもその色と景色に感動します。今回は、雪がキラキラしていてエビの尻尾をはじめとする雪の造形美に飽きることは無く、途中で何度も止まってシャッターを押したい気持ちを抑えながら頂上へ到達しました。遠くの山々まで見渡せることでさらに感動が高まりそのままの勢いで下山して、名残惜しい気持ちになりながら下りのロープウェイに乗りました。来年も、また是非雪山山行に参加したいと思いました。

普段は単独山行が多く、さらに写真を撮りながら歩くため登山者の少ない山やルートを好んで歩いていますが、今後は登る山の幅を広げるためできるだけ多くの山行に参加しようと思います。

 今回の山行で様々な準備をして頂いた皆様、本当にありがとうございました。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
stm@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行