お知らせ・報告の最近のブログ記事

埼玉支部四季の山・春山
荒船山、浅間山山行2019.5.18~19の報告

こちら→ 山行報告(pdf)

2019年度 第3回 支部委員会報告 (6月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  6月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 林  (代:稲越)

2019年度 支部報 第27号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 林  (代:稲越)

5月平日山行赤城山鈴ヶ岳山行報告 → こちら 1905heijitsu-akagi.pdf

 

日本山岳会埼玉支部の6月月例山行は、2019年6月2日(日)、神奈川県を代表する丹沢大山で行われ、会員10名(松本、山崎、鴨志田、花崎、今山、東、米山、若林、奥田、藤野)が参加しました。小学生から高齢者、外国人、山ガールまで沢山の登山者が登山道に列を作り、山頂は大変な賑わいでした。詳細は埼玉支部報に掲載される予定です。 TM

sanko-20190602-tanzawa-oyama-3.JPG  sanko-20190602-tanzawa-oyama-1.JPG

       大山山頂にて                    大山阿夫利神社前にて

飯能市市民会館と天覧山周辺で行われた、読図やツェルトを利用した屋外体験に

参加者は生き生きしていた。-anzen-2019,6,1kousyukai-houkoku.pdff

栃木支部主催の日本山岳会第35回全国支部懇談会は、令和元年5月25日(土)~26日(日)、日光自然博物館で開会式及び記念講演会、日光アストリアホテルで懇親会を開催しました。埼玉支部から8名が参加し、26日(日)は新緑の中、晴天に恵まれ、湯本~切込湖・刈込湖~光徳牧場・日光アストリアホテルまでのハイキングを楽しみました。詳細は次回の支部報で報告いたします。    TM

zenkokusibukon-totigi-3.JPG

         刈込湖にて
 

『今、山道具が充実している!』の講習会開催報告です。

進化している山道具、山道具の選び方を学習しました。記事はこちらーanzen-2019,5,22-kousyukaihoukoku.pdf

 

奥武蔵 谷津川・地獄谷  グレード☆☆☆

 荒川の支流である奥武蔵・谷津川の地獄谷は磨かれたゴルジュの中に手ごろな滝場を連ねる谷です。昨年は行けなかった沢登りですが、今年も平川会員(認定ガイド)に指導をお願いし、滝の登攀グレード2級(初級)の沢登りの計画をしました。初めての沢登りにチャレンジしたい方、久しぶりに水と戯れてみたい方など、この機会に是非ご参加ください。

 1.日程   6月15日(土曜日)  日帰り

2.場所   奥武蔵・谷津川・地獄谷

3.集合   秩父鉄道 白久駅 8:03

4.行程   集合場所:秩父白久駅8:30出発―谷津川林道分岐―9:30地獄谷出会い

入渓点出発10:00― 遡行中は、行動食となります-14:00林道合流(終了点)-14:30下山(入渓点合流)―谷津川林道―15:30白久駅

5.装備   日帰り山行装備+渓流シューズ(フェルトソール)、渓流ソックス、渓流スパッツ(あれば)、ヘルメット、ハーネス、カラビナ、スリング


*参加者には、追って平川会員作成の装備リストをお送りします。装備購入に関して疑問の点は平川会員にお問い合わせください。
 

6.共同装備 ロープ、ツェルト、トランシーバー

7.申込先 締め切り5月末

8.参加費 ガイド料の半額を参加者で負担します(参加者数により変動あり)

9.募集人数 6名

轟 涼 (サブ)

080-5455-7216 Email:ryo-tod@817ezweb.ne.jp

2019年度 第2回 支部委員会報告 (5月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  5月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 林  (代:稲越)

2019年度 社会貢献委員会の抱負と年間計画

 社会貢献委員会は、障がい者とのふれあい登山と清掃登山が主たる活動です。
 障がい者とのふれあい登山は、支部設立当初から故大久保春美前支部長の発案で開催され本年度で9回目を迎える息長い活動となりました。埼玉県障害者スポーツ協会と緊密に連携し実施してきましたが、同協会のご配慮で今回から「大久保春美記念ふれあい登山」という名称になりました。大久保さんも天国から見守り、喜んでおられることと思います。

 毎回30名近い支部会員がサポーターとしてご協力をいただいていますが、皆さんの感想をお聞きすると「とても楽しかった」「障がい者の皆さんから教えられることが多かった」とのこと。まさにふれあいを通して楽しみと学びの場になっているのです。

 今年も次の通りたくさんの皆さんと楽しく安全にふれあい登山を実施いたします。

 清掃登山も支部設立以来の活動です。昨年の群馬県子持山では、大量のビンカンを収集し、県立天文台のご協力で廃棄処分をいたしました。登山者の多い山域ではさすがに廃棄ごみは少なくなりましたが、登山者の少ないコースではごみも多いようです。何より自分たちがごみを残さないことを心がけます。

また、最近は糞尿処理の問題が深刻です。携帯トイレの持参の普及にも努めます。

※資料 → 年間計画(pdf)

 

2019年度計画

1.大久保春美記念第9回ふれあい登山
主催   :埼玉県障害者スポーツ協会・日本山岳会埼玉支部

日程   :2019年4月7日(日)
場所   :加治丘陵(入間市から飯能市)

 

2.清掃登山 
日程   :2019年4月14日(日)
場所   :群馬県 小野子山・十二ヶ岳

2019年度の抱負・年間計画   ―自然保護委員会―

活動方針:公益事業向上に資する為、項目を絞り事務、広報業務の簡素化を図ります。

 

「登山とは多面的な文化活動の一つである」とはフランス文学者で岳人でもあった 故桑原武夫氏の言葉である。我々岳人は含蓄のある文言をいただいている。

当委員会は公益活動として「森づくり」と「大高取山自然観察会」調査研究活動として「ブナ林・湿原学術調査」並びに「シカ等野生動物食害調査後の対応」を四大テーマとして来た。本年も継続しつつ昨年同様に映像記録を編集し、そこから見えてくるものから次の活動方針を導き出すことを今期の目標とする。

※資料 → 年間計画(pdf)

  ①49日(火)   会報「山と清流」第10号発行 

             制作、発行諸費用

4月2829日(日・月祝)高尾グリーンセンター森づくり研修会&観察会

             県内の森作り作業高度化のための施設、装備借り上げ代、資料作成       

525~日 (土~日) 玉原高原ブナ林・湿原観察会

             資料、記録用メモリー

767日 (土~日)  主催日本山岳会自然保護委員会「自然保護全国集会」、協力埼玉支部

             場所はさいたま新都心ホテル「ブリアンテ」

929日 ( 森づくり&観察会(さいたま緑の博物館)埼玉県緑自然課主催  

             装備借り上げ、資料作成     

  ⑥1027日(日) 第7回大高取山自然観察会  

              ポスター、資料作成、解説用写真印刷他    

  ⑦1117日(日) 第7次シカ食害調査・天理岳北斜面

             記録写真、VTR制作、資料作成          

  ⑧2020年1月未定  7回シンポジュウム「埼玉の自然」

                        第1部:武甲山の好石灰岩植物 第2部:映像で見る自然保護委員活動

              (森づくり研修会)(玉原のブナ観察会)(大高取山自然観察会)

        

公益社団法人日本山岳会 埼玉支部 自然保護委員会

事務局:さいたま市中央区上落合4-3-4

048-859-1331FAX048-859-5001

paramitayam.t.t@gmail.com

2019年度年間計画  ―安全登山委員会―

【安全登山委員会の抱負】

 今、登山者の遭難が後を絶たない。遭難の内容は、道迷い、登山装備の不備、単独入山など危険要因が多い。中でも登山届の徹底は早急に救助活動ができることから、現在、声高に叫ばれている。安全に山に登るためにはと呼びかけ続けてきた安全登山委員会は、今年も経験豊富な講師に依頼し、年間5回の講演・講習会を企画しました。委員一同、皆様をお待ちしていますので、是非、会場に足を向けていただけたら幸いです。

※資料 → 年間計画(pdf)

【安全登山委員会による講演会及び講習会年間計画】

1.安全登山講演会

   日時:平成31年4月2日(火)

   テーマ「安全に山に登るためには」

   講師:高妻潤一郎氏(埼玉支部支部員)

   会場:浦和コミュニティーセンター第13集会室  参加費500円

2.安全登山講習会

   日時:5月22日(水)

   テーマ「山道具の話」

   講師:ICI石井スポーツ大宮店

   会場;浦和コミュニティーセンター第14集会室  参加費500円

3.安全登山講習会

   日時:6月1日(土)

   テーマ「ハイキングレスキュー講習会」

   講師:瀬藤 武氏(埼玉岳連遭難対策委員長)

   会場;飯能市市民会館201会議室と天覧山周辺  参加費500円

4.安全登山講習会

   日時:10月26日(土)

   テーマ「ファーストエイド講習会」  

   講師:悳 秀彦氏(埼玉支部支部員)

   会場:埼玉教育会館(浦和)303会議室  参加費500円

5.安全登山講演会

   日時:2020年1月18日(土)

   テーマ「埼玉県警察山岳救助隊の話」  参加費500円

   講師:工藤大介氏(埼玉県警山岳救助隊副隊長)

   会場:未定

 2019年度抱負と年間計画        -山行委員会ー

今年度は多くの方に山行へ参加して頂くよう低山から北アルプス、テント泊、土・日曜・平日と色々計画しています。

 ※資料 → 年間計画(pdf)

2019年度埼玉支部山行委員会山行予定
日・曜日 担 当 摘  要 G 計  画  案 担 当
4月 7日(日) 社会 大久保春美記念ふれあい登山 加治丘陵 清登
13日(土) 総務 埼玉支部総会      
14日(日) 山行 総会記念山行 ☆+ 小野子山(バス) 山崎
高橋
5月 9日(木) 山行 支部山行(平日) 赤城山・鈴ヶ岳 高橋
18日(土)~19日(日) 山行 四季の山・春山(車) ☆☆ 荒船山・浅間山 菊地
25日(土)~26日(日)   全国支部懇親会   栃木支部主催  
28日(火) 支部 埼玉やま塾第1回講習   浦和コミュニティーセンター 平川
6月 2日(日) 山行 月例山行 丹沢山系 大山 松本
9日(日) 支部 埼玉やま塾第2回登山 大高取山 平川
15日(土) 山行 沢登り山行 ☆☆☆ 検討中 平川
25日(火) 支部 埼玉やま塾第3回講習   浦和コミュニティーセンター 平川
7月 7日(日) 支部 埼玉やま塾第4回登山 武甲山 平川
13日(土)~15日(月) 山行 四季の山・夏山(10名) ☆☆☆ 北アルプス(JAC・山研利用)
   蝶ヶ岳・常念岳
高橋
山﨑
8月 2日(金)~4日(日) 山行 月例山行 テント泊山行 ☆☆ 焼石岳・栗駒山
27日(火) 支部 埼玉やま塾第5回講習   浦和コミュニティーセンター 平川
9月 7日(土) 山行 月例山行  
8日(日) 支部 埼玉やま塾第6回登山   谷川岳(天神尾根) 平川
  5日(土) 山行 月例山行 ☆☆ 滝子山 米山
10月 19日(土)~20日(日) 支部 埼玉やま塾第7回登山   雲取山 平川
  31日(木) 山行 支部山行(平日) 鳴虫山 高橋
11月 9日(土)~10日(日) 山行 四季の山・秋山 ☆☆☆ 燕岳 古川
12月 14日(土)~15日(日) 山行
総務
忘年山行・忘年懇親会 検討中
1月 11日(土) 山行 新年山行・新年懇親会 顔振峠・虎秀山 宮川
2月 15日(土)~16日(日) 山行 四季の山・冬山 ☆☆☆ 検討中 山崎
3月 29日(日) 山行 月例山行+新入会員歓迎山行 検討中

*山行委員会は原則、毎月第2月曜日午後7時、休・祝日の場合は翌日火曜日となります。会場は浦和パルコ9階です。

日本山岳会埼玉支部 6月月例山行「相模・大山(1.252m)」日帰り山行 グレード☆

 相模国の国御嶽として多くの参拝者を集めた大山に大山ケーブルカーで登ります。下山は表参道を下ります。

 家族向けコースなので技術的・体力的な問題はありません。

日 時:2019年6月2日(日)

場 所:神奈川県伊勢原市 大山

集 合:伊勢原駅北口 9:00

行 程:伊勢原駅北口4番バス停・神奈川中央交通バス(9:05発)-大山ケーブル駅バス停-大山ケーブル駅-

    阿夫利神社下社-大山山頂-見晴台-阿夫利神社下社ー大山寺-大山ケーブル駅バス停-伊勢原駅

    歩行:約4時間

持ち物:通常の夏山装備、雨具、飲料水、昼食、行動食、非常食、ヤマビル対策等

地 図:2万5千分の1地形図 大山

申込先:山行委員会 松本敏夫:電話:090-5338-0118、メール:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jo

申込期限:5月25日まで  

詳細は右記の添付資料を参照下さい。 →sanko-20190602-ooyama.pdf

今年も飯能で実践的な講習会を開催します。道迷い、山中でのアクシデントの対処の仕方など

天覧山の中を歩き、体験してみませんか?

詳しくはこちらーanzen-2019,6,1-kousyukai.pdf

  日本山岳会埼玉支部の皆様 

10連休いかがお過ごしですか。

ちょっと早いですが7月の夏山・北アルプス山行のご案内です。
今年は7月の3連休(7/13~15)に上高地のJAC山研(河童橋から徒歩3分)に宿泊し上高地を満喫し、さらに蝶ヶ岳に登り、健脚の方は常念岳まで縦走しようというものです。

最盛期の3連休なのでご予定もあるものと考え、早めにご案内しました。
日本山岳会会員でなければ味わえない素敵な山行です。

山研は貸切としましたので多人数でも大丈夫ですが、蝶ヶ岳ヒュッテは先着10名です。 

詳細案内はこちら → 201907saitamanatuyama.pdf

山行委員会 高橋 努 

 2019年度四季の山・春山

荒船山と浅間山 グレード☆☆

         

久しぶりに、登山規制が緩和され、火口から500mの前掛山(現在の浅間山山頂)に登れるようになった浅間山と新緑の荒船山に登ります。
宿泊は浅間の名湯・天狗温泉です。

 

  1. 日程   2019年5月18日(土)~19日(日) 1泊2日 
  2. 目的の山 荒船山 1423m、浅間山(前掛山)2524m 
  3. 集合・交通機関 5月18日(土)午前8時 若葉駅西口、7時30分 桶川駅西口
            *乗用車分乗
     
  4. 行程  
    第1日目(5/18) 若葉駅・桶川駅=(上信越自動車道下仁田IC経由)=内山峠
            ―トモ岩―行塚山(荒船山最高点)―トモ岩―内山峠
            =(中部横断道佐久南IC=上信越自動車道小諸IC経由)
            =天狗温泉浅間山莊(泊)          (歩程時間:4時間)

   第2日目(5/19) 浅間山莊ー火山館―前掛山―火山館―浅間山莊
           =(小諸IC経由)=若葉駅、桶川駅 18時頃解散 
                                 (歩程時間:7時間) 

 5.装備・昼食 通常の春山装備、軽アイゼン必須、昼食2回、非常食

 6.参加費   20,000円予定(宿泊費、高速道路料金、ガソリン代、等)

 7.募集人員  8名(先着順、5月7日締切)

 8.申込先   山行委員会 菊池武昭 メール  takeaki-kiku@hb.tp1.jp

                                  携帯番号 090-6319-7602

              *集合場所、乗用車提供可否などをお知らせください。

                                  以上

安全に山に登るためには、第二弾!!!Mt.石井スポーツ店のスタッフによる

講習会開催。詳しくはこちらーanzen-2019,5,22-kousyukai.pdf

安全登山委員会では、4月2日に『安全委山に登るためには』副題「山登りのKYトレーニング」

と題し、講演会が行われた。参加者参加型のユニークな内容であった。

詳しくはこちらーanzen-2019,4,2-kouenkaihoukoku.pdf

 埼玉支部 5月 平日山行 のご案内

赤城山 鈴ヶ岳 1564.7m グレード☆+

本年度から山行委員会の新企画として平日山行を行います。春や秋の絶好の登山シーズンに混雑する週末を避けて平日に静かな、ゆったりした山行を楽しもうという趣向です。

第1回は各種のツツジが咲き乱れる赤城山・鈴ヶ岳です。
歩程3時間半、帰路に温泉入浴します。

お時間に余裕のある方、是非ご参加ください。 

1.日程       5月9日(木)日帰り
2.集合・交通機関  5月9日(木)午前8時 若葉駅西口および桶川駅西口
           *乗用車分乗

3.行程       10:30新坂平登山口出発―12:00大ダオー12:30鈴ヶ岳山頂
          (昼食)―14:30新坂平登山口
          *帰路、入浴の後、18:00頃出発地にて解散

4.持参物     日帰り山行装備、弁当、行動食
          *共同装備:ツエルト、トランシーバーなど

5.費用      ガソリン代、入浴料程度

6.申込先     山行委員会 高橋 努
          090-2906-4356   Email: tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 *4月20日までに申し込みください。
集合場所、乗用車提供可否などをお知らせください。

sanko-akagiyama.jpg

平成30年度3月定例山行報告  (pdf版 → 報告書)

1日    程:平成31年3月16日(土)

2場    所:山梨県忍野村「高座山1304.3m」「杓子山1597.5m」『鹿留山1632m』

3参 加 者 :L米山、SL古川、稲越、松本(廣)、竹内、東、森田(登山不参加)

4コースタイム:9:15忍野役場→9:45鳥居地峠10:00→11:05高座山11:20→12:00大権首峠→12:45杓子山13:15

        →13:50子ノ神→14:05鹿留山14:15→15:30立ノ塚峠→16:45忍野役場

※活動時間:7:30

5写    真 (クリックで、オリジナルサイズ表示)

190316_Mt.syakushi (1).jpg

高座山へカヤトの尾根

190316_Mt.syakushi (2).jpg

高座山

190316_Mt.syakushi (3).jpg

高座山から唯一の富士山

190316_Mt.syakushi (4).jpg

大権首峠へ

190316_Mt.syakushi (5).jpg

杓子山

190316_Mt.syakushi (6).jpg

杓子山山頂の鐘

190316_Mt.syakushi (7).jpg

杓子山山頂昼食タイム

190316_Mt.syakushi (8).jpg

雪の鹿留山

190316_Mt.syakushi (9).jpg

立ノ塚峠への岩場の下り

190316_Mt.syakushi (10).jpg

左から高座山杓子山鹿留山三山

google_Mt.syakushi.jpg

googleでの俯瞰図

 

埼玉支部では、新入会員を歓迎する山行を今年から催すことになりました。

埼玉やま塾第1回生の岡さんに紀行文をお願いしました。

記事はこちらからーsankou-2019,3,9-houkoku.pdf

平成30年度 支部報 第26号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成 30 年度 第 4回埼玉支部スキー同好会
 
 ※ pdf版 ダウンロード → 報告書
 
 
190306-07_ski.png

2019年度 埼玉支部通常総会の開催について(お知らせ)

向春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は、支部活動へのご参加、運営へのご協力をいただき、ありがとうございます。

平成30年度は支部設立9年目の年で国内登山、社会活動、自然保護・観察会等充実した1年であったと思います。2019年度は、さらに多くの会員が連携し、より積極的な支部活動へ繋げていきたいと思っております。

つきましては、下記のとおり2019年度通常総会を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

なお、総会後に懇親会を開催しますので、多くの会員のご参加をお待ちしております。

1 期日 2019年4月13日(土)13時30分~15時

2 場所 浦和「埼玉会館」4階4A会議室

     〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4(京浜東北線浦和駅下車西口を県庁方面へ徒歩6分)

3 議題

(1)議事

  1)平成30年度事業報告(案)及び決算報告(案)について

  2)支部役員(案)について

  3)2019年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

(2)報告事項等

  1)「埼玉やま塾」について

  2)会友制度について

  3)登山計画書の提出とそのチェック体制について

  4)設立10周年記念事業について

4 懇親会のご案内

  1)時間16時~17時30分

  2)場所伊勢丹浦和店7階「クローバールーム」

  3)会費5,000円(飲み放題)※キャンセルは2日前迄その後は5000円となります。

  4)内容新入会員紹介、各委員会メンバー紹介、会員活動紹介など。

5 その他総会記念山行・ふれあい登山

  1)出欠席については出欠ハガキにて、331日(日)までにご返信ください。欠席の方は、

必ず委任事項をご記入の上、ご返信ください。(出席予定者も念のためご記入ください)

  2)当日、2019年度支部年会費2,000円会友年会費3,000円を当日申し受けます。

  3)総会記念山行:4月14日(日)群馬県☆+「小野子山」(別紙)

  4)大久保春美記念ふれあい登山:4月7日(日)入間市☆「加治丘陵」(別紙)

6 連絡先

  総会・懇親会共:埼玉支部事務局長 古川迄。 電話090-3219-0860 e-mail:f8008pk@rock.odn.ne.jp

7 郵送同封の「埼玉支部創立10周年記念事業に関するアンケートについてもご協力ください。

※ ダウンロード → 案内文

平成30年度 第11回 支部委員会報告 (2月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  2月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

4月2日の19時から、北岳にある白根御池小屋管理人の、高妻潤一郎講師による、講演会を開催します。

詳しくはこちらからーnzen-2019,4,2-kouenkai.pdfa
 

★★★ 募集は 終了しました ★★★

2019年度「埼玉やま塾」第2期講座を開講、一般の参加者を募集いたします。

受講しやすく(期間、費用)、内容の充実した講座です。是非ご参加ください。

2019-leaflet-s.png

パンフレット(pdf)のダウンロードは、上の画像をクリックしてください。

 

★★ 「埼玉やま塾」ご紹介動画を公開中 ★★

2019_movie.png

クリック

 

小野子山・十二ヶ岳山行 グレード☆+

 

 昨年の総会記念山行で登った子持山から中山峠をはさんで西側に連なる山々が小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳です。古い火山の火口縁の山で東側には緩やかな草原が広がり、山麓には小野上温泉、高山温泉が湧き出て火山であることが分かります。昔から上州の皆さんに愛され、親しまれた山域です。タチツボスミレ等を愛でながらのんびりハイキングを楽しみましょう。清掃もします。

 

日程     4月14日(日)

目的の山   小野子山1208.3m、十二ヶ岳1200.9m

交通・集合  貸切バスにて  集合場所=7:30大宮シーノ前  8:00若葉駅西口

 

行程    8:00若葉駅発=(関越道・渋川伊香保IC経由)=中山峠

10:00赤芝登山口―12:00小野子山―(昼食)―13:30中ノ岳―

―14:00十二ヶ岳―見透し台―15:00下山口駐車場=バスにて帰路=

小野上温泉センター(入浴)=18:00頃出発地にて解散
(歩程時間:5時間)

装備    日帰り山行装備(念の為、軽アイゼン持参)、ごみ袋等

参加費   5,000円予定(バス費用)+入浴料410円

 

申込先   山崎 保夫                
090-1549-1841  and66294@kca.biglobe.ne.jp

 

*申込締め切りは3月31日

*貸切バスのため出発前日以降のキャンセルはキャンセル料がかかります。     

埼玉支部2019年3月 月例山行

加治丘陵お花見(グレード☆−)

 

2015年新年山行で行きました飯能市と入間市に広がる加治丘陵を桜の咲く時期に歩き、山行委員・東のコミュニティーカフェ・スペースPatinaに寄り、お茶をします。

加治丘陵・唐沢流域樹林地は昔から地元の人に親しまれてきた「里山」で、貴重な動植物の宝庫になっています。オオタカやゲンジボタルの生息地とも言われています。

今回はJR金子駅からスタートをして、桜並木の下を通り、トラスト保全第6号地を歩き、桜山展望台から探検の森・休憩園地を通り、丘陵下の団地内のカフェでお茶をします。

今回は誰でも歩ける軽ハイキングです。桜の開花に合わせて、3月の下旬になりました。春の里山歩きを楽しみませんか
 たくさんの方のご参加をお待ちしております。

なお、4月7日のふれあい登山を予定している方は、下見山行ともなりますので、是非ともご参加ください。(途中まではコースが同じです)

 

  1. 日程       3月30日(土)
  2. 場所       加治丘陵。トラスト6号地
  3. 集合       3月30日(土)9時20分 JR金子駅
                   (改札は1箇所です)
  4. 行程       9:30金子駅出発―トラスト保全6号地11:00山仕事の      

         広場にて昼食〜桜山展望台—探検の森を経てースペースPatina

         —仏子駅(西武池袋線)      

  1. 持参物      日帰り山行装備、弁当(軽く)
              *共同装備:トランシーバーなど
  2. 費用       茶菓代 ¥500
  3. 申込先      山行委員会 東  洋子
             090-9134-4649  Email:hiyoko@tmail.plala.or.jp

 

以上

 富士山を眺めながら一日ハイク

忍野村 高座山 杓子山 鹿留山       (グレード ★★)

山中湖の北、忍野村の北面の山々を歩きます。至近距離から眺める富士山には圧倒されます。

杓子山の頂上からは目の前に富士山、眼下に山中湖、さらに南アルプス、奥秩父、丹沢山系などの360度のパノラマが広がります。

 1.日程   3月16日(土)  日帰り(マイカー利用)

2.目的の山 忍野村 高座山(たかざすやま)(1304m) 杓子山(しゃくしやま)(1598m) 鹿留山(ししどめやま)(1630m)

3.集合・駐車場  桶川駅西口及び若葉駅西口にて7:00集合 乗用車分乗

        おしの図書館AM10:00合流(中央道河口湖インターから約15分)

            山梨県南都留郡忍野村忍草 1423-1     TEL 0555-84-7300

 

4.行程 (全約5時間)      おしの図書館(車両駐車は中尾様 承諾済み)→40分→鳥居地峠 →   30分  →   高座山 

                →30分→ハンググライダー飛び地所→30分→杓子山頂→25分→鹿留山→55分→ 立ノ塚峠             

                           →100分→おしの図書館  

5.持参物  日帰り山行装備 弁当 ※ 帰途は山中湖畔で入浴予定です。

       共同装備: ツエルト トランシーバー等

6.締切日  3月8日(金)

7.申込先  山行委員会     米山 英三 090-2417-7149

メール受付は林まで  e-mail:takenoko001@gmail.com

 

 

()()()

 

日本山岳会埼玉支部の皆様へ

 

恒例の平成31年度ふれあい登山のご案内をいたします。

今回より埼玉県障害者スポーツ協会のご配慮で「大久保春美記念ふれあい登山」として開催することとなり、4月7日(日)加治丘陵ハイキングを実施します。

加治丘陵は、入間市から飯能市に広がる丘陵で季節がら桜やスミレがきれいなハイキングコースです。

今回は障がい者の方々の参加も多いものと思われ、少なくとも30名以上のサポートが必要です。たくさんの埼玉支部会員のサポートを期待しております。毎年ご参加いただいている会員はもとより、参加ご経験のない方々のご参加をお待ちしております。意義のあるボランティア活動ですが、参加してみると楽しいです。

添付のチラシ案内をご覧いただき、

担当の清登緑郎社会貢献委員あてお申し込みください。  rokurou1950@mail.goo.ne.jp

 

社会貢献委員会

チラシ案内 → fureai2019.pdf

支部安全登山委員会では、毎年1月に、埼玉県警山岳救助隊員の講演を開催している。

埼玉県内で起きた各種の遭難事故の様子を、映像と資料から参加者に訴えた内容は見事であった。

来年も又聞きたいとの意見が多く出た。詳しくはこちらからーanzen-2019,1,19-kirokubun.pdf

平成31年1月 新年山行 懇親会

武蔵野の小京都小川町の仙元山(298.9m).小川町「寿司忠」

実施日:平成31年1月12日(土) 参加者24名

平成31年1月12日(土)に支部の新年山行と懇親会を実施した。

新年山行は東武東上線・八高線小川町駅10時00分集合し、小川町仙元山(298.9m)に登った。数日前までは雨が心配された天気も暖かい陽射しに恵まれA班13名、B班11名に分かれ出発、まず初めに町の総鎮守「八宮神社」にて一年の安全登山祈願をする。本殿の龍・唐獅子の彫刻は見事だった。境内の青麻三光宮は足の神様として下駄の絵馬が奉納されていた。ここからオオムラサキの展示館を見学し落ち葉の絨毯を踏みしめながらハイキングを楽しみ見晴らしの丘公園で昼食をとる。秩父連山から遠く群馬の山々が一望でき、眼下には和紙のふるさと小川町の街並みが美しく広がっている。山崎さん手作りの揚げ餅は忘れられない味となる。休憩後30分で山頂につき全員で記念撮影。青山城跡―国の史跡に指定された下里・青山板碑製作遺跡では鴨志田さんの見事な解説に皆で聞き入る。遺跡を後にし、のどかな里山風景が広がる道をおしゃべりしながら楽しく歩き、埼玉伝統工芸会館に着き和紙の手漉き実演を見学する。

その後移動し、懇親会会場「寿司忠」にて、老舗の料理に舌鼓を打ちながら松本支部長の新年度挨拶と参加者からひと言いただき、和やかな懇親会となった。

 最後になりましたが、幹事の宮川さんをはじめスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。  Y.K記

190112_Mt.kuruma-1.jpg    190112_Mt.kuruma-2.jpg

pdf版ダウンロード → 報告書

 

最近増えている山での遭難事故。セルフレスキューが叫ばれている中、応急手当など実習を通し学んでみましょう。

詳しくはこちらからーanzen-2019,2,24-kousyukai.pdf

平成30年度 第10回 支部委員会報告 (1月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  1月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 平成30年度忘年山行 寄居町「車山(226.8m)」      pdf版ダウンロード → 山行報告

1、日程:12月15日(土)~16日(日)

2、参加者:CL山崎保夫他17名(男性12名女性6名)

3、場所:寄居町車山(226.8m)・JA埼玉県農業団体教育センター(宿泊)

4、コースタイム:

   15日(土)9時寄居駅集合→10時鉢形城址後→10時45分車山登山口

   →11時30分車山山頂→縦走→12時45分車山下山口→14時JA埼玉県農業団体教育センター

   →18時忘年会→20時お開き

   16日(日)鐘撞堂山登山組と川の博物館組に分かれ懇親。

 

 この度、平成30年忘年山行・忘年懇親会に参加いたしました。

1日目は鉢形城跡見学と車山(標高226.8m)、夜はJA埼玉教育センターにて忘年懇親会を実施。

鉢形城は後北条家の上州、信州方面の拠点となった城で、荒川と深沢川、両河川の谷を利用して築かれた天然の要害をなしており、戦国時代の城郭がよく残された代表的な城郭跡です。

車山は鉢形城跡の西側に位置する里山で、山頂には三角点と金比羅様を祀った小さなお社が建てられていました。下山途中に広場があり、麓の保育園の園児たちが山を登ってきて遊ぶというハイジのようなブランコが設置されていました。

 夜は宿泊場所である教育センターの宴会コースで忘年会、その後はロビーにて持ち込みをした酒肴で二次会を。美味しい料理とお酒で話も弾み、大いに盛り上がりました。

2日目は朝食後、女性陣は鐘撞堂山(標高329.8m)へ行き、男性陣は川の博物館見学へ。

鐘撞堂山の道中では黄梅や水仙など季節を先取りした花々も見られ、山頂は関東方面の街が良く見渡せ、多くの登山者で賑わっていました。羅漢山~少林寺間の道に並ぶ羅漢像はユニークなものばかりで、色々な表情が楽しめました。

天気も良く、さわやかな気持ちの良い登山と忘年会で皆さんと懇親を深められた山行でした。報告:Y.W

 

 

181215_Mt.Kuruma.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車山山頂(226.8m)

 

181215_bounenkai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JA埼玉県農業団体教育センターでの忘年会

平成30年度 第9回 支部委員会報告 (12月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  12月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 シンポジウム

「埼玉の自然を訪ねる」

 多くの方のご参加をお待ちしております。

◇主宰:公益社団法人日本山岳会埼玉支部自然保護委員会   ご案内(pdf版)

◇日時:平成31年1月24日(木)18.30~21.00

◇場所:浦和駅東口パルコ10階第14集会室

◇受付:18:00~(入場無料)

◇司会:龍久仁人(埼玉支部自然保護委員会副委員長)

◇テーマ:「埼玉のスミレ」

    講師:中村直樹(埼玉支部自然保護委員薬学博士)40分

      :「地殻変動と秩父山地の成立」

    講師:高嶋徳紘(埼玉支部自然保護委員会委員長地団研)10分

 

◇配布資料:平成29年度シカ食害調査・第6次調査山行の概要

 

◇自然保護委会活動(映像で観る)

      :①高尾の森づくり研修会15分

      :②第5次シカ調査顛末記15分

      :③大高取山自然観察会20分

 

◇質疑・応答15分

                       《自然保護委員会 高嶋》

11月7日と17日の両日、座学と屋外実習にてスマホアプリを利用して読図講習会が行われました。

記録はこちらからーanzen-2018,11gatu-kousyuukai.pdf

平成30年度 支部報 第25号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成30年度JAC埼玉支部11月月例山行報告

南アルプス七面山(1.983.1m)と講話(1泊2日)グレード☆☆

山梨県身延町と早川町との境に位置する200名山で、文永11年(1274年)に日蓮が開いた身延山久遠寺、また法華経を守護するとされる七面大明神(七面天女)を祀る信仰の山で、日蓮書状(「日蓮上人遺文」)にも記されており、日蓮の高弟である日朗が開いたといわれる。標高1700m付近には敬慎院があり、宿坊に宿泊する。敬慎院から山頂付近は富士山の好展望地として知られる。敬慎院には名物とも言える非常に長い敷布団があり、宿泊者はその布団に並んで寝る。奥の院には影嚮石(ようごうせき)という七面天女由来の磐座があり、その周りを回りながら願い事をするとよいという。頂上には一の池、二の池、三の池等、池がある。一の池正面の祠には水晶玉が祀られている。 ※出典WikiPedia

今回は、特別に日蓮宗「敬慎院」別当望月成浩様に講話をお願いし、身延山久遠寺布教部宝物館学芸員林是恭様が早朝4時羽衣口からヘッドライトを点灯し登られ、お話を聞くことができ感謝しております。

 

1.日程11月5日(月)~6日(火)1泊2日(マイカー利用)6日雨。

2.場所七面山(1.983.1m)と敬慎院に宿泊

3、参加者13名(男10名女3名)

3.集合上尾駅・若葉駅乗車、七面山北参道登山口日蓮宗「神通坊」入り口右手駐車場

4.行程

  5日(月)曇時々雨

各出発地7:00-最寄りのIC(中央高速)-六郷IC-国道52号~七面山登山口北参道登山口日蓮宗「神通坊」入り口右手駐車場「ひのや旅館駐車場」10;00に集合後羽衣登山口山門迄ジャンボタクシ-1人400円「すみせタクシー」-10:301丁目羽衣口-14:2046丁目和光門-14:30随身門-14:4550丁目啓慎院-15:45七面山山頂-16:35啓慎院-19:00夜勤後貴重文物拝観-21:00就寝啓慎院泊

  6日(火)雨

5:55ご来光、しかし雨で拝めず-6:00朝勤-9:00講話10:30-11:00啓慎院-11:20奥の院・影嚮石-15:10北参道登山口日蓮宗「神通坊」着後解散

 

★pdf版(写真入り)は、こちらから → 七面山山行報告

平成30年度 第8回 支部委員会報告 (11月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  11月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)


日本山岳会第35回全国支部懇談会(主催栃木支部)のご案内
 

 日 時 :2019年5月25日(土)~26日(日)

 宿 泊 :奥日光・光徳温泉「日光アストリアホテル」

 参加費 :20,000円

 申込期間:平成30年12月15日~平成31年1月31日(支部単位で一括申込)

埼玉支部は古川事務局長宛(090-3219-0860)てに参加申し込みください。

全国支部懇談会の詳細は下記の栃木支部の案内を参照ください。

kouhou-2018-zenkokusibukondankai-totigisibu.pdf

同様の案内は、埼玉支部メーリングリストで送信済です。                 TM
 

 

平成30年忘年山行・忘年懇親会のご案内

グレード☆

 

 10月に入り、いよいよ今年も残り2か月余りとなりました。今年の忘年山行は寄居周辺を山行して忘年懇親会を開催します。懇親会で今年を楽しく締めくくりましょう。

1.日程  平成30年12月15日(土)~16日(日) 1泊2日

2.集合  12月15日(土)9:00 秩父鉄道 寄居駅南口 集合

3.行程   

第1日目  9:00寄居駅=9:30鉢形城跡=11:30車山=14:00宿泊地

*17:00から入浴 18:00忘年懇親会 

 懇親会会場は2時間となっておりますので、今年実施した山行や自由な懇談を中心と致します。当初の募集案内では、締切日が11月30日となっておりますが、食材等の調達等により、宿泊先調理担当者から11月22日が最終締め切りとなりましたので、宜しくお願いいたします。
 第2日目   朝食後解散・自由行動
①川の博物館  ②鐘撞堂山  など

4.宿泊先  寄居町 JA埼玉教育センター 048-581-6844        駐車場有

5.装備   初冬ハイキング装備、昼食等  研修施設なので洗面用具は持参願います。

6.募集人員  30名(11月22日締め切り)

※ 12月1日以降のキャンセルは食事代3,820円(朝食・宴会費)がかかります。

7.参加費   8,000円(宿泊費、懇親会)

8.申込先  山﨑 保夫   携帯090-1549-1841  Eメール and6294@kca.biglobe.ne.jp

埼玉県内で起きた遭難事故事例から、安全に登山を楽しむためにもう一度考えてみよう。

講演会案内はこちらからーanzen-2019,1,19-kouenkai.pdf

平成30年度第3回南関東ブロック三支部合同懇親山行報告

 日本山岳会・南関東ブロックの三支部(神奈川支部、東京多摩支部、埼玉支部)の合同懇親山行は、10月27(土)~28(日)、埼玉県越生町の「ゆうパークおごせ」及び大高取山を会場に、会員28名が参加して開催されました。27日は山岳映画・BBQ親睦会・チャリティーオークション、28日は大高取山登山と自然観察会で、初秋の山を楽しみ懇親を深めました。

詳細は下記の添付資料を確認ください。

  kouhou-20181027-sansibu-konsinsankou-01.pdf                        TM


 

10月12日(金)12名参加

秋の平日の浅間隠山をのんびりと歩いてきました。
帰路には、秘湯「倉渕温泉」でゆっくりと温まり、銘酒「大盃」を入手しました。

報告はこちら → sanko20181012asamakakushihokoku.pdf

平成30年度 第7回 支部委員会報告 (10月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  10月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

新春に武蔵野の小京都といわれている小川町の仙元山に登り、下山後新年懇親会を駅近くで催します。

紙すきの町としても有名な街中歩きも楽しみましょう。

詳細はこちらーsankou-sengenyama-19,1,12.pdf

                              平成30年忘年山行・忘年懇親会のご案内

車山 (グレード☆)

  10月に入り、いよいよ今年も残り2か月余りとなりました。今年の忘年山行は寄居周辺を山行して忘年懇親会を開催します。

      懇親会で今年を楽しく締めくくりましょう。

 

      1.日程  平成30年12月15日(土)~16日(日) 1泊2日

      2.集合  12月15日(土)9:00 秩父鉄道 寄居駅南口 集合

       3.行程   

第1日目  9:00寄居駅=9:30鉢形城跡=11:30車山=14:00宿泊地(JA埼玉教育センター)

       *18:00忘年懇親会 

チャリティーオークション
①出品点数一人3点まで ②1品上限価格原則3000円 ③出品は登山用具以外でも可 

④売上は「埼玉県障害者スポーツ協会」へ寄付予定

 第2日目   朝食後解散・自由行動
 ①川の博物館  ②鐘撞堂山  など

 4.宿泊先  寄居町 JA埼玉教育センター 048-581-6844  駐車場あり

 5.装備   初冬ハイキング装備、 昼食等

  研修施設なので、洗面用具は持参願います。

6.募集人員  30名(11月30日締め切り)

  ※12月1日以降のキャンセルは食事代3,820円(朝食・宴会費)がかかります。

7.参加費   8,000円(宿泊費、懇親会費)

        

8.申込先  山﨑 保夫  携帯090-1549-1841  Eメール and66294@kca.biglobe.ne.jp

2018・7.7~8 吉田寛治 

平ヶ岳山行は昨年も計画しましたが、あいにくの悪天のため登山口にて断念した経緯があります。

本年、リベンジ山行でしたが無事に残雪の平ヶ岳を楽しみました。

 

stm-hiragadake201807-83.png
コバイケイソウの咲く木道を行く

7月7日平ヶ岳への昨年のリベンジを果たすべく埼玉を出発したが九州・関西地方は大雨警報の最中である。しかし平ヶ岳の天気予報の登山指数は朝の内Bランク、12時からAランクになっている。天気予報を信頼しともかく出発した。7月8日3時起床、4時マイクロバスで伝之助小屋を出発する。ポツポツと小雨とはいかないまでも雨が降っている。伝之助小屋の主人の下るころには晴れているよ言う言葉を信じて行く。5時30分中ノ岐川平ヶ岳登山口を準備を整え出発する。平ヶ岳沢を二段の橋で渡り登山道に入る。急な登りが続く。登山口では雨は止んでいたがその後雨が少し降り出したので雨具を付ける。五葉松で小休止、その後も急な登りが続く。花崗岩の風化した砂状の土が雨で削られ大きな段差を作っている。木の根も大きく露出し更に根曲竹の切り口がこちらを向いている。つまずかないように滑らないように慎重に歩を進める。突然視界が開け後方に少し青空が見える中、越後駒ケ岳、中ノ岳が見え出す。駒ケ岳の山頂は少し雲に覆われている。稜線に出て風が強くなったので一度脱いた雨具を体温が奪われないように再び付ける。道は木道となる。一部朽ちたところもあるがメインテナンスは良くされている。 

stm-hiragadake201807-82.png     stm-hiragadake201807-81.png
青空の見える中山頂付近の木道     平ヶ岳で記念撮影

 

 

stm-hiragadake201807-84.png
雪渓帯を行く

8時40分ごろ玉子石に着く。雪渓を抜け姫ノ池経由で山頂に向かう。9時46分平ヶ岳三角点到着、ここから5分位でアンテナの立つ山頂につく。何の表示もなく山頂ははっきりしない。霧が深く回りは何も見えない早々に引き返し三角点で記念写真を撮る。バスも待たせてあるので下山に移る。下りもえぐれた大きな段差と根曲竹に阻まれ苦労をする。13時に全員無事登山口に戻る。

 

今回反省点

:当初計画されていた五葉松での朝食の指示が出なかった。

:休息は1時間歩いたら5~10分取るという事を徹底させる

:最後部が遅れていないか絶えず注意する。

平ヶ岳三角点にて

 

Wordの報告はこちら → sanko1807hiragatake.docx

個人山行における、登山届け提出について
 
登山届の義務化は、平成30年10月に公益社団法人日本山岳会からの通達に基づくもので、
埼玉支部でも平成30年12月から登山届を受付開始いたします。
 
そこで、埼玉支部用「登山計画書(登山届)」(様式E)をリリースしました。
登山届は、会員・準会員・会友の方が、個人山行時に提出する義務があります。
 
登山届け提出に関する「書類」(記入様式のダウンロード)、提出先、および提出の
方法などについては、以下に詳細を掲載していますので、ご確認をお願いします。
 
 ※会員ページ ログイン → 登山計画書(登山届け) (リンク)
 
尚、登山届け提出に関する、お問い合わせは、以下にお願いします。
埼玉支部事務局長 古川史典 携帯電話:090-3219-0860
 
             記:事務局長 古川  (代:稲越)

 

埼玉支部会員の皆様 

 

定例の四季の山・秋山・七面山登山と講話のご案内です。

七面山は日蓮の高弟の日朗が開いたと言われる信仰の山です。今回は宿坊に泊まり、七面山登山と講話を拝聴する計画です。
グレード☆☆

日程:11月5日(月)~6日(火)

交通:乗用車分乗

参加費:1万円

申込先:古川史典 f8008pk@rock.odn.ne.jp 090-3219-0860

 

詳細はこちら → sanko181105shichimen.pdf

過去に行われた支部山行(活動)の様子を撮影したビデオ映像(会員のご厚意で提供いただきました)を、会員ページに掲載いたしました。
 
支部の活動を共有していただく一助になるかと思いますので、山行(活動)参加者だけでなく、参加されなかった会員各位にもご視聴をお勧め致します。
 
 
 
★「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。
 
   「【支部山行 動画掲載】上州子持山、平ヶ岳、黒姫山/妙高山/火打山」
 
    ※推奨ブラウザ  Google Chrome    Edge
 
                                  <山行委員会>

平成30年度 第6回 支部委員会報告 (9月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  9月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

道迷いを防ぐため、スマホ携帯アプリを利用して山中で読図をするために、

講習会を受けてみませんか?お待ちしています。

申し込みはこちらからーanzen-2018,11,7,17-kousyukai.pdf

 

埼玉支部10月月例山行

浅間隠山 1756.7m (グレード☆)

群馬県高崎市方面から西を望むと秀峰浅間山は見えない。手前に浅間隠山が邪魔をしているのだ。倉渕村(今は高崎市倉渕)を抜けてつづら折りの道路を詰めていくと二度上峠(にどあげ)に至る。この先は北軽井沢である。峠から目の前にまさに秀麗な浅間山がドンと聳えている。左手には奇峰・鼻曲山も見える。

浅間隠山の登山口は、この二度上峠の少し手前の登山口から登りだし、僅か1時間半足らずで山頂に至る。日本200名山に数えられるだけあって、歩程が短いのにとても景色は良い。ハイカーに人気で休日には登山口の駐車場は満車になる。

今回は、秋のはじめ、そろそろ紅葉が色づき始める時期の平日に静かな上州の山をのんびりと楽しむ趣向である。

 今回は誰でも登れる軽ハイキングです。もちろん帰路には倉渕温泉という山深い秘湯で汗を流しましょう。さらに上州の銘酒「大盃」という蔵元にも寄れます。
 たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

  1. 日程       10月12日(金)日帰り
  2. 集合・交通機関  10月12日(金)8時 若葉駅西口および北本駅西口
              *乗用車分乗
  3. 行程       11:00登山口出発―12:30山頂(昼食)-14:00登山口
              *入浴の後、18:00頃出発地にて解散
  4. 持参物      日帰り山行装備、弁当
              *共同装備:ツエルト、トランシーバーなど
  5. 費用       ガソリン代(各車ごとに清算)、入浴料程度
  6. 申込先      山行委員会 高橋 努
             090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp
      *9月末日までに。集合場所、乗用車提供可否などをお知らせください。

平成30年夏山は、信濃の名山、黒姫山、妙高山、火打山の3山を登ってきました。
晴天ながら猛暑の夏で大汗をかきましたが、それぞれ印象に残る登山を楽しみました。
また、笹ヶ峰でのキャンプも楽しみました。

報告はこちら → sanko201808myoko.pdf

平成30年度 第5回 支部委員会報告 (8月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  8月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 2018「山の日」記念イベント・大高取山山行参加報告

 平成30年度の「山の日」イベントは、埼玉県山岳連盟2018「山の日」実行委員会主催、越生町および日本山岳・スポーツクライミング協会並びに日本山岳会埼玉支部の後援で、9月1日(土)8時、越生駅前ポケットパークに集合、越生町の大高取山周辺で開催された。開会式では来賓として参加された越生町の新井雄啓町長から挨拶を頂き、越生町の「ゆずの里ケーブルテレビ」の取材があった。当日は明け方から雨が降り出し、残念ながら雨具着用で開会式に臨む状況であった。参加者は埼玉県山岳連盟加盟の各山岳会および一般登山愛好家並びに救護担当として参加した防衛医大の学生等を含め総計77名で、日本山岳会埼玉支部からは13名の会員が参加した。

なお、詳細は下記報告書を確認ください。

kouhou-20180901-yamanohi-02.pdf

kouhou-20180901-yamanohi-03.JPG   kouhou-20180901-yamanohi-04.JPG
越生駅前ポケットパークでの開会式   世界無名戦士の墓(B班)

 

 

 

 


 

 

 


 

平成30年度第3回南関東ブロック三支部合同懇親山行のご案内(再送)

南関東ブロック三支部合同懇親山行(神奈川支部・東京多摩支部・埼玉支部)は、

埼玉県の大高取山において、下記の日程で開催されます。

参加者締め切りが6月30日(土)迄となっておりますが、再度、ご案内いたしますので、

希望者はメール、携帯電話、FAXで古川史典事務局長宛に申し込みください。

 日 時:平成30年10月27日(土)~28日(日)

 場 所:埼玉県入間郡越生町上野3083-1 「ゆうパークおごせ」

 集 合:14時 「ゆうパークおごせ」1階ロビー

 参加費:10,000円/人 

 申込先:古川史典事務局長宛 メール:f8008pk@rock.odn.ne.jp  

     携帯:090-3219-0860    FAX:049-296-0860

詳細は右記資料をご確認ください。 kouhou-20181027-sansibugoudoukonsinsankou.pdf       TM

 平成30年5月19日~20日、アカヤシオが美しい山旅を目指した5月の春山「平標山~仙ノ倉山」。

雨の中のスタートから、一時はどうなることかと、心配しましたが、翌日は、天候回復に伴うサプライズが!!

詳しくは、活動報告をご覧ください。  → 活動報告

平成30年度 支部報 第24号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成30年度 第4回 支部委員会報告 (7月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  7月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 

平成30年四季の山・夏山

黒姫山・妙高山・火打山3山を登る グレード☆☆

 

 北信五岳の妙高山、黒姫山、そして頸城三山の火打山、いずれもそれぞれが趣のある立派な名山です。高原の爽やかな別天地である笹ヶ峰キャンプ場を基点にして3山を登る計画です。いつも通りキャンプを楽しみます。 

  1. 日程   平成30年8月3日(金)~5日(日)
     
  2. 目的の山 黒姫山2053.4m・妙高山2454m・火打山2461.7m
     
  3. 集合   8月3日(金)6:30 北本駅西口および若葉駅西口 (乗用車分乗)

     
  4. 行程   
    8月3日(金)6:30集合・出発=関越道経由・信濃町IC=9:30黒姫山登山口
          ―13:30黒姫山―16:00登山口=17:00笹ヶ峰キャンプ場(泊)
    8月4日(土)6:00出発―9:30黒沢池ヒュッテー12:00妙高山
          ―15:00黒沢池ヒュッテ(泊)
    8月5日(日)6:00出発―高谷池ヒュッテー9:00火打山―13:00登山口
          =入浴後・帰宅
          *時間のある方はもう1泊も可能
     
  5. 装備   夏山縦走装備、寝袋、マット、食器
         テント、炊事具、食料、飲料などは山行委員会で準備します。

     
  6. 参加費  15,000円(山小屋代、キャンプ代、食材) ガソリン代は別途
     
  7. 申込先  高橋 努 
         tom-tak@bk9.so-net.ne.jp   090-2906-4356
    *7月15日までにお申し込みください。希望の集合場所をお知らせください。
     また、乗用車の提供が可能な方はお申し出ください。
                                       以上

平成30年2月17日~18日、長野県小諸市にて、JAC本部企画「第7回登山教室指導者養成講習会」が開催されました。

全国の各支部から20名が参集、埼玉支部からも参加致しましたので、受講者からの受講報告を以下に掲載いたします。

 受講報告は、こちらから参照してください。→ 受講報告

                                -広報委員会-

2018『山の日』ふるさとの山に登ろう-大高取山376.2m-のご案内

日本山岳会埼玉支部は埼玉県山岳連盟2018『山の日』実行委員会主催の『山の日』イベントを後援し、

実行委員会に参加しております。下記の2018『山の日』イベントにご協力をお願いいたします。

 テーマ :山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日

 期 日 :平成30年9月1日(土)少雨決行

 集 合 :午前8時 

 開催場:大高取山(3コースを選択)

 受付場所:越生駅前ポケットパーク

 参加費 :300円

 申込期限:8月10日(先着順)募集60名

 申し込先:埼玉支部 松本敏夫

       TEL:090-5338-0118  またはE-mail:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

多くの会員の皆様の参加をお願いいたします。                                                                                  TM


 

平成30年度 第3回 支部委員会報告 (6月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  6月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成30年度 第3回南関東ブロック三支部合同懇親山行のご案内

三支部(東京多摩支部・神奈川支部・埼玉支部)合同懇親山行が、埼玉支部主催で、越生の大高取山を中心に、①登山班、②自然観察班の2班を作り、下記の日程で開催されます。

 日 程:平成30年10月27日(土)~28(日) 雨天決行

 場 所:「ゆうパークおごせ」(越生町)

     〒350-0415埼玉県入間郡越生町上野3083-1

     TEL:049-292-7889     http://youpark.jp/:

 集 合:14時 「ゆうパークおごせ」ロビー

 参加費:10,000円/人

 締切り:6月30日(土)

 申込先:埼玉支部事務局長 古川史典 E-mail:f8008pk@rock.odn.ne.jp

              携帯電話:090-3219-0860  FAX:049-296-086

詳細は下記の資料をご確認ください。                                                                                                      TM

soumu-20181027-3sibukonsinsankou-001.pdf

soumu-20181027-3sibukonsinsankou-002.pdf 

 


 

埼玉支部6月月例山行 高原山(釈迦ヶ岳)報告

日本山岳会埼玉支部の6月月例山行は2018年6月3日(土)、栃木県の高原山(釈迦ヶ岳往復)に

「山の駅」たかはら・学校平から八海山神社、剣ヶ峰経由で11名で登りました。

梅雨前の最後の週末ですが稜線はシロヤシオの群落が残り、素晴らしい展望を満喫しました。

次回の支部報に岸哲生会員の山行報告書が掲載予定です。

写真での報告はこちらをご覧ください。 →sankou-20180603-takaharayama.pdf          TM

爽やかな新緑の中で、飯能の天覧山山中での読図やレスキュー体験。

盛り上がった映像をご覧ください。

こちらからーanzen-6,2kousyukai-houkoku.pdf

5月24日に浦和コミセンにて安全登山委員会主催の「登山者が知っていてほしい医学知識」の

講演会が開催された。ヒマラヤでの経験豊富な金子医師から、登山中に起こる様々な症状に対処する

ノウハウをたっぷりと伝授された参加者は、改めて山への闘志がわいたようだった。

記事はこちらからーanzen-5,24kouenkai-houkoku.pdf

平成30年7月 月例山行(リベンジ)

「平ヶ岳2,141m」(1泊2日)  グレード☆☆ 

日本百名山の1つ。個人山行では、距離が長く健脚でなければ、難しい山の一つです。

昭和61年10月、浩宮様がご登頂されたときに利用されたのが、このコースです。湿地に木道が敷設され、歩きやすくなりました。長いアプローチとなる林道の終点まで、宿の車でお送りするので、登りに3時間余りを短縮できます。それにより、休憩を含み徒歩所要時間が合計約8時間となります。

昨年は雪と大雨により、登山道入口で断念。今年は、雪が少なく期待が持てそうです。

             雪の平ヶ岳

hiragatake.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.日   程    平成30年7月7日(土)~8日(日)1泊2日

2.交通手段    自家用車

3.集合場所    9:30 若葉駅(東武東上線)及び 北本駅(JR高崎線)

        10:30 赤城高原SA(関越自動車道)全車合流

4.募集人数(先着順)  15名

5.宿 泊      伝之助小屋(新潟県魚沼市宇津野 銀山平温泉) 電話025-795-2452      

6.行 程      1日目 9:30(各集合場所)→10:30高坂SA―関越道―12:00小出IC→昼食→14:30伝之助小屋

        2日目 4:00伝之助小屋→5:30登山口→五葉松と槍の大木(朝食)眺望がよい→9:00玉子石分岐→玉子石→

         9:30池ノ岳→10:10平ヶ岳頂上→(ピストン)13:00登山口→14:30伝之助小屋→15:00小出IC→

         19:00(各集合場所)(解散)

        ※時間は予想時間であり、交通状況により前後する場合があります。

7.装備・食料  通常の春山装備、雨具、軽アイゼン、ストック、テルモス、昼食(2日分) 非常食、行動食等

8.共同装備   ツェルト、トランシーバー、ロープ等 

9.担 当     山行委員会 山﨑 保夫     案内文書(pdf版)ダウンロードは→こちら

         携帯090-1549-1841 

         Email:and66294@kca.biglobe.ne.jp

  *参加申込は6月20日まで。

平成30年度 第2回 支部委員会報告 (5月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  5月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

テーマ『ハイキングレスキュー講習会』

講師:瀬藤 武氏 埼玉県山岳連盟遭難対策委員会委員長

日時:平成30年6月2日(土)9時半~16時ころ(受付9時)

会場:飯能市民会館会議室201室及び天覧山周辺

持ち物:昼食、飲み物、登山のできる装備

募集人員:30人

申込先:安全登山委員会 宮川美知子

1、E-mail:miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp

2、携帯:090-2648-1947

3、参加費:500円(学生無料)

1または2にて申し込みください。

詳しくはこちらーanzen-18,6,2-kousyukai.pdf

テーマ『登山者が知っていてほしい医学知識』

講師:金子 宏氏 東京医科大学・高山医学研究所ヒマラヤ診療所勤務、呼吸器病院認定医・ペインクリニック認定医・

         体協認定スポーツ医・日本登山医学会会員

日時:平成30年5月24日(木)19時~20時半(受付18時半)

会場:浦和コミュニティーセンター10階第14集会室

申込先:安全登山委員会 宮川美知子

1、E-mail:miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp

2、携帯:、090-2648-1947

3、参加費:500円(学生無料)

1または2にて申し込みください。

平成30年度 埼玉支部 通常総会の議事録を掲載しました。

 Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会/通常総会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 埼玉支部 平成30年度通常総会議事録

  ※尚、「埼玉支部 通常総会議事録」を参照するには、「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

6月月例山行「高原山」のご案内

栃木県の日光市、矢板市、那須塩原市との境に位置する高原山の最高峰だる釈迦ヶ岳に大間々台駐車場から登ります。

 日 時 :平成30年6月3日(日) 日帰り(マイカー利用)

 場 所 :高原山(釈迦ヶ岳)大間々台駐車場から往復

 集 合 :大間々台駐車場 10時集合

 行 程 :大間々台駐車場~八海山神社~剣ヶ峰~釈迦ヶ岳(往復)

 マイカー相乗り:上尾駅、若葉駅、その他(参加者の状況により決めます)

 装 備 :通常の夏山装備

 担 当 :山行委員会 松本敏夫   携帯:090-5338-0118、

              E-mail:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

詳細は右記を参照ください。sanko-20180603-takaharayama.pdf      TM

         平成30年度 総務委員会の内容と抱負

 

 各委員会は、企画・行動する委員会ですが、総務委員会は各委員会との調整等で、縁の下の力持ちと言う位置づけかと思います。少し地味ですが支部の要として、主に次の6つの業務を行っています。

1.会議の開催

  ①総会・支部委員会等の会議を開催します。

   総会は毎年4月に開催し、総会の開催・資料作成・総会報告を行います。

  ②支部委員会は毎月原則として第2木曜日に支部委員が出席し開催します。

   支部委員会の構成は支部長・副支部長・会計・監事・各委員会長・支部委員です。

   支部委員会では各委員会や入退会の審議その他議題を発議し、報告・協議等の議事を行い、

   議事録の作成やHP用報告も作成をします。

2.支部会員に対する山行・講習会等の情報作成や連絡

  ①メール(事務局一斉メール・メーリングリスト)やメール便等による情報提供を行う。

  ②支部報等紹介資料の作成・協力

3.会計業務

  ①予算の立案

  ②会費の徴収・本部助成金の請求

  ③会計管理(出納帳の作成)財務管理

  ④決算業務・会計報告・会計監査

4.本部対応

  ①本部との連絡・情報交換

  ②公益法人化に伴う本部助成金(運営交付金・事業補助金)の期首(支部事業計画書・支部予算書)、

   期末(支部事業報告・支部会計報告)の作成。

5.データ・公印管理

  ①公益法人日本山岳会埼玉支部個人情報取扱規程に従い、支部会員・会友名簿(入会・退会)、

   住所データの運用・宛名ラベルの運用等を行います。

  ②公印(正・副)の取り扱いは、支部委員会の承認を得て押印します。

6.埼玉支部入退会案内と手続き、

  ①入会案内状の作成・入会希望者への連絡及び本部・支部の入退会承認手続。

                                        以 上

事務局長兼総務委員長 古川史典

    ―平成30年度 社会貢献委員会―

                                    

1.平成30年度方針

 社会貢献委員会の主たる事業は、障がい者との「ふれあい登山」の実施である。当支部の公益事業のひとつとして位置付けているが、支部会員にとっては障がい者への理解を深める機会となっており、また参加する障がい者や家族等に登山の楽しさや自然の素晴らしさを体感していただく機会になっている。本年で8回目となるが、今では、支部会員が参加する障がい者の障がい特性を理解して、登山時のリーダーシップを発揮し、安全な登山を実行できるようになっている。今後は、さらに多くの会員に障がい者との交流の場となるよう、事業の周知や内容の充実を図るよう心がけていきたい。

 社会貢献委員会の活動範囲については、十分な余力がある状況ではないため、必要に応じて事業を拡大させていくこととする。

 

2.平成30年度予定

(1)障がい者登山の実施

  ・事業の名称:平成30年度ふれあい登山 

  ・主 催  :埼玉県障害者スポーツ協会・日本山岳会埼玉支部

  ・期 日  :平成30年4月8日(日)

  ・場 所  :弓立山 (ときがわ町・越生町) 

  ・集合場所 :明覚駅(JR八高線) 9時40分

(2)31年度登山の準備・・・ 早めの登山候補地の選定を進める

(3)ゴミ拾い活動の継続

(4)他委員会のサポート(社会貢献に関する分野、新入会者につながる分野で)

(5)委員会活動の活性化

 

3.委員会抱負

 障がい者との登山は今年で8回目になるが、障がい者やご家族の満足度が高い事業である。山岳会会員は、「障がい者を連れて行く」という意識は消え、「共に山を楽しむ」ようになっている。社会貢献活動は広く限りがないが、欲張らず、確実に自分達でできることを選んで進めていくとともに、埼玉を愛する気持ちを忘れないで県域での活動を広げていくことが大切だと思っている。社会貢献委員会のメンバーに加わってくださる方を求めています。

 また、ゴミ拾い登山の提案として、忘年山行や支部月例登山の折など、無理のない範囲で実施したいと考えております。

    平成30年度の抱負・年間計画   ―自然保護委員会―

 

  活動方針:公益事業向上に資する為、項目を絞り事務、広報業務の簡素化を図ります。

「登山とは多面的な文化活動の一つである」とはフランス文学者で岳人でもあった 故桑原武夫氏の言葉である。我々岳人は含蓄のある文言をいただいている。

当委員会は公益活動として「森づくり」と「大高取山自然観察会」調査研究活動として「ブナ林・湿原学術調査」並びに「シカ等野生動物食害調査後の対応」を四大テーマとして来た。本年も継続しつつ7年目の集大成として映像記録を編集し、そこから見えてくるものから次の活動方針を導き出すことを今期の目標とする。

 

 【自然保護委員会主催並びに支援の年間活動計画】

①4月2829日(土・日) 高尾グリーンセンター森づくり研修会&自然観察会

        県内の森作り作業高度化の為、専門家の指導を受ける。 担当:村越

②5月20() 森づくり&観察会(さいたま緑の森博物館にて)県緑自然課主催担当:村越

 

920日(木 会報「山と清流」第8号発行(委員会活動の報告等)

 

923日(日)森づくり&自然観察会(さいたま緑の森博物館にて)県緑自然課主催担当:村越

                       

101314日(土・日)玉原高原(ブナ林&湿原観察)&雨乞山参拝登山

川場温泉民宿「福寿草」他の山岳会との共催              担当:多田・村越

 

11月 18日(日) 第7回大高取山自然観察会 越生町教育委員会後援  担当:髙嶋

           

12月 6日(木) 会報第9号発行(大高取山自然観察会報告)

 

⑧ 124日(木)第6回シンポジウム「埼玉の自然」

  第1部:秩父地域の形成  第2部:委員会活動報告(森づくり・玉原ブナ林・シカ)

 

⑨ 34日 会報「山と清流」第9号発行

          

公益社団法人日本山岳会 埼玉支部 自然保護委員会

事務局:さいたま市中央区上落合4-3-4

048-859-1331FAX048-859-5001

paramitayam.t.t@gmail.com

              平成30年度抱負と年間計画     山行委員会              
                                       
  昨年は日本山岳会では遭難事故が発生し、安全登山対策を見直さなければならないという事態になりました。埼玉支部では従来から安全登山講習会に力を入れ、その内容は高いレベルにあると考えます。しかし、安全を確保するためには、①日頃のトレーニングと周到な計画・準備 ②現場での的確な判断と慎重な行動 ③万一の際の最適な対処 にあると考えます。また、会員の年齢構成から考えると最も重要なことは、過去の経験を過信せず、現在の体力や身体能力に合った適切な登山計画を立てることではないでしょうか。
 埼玉支部ではこのような観点からコースの難易度、無理のない行程を重視した上で眺望、季節の花、山麓の温泉などのプラスアルファも十分に楽しめる計画を考えました。各山行計画はそれぞれに大いに楽しめる登山になっています。各人のレベルや興味に合わせて積極的なご参加をお願いします。
 仲間あってこその登山です。今年も気の合った仲間と楽しく山を登りましょう。ご意見、ご希望もぜひお寄せください。

 ※資料 → 年間計画(pdf版)

年間計画 対象の山・コースなど 日程 人数 交通
4月 総会記念山行 子持神社から子持山
谷川連峰を眺望する・清掃登山
☆+ 4月15日(日) 25 貸切バス利用
5月 四季の山・春山 平標山・仙ノ倉山
平標山ノ家宿泊
☆☆ 5月19日(土)~20日(日) 10 新幹線利用
6月 月例山行 高原山
お花見山行
☆☆ 6月3日(日) 15 乗用車利用
7月 月例山行 平ヶ岳(伝之助小屋宿泊)
中ノ俣ルートで宿から日帰り
☆☆ 7月7日(土)~8日(日) 15 乗用車利用
8月 四季の山・夏山 黒姫山・妙高山・火打山
テント泊で100名山を楽しむ
☆☆ 8月3日(金)~5日(日) 10 乗用車利用
  山の日  ----   8月11日(土)    
9月 月例山行 滝子山
秀麗富岳12景
☆☆ 9月1日(土) 15 高速バス利用
10月 月例山行 浅間隠山
浅間山の展望台
10月6日(土) 15 乗用車利用
  沢登り山行(初級) 平川ガイドと沢を登る ☆☆☆ 10月20日(土) 10 乗用車利用
  3支部懇親会 ゆうパーク越生~大高取山 10月27日(土)~28日(日) 15 電車利用
11月 四季の山・秋山 七面山・身延山
宿坊に泊まる
☆☆ 11月3日(土)~4日(日) 15 乗用車利用
12月 忘年山行・懇親会 寄居近郊ハイキング
農業団体研修センター利用
12月15日(土)~16日(日) 20 電車利用
1月 新年山行・懇親会 仙元山
埼玉の小京都小川町で懇親会
1月12日(土) 30 電車利用
2月 四季の山・冬山 (未定) ☆☆☆ 2月16日(土)~17日(日 10 乗用車利用
3月 月例山行 加治丘陵
早春の里山歩き
3月下旬 15 電車利用
 海外ツアー 検討中 ☆☆ 未定    

グレード:☆    行程3~4時間の一般向けハイキングコース
     ☆+   行程5~6時間の一般向けハイキングコース
     ☆☆   行程7~8時間の一般向け登山コース
     ☆☆☆  行程9~10時間の健脚向け登山コース、岩登り、沢登り、雪山
*あくまでも目安なのでご自身でコースなど調査してご判断ください。

Ⅰ、平成 29 年度報告
1、 ホームページ
  平成 28 年度 リニューアルし、各委員会が責任をもって運用をしており、山行案内・報告、各委員会、
  支部委員会の活動状況等、タイムリーな情報を提供した。
 
2、支部報の発行
  年3回 6月・10 月・ 3月発行した。
 
3、 個人情報 の運用
  主に「登山届」に使用するため、ホームページ内資料置き場 Bに置き、使用するのは支部委員会メンバーとし、
  責任を持ち公益社団法人日本山岳会埼玉支部個人情報取扱規程に従い厳格に取り扱いました。
 
Ⅱ、平成 30 年度
1、 ホームページ
  ホームページ は運用開始してから2年がたち 、管理・運用・利用について改修をし、より利用しやすい
  親しみの持てる支部ホームページを目指したいと思います。 
 
2、支部報の発行
  年3回 6月・10 月・ 3月発行予定。 会員からの情報提供等ご協力ください。
 
3、個人情報 の運用
  主に「登山届」使用するため、ホームページ内資料置き場 Bに置きます。
  使用するのは支部委員会メンバーとし、責任を持ち公益社団法人日本山岳会埼玉支部個情報取扱規程に従い
  厳格に取り扱います。
 
Ⅲ、 委員会 抱負
1、 ホームページ
  運用するにあたり、会員の方々から多く情報をいただくことで「簡単に」 「見やすい」「見て良かった」と
  思われる、ホームページの管理等していきたいと思います。
 
2、支部報
  他支部では、個人山行・旅行・趣味・写真等掲載しているところもあり、 会員皆さんからの寄稿・情報等
  お待ちしています。
                                                以 上

f今年も興味深い内容を用意しています。講演会、講習会に是非ご参加ください。

一覧はこちらーanzen-18nendo-nenkankeikaku.pd

平成30年度 第1回 支部委員会報告 (4月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  4月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 本年1月3日に公益社団法人日本山岳会前副会長の大久保春美さんがご逝去されました。
 大久保春美さんは埼玉支部設立の生みの親であり、2代目支部長として埼玉支部活動の基礎作りに貢献されました。常に明るく、何事にもポジティブな姿勢のリーダーシップで私たちを牽引していただきました。


 大久保春美さんが天国へ旅立たれたのは、寒さ厳しい頃でしたのに季節の巡りは早いものです。しかし、愛すべき大久保春美さんの面影がいつまでも脳裏から離れないのは、皆様同じ気持ちではないかと拝察しております。

 ついては在りし日の大久保春美さんを偲び、また、残されたご遺族のお気持ちを少しでも癒して差し上げたいと存じ、登山やお仕事の仲間が集いを催すことといたしました。

 故人の幅広いご交流の方々にお声をかけさせていただき、下記の通り開催いたします。万障お繰り合わせの上、是非ともご参加賜りますようお願い申し上げます。

 平成30年4月

 

               「大久保春美さんお別れの会」発起人代表 

公益社団法人日本山岳会埼玉支部長 松本 敏夫

世話人一同

日時    平成30年5月27日(日) 正午~午後2時

場所    ベルセゾン志木 「FUSO」6階
      ℡ 048-475-1122 (東武東上線志木駅南口より徒歩3分)

会費    6,000円 

 

*当日は、平服でお越しください。(黒衣、黒タイは不要です)   

*ご参加申込は、5月10日までに以下へお願いします。

 ご家族やお知り合いでご参加希望の方がおられましたら是非ご参加ください。


高橋 努(日本山岳会埼玉支部副支部長)
 〒350-2213 埼玉県鶴ヶ島市脚折1428-40
 Email     tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 携帯電話  090-2906-4356

 Fax    049-286-9296    

                                    以上

 

飯能の里山に入り、地図を片手に自分の位置確認をしたり、実際に山仲間の救出を体験する講習会です。

日時:平成 30 年 6 月 2 日(土)9 時半~16 時ころ(受付 9 時)

会場:飯能市民会館(西武池袋線飯能駅から徒歩 15 分)

会議室 201 室と天覧山周辺

持ち物:昼食、飲み物、

登山のできる装備 募集人員:30 人 

詳しくはこちらからーanzen-18,6,2-kousyukai.pdf

主催 公益社団法人日本山岳会 埼玉支部安全登山委員会

後援 埼玉県山岳連盟

 

テーマ「登山者が知っていてほしい医学知識」

中高年登山者の山中での持病の対処の仕方など

 

講師 金子 宏氏 

東京医科大学・高山医学研究所ヒマラヤ診療所勤務

呼吸器病院認定医・ペインクリニック認定医

・体協認定スポーツ医・日本登山医学会会員

 

日時:平成30年5月24日(木)19時~20時半(受付18時半)

会場:浦和コミュニティセンター10階第14集会室

申込先:安全登山委員会 宮川美知子

①E-mail:miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp

②携帯:090-2648-1947

①または②にて申し込みください参加費:500円(学生無料)

詳しくはこちら―anzen-18,5,24-kouenkai.pdf

第4回高尾の森づくり研修会のご案内

日本山岳会埼玉支部自然保護委員会が主催します第4回高尾の森づくり研修会は下記日程で開催します。

日 時:平成30年4月28(土)~29(日)

場 所:高尾グリーンセンター

集 合:高尾山口駅前広場左側  9:30  マイカー相乗りで移動

宿 泊:高尾グリーンセンター

参加費:6,000円

申込先:渡邉嘉也 090-8726-7371 ysi-wtnb@mba.ocn.ne.jp

詳細は右記の資料を確認ください。→ shizen-takaonomoridukuri-20180428.docx    

締め切り:平成30年4月25日                                  TM

 

           平成30年度四季の山・春山

           仙ノ倉山 グレード☆☆

         

仙ノ倉山は谷川連峰の最高峰ですが、大岩壁を抱く谷川岳本峰や、花の名山・平標山などの陰に隠れて訪れる登山者は少なく、地味な存在です。しかし、山頂からの展望は素晴らしく、武尊山、赤城山、榛名山、浅間山、苗場山、越後三山、巻機山、日光連山、利根源流方面も見渡せます。花の盛りには早いので、展望に期待しましょう。
今回は、平元新道登山口より、新緑のブナ林の中の急な木段を登り稜線上の平標山乃家に宿泊します。翌日は平標山を越えて仙ノ倉山を目指します。帰路は平標山に戻り、松手山を経て木段の続く急坂を下り、平標登山口に下山します。

 日程   平成30年5月19日(土)~20日(日) 1泊2日 

目的の山 仙ノ倉山 2026m、平標山 1984m

 集合   5月19日(土)10:00 JR越後湯沢駅東口エスカレーター下

       *10:10発 南越後観光バス・淺貝線・西武クリスタル行に乗車し、平標登山口バス停へ。(料金600円)

行程   

第1日目(5/19) 越後湯沢駅バス停10:10 ―(バス)― 10:44平標登山口11:00 ―12:20平元新道登山口 ― 14:00平標山乃家(宿泊)

第2日目(5/20)  平標山乃家6:30 ― 7:40平標山 ― 8:50仙ノ倉山 ― 9:50平標山―13:40平標登山口バス停14:05―(バス)―14:42越後湯沢駅(解散)

 

装備・昼食    通常の春山装備、軽アイゼン、昼食2回、非常食

 参加費     7,600円(宿泊費、トイレ協力金)(バス代等は各自負担)

 募集人員   8名(先着順、5月5日締切)

 申込先    山行委員会 菊池武昭 メール  takeaki-kiku@hb.tp1.jp

                                   携帯番号 090-6319-7602

                                  以上

過去に行われた支部山行(活動)の様子を撮影したビデオ映像(会員のご厚意で提供いただきました)を、会員ページに掲載いたしました。
 
支部の活動を共有していただく一助になるかと思いますので、山行(活動)参加者だけでなく、参加されなかった会員各位にもご視聴をお勧め致します。
 
 
 
★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。
 
   「【支部山行 動画掲載】天城山 (八丁池、万三郎岳、万二郎岳)」
 
    ※推奨ブラウザ Google Chrome    Edge
 
                                        <山行委員会>
去る1月20日に開催されました、安全登山講演会は、多くの方々に参加していただき、
又、「有益であった」等、多数の方々のお声をいただきました。
 
  テーマ『今、山で何が起こっているか!』
 
大変、有意義な講演会であったと考えますので、参加できなかった会員にも
共有していただけるよう、当日の講演の様子を公開いたします。
 
 
★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。
 
   「【講演会:動画掲載】平成30年1月20日 安全登山講演会」
 
                               <安全登山委員会>

平成29年度 支部報 第23号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成29年度 第12回 支部委員会報告 (3月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  3月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

埼玉支部の登山教室として「埼玉やま塾」を開講いたします。

受講しやすく(期間、費用)、内容の充実した講座です。是非ご参加ください。

こちら→ saitamayamajuku2018.pdf

stm-20180120kouenkaihokoku.png

安全登山委員会「飯田雅彦講師の講演会報告」

 2018 年1 月20 日(土)に埼玉支部安全登山委員会主催で、埼玉県教育委員会、埼玉新聞社、埼玉県山岳連盟、埼玉県勤労者山岳連盟の後援を得て、テーマ『今、山で何が起こっているか!』の講演会が開催された。

 講師には、埼玉県警察本部地域課・山岳救助隊連絡指導班の、飯田雅彦氏を招き、昨年の埼玉県内で起こった遭難発生状況に基づき遭難状況の説明があった。遭難発生件数は、63 件で70 名の方の遭難があり、内37 件は単独登山者であった。発生原因は、道迷い、滑落、転倒、急病であるが、近年、認知症と思われる行方不明者の捜索もあった。

 特に、転倒ではバランス感覚の再チェックが必要で、会場で片足立ちをして各人の認識を確認したりした。飯田氏からは、バランス感覚は年齢とともに衰えるが、冷えが原因もあるので、準備運動などでよく足をあたためるとよいとの助言があった。

 今、登山ブームに乗って、年齢を問わず多くの人が里山から遠方の山へ入山している。そこでは命を落としたり、救助隊に救出される現実がある。

 参加者は、飯田講師の話術に引き込まれながら、登山への安全を再確認した。

飯田講師からの推薦図書

1、 「生死を分ける山の遭難回避術」・・羽根田 治著

2、 「続・秩父藪尾単独行」・・坂井勝生著

飯田講師からの案内

・『ココヘリ』・・会員が山岳遭難したとき、ID 付き発信機を探知する捜索ヘリ出動により、早期発見できるサービス

 会員登録が必要・・入会費3000+税、年会費3650+税、ヘリ出勤費1 事案につき3 回まで出動無料

 

こちらからーanzen-18,1,20-houkoku.pdf

 

2月25日(日)「山仲間のセルフレスキューを学ぶ」講習会が開催されました。

 2018年2月 25日(日)に埼玉支部安全登山委員会主催で、テーマ『山仲間のセルフレスキ ューを学ぶ』の講習会が開催された。参加者は、講師を含む 19 名(支部員 9 名、JAC 会員 2名、一般 8 名)が集まった。

 講習内容は午前と午後の部に分かれ、午前の部は「山で起こりやすいケガの応急手当」と題し悳秀彦講師からパワーポイントの映像説明や 3 班に分かれて事故事例に基づき、足や手のケガのテーピングやサムスプリントを用いた応急手当を全員実習した。

 午後の部は、「一次救命処置」を渡邉浩講師から説明を受け、8 体の模擬人形を利用し、 2 人一組で胸骨圧迫と AED 利用の心電図解析を体験する。ほかに傷病者の異物除去の方法も学んだ。 

報告はこちらからーanzen-18,2,25-kousyukai-houkoku.pdf

埼玉支部スキー同好会から「サー 今年も滑ろうー会」のご案内

日 時 :平成30年3月14日(水)

場 所 :尾瀬丸沼高原スキー場

交通手段:参加者の車に分乗

申し込み先:古川史典(埼玉支部事務局長)

 E-mail:f8008pk@rock.odn.ne.jp

 携帯電話:090-3219-0860

締め切り:平成30年3月3日

詳細は下記添付資料を参照を参照ください。

   skydoukoukai.pdf

埼玉支部スキー同好会 古川史典

 向春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は、支部活動へのご参加、運営へのご協力をいただき、ありがとうございます。

 平成29年度は支部設立8年目の年で国内登山、社会活動、自然保護・観察会等充実した1年であったと思います。平成30年度は、さらに多くの会員が連携し、より積極的な支部活動へ繋げていきたいと思っております。

 つきましては、下記のとおり平成30年度通常総会を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

 なお、総会後に懇親会を開催しますので、多くの会員のご参加をお待ちしております。

1 期日 平成30年4月14日(土)13時30分~15時

2 場所 浦和「埼玉会館」4階 4A会議室

  〒330-0063  埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4(京浜東北線 浦和駅下車 西口を県庁方面へ徒歩6分)

3 議題 

(1)議事

  1)平成29年度事業報告(案)及び決算報告(案)について

  2)支部役員(案)について

  3)平成30年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

(2)報告事項等

1)「埼玉やま塾」について

2)会友制度について

3)登山計画書の提出とそのチェック体制について

4 懇親会のご案内 

  1) 時 間 16時 ~17時30分

  2) 場 所 伊勢丹浦和店7階「クローバールーム」

  3) 会 費 5、000円

  4) 内 容 新入会員紹介、各委員会メンバー紹介、会員活動紹介など。

5 その他 総会記念山行・ふれあい登山

  1)出欠席については出欠ハガキにて、4月2日(月)までにご返信ください。欠席の方は、

    必ず委任事項をご記入の上、ご返信ください。(出席予定者も念のためご記入ください)

  2)当日、平成30年度支部年会費2、000円会友年会費3、000円を当日申し受けます。

  3)総会記念山行:4月15日(日) 群 馬 県☆+「子持山」(別紙)  

  4)ふれあい登山:4月8日(日)ときがわ町☆「弓立山」(別紙)

6 連絡先

  総会・懇親会共:埼玉支部事務局長古川迄。電話090-3219-0860

   e-mail:f8008pk@rock.odn.ne.jp

  ※H30年度通常総会案内 → pdf版ダウンロード

 

                             公益社団法人日本山岳会埼玉支部

                             支 部 長   松 本 敏 夫

平成29年度 第11回 支部委員会報告 (2月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  2月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

暖かな日差しの中、奥武蔵の山へ新年登山をした後、飯能にて懇親会を開催しました。

詳しくはこちらからーsankou-18,1,13-houkoku.pdf

 JAC埼玉支部 平成30年3月 月例山行

堂平山(875.8m)~丸山(960.3m)(日帰り)     グレード ☆+ 

 

 堂平山は比企三山の一つで、1等三角点があり、登山者に人気の高い山です。丸山は県民の森の一部で、晴れると展望台から眺望は最高です。白石バス停から笠山峠、堂平山、白石峠を経由し、丸山から芦ヶ久保駅までの縦走コースです。麓では梅も盛りになるでしょう。

 

1.日程   3月3日(土) 日帰り(電車とバス)

2.集合   小川町駅(東武東上線)  9:00集合

3.行程   小川町駅発(9:12)(イーグルバス)

平成29年度 第9回~10回 支部委員会報告 (12~1月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  12月度議事録    1月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成30年2月25日(日)開催。昨年に引き続き、悳講師と渡邉講師による体験型講習会が開催される。

山の仲間を自分たちの手で助けようの主旨のもと、プロの講師から指導を受けてみませんか!。

詳しくはこちらをご参照ください。→anzen-18,2,25-kousyukai.pdf

 

 

埼玉支部会員の皆様 

入笠山も蓼科山も独立峰なので眺望は素晴らしい。夏には林間学校のメッカになるような美しい高原ですが、厳冬期には雪量は多くないものの、風雪の厳しさでは有数の山です。平川会員(ガイド資格者)から冬山の気候や風雪対策などを学びながら、純白の世界を楽しみましょう。

日程:平成30年2月17日(土)~18日(日)

詳細案内はこちら → sanko-tateshina201702.pdf

平成29年度 第8回 支部委員会報告 (11月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  11月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

新春を迎え、新たな気持ちで歩き初めをしたいと思います。後、飯能の茶屋で食事会を計画しています。皆様、ご参加をお待ちしています。案内はこちら―sanko-yugate,sukariyama-18,1,13.pdf

新春の1月20日(土)、山岳救助隊指導班からの昨年度の山での遭難事例を通し、各自の山歩きを考えてみよう。詳しくはこちらから—anzen-18,1,20-kouenkai.pdf

深まりゆく秋には奥秩父が良く似合います。
11月4日~5日絶好の秋晴れに恵まれ、信濃川上駅から毛木平へ入り、昔の往還に足を踏み入れます。五里観音から十文字峠へ。十文字山頂を踏み、静かなランプの小屋、十文字小屋にわらじを脱ぎます。夜はキンキンに冷え込み、震えあがりましたが、朝から雲のかけらもない快晴です。4里観音から一里観音、栃本関所跡までまさに4里16キロの長い長い尾根を下ります。降り積もった落ち葉ががさがさと踝を包み、山の麓は唐松の黄に染まっています。秋色にどっぷりつかったようです。道中、一度は登ってみたい白泰山に駆け上がり、かけ下りました。
さすがに足も痛くなったころにようやく川又の最終バスに乗り込みほっと息をつきました。

詳しい報告はこちら → sanko-jumonji171104.pdf

平成29年度 支部報 第22号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

  Topページ 下にある、「埼玉支部支部報」バナーからも「支部報」ページへ直接、アクセスできます。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 沢登り山行・丹沢水無川                         

 平成29年10月15日(月)~16日(火)
参加者 7名   コーチ:平川 陽一郎 

丹沢水無川といえば沢登りのメッカ、今は熟年世代となった昔の岳人にとっては青春時代の思い出が詰まった場所です。ここで修業を積んで、勇躍として谷川岳マチガ沢や穂高滝谷に挑んでいったものです。今回は、水無川の主であった作治さんがこよなく愛し、長年にわたり沢登り野郎の面倒を見てくれた作治小屋の皆様にお世話になり、雨模様の中ではありましたが2日間沢登りを楽しむことができました。
山には様々な顔があり、いろいろな登り方があります。沢登りは極上の和食のような味わいでした。   

今回は、秋の長雨で水無川とは思えないほどの水量で遡行には不向きなため途中から懸垂下降で下山しました。しかし、やはり沢登りは楽しく、今回初沢登りのメンバーもすっかりはまったようです。プロガイドの正しい指導を受けながら、安全に様々な登山スタイルを楽しむことで山登りはどんどん深みが増します。

 ご一緒に楽しみませんか。

171015_01.jpg   171015_02.jpg

本谷F1を懸垂で下降する                 水量たっぷりのF2を背に

171015_03.jpg   171015_04.jpg

ちょっと怖いけど、沢は楽しい               雨だけど、気分は最高

171015_05.jpg   171015_06.jpg

滝にチャレンジするぞ                   水無川本谷のアプローチ

171015_07.jpg   171015_08.jpg

モミソ沢を攀じる                      お世話になった作治小屋の皆さんと

埼玉支部山行委員会

 平成29年忘年山行・忘年懇親会ご案内  グレード☆

早いもので今年も残り2か月余りとなりました。嬉しいことが沢山あった幸せな方も、そうでもなかった方も忘年山行と
忘年懇親会で今年を楽しく締めくくりましょう。
お馴染みの正丸峠あたりをハイキングして、お馴染みの秩父農園ホテルに宿泊します。
懇親会とアトラクションもお楽しみに。
 

1.日程  平成29年12月9日(土)~10日(日) 1泊2日 

2.集合  12月9日(土)9:00 西武秩父線正丸駅集合

3.行程
  
第1日目  9:00正丸駅=長岩峠=11:00小高山=12:00正丸峠=旧正丸峠=14:00=15:00正丸駅
       ―電車―15:30西武秩父駅―(送迎バス)-15:40農園ホテル

        *アトラクション=「ザックの中身拝見」
        *18:00忘年懇親会 
          
チャリティーオークション
          ①出品点数一人3点まで ②1品上限価格原則3000円 ③出品は登山用具以外でも可 
          ④売上は「埼玉県障害者スポーツ協会」へ寄付予定
 

  第2日目   朝食後解散・自由行動
          ①羊山公園から琴平丘陵  ②札所6,7,8,9番巡り など


4.宿泊先 秩父 農園ホテル 0494-22-2000

5.装備   初冬ハイキング装備、昼食

6.募集人員  20名(11月30日締め切り)

7.参加費  15,000円(宿泊費、懇親会費)

8.申込先  古川史典事務局長
       
090-3219-0860  f8008pk@rock.odn.ne.jp

平成29年度 第7回 支部委員会報告 (10月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 10月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

過去に行われた支部山行、その他の7件について、山行(活動)の様子を撮影したビデオ映像(会員のご厚意で提供いただきました)を、会員ページに掲載いたしました。

支部の活動を共有していただく一助になるかと思いますので、山行(活動)参加者だけでなく、参加されなかった会員各位にもご視聴をお勧め致します。

 

★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。

   「【支部山行 動画掲載】秩父槍ヶ岳、鹿食害シンポ、諏訪山、女峰山、武川岳、平ヶ岳、鳥海山」

    ※推奨ブラウザ Google Chrome    Edge

                            <山行委員会>

 平成29年度10月定例山行天城山報告書 

八丁池1170m・万三郎岳1406m・万二郎岳1320m【山行グレード☆☆】

 1、実施日:平成29年9月30日(土)~10月1日(日)
2、参加者:CL高橋努、SL古川史典、吉田寛治、菊池武昭、稲越洋一、奥田通孝 以上6名
3、場 所:静岡県 天城山 八丁池1170m・万三郎山1406m・万二郎山1320m

4、行動記録:
9月30日(土)曇り
11:00旧天城峠トンネル→11:30天城峠(上り御幸歩道)→13:00昼食→14:15トイレ→14:25八丁池→14:44分岐(下り御幸歩道)→16:15林道車止め→16:45旧天城峠トンネル→河津七滝(泊)

10月1日(日)曇り、ガス
9:30→天城ゴルフ場登山口→9:46四辻→11:45万三郎岳急登→12:16稜線→12:30万三郎岳→14:10万二郎岳→15:30天城ゴルフ場登山口解散

a007 - コピー.jpg a024.jpg
旧天城トンネル入口・車も通れる             旧天城峠・今は訪れる人も少なくひっそりと

a038.jpg a058 - コピー.jpg
ヒメシャラの大木が多くみられる、特異な雰囲気      御幸歩道というだけあって歩きやすい

a119.jpg a148 - コピー.jpg
八丁の池・静かなたたずまいの秘境だ           ところが昭和30年代はスケートリンクとして大賑わいだった

a204.jpg b263.jpg
河津七滝温泉の立派なキンメダイ煮つけ、旨かったぁ    万三郎への道、雨が多いので荒れていて、結構厳しい

b323.jpg b380.jpg
万三郎岳山頂 みんな元気だ               万二郎岳山頂 まだまだ元気だ

平成29年度年間計画はこちらからーanzen-17nendo,nankankeikaku.pdf

 四季の山・秋山

十文字峠から白泰山・栃本縦走山行(グレード☆☆)

  長野県川上村から十文字峠を越え白泰山を経て埼玉県栃本に至る往還は、甲州街道の裏街道として江戸時代には多くの往来があったと言われています。今でもなかなかの難路ですが、当時のこの峠越えは相当困難な旅であったと思われます。名の知れた名コースなのですが、登山者も少なく訪れにくいルートです。
 往時を偲びながら深まりゆく秋の山を楽しみましょう。大賑わいのシャクナゲ時期の十文字小屋と違い静けさに埋もれるような小屋泊まりです。

         

  1. 日程    平成29年11月4日(土)~5日(日) 1泊2日
                                 *十文字小屋の都合で、当初予定の3日~4日の日程を変更しました。
          
  2. 目的の山  十文字峠(十文字山2072m)、赤沢山1818.9m
     
  3. 集合    11月4日(土)10:40 信濃川上駅
            新宿発8:00(スーパーあずさ5号)-9:53小渕沢駅着―
            9:57小渕沢発(小海線小諸行き)-10:40信濃川上駅着
            *乗車券は各自手配
  4. 行程
    第1日目(11/4)10:50信濃川上駅発(タクシー)―11:30毛木平出発 
            =14:00十文字小屋着(宿泊)
    第2日目(11/5)7:00出発=11:00白泰避難小屋=15:00栃本関所跡
            -(タクシー)-16:00三峰口駅(解散)―秩父経由帰路
  5. 連絡先
    十文字小屋 090-1031-5352
    川上観光タクシー 0267-97-2231  丸通タクシー三峰口営業所 0494-54-1771

     
  6. 装備
    初冬登山装備、軽アイゼン(念の為)、昼食2回、行動食、防寒具(小屋は寒い)
    (共同装備:ロープ、トランシーバー、ツェルト、救急薬品)

     
  7. 募集人数  8名(先着順・10月20日締切)
     
  8. 参加費   12,000円予定(宿泊費、タクシー代)
     
  9. 申込先   高橋 努   090-2906-4356 tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 

以上

 

平成29年度 第6回 支部委員会報告 (9月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 9月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

saitama-20170923.png

 

浦和のコミュニテイーセンターにて行われた、平川陽一郎講師の講演会が白熱する講義の中、参加者の熱い視線を受けながら終了しました。

埼玉支部員で支部の山行委員でもある、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドⅡの平川陽一郎氏を講師に招き、 「アクシデントに対応する安全技術」の講演会が開かれた。2016年の山の事故は、転倒・滑落・道迷いの50%を 60歳以上が占めるという結果を踏まえ、解決策として技術、経験値のアップ、体力アップのトレーニング、行動中のまめな水分・カロリー補給、早めの装備更新を上げた。また、過去の遭難事例をあげて、安全登山の基本は、 人(参加者の状況)、登山ルート、気象を配慮した行動が大事と説明した。ほかに、ストックの使用方法やザックの 背負い方、カミナリの情報は電力会社から得ることが出来るなどアドバイスした。質疑応答は時間いっぱい交わされ充実した内容であった。

anzen-17,9,20-houkoku2.pdf

2017「山の日」小江戸川越夕涼み・トークショーとミニコンサート報告

 埼玉県山岳連盟「山の日」イベント実行委員会主催の『2017「山の日」小江戸川越夕涼み・トークショーとミニコンサート』が平成29年9月1日(金);18時~21時、ウエスタ川越リハーサル室で開催され、一般の登山愛好家・埼玉岳連加盟の山岳会(日本山岳会埼玉支部を含む)等、約170名が参加しました。このイベントには(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会および(公社)日本山岳会・埼玉支部が後援しました。

 埼玉岳連・石倉昭一会長の挨拶に続き、東京芸大非常勤講師の佐原敦子さんのヴァイオリン演奏「講演テーマ:自然を愛したクラッシック作曲家」、前県警山岳救助隊副隊長の飯田雅彦氏およびヤマケイ登山総合研究所所長の久保田賢次氏、埼玉岳連名誉会長の田中文男氏による「山を安全に楽しむために」と題したトークショー、”はなみずき”によるフルート(村松りほさんおよび松本千佳さん)&ピアノ演奏(鈴木園子さん)で「想い出の山の歌の演奏と合唱」で、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」を目的として制定された2年目の「山の日」を楽しみました。                           TM

kouhou-2017yamanohi-1.jpg     kouhou-2017yamanohi-2.jpg

       開演前の会場                          埼玉岳連・天野理事長

 

kouhou-2017yamanohi-3.jpg    kouhou-2017yamanohi-4.jpg

 埼玉岳連・石倉会長                         ヴァイオリン演奏・佐原さん 

 

kouhou-2017yamanohi-5.jpg    kouhou-2017yamanohi-6.jpg

    ”はなみずき”の演奏                      ”はなみずき”の演奏

 

kouhou-2017yamanohi-7.jpg

            参加者一同

 

夏山・鳥海山紀行

 6月入会の轟と申します。出羽富士と称される鳥海山へ、高橋リーダーの元、女性6名、男性4名の計10名で、テント2泊の山行に行ってきました。7月の平ケ岳は天候不良につき中止で、今回こそはと祈りながらの参加でしたが、3日間お天気に恵まれ素晴らしい山行となりました。

以下はこちら → sanko-201710tyoukaihokoku.pdf

 

  

 

日本山岳会埼玉支部の9月月例山行ー箱根山の外輪山である明神ヶ岳山行報告

 平成29年9月2日(土)の8時40分に小田原駅集合でしたが、定刻前に参加者5名(右川、米山、橋本、古川、松本)全員が集合したため、伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅に行き、バスで予定よりも30分早く道了尊バス停(大雄山最乗寺)に着きました。各地に大雨を降らせた台風15号の影響で早朝より雨で登山が危ぶまれましたが、大雄山駅では青空が広がり始めなんとか山の登れそうな雰囲気です。

 大雄山最乗寺の門前でバスを降り、天狗の置物が多数飾られている土産物店を見学後、鬱蒼とした杉並木の参道を登ると最乗寺本堂です。本堂の左手奥から明神ヶ岳への登山道に合流(9時35分出発)します。見晴小屋までは崩れた登山道の急登で車道を2回超えます。尾根筋に着くと比較的緩斜面となり神明水の水を楽しみました。両側から覆いかぶさるススキをかき分けながら尾根を登り、巻道に入るとまもなく明星ヶ岳との分岐が現れ、右折して360度の眺望が楽しめる明神ヶ岳山頂(12時58分)につきました。箱根山、愛鷹山、金時山が確認できますが、富士山は頂上の一部のみ頭を覗かせていました。下山は明星ヶ岳との鞍部近くの宮城野分岐を右折して、別荘地の横をまっすぐに下り宮城野の登山口(15時55分)につきました。日帰り入浴は箱根温泉の一角である「勘太郎の湯」に浸かり、近くのバス停から午後6時頃、小田原駅に戻りました。     

sanko-20170902-myoujingatake-01.jpgのサムネール画像 sanko-20170902-myoujingatake-02.jpgのサムネール画像

       道了尊バス停の土産物店にて

 

sanko-20170902-myoujingatake-03.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-04.jpg

   道了尊バス停の土産物店前にて                  大雄山最乗寺の参道

 

sanko-20170902-myoujingatake-05.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-06.jpg

  大雄山最乗寺の本堂(登山道は左奥から)            最乗寺本堂から明神ヶ岳への登山口

 

sanko-20170902-myoujingatake-07.jpg   sanko-20170902-myoujingatake-08.jpg

   最初の林道で休憩                       神明水の冷たい水で一息入れる

 

sanko-20170902-myoujingatake-09.jpg        sanko-20170902-myoujingatake-11.jpg 

  明神ヶ岳山頂にて(背後は箱根山)              明神ヶ岳から明星ヶ岳へ(相模湾が一望できる)

 

sanko-20170902-myoujingatake-12.jpgのサムネール画像              sanko-20170902-myoujingatake-13.jpg

明星ヶ岳への途中にある宮城野への分岐         宮城野登山口

                                                       以上 TM

平成29年度 第5回 支部委員会報告 (8月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 8月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

自然保護思想の啓蒙と啓発

清流第5号を掲載します

詳細は下記をお開き下さい

shizen-yama.seiryu170821.pdf

~ その1 ~ 

伊豆・天城山山行ご案内

グレード☆☆ または☆ 

 100名山に数えられる伊豆・天城山は、伊豆の観光地にあり、小説の影響などもあって大変著名な山です。伊豆半島の盟主であり、なかなか立派な山です。今回は天城峠から山麓を巡り、万二郎岳、万三郎岳に登ります。宿泊は山間の名湯「河津七滝温泉」です。

万二郎岳のみ往復でも構いません。これならグレード☆ です。

日程   平成29年9月30日(土)~10月1日(日) 1泊2日

詳細計画はこちら → sanko-amagisan2017.10.pdf

 

~ その2 ~

「岩と沢登り教室」山行のお誘い

グレード☆☆☆ または☆☆

 恒例となった平川会員の指導による岩登り練習と沢登り山行のお誘いです。今回は趣向を変えて、初日は山麓の岩登りゲレンデにて岩登りの基本(ロープワーク、自己確保、懸垂下降など)の練習を行い、2日目は沢登りのメッカである丹沢・水無川本谷を遡行します。
また、沢登りをされない方は尾根道コースで塔ノ岳に登ります。これはグレード☆☆ です。

さらに、宿泊は埼玉支部会員の安瀬会員が山小屋の管理をされている作治小屋に特別に泊めていただき、山の夜話を楽しんでいただきます。
盛りだくさんの魅力ある山行です。奮ってご参加ください。

 日程   平成29年10月15日(日)~16日(月) 1泊2日
    (1日目の岩登り練習のみの参加も可)

詳細計画はこちら → sanko-tanzawa2017.10.pdf

これまで埼玉支部自然保護委員会では第5次にわたる野生動物による食害状況を見聞してきました.

その報告によると,埼玉県下での亜高山地帯から低山におけるニホンジカによる被害状況はシラビソ

・コメツガなどの木本類への食害と高山植物やササ植物などへの食圧が顕著であり,喫緊な実地踏査

の必要性を提示しました.

そこで,本年度も埼玉県内の山岳地帯におけるシカによる食害問題の現地調査を下記の内容で計画し

ております.

shizen-shika170807.pdf

秋から冬にかけて山々も静寂を迎えます。座学講習も楽しんでみませんか?

1、「ガイドが考える安全な登山」・・・平川陽一郎講師

   9月20日(水)19時から21時、浦和コミュニティーセンター10階13集会室、参加費500円

2、「事故を防ぐ山の歩き方を学ぶ」・・・飯田元山岳救助隊副隊長

   10月22日(日)9時から、横瀬:二子山、参加費500円

3、「埼玉県警察元山岳救助隊の安全登山講話」・・・飯田雅彦講師

   平成30年1月20日(土)13時半から17時、埼玉会館3C会議室、参加費500円

4、「セルフレスキューの実習」・・・悳講師、渡邉講師

   平成30年2月25日(日)9時半から16時、大宮の川鍋ビル8階、参加費500円 

平成29年度南関東ブロック3支部(神奈川・東京多摩・埼玉)合同懇親山行のご案内

 

神奈川支部主催により南関東ブロック3支部合同懇親山行は下記に日程で開催されます。

埼玉支部会員の皆様にはぜひ参加いただき、

丹沢で神奈川支部および東京多摩支部との懇親を深めて頂きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日 程 :平成29年10月28(土)~29(日) 雨天決行

宿 泊 :神奈川県山岳スポーツセンター(秦野市)

集 合 :14時 秦野ビジターセンター(大倉バス停隣)

行 事 :

 28日(土) 秦野ビジターセンター見学・講演会(丹沢今昔:丹沢資料保存会永森氏)・懇親会

 29日(日) ①三の塔登山コース(登山:5時間30分)

         ②渋沢丘陵散歩コース(スケッチ散策:2時間30分)

参加費:8000円(当日集金)

参加申込:埼玉支部事務局長古川迄(支部単位で取りまとめ)

     メール:f8008pk@rock.odn.ne.jp

                  電 話:090-3219-0860

申込締切:9月9日(土)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳細は右記の資料を参照下さい。 kouhou-20171028-3sibukonsinsankou-01.pdf

                                                    以上 TM

 

講演会 山岳ガイドが考える安全な登山

 

主催 公益社団法人日本山岳会埼玉支部

安全登山委員会

 

講演テーマ アクシデントに対応する安全技術

内 容

   ▼天候、温度、風、残雪、道迷いなどアクシデントに対応する対処方法

   ▼アクシデントを起こさないようにするには、どのようにしたらよいか?

 

講 師:平川 陽一郎氏

saitama-sankoiinkai20170920-02.png
平川陽一郎さん西穂山荘にて

    日本山岳ガイド協会認定ガイド

    埼玉支部山行委員会所属

 

開催日時:平成29年9月20日(水)19:00~21:00

募集:100名 参加費:500円 (受付18時半)

場所:浦和コミュニティーセンター10階第13集会室

   (JR浦和駅東口徒歩1分 浦和パルコ内)

詳しくはこちらから――anzen-17,9,20-kouenkai.pdf

 

申込先:安全登山委員会 宮川美知子(13795)

1 E-mail:miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp

2  携帯 090-2648-1947   1または2にて申し込みください。

平成29年度 第4回 支部委員会報告 (7月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 7月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

第 3 次玉原高原ブナ林・吹き割れの滝自然観察会報告

公益社団法人日本山岳会埼玉支部 自然保護委員会

自然保護委員会年間活動の④は埼玉支部員 10 名、山の会すかんぽ 8 名計 18 名で 6 月 10~11 日実施

shizen17014-01.png

 

企画引率担当:多田 稔 サブリーダー:村越百合子

玉原の概要と観察会の目的

関東地方最大のブナ林地帯の生態系を観察し参加者の自然保護思想の啓蒙・啓発を図る。

 

武尊山南西部が玉原高原で標高 1200m の溶岩台地上にある

分類上の位置 被子植物門―双子葉植物網―離弁花(古生花被)植物網―ブナ目―ブナ科―ブナ属

学 名:Fagus crenata Blume.(fagus 食べられる)(crenata 鈍鋸歯のある)(Blume 命名者)

形 態:雌雄同株・雌雄異花。5 月に開花 性質 陰樹、落葉広葉樹で世代交代ができ安定した 極相林を造る。樹高 15~20mに達するのに 100 年、径 1m に 300 年かかる。

公益性:ブナ(ブナ科を含む)の最大の公益性は「保水力」即ち、災害対策並びに水源涵養である。 さらには漁業資源育成に欠かせないのもブナ林の存在である。

玉原のブナ林 地理的に太平洋側であるが、群落組成特徴は日本海側型(ブナ・チシマザサ群集) 日本海側型ブナ林が太平洋側型へ向かう最前線に位置する。

玉原にはイヌブナ(株立)は生育していない(迦葉山・川場・三峰山・小持山にはある)

 ○玉原のブナ林はブナ・チシマザサ群集で、2 亜群集・4 変群集に区分できる。(ブナは一本立)

 組成:標徴種はアカイタヤ・ムラサキヤシオ・コミネカエデ・ハイイヌツゲ・ハイイヌガヤ エゾユズリハ・ツルシキミ・ヒメモチ(ユキツバキは無い)

◯トチノキ亜群集 組成 識別種:トチノキ・オシダ・テツカエデ・エンレイソウ・ニワトコ・エゾアジサイオクノカンスゲ・ マルバフユイチゴ・タニギキョウ・サワハコベ・オククルマムグラ・キヨタキシダ 分布:ブナ平・鹿俣山・尼ヶ禿山の平坦地から緩斜面にかけて広がっている。この群落が平尾根から緩斜面上部迄発達 することが、他の日本海側地域のブナ林に比べ玉原ブナ林の特異性を示している。

 

6 月 10 日(土)標高 1150m 玉原高原・自然環境センター

A.M.11.45.委員会他 18 名レンタルバス到着 気温 20 度。曇 り。昼食後 12.30 時 森林ルート(ブナ平)標高 1200~1250m降雨の状況を朝日副委員長がキャッチ、鹿俣山分岐で引 き返す往復 2 時間であった。湿原は木道リニューアル工事で中止。迦葉山弥勒寺(徳川将軍家の祈願所)参拝した。 宿泊地:川場村湯原(源泉・民宿福寿草)では地酒がサービスされた(次回は錦繍時期に模索!)

 

6 月 11 日(日)A.M.8.30 福寿草出発

名刹「吉祥寺」にて茶道の極意を嗜むことができ、神妙にならざるを得なかった。 ★900 万年前の火砕流が冷えてできた溶結凝灰岩の「吹き割の滝」を周遊した。浮島橋から「千人隠れ穴」付近を観察 下部の吹き割層溶結凝灰岩の上に淡い緑のデサイト質粗粒凝灰岩の重なりを視認できた。浮島は 1 万年前の榛名火 山の二ッ岳からの軽石層に覆われている、往時の火山活動のもたらした景勝地である(地団研:高嶋)。

★観察した植物:フタリシズカ・ヤマグワ・ヤマグミ・エゴノキ・ニセアカシア・バイカウツギ・ムラサキエンレイソウ・コアジサ イ・タイツリソウ・クルマムグラ

★鱗翅類:カラスアゲハ・スジグロチョウ・ジャノメチョウ・モンキチョウ・モンシロチョウ

●集合・解散とも沼田駅であった。

参加者:藤野欣也 朝日 守・吉田寛治・多田 稔 L・横山真一・村越百合子 SL・中野文博・高嶋徳紘・金丸一豊 石塚昌孝・横山真一・大室昌久・野本成治・沖川三郎・林 雅隆・野田 孝・金子英雄・金子和男・川上裕二 

29年第3回玉原高原自然観察会報告、詳しくは下記の添付にてお知らせします。

shizen17014.pdf

 

日本山岳会埼玉支部会員の皆様

 いつも埼玉支部活動にご協力いただき誠にありがとうございます。さて、埼玉支部山行委員会では、本年の海外登山活動としてハワイ・オアフ島のトレッキングツアーを企画しました。
ハワイとトレッキング??と思われる方も多いと思いますが、ハワイは南洋の島の独特な自然が豊かで、たくさんのトレッキングコースがあります。今回は、現地ガイドもお願いし、熱帯の森を歩き、山上から紺青の太平洋を遠望する素敵なネイチャートレッキングになると思います。
また、宿泊はコンドミニアムタイプのホテルとし、食材を調達し、皆でワイワイと自炊する楽しみもあります。勿論、ワイキキ散策や海水浴・プールも楽しめます。
なかなか味わえない珍しいツアーです。奮ってご参加ください。 

1回説明会:922日(金)16001730 アルパインツアーサービス株式会社にて (説明会終了後に新橋界隈で結団式)

日程:平成30年1月22日(月)~28日(日) 7日間

行程:2日目~4日目オアフ島トレッキング、5日目自由行動(オプショナルツアー多数あり。ハワイ島トレッキングなど)

宿泊:ワイキキのコンドミニアムタイプのホテル(自炊)

募集人数:11名

費用:第1回説明会にて発表(20万円強の予定)

 

担当・説明会参加申込先:山行委員会 古川史典 090-3219-0860  f8008pk@rock.odn.ne.jp

 

詳細案内はこちら → sanko-2017Hawai.pdf

2017「山の日」小江戸川越夕涼み・トークショーとミニコンサート

日本山岳会埼玉支部は埼玉県山岳連盟が主催する標記「山の日」イベントに、加盟山岳会として参加致しましす。

また、(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会とともに後援いたします。

平日の夕方開催ですが、会員の皆様の参加をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   日 時:平成29年9月1日(金)

   開 場;PM5:30、開 演;PM6:00~閉 演PM9:00

   会 場:ウエスタ川越・2階リハーサル室

   参加費:無 料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               ご案内

Ⅰ 演奏 ヴァィオリン   

             東京芸大大学院非常勤講師      violin    佐原 敦子さん

  18;05~         ~山の名曲から~

Ⅱ トークショー

    司 会・元日本山岳・スポーツクライミング協会会長

        埼玉県山岳連盟名誉会長                   田中 文男氏

    ゲスト・前 県警山岳救助隊副隊長

        埼玉県警察本部地域課山岳救助隊連絡指導班      飯田 雅彦氏

    ゲスト・ヤマケイ登山総合研究所 所長

        日本山岳遺産基金 事務局長                久保田 賢次氏

  19:00~         ~安全に山を楽しむために~

Ⅲ 演奏 フルート&ピアノ      「はなみずき」

                                    flute    村松 りほさん

                                    flute    松本 千佳さん

                                    piano     鈴木 園子さん

  20:00~         ~想い出の山の歌~ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申込対象:登山に興味のある方・どなたでも参加できます。

募集人員:先着120名

申込受付:8月7日(月)  pm2:00~電話「氏名・参加者数・連絡先」

             電話:090-2144-9791 実行委員会・事務局

  山の日「チラシ」kouhou-20170901-yamanohi.pdf

日本山岳会埼玉支部 平成29年度9月月例山行  明神ヶ岳および明星ヶ岳 グレード✩(+)

神奈川県の箱根町と南足柄市との境に位置する明神ヶ岳に、天狗信仰の残る大雄山最乗寺登山口から登り、

明星ヶ岳を経由して、箱根の強羅駅に下るコースです。

日時;9月2日(土)

場所:箱根の外輪山である明神ヶ岳および明星ヶ岳

集合:伊豆箱根登山鉄道(大雄山線)小田原駅(8:40集合)

行程;小田原駅ー大雄山駅ー道了尊バス停~明神ヶ岳~明星ヶ岳~強羅駅

歩行時間:5時間20分

詳細は下記を参照下さい。

sanko-20170902-myoujingatake-myoujyougatake.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

申込先:山行委員会 松本敏夫

tel:090-5338-0118

Email:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

平成 29 年 6 月 3 日(土)ハイキングレスキュー講習会報告

anzen-20170603haikinguresukyu.png

 

講師:瀬藤 武氏

安全登山委員会主催による講習会「ハイキングレスキュー講習」は、平成29年6月3日(土)、 9:30~16:00、飯能市市民会館(会議室 201)の座学や、天覧山から多峯主山近くの登山 道で屋外講習が行われた。講習会には日本山岳会会員 14 名と一般 14 名の 28 名が参加し、 埼玉県山岳連盟・遭難対策委員長の瀬藤 武氏からセルフレスキューのためのノウハウを 学んだ。

 

講習会内容と詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

平成29年度の抱負・年間計画 ―安全登山委員会―

【安全登山委員会の抱負】

今、まさに登山ブームです。奥武蔵の山、奥多摩の山、3000mの稜線にも若 者、中高年の方たちの姿を見かけます。そこで叫ばれているのがセルフレスキ ューの在り方です。まずは、自分たちの仲間は自分たちで守ろう!!!そこか らの思考を持ちたいと思うのですが。 安全登山委員会では、一年を通し、講演会・講習会を企画しています。今年 も興味ある内容を用意して皆様をお待ちしていますので、是非、ご参加を期待 いたします。よろしくお願いいたします。

 

【安全登山委員会による講演会及び講習会年間計画】

1、 安全登山講習会

日時:平成 29 年 6 月 3 日(土)9 時~16 時

講習テーマ:「ハイキングレスキュー講習」

講師:瀬藤 武氏(埼玉県山岳連盟・遭難対策委員長)

会場:飯能市市民会館 201 会議室、及び天覧山周辺

2、 安全登山講習会

日時:平成 29 年 9 月 20 日(水)19 時~21 時

講演テーマ:「ガイドが考える安全な登山」

講師:平川陽一郎氏(日本山岳ガイド協会認定ガイド・日本ノルディック ウォーキング協会公認インストラクター)

会場:浦和コミュニティーセンター10 階 13 集会室

3、 安全登山講習会

日時:平成 29 年 10 月 22 日(日)日帰り山行

講習テーマ:「事故を防ぐ山の歩き方を学ぶ」

講師:飯田雅彦氏(埼玉県警察山岳救助隊副隊長) 会場:秩父近郊の山

4、 安全登山講演会

日時:平成 30 年 1 月 20 日(土)13 時~17 時

講習テーマ:「埼玉県警察山岳救助隊の安全登山講話」

講師:飯田雅彦氏(埼玉県警察山岳救助隊副隊長)

会場:未定

5、 安全登山講習会

日時:平成 30 年 2 月 25 日(日)9 時~16 時

講習テーマ「セルフレスキューの実習」

講師:悳秀彦氏・渡邉浩氏

会場:未定

 

詳しくはこちらから――anzen-17nendo-nenkankeikaku.pdf

 

四季の山夏山・鳥海山山行ご案内 (グレード☆☆)

 東北の山で最も惹かれる山は鳥海山でしょう。秀麗な姿、日本海に近いため豊富な残雪と咲き乱れる高山植物。
北の山の魅力を詰め込んだような山です。山麓にキャンプして鳥海山新山に登ります。奮ってご参加ください。

日程:平成29年8月4日(金)~6日(日) 2泊3日

集合と交通:8月4日(金)8:00若葉駅西口集合 乗用車分乗

行程
1日目(8/4)若葉駅―(関越道経由)-酒田みなとIC―15:00鳥海高原家族旅行村キ
   ャンプ場(宿泊)
2日目(8/5)6:00キャンプ場出発=6:30湯ノ台口コース登山口―10:30伏拝岳―
   11:30新山山頂―15:00登山口=キャンプ場(宿泊)
3日目(8/6)帰路(羽黒山、湯殿山など立ち寄り)

宿泊:鳥海高原家族旅行村キャンプ場

装備:夏山登山装備一式、防寒具、昼食、行動食
   (共同装備:ロープ、ツェルト、トランシーバー)

参加費:10,000円(テント代、食費)+ガソリン代

 

申込先;山行委員会 高橋 努
    090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 

*参加申込は7月20日まで。 配車は参加者決定後にお知らせします。

 

以上

6月11日(日)第2回目の沢登り山行を実施した。
梅雨時期にも関わらず好天に恵まれ無事遡行を楽しんだ。
以下、リードしていただいた平川会員(ガイド資格)のレポートです。

こちら → sanko-2017sawanobori.pdf

2017sawa.jpg

過去に行われた支部山行の4件について、山行の様子を撮影したビデオ映像(会員のご厚意で提供いただきました)を、会員ページに掲載いたしました。

支部の活動を共有していただく一助になるかと思いますので、山行参加者だけでなく、参加されなかった会員各位にもご視聴をお勧め致します。

 

★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。

   「【支部山行 動画掲載】会員撮影の山行(守門岳、皇海山、飯縄山/高妻山、上州三峰山)」

    ※推奨ブラウザ Google Chrome    Edge

                            <山行委員会>

平成29年度 支部報 第21号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成29年度 第3回 支部委員会報告 (6月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 6月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

29年第3回高尾グリーンセンター森づくり研修会報告を

下記に添付します。shizen-170429.30takao.pdf

29年度第1回森づくり活動報告を

下記に添付します

shizen-170528sayama.pdf

 日本山岳会埼玉支部会員の皆様へ

 

 そろそろ夏山の季節になります。

7月の月例山行は日本100名山の平ヶ岳にチャレンジします。

通常ルートでは距離が長く日帰りでは困難ですが、宿泊施設はありません。

今回のコースは皇太子ルートとも言うべきもので登山口まで宿の送迎があり日帰りで登れます。

残雪、新緑、美味しい山菜と楽しみがたっぷりです。

是非、ご参加ください。

 

日程:7月1日(土)~2日(日) 1泊2日

交通:乗用車分乗

宿の関係で12名限定です。お早めに申し込みください。

詳細案内はこちら → sanko170701hiragatake.pdf

平成29年度第5回大高取山自然観察会は日本山岳会埼玉支部(事業担当自然保護委員会)主催、越生町教育委員会の後援により、5月14日(日)、9:30~15:00、越生町・報恩寺~大高取山~幕岩~虚空蔵尊~報恩寺のコースで開催され、参加者42名(越生町8名、一般参加9名、日本山岳会会員25名)で春の大高取山の自然を楽しみました。

詳細は右記報告書を参照下さい。  shizen-20170514-ogose-kansatukai.pdf

                                                        TM

平成29年度 第2回 支部委員会報告 (5月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 5月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 日本山岳会埼玉支部支部会員の皆様

 平成29年6月・平川会員と沢を登ろうⅡ ご案内

西沢渓谷・川胡桃沢
支部山行グレード☆☆☆

 昨年に引き続き平川会員(認定ガイド)に指導をお願いし初級コースの沢登りを計画しました。今回は憧れの笛吹川・西沢渓谷の川胡桃沢(かわくるみさわ)です。
 西沢渓谷らしい新緑の映える美しいナメ滝を快適に登り、下りは終了点から登山道で下山します。時季が合えばムラサキヤシオやアズマシャクナゲにお目にかかれるかもしれません。登攀グレード3級程度の初級向け沢登りです。
 水の冷たさが心地よい絶好の沢登りシーズンです。 初めての沢登りにチャレンジしたい方、昨年秋の沢登りに参加された方、久しぶりに水と戯れてみたい方など、この機会に是非ご参加ください。
 
1.日程   
6月11日(日)日帰り

2.場所   
山梨県・笛吹川・西沢渓谷・川胡桃沢ルート

この沢登りコースは、初級向きで、明るくナメの美しい沢です。滝の登攀は3級程度で、一部でトップがロープを使う場合もあります。沢を詰めると黒金山からの登山道に合流し下山します。出発点や要所で平川会員からレクチャーをしていただきながら遡行します。
時間的にややきついのでヘッドランプは必携です。

3.集合
乗用車分乗にて 西沢渓谷入口駐車場に9:00集合

4.行程
集合場所出発=9:00西沢渓谷入口駐車場―11:00川胡桃沢入渓点出発―      15:00終了点・登山道-18:00―西沢渓谷入口駐車場―帰路

5.装備
日帰り山行装備+渓流シューズ(フェルトソール)、渓流ソックス、渓流スパッツ(あれば)、ヘルメット、ハーネス、カラビナ、スリング

*参加者には、追って平川会員作成の装備リストをお送りします。装備購入に関して疑問の点は平川会員にお問い合わせください。登山保険には必ずご加入ください。

6.共同装備
ロープ、ツェルト、トランシーバー

7.申込先
山行委員会 高橋 努
090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

参加申込は5月31日まで。希望集合場所等をお知らせください。
乗用車は参加者決定後に個別に依頼します。

 

日本山岳会埼玉支部会員の皆様

 

新緑が目に眩しい素晴らしい季節になりました。

6月4日(日)の月例山行をご案内します。横瀬の二子山から武川岳に縦走します。

二子山と武川岳は登った方もこの間の縦走はされていなのではありませんか。

新緑のハイキングを楽しみましょう。

 詳細案内はこちら → sanko-170604takekawadake.pdf

平成29年度 埼玉支部 通常総会の議事録を掲載しました。

 Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会/通常総会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 埼玉支部 通常総会議事録

  ※尚、「埼玉支部 通常総会議事録」を参照するには、「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成29年度 第1回 支部委員会報告 (4月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 4月度議事録 

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 

         平成29年度四季の山・春山ご案内

     表日光連山・女峰山~大真名子山縦走 グレード☆☆

 

修験道の名残を残す、表日光連山の女峰山、帝釈山、小真名子山、大真名子山を縦走します。アップダウンが激しく、険しいヤセ尾根や鎖場があるハードなコースですが、足運びに注意すればそれほど危険ではなく、充実した山行が楽しめます。
 尚、帝釈山からの下りの樹林帯は、例年6月まで残雪が有りますので、軽アイゼン、ストックを持参ください。 

1.日程   平成29年5月20日(土)~21日(日)

2.目的の山 女峰山2483m、帝釈山2455m、小真名子山2323m、大真名子山2375m

3.交通   乗用車分乗(集合:東武日光駅9時20分)

4.行程

  5月20日(土)9:20東武日光駅―10:00光徳・梵字飯場跡P―12:00志津乗越―13:20馬立―15:40唐沢避難小屋(泊)

  5月21日(日)5:30出発―6:10女峰山―帝釈山―8:00富士見峠―子真名子山―10:40大真名子山―12:30志津乗越―14:00梵字飯場
  跡P―清滝・やしおの湯―東武日光駅16時半頃解散予定

5.宿泊

  唐沢避難小屋(24人収容) 無人小屋 トイレ無し 水場往復約20分

6.装備・食料

  個人装備:寝袋、マット、食器一式、水汲み用水筒(2L以上)、軽アイゼン、ストック、テルモス、通常の春山装備、昼食(2食分)、非常食

  共同装備:コッヘル、ガスコンロ、ガス・カートリッジ(中1個)、ツエルト、トランシーバ、ロープ、医薬品、唐沢小屋の夕 
  食・朝食用食料

7.費用   1000円予定(唐沢小屋の食料代)+ガソリン代

8.募集人員 8名

9.担当・申込先  山行委員会 菊池武昭  takeaki-kiku@hb.tp1.jp           090-6319-7602 

*参加申込締切は、5月7日(日)まで。

                                  以上

社会貢献委員会 平成29年度「第7回 ふれあい登山」報告

 

7回目となった障がい者との「ふれあい登山」は、天覧山と多峯主(とうのす)山に登りました。

                    記

1.目的地  天覧山、多峯主山

2.活動報告

平成29年4月9日(日)、一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会との共同主催事業として、ふれあ

い登山を実施しました。

桜は見頃となっていましたが、この日は厚い雲に覆われ、時折小雨の降る中での登山になりました。

滑り易い足元に気を付けながらの一日でしたが、怪我や体調不良もなく、和やかな雰囲気のなかで

春の山歩きを楽しむことができました。

参加者は91名。障がい者(25人)付添(26人)JAC(31人)、スポーツ協会(1人)その他(8人)

最年少は8歳、最高齢は82歳。

170409_fureai.jpg

 

170409_fureai_yama292.JPG   170409_fureai_yama293.JPG   170409_fureai_yama294.JPG

170409_fureai_yama295.JPG   170409_fureai_yama296.JPG   170409_fureai_yama297.JPG

170409_fureai_yama298.JPG               <社会貢献委員会 H.O>


                                                               
    第3回高尾グリーンセンター森づくり体験研修会案内

                                  自然保護委員会


日時:平成29年4月29日(祝日)~30日(日曜日) 1泊2日
集合場所時間:京王・高尾山口駅―正面広場左側-駐車場9:30集合
       マイカー叉はタクシー相乗りで高尾グリーンセンターへ移動


体験研修場所:高尾グリーンセンター周囲の高尾山梅ノ木平国有林  http://takao-greenc.main.jp/
       東京都八王子市南淺川町2905-4
体験研修内容:間伐、除伐、林床整備、歩道開削、その他&自然観察会
宿泊:    高尾グリーンセンター


料金:宿泊3,300円(行事保険料を含む)
   食費2,700円位(29日夕食、30日朝食、30日弁当を自炊、ご協力ください)
   合計6,000円位、酒類持ち込み歓迎します(程ほどの量で結構です)


装備及び研修作業
ヘルメット、作業用具など器材一式は、高尾グリーンセンターから提供。
研修は、高尾グリーン倶楽部の指導のもと行われ、森づくりのスキルアップが体験できます。
身支度は、作業ができる長袖の服、長ズボン、靴は登山靴又は野外作業用長靴を着用。
雨天決行(大雨除く)雨具持参


募集人員:20名、締切日―4月22日、申込みは下記にお願いします
担当:朝日守・小池鉄男
問い合わせ・参加申込先:朝日守 m-asahi@cube.ocn.ne.jp 090-1524-2284


スケジュール予定
29日(土)

  10:00オリエンテーション・安全指導など 10:30~除伐作業
  12:00昼食 13:00~間伐作業 17:00~夕食‐屋外バーべーキュー


30日(日)

   8:00朝食 9:00~林道整備 草刈り、山径づくり
  11:00~自然観察(センター→榎窪川→榎窪山→南高尾山稜→草戸山→
  12:00昼食→下山は西尾根経由で→14:00センター下山
  15:00 グリーンセンターにて解散

安全登山委員会では、6月3日(土)飯能にて「ハイキングレスキュー」講習会を開催します。当日は座学や山中での実践学習を予定しています。是非ご参加を!!!

申込はこちらからどうぞ・・・anzen-17,6,3-kousyukai.pdf

去る1月21日に開催されました、安全登山講演会は、多くの方々に参加していただき、

又、「有益であった」等、多数の方々のお声をいただきました。

 

  テーマ『どの山でも登山届をだそう!いざという時にあなたを救う』

      講師:埼玉県警察本部山岳救助隊 副隊長 飯田氏

 

大変、有意義な講演会であったと考えますので、参加できなかった会員にも

共有していただけるよう、当日の講演の様子を公開いたします。

記憶に新しい、H29年1月1日に発生の雁坂峠の事故の詳細も紹介されています。

 

★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。

   「【講演会:動画掲載】平成29年1月21日 安全登山講演会」

                            <安全登山委員会>

平成28年度 支部報 第20号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度 第12回 支部委員会報告 (3月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 3月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

去る2月26日に開催されました、安全登山講習会「テーマ『登山で事故! さあ、どうする!!』」は、

多くの方々の参加をいただき、又、「有益であった」等、多くの方々のお声をいただきました。

大変、有意義な講習会と考えますので、参加できなかった会員にも共有いただけるよう、

当日の講習会の様子を公開いたします。

★ 「会員ページ」にログインし、「【講習会動画掲載】平成29年2月26日 安全登山講習会」から視聴を

お願い致します。      <安全登山委員会>

「登山で事故! さあ どうする!!」の講習会の報告

記事はこちらからーanzen-17,2,26-kousyukai.pdf

        

sanko-20170416katakuri-gifutyo.jpg

平成29年度 総会記念山行のご案内

大峰山1254.4mと吾妻耶山1341m    グレード☆

恒例の総会翌日の記念山行です。今年は群馬県に足を延ばして残雪の谷川岳のビューポイントである、カタクリ咲く大峰山と吾妻耶山を登ります。関越道から左側にいつも眺めている山ですが登った方は少ないでしょう。群馬県では古くから登られている人気のある信仰の山です。山麓の桜と純白の谷川岳のコントラストを楽しみましょう。貸切バスで帰路には温泉も。奮ってご参加ください。

 

1.日程     平成29年4月16日(日)日帰り

2.目的の山   大峰山1254.4m、吾妻耶山1341m

3.交通     貸切バス(集合:大宮シーノ前・7時、若葉駅西口・8時)

4.行程     若葉駅=(関越道・月夜野IC)=10:00登山口―大峰沼―
         大峰山―12:00吾妻耶山―14:00ノルン水上スキー場駐車場=
         上牧温泉入浴=(関越道経由)各地解散18時頃予定
         (歩程4時間程度)

5.費用     5,000円予定(貸切バス代)

6.装備     春の日帰り山行装備、昼食、行動食

         共同装備:ツェルト、トランシーバー、ロープ、医薬品

7.募集人員   30名

8.担当・申込先 山行委員長 高橋 努   tom-tak@bk9.so-net.ne.jp
                                                      090-2906-4356

 *参加申込締切は、4月5日(水)  
バス予約のため早めに申し込みください。バス乗車場所をお知らせください。

 

                                                                                       平成29年3月1日

                            JAC埼玉支部各位

                      自然保護委員長 高嶋徳紘

                                 第3回高尾グリーンセンター森づくり体験研修会案内

 

日時-平成29年4月29日(祝日)~30日(日曜日) 1泊2日

集合場所時間―京王・高尾山口駅―正面広場左側-駐車場9:30集合

     マイカー叉はタクシー相乗りで高尾グリーンセンターへ移動

体験研修場所高尾グリーンセンター周囲の高尾山梅ノ木平国有林

   http://takao-greenc.main.jp/      東京都八王子市南淺川町2905-4

体験研修内容―間伐、除伐、林床整備、歩道開削、その他&自然観察会

宿泊―高尾グリーンセンター

料金―宿泊3,300円(行事保険料を含む) 

            食費ー2,700円位(29日夕食、30日朝食、30日弁当を自炊)  

    合計6,000円位酒類持ち込み歓迎します(程ほどの量で結構です)

装備及び研修作業

 ヘルメット、作業用具、チェーンソーなどの器材一式は、高尾グリーンセンターから提供

作業は、高尾グリーン倶楽部の指導のもと行われ、森づくりのスキルアップを体験できます

身支度は、作業ができる長袖の服、長ズボン、靴は登山靴又は野外作業用長靴を着用

雨天決行(大雨除く)雨具持参

募集人員―20名、締切日―4月15日、申込みは下記にお願いします

担当―朝日守・小池鉄男  

問い合わせ・参加申込先―朝日守 m-asahi@cube.ocn.ne.jp 090-1524-2284

スケジュール予定

29日―10:00オリエンテーション・安全指導など 10:30~除伐作業 

    12:00昼食 13:00~間伐作業 17:00~夕食‐屋外バーべーキュー

30日8:00朝食 9:00~林道整備 草刈り、山径づくり

     11:00~自然観察(センター→榎窪川→榎窪山→南高尾山稜→草戸山→

    12:00昼食→下山は西尾根経由で→14:00センター下山)

     15:00グリーンセンターにて解散

                                         以上

 

平成29年度支部通常総会の開催について(お知らせ)

 

 向春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は、支部活動へのご参加、運営へのご協力をいただき、ありがとうございます。

 平成28年度は支部設立7周年記念事業としての海外登山の実施や「山の日」制定記念事業への参画など、各種事業を多くの会員のご協力・ご参加のもとに実施することができました。平成29年度は、さらに多くの会員が連携し、より積極的な支部活動へ繋げていきたいと思っております。

 つきましては、下記のとおり平成29年度通常総会を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

なお、総会後に懇親会を開催しますので、多くの会員のご参加をお待ちしております。

1 期日 平成29年4月15日(土)13時30分~15時

2 場所 埼玉会館 4階  A会議室

     〒330-0063  埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4(京浜東北線 浦和駅下車 西口を県庁方面へ徒歩6分)

3 議題 

(1)議事

  1)平成28年度事業報告(案)及び決算報告(案)について

  2)支部役員(案)について

  3)平成29年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

  4)支部規約の改正について

(2)報告事項等

  1)埼玉支部会友制度について

  2)新入会員増加策について

4 その他

  1)出欠席については出欠表(裏面支部会員アンケート)にて、4月2日(日)までにご返信ください。

   欠席の方は、必ず委任事項をご記入の上、ご返信ください。(出席予定者も念のためご記入ください)

  2)当日、平成29年度支部年会費2、000円を、会友年会費3、000円を申し受けます。

5 懇親会のご案内 

  1) 時 間 16時 ~17時30分

  2) 場 所 埼玉会館内2階「パーティルーム」

  3) 会 費 4、000円

  4) 内 容 新入会員紹介、各委員会メンバー紹介、会員活動紹介など。

6、記念山行

  実施日 4月16日(日) 大峰山-吾妻耶山  ※4月9日(日)は、ふれあい登山を実施。

  *詳細は別途お知らせします。

7、連絡先

  総会・懇親会共:埼玉支部事務局長古川迄。電話090-3219-0860  e-mail:f8008pk@rock.odn.ne.jp

   ※H29年度通常総会案内 → pdfダウンロード

 平成29年2月11日~12日四季の山・冬山で霧ヶ峰車山と蓼科山を楽しみました。
報告書はこちら → sanko170211tateshina.pdf

平成28年度 第11回 支部委員会報告 (2月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 2月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

登る方はそろそろかな?でも下る方はまだまだ!!


“若い時したよ“”今もしているよ“”etc

 

「全員集合」

 

集合日:平成29年3月8日(水)


集合場所:奥利根「丸沼高原スキー場」
 

集合締切り:平成29年2月28日(火)


集合連絡先:会長古川史典・東・高嶋・小島


集合場所への交通機関:自家用車に相乗り

 

古川mail:  f8008pk@rock.odn.ne.jp  電話:090-3219-0860
上記3氏も連絡待ってます。お気軽に連絡ください。

リーフレット

 

一緒に滑ろー。待ってるよ!!

skiing.jpg

※入会の手続きは簡単「入るよ」「いくよ」etcと上の4名に声をかけて下さい。会費0円
平成29年1月14日

 

    平成29年度ふれあい登山 実施概要 → リーフレット
     
1 目 的   障がいのある人にとって、山の登り方やマナーを学びながら、山の楽しさや自然の素晴らしさを体験するとともに、日常的なスポーツ活動の充実を図ることを目的とする。
    山岳会会員においては、障がい者との登山をとおして交流を深め、広く障がい者の理解を図ることを目的とする。
     
2 主 催   公益社団法人 日本山岳会埼玉支部
    一般社団法人 埼玉県障害者スポーツ協会
     
3 日 時   平成29年4月9日(日)荒天中止
     
4 目的地   天覧山(てんらんざん)標高 376m
    多峯主山(とうのすやま)標高 195m、吾妻渓谷
     
5 日 程   東飯能駅9時40分集合、受付をすませ班別で出発。
    天覧山中段にて開始式。
    天覧山頂を経て多峯主山で昼食~永田大杉バス停~ドレミ橋一吾妻渓谷~飯能河原-(終了式)。
    終了式後は~東飯能駅、飯能駅行きに分かれ移動し16時頃各駅で解散。
    <歩行時間4時間(ゆっくりペース。休憩含まず)、歩行距離 約10.2km>
     
6 対象者   ①山道の登り降りが可能な障がい者及びその家族。
    ②日本山岳会埼玉支部会員
     
7 募集人数    40人 (日本山岳会会員を除く〉
     
8 参加費   一人300円(保険料を含む)を当日徴収する。山岳会は除く。
     
9 申込先   ●障がい者は、一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会 宛
     FAX:048-822-1121    申し込み用紙ダウンロード → 帳票
    締切:平成29年3月16日(木)
     
    ●山岳会関係者は、日本山岳会埼玉支部 社会貢献委員会 大久保春美 宛
    e-mail:yqb00247@nifty.com    FAX:049-253-1392   申し込み用紙ダウンロード → 帳票
    締切:平成29年3月21日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 登山で事故! さあ どうする!!

                                日本山岳会埼玉支部安全登山委員会 主催 
                                埼玉県山岳連盟 後援


登山パーティーが山で事故に遭遇することは登山には避けて通れないことです。自分たちのパーティーのメンバーが負傷した! 登山道で遭難しかかっている登山者に出会った! そんな時どうするか。現場で実施できるセルフレスキューを学び修得しましょう。会員外でも参加できます。 

 

  • 日時  2017年2月26日(日)9:30~16:30 (9:00受付開始)
        午前の部:9:30~12:30  午後の部:13:30~16:30

     
  • 場所  仲町川鍋ビル さいたま市大宮区仲町2-60 JR大宮駅東口徒歩5分(地図参照)
     
  • 講師  午前の部:悳 秀彦(MFAインストラクター・トレーナー、日山協遭難対策委員)
          午後の部:渡邉 浩(日本赤十字社救急法指導員、日本体育協会山岳スポーツ指導者)

     
  • 研修内容
    ケーススタディー:8月下旬、○○山岳会8名パーティー(男性5名、女性3名)が2000m級の縦走登山中にアクシデントに遭遇した。さあ、どう対処するか。

     

(1)午前の部のケース:
パーティーの中ほどを歩いていた60歳男性が岩に躓き、登山道左側の斜面に転落(傾斜20度程度の藪)、3回転ほどして7m下で停止した。姿は見えており更なる転落の危険はない。あと1時間ほどで宿泊予定の山小屋である。さあ、どうする。

 

(2)午後の部のケース:
縦走中、間もなく山小屋という地点で倒れている単独行の高齢男性に遭遇した。片手で胸を抑えて苦しそうだ。メンバーは、救急法講習は受講しているが、テント、ツェルトは持っていない。さあ、どうする。

 

定員   30名 (どなたでも参加できますが、できるだけ事前に「山のファーストエイド」(悳 秀彦著・山と渓谷社)および日本赤十字社の動画サイトを閲覧しておいてください。
動画サイトはこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=J6FVMA45MQA

  定員になり次第締切ますのでお早めに申込ください。(ご参加者には詳細ご案内します)

  参加費(資料代) 500円

  申込先  日本山岳会埼玉支部 安全登山委員 宮川美知子 (2月10日締切)
        miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp   tel:090-2648-1947
        締切2月10日(申込の際に救急講習経験の有無をお知らせください


大宮駅東口からの案内図です

大宮駅東口からの案内図です

詳細図です

 

NPOさいたま森林サポートクラブとのコラボレーションによる、

下記の事業が実施されましたので報告致します

実施日時   :平成29年1月22日(日)8時15分集合30分開会式~12時
場所  :さいたま緑の博物館 埼玉県入間市宮寺889(集合場所八幡神社)
作業現場 :八幡神社(糀谷八幡湿地)
活動内容 :八幡神社周辺里山の落ち葉かきと集積
  :2~3年後に当地の水田と畑の堆肥として使用
  :懇親昼食 八幡神社自然保護関係者のおもてなし、けんちん汁・おにぎりなどあり
参加者 :JAC埼玉支部  村越・熊谷・朝日3名
  :NPO埼玉森林サポータークラブ  20名
  :三ヶ島小学校 八幡神社自然保護関係者 約20名他

 

170122_moritsukuri_1067.jpg 170122_moritsukuri_1091.jpg 170122_moritsukuri_1070.jpg
170122_moritsukuri_1109.jpg

 日本山岳会埼玉支部の皆さん 

平成28年度3月 月例山行「弓立山426.9m」(日帰り)ご案内  グレード☆

 

源頼朝がここで四方固めの矢を放ったのが山名の由来と言われています。尾根道の途中、男鹿岩から東側が開けて、都幾川の街並みの展望が良く、さらに山頂は開けて眺望が素晴らしい。三角点があり、新宿の高層ビル群やスカイツリーを眺めることができる。
帰路の春の越生(おごせ)は梅の季節。里山の春をこの機会に楽しみませんか。

 

1.日 程   平成29年3月5日(日) 日帰り
 

2.集 合   9:30 明覚駅(JR八高線)
※八高線は便数が少ないので、注意をしてください。
寄居方面からは明覚駅9:06着、 高麗川方面からは明覚駅9:27着となります。


 3.行 程   
9:40出発―10:00本田橋―10:30別所橋―10:50保育園脇登山道入口―11:20男鹿岩―11:40弓立山山頂(昼食)―13:00大附―13:40越生梅林―14:40越生駅(解散)    *途中、越生の梅林に越生駅行きのバス停留所があります。 

4.持参物    通常の山行装備、昼食、行動食等
 

5.共同装備   ツェルト、トランシーバー、ロープ等
 

6.担当     山行委員会 山﨑 保夫
携帯090-1549-1841
Email:and66294@kca.biglobe.ne.jp

 

*参加申込は2月20日まで。記載された時間は予想時間です。 

  

平成 29 年 1月新年山行・懇親会報告

日向山 633 m  ☆・秩父食事処「妙見」


  実施日:平成 29 年 1月 14 日(土)


  参加者:松本敏夫、古川 史典、石塚昌孝、宮川美知子、東洋子、朝日守、川村利子、右川清夫、岡村美邦、鴨志田準司、

      加藤満、花崎千恵、村越百合子、遠藤俊博、青木正、菊池武昭、岩城スミ、米山英三、宮崎稔、湯村光典、

      竹内タミ子、冨田容子、荒井真二、森田勉、 稲越洋一、高嶋徳広、中村直樹、高橋努 以上 28 名

  
  報告:平成 29 年 1月 14 日(土)に支部の新年山行と懇親会を実施した。

    新年山行は 、西武秩父線芦ヶ久保駅 10 時 15 分に集合し、横瀬の日向山(633 m)に登った。

    1月8日から9日にかけて降雪があり足元が危ぶまれたが、 南斜面の登山道で歩きやすく、28 名の参加者は、

     駅から源寿院ー大観音-琴平神社、鹿よけの入り口を入り、階段を上っていくと、雪のベールに包まれた

    武甲山を仰ぎ感嘆の声上げていた。山頂で昼食とり、寒風の中早々に下山した。

    その後移動し、秩父神社で一年の安全登山祈願を受け、懇親会会場「妙見」にて、冷えた体を熱燗で温めながら、

    各委員会の新年度抱負と参加者からひと言をいただき、 和やかな懇親会となった。

   報告書 → pdf版

konsinsanko-20170114z152.jpg
秩父 日向山 山頂

平成28年度 第10回 支部委員会報告 (1月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 1月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

安全登山委員会では、2月に悳講師と渡邉講師による「登山で事故!さあどうする」のテーマで、実践的な講習会を企画しています。役に立ちます。ぜひご参加をお待ちしています。

詳細はこちら→anzen-170226koushukai.pdf

平成28年度 第9回 支部委員会報告 (12月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 12月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 平成28年度四季の山・冬山

霧ヶ峰と蓼科山  グレード☆☆☆
(平川会員・ガイド資格者同行)

霧ヶ峰や蓼科山は夏には林間学校のメッカになるような素晴しい高原ですが、厳冬期には雪量は多くないものの、風雪の厳しさでは有数の山です。平川会員(ガイド資格者)から冬山の気候や風雪対策などを学びながら、純白の世界を楽しみましょう。 

  1. 日程    平成29年2月11日(土)~12日(日)
  2. 目的の山  霧ヶ峰・車山1925m、蓼科山2530.3m
  3. 交通    乗用車分乗(集合:北本駅7時、若葉駅7時30分)
     
  4. 行程
    1日目・2月11日(土)若葉駅=(圏央道、中央高速道経由)=諏訪IC=11:00霧ヶ峰・沢渡(ヒュッテジャヴェル)―車山近辺登山―ヒュッテジャヴェル(宿泊)
    2日目・2月12日(日)ヒュッテジャヴェル=蓼科牧場―(ゴンドラ)―8:307合目下―12:00蓼科山荘―13:00蓼科山頂―15:00ゴンドラー蓼科牧場=帰路―19時頃解散予定(積雪の状況などで女神茶屋コースを登るかもしれません)
      
  5. 宿泊    ヒュッテジャヴェル(Tel:0266-58-5205)
            オーナーは日本山岳会会員の高橋保夫さん(元第14次南極地域観測隊員)
            ホームページをご覧ください→http://javelle-kirigamine.com/
  6. 費用    15,000円予定
  7. 装備    参加者には追って装備リストをご連絡します。
          (登山用スノーシューはネットでレンタル可能です)
          共同装備:ツェルト、ロープ、トランシーバー、医薬品
     
  8. 募集人数  10名
  9. 担当・申込先  山行委員会・高橋 努  tom-tak@bk9.so-net.ne.jp
                                                     090-2906-4356

    *参加申し込みは1月20日まで。集合場所をお知らせください。
     乗用車は参加者決定後に個別にお願いをいたします。

 

以上

平成28年12月10日~11日に開催された忘年山行・懇親会の報告です。

sanko161210bounenhokoku.pdf

 

                                                                                           平成28年12月13日

日本山岳会埼玉支部各位

                                                                 自然保護委員会 委員長 高嶋徳紘

 自然保護委員会28年度第3回森づくり活動は、

NPOさいたま森林サポートクラブ との コラボレーションにより、

下記の内容で開催しますので,ご参加下さい。

なお、午後からは恒例の自然観察会を行います。

 ◇日時 平成29年1月22日(日)8時集合

 ◇場所 さいたま緑の博物館

      埼玉県入間市宮寺889-1 http://saitama-midorinomori.jp

 ◇作業場所―八幡神社(さいたま緑の博物館集合しだい車輌で移動)

 ◇活動内容―八幡神社敷地の落ち葉かきと集積

      2~3年後には周囲の農地で堆肥として使われます

 ◇道具及び装備 

      熊手などはクラブから貸与されますが、軍手・マスクを用意ください

      ヘルメット(クラブから貸与可)

 ◇担当者及び参加申し込み

      担当 朝日守  自然観察会 村越百合子

      参加申し込み 朝日まで m-asahi@cube.ocn.ne.jp

      申込み期限 1月9日(月)

  ※自然観察会(午後)―緑の森博物館周辺

 

 15125-shizen-moridukuri-01.jpg 15125-shizen-moridukuri-02.jpg

        前回の写真                          記念集合写真

※クリックすると拡大表示します

       

  第6回シンポジウム-埼玉の自然を知ろう

 ◇主催:公益社団法人日本山岳会埼玉支部 自然保護委員会

 ◇日時:平成29年1月19日(木)受付 18.00~21.00

 ◇場所:浦和駅東口前パルコ10階 第8集会室 (聴講無料)

 

 自然保護委員会H28年度の活動報告会

   進行担当:龍 久仁人   報告者・来賓紹介、他         

   次第:自然保護委員長挨拶   高嶋徳紘

   テーマ①:高尾GC登山道&森造り   報告者:小池鉄男 (10分)

        森づくりの1年    報告者:朝日 守 (10分)

   テーマ②:山地・丘陵地帯におけるシカ(野生獣)食害をどう捉えるか?

                   報告者:鴨志田隼司 (30分)

   テーマ③:玉原のブナ林・湿原観察会 報告者:多田 稔 (10分)

   テーマ④:「大高取山の自然から学ぶこと」報告者:高嶋徳紘 (30分)

         --- 質疑応答   (30分) ---

 

                     埼玉支部自然保護委員会 事務局

                     338-0001さいたま市中央区上落合4-3-4

                     ☎048-859-1331fax048-859-500

                       paramitayam.t.t@gmail.com

平成28 年11 月27 日第4 回大高取山自然観察会実施報告


 ◇開催日:平成28 年11 月27 日・開催場所-越生町大高取山・開催集合場所- 法恩寺境内
 ◇主催:公益社団法人日本山岳会埼玉支部・後援:越生町教育委員会
 ◇受付開始及び集合時間:受付開始8 時30 分・集合時間午前9 時
 ◇開会式 支部長-松本敏夫・越生町教育委員会-生涯学習課-課長石川久明・救護班医師-金子宏紹介
              実行委員長 自然保護委員会-委員長高嶋徳紘
 ◇ラジオ体操 朝日守・金子典子(越生町ラジオ体操会-公認指導員)
 

【班編成】
 1班(地学班)2班 (植物班)3 班(史学班4班(植物班)5班(植物班)6班(進行班-行程&タイム)

【行程】
 法恩寺出発(9 時30 分)高取城跡(10 時15 分)西山高取分岐経由 白岩様(11 時5 分)
 幕岩(11 時35 分)稜線経由 大高取山山頂(12 時10 分着、昼食・集合写真、12 時50 分発)桂木観音(13 時
 20 分、トイレ&ゆず園20 分間)虚空蔵様(14 時10 分)法恩寺(14 時40 分)15 時着


【観察会のポイント】
・地学班-八王子断層・越生断層・伏在断層・クリッペ・堆積岩・変成岩など)
    関東山地東縁(河岸段丘)~丘陵地形~洪積台地~沖積平野など。


・植物班-越生神社のイヌシデ・サカキ、ヒサカキ比較・里山の草木本・スダジイ・ アリドウシ・モミノキ・フ
   ユイチゴ・ウラジロ・タブノキ。コシダ・ジユウガツサクラなど)越生神社(オオハナワラビ)と(アカ
   ハナワラビ)暖地性植物がこの地に多いのかを勉強しましょう。ユズの商業産地桂木地区は毛呂山町


・史学班-法恩寺・越生神社・桂木観音・虚空蔵尊)越生一族や行基のことなど。
   修験道に因む子ノ権現のことや、お寺には、水脈が必ずあるのは、何故など?

161119-shizen-ootatori-01.jpg

 ※ 画像をクリックすると拡大表示します
 

2017年1月21日(土)に、今年も恒例の埼玉県警山岳救助隊員の講演会が開催されます。

登山者の様々な動向を知ることにより、今後の安全登山に備えましょう。

なお、この講習会はどなたでも参加できます。

詳細・申込はこちらーanzen-170121-kouenkai.pdf

平成28年度 第8回 支部委員会報告 (11月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 11月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度 支部報 第19号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

埼玉支部の皆様

今年も残り少なくなりました。恒例の新年山行と新年懇親会のご案内をいたします。
日時:平成29年1月14日(土)日帰り
場所:西武秩父線芦ヶ久保駅から日向山ハイキング

新年懇親会:秩父神社にて安全登山祈願の後、食事処「妙見」にて
参加費:5400円

申込は、宮川美知子 miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp  090-2648-1947

案内詳細は こちら→ sanko-170114sinnen.pdf

   JAC埼玉支部各位

                 JAC埼玉支部長松本敏夫

 毎年の恒例となりました、大高取山自然観察会は今年で4回目となります。

下記の内容で案内致しますので、各位の参加をお待ちしております。

・ 日時-平成28年11月27日(日)午前9時集合(担当者は8時30分)

・集合場所-東武越生線/JR八高線 越生駅徒歩1分「法恩寺境内」

・目的地-関東山地東側にある越生町中央の大高取山(頂上三等三角点標高376.4M)

・観察の目的

   地層逆転の現地を確認します

   暖温帯性植物や絶滅危惧種、珍味な実などを観察します

   法恩寺・越生神社・桂木観音・虚空蔵尊などの由来を学びます

・15時迄に法恩寺に戻ります

・その他-帰り道、ゆず園に立ち寄ります

※主催 公益社団法人日本山岳会埼玉支部

※後援 越生町教育委員会

・参加申し込み

 埼玉支部自然保護委員会

 委員長 高嶋徳紘 paramitayam.t.t@gmail.com 

 tel048-859-1331 fax048-859-5001

・詳細は下記チラシを参照下さい。

   shizen-20161127-kansatsukai-01.pdf

恒例の埼玉支部忘年山行と忘年懇親会のご案内です。

日程:12月10日(土)~11日(日)
場所:両詰山、猪狩山
交通:貸切バス
宿泊:両神荘
費用:16000円

詳細案内はこちら → sanko-161210bounen.pdf

28年10月16日(日)平川会員(ガイド資格)の指導の下、秩父浦山川・細久保谷左俣にて沢登り山行にチャレンジしました。
好天に恵まれ、快適な遡行を楽しみ、最後は25mのグミノ滝に歓声を上げました。

山行報告はこちら → sanko-161016sawanoborihokoku.docx

PA161206.JPG  PA161211.JPG
いざ、フル装備で入渓                 水量も豊富で醍醐味もあるぞ

PA161215.JPG PA161216.JPG
5mの滝を直登、しぶきがはねる            終了点にかかるグミノ滝25m

平成28年度 第7回 支部委員会報告 (10月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  10月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

日本山岳会・埼玉支部 創立7周年記念海外登山「台湾 七星山と玉山を登る」または「七星山と阿里山観光」報告

平成28年10月2日~8日、標記の海外登山「台湾 七星山と玉山を登る」または「七星山と阿里山観光」が実施されました。当初予定の雪山及び玉山登山は台風の影響により登山中止となったため、代替として七星山(標高1,120m)、基隆山(標高587m)、鹿林山(標高2,845m)及び麟趾山(標高2,854m)登山に変更になりました。

詳細は次の報告書を確認ください。 sankou-20161002-08-taiwan-houkoku.docx

sankou-20161002-08-taiwan-01.jpg     sankou-20161002-08-taiwan-02.jpg    sankou-20161002-08-taiwan-03.jpgのサムネール画像

   出発前の成田空港にて          台湾・桃園空港              七星山・小油坑登山口

    sankou-20161002-08-taiwan-04.jpg   sankou-20161002-08-taiwan-05.jpg     sankou-20161002-08-taiwan-06.jpg  

      七星山へ                七星山登山道               七星山・一等三角点

 

sankou-20161002-08-taiwan-07.jpg     sankou-20161002-08-taiwan-08.jpg      sankou-20161002-08-taiwan-09.jpgのサムネール画像

   七星山山頂にて             七星山の下り・台湾リス          地下鉄・西門駅 

 

sankou-20161002-08-taiwan-10.jpgのサムネール画像    sankou-20161002-08-taiwan-11.jpg    sankou-20161002-08-taiwan-12.jpg

   士林(夜市)                  基隆山                 基隆山山頂にて

 

sankou-20161002-08-taiwan-13.jpg     sankou-20161002-08-taiwan-14.jpg    sankou-20161002-08-taiwan-15.jpg

   基隆山登山道                阿里山散策               阿里山散策・神木

 

sankou-20161002-08-taiwan-16.jpg    sankou-20161002-08-taiwan-17.jpg    sankou-20161002-08-taiwan-18.jpg   

  鹿林山への登山道              鹿林山頂              麟趾山山頂にて

 

sankou-20161002-08-taiwan-19.jpg

  玉山登山口                                                                                                                                                                 TM

 

予定していた9月計画が悪天のため中止延期となりました。改めてご案内し参加募集します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平川会員と沢を登ろう

浦山川・細久保谷・左俣   グレード☆☆☆

 埼玉の山は沢登りのメッカでもあります。緑が濃く、水量も豊かで、様々なレベルの沢筋がたくさんあります。チャレンジしないのはもったいないというものです。そこで初の試みとして平川会員(認定ガイド)に指導をお願いし、まずは初級コースの沢登りを計画
しました。初めての沢登りにチャレンジしたい方、久しぶりに水と戯れてみたい方など、この機会に是非ご参加ください。

 1.日程   10月16日(日)  日帰り

2.場所   秩父・浦山川・細久保谷・左俣ルート


この渓流コースは、初級向きで、明るく開けた穏やかな沢です。滝の登攀は3級下で、基本的にはロープは使いません。沢を詰めると三ッドッケの稜線に出られますが、時間がかかるため上部のグミノ滝を終了点とし下山します。出発点や要所で平川会員からレクチャーをしていただきながら遡行します。

3.集合   乗用車分乗にて  7:00北本駅東口  7:30若葉駅西口  8:00飯能駅北口 (予定)

4.行程   集合場所出発―秩父・浦山大日堂経由―細久保橋 
        9:30入渓点出発―        12:00グミノ滝・終了点(昼食)-13:00下山開始―14:30細久保橋―帰路

5.装備   日帰り山行装備+渓流シューズ(フェルトソール)、渓流ソックス、渓流スパッツ(あれば)、ヘルメット、ハーネ
       ス、カラビナ、スリング


*参加者には、追って平川会員作成の装備リストをお送りします。装備購入に関して疑問の点は平川会員にお問い合わせください。
 

6.共同装備 ロープ、ツェルト、トランシーバー

7.申込先  山行委員会 高橋 努
090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp


参加申込は10月10日まで。集合場所をお知らせください。

乗用車は参加者決定後に個別に依頼します。

以上

平成28年度 第6回 支部委員会報告 (9月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 9月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度南関東ブロック三支部合同懇親山行のお知らせ及び参加依頼

南関東ブロック三支部合同懇親山行(東京多摩支部・神奈川支部・埼玉支部)が御嶽山の御師集落にある「山楽荘」を貸切り、神崎忠男氏の講演を中心に開催し、翌日は大岳山に登ります。神奈川支部が今年3月末に発足し、初めての三支部合同懇親登山になりますので、新たな山仲間と出会えるチャンスです。

下記添付の案内をご参照頂き、多くの会員の皆様の参加をお願いいたします。

 kouhou-20160911-sanshibukonsinsankou-01.pdf

申し込み先は埼玉支部の古川事務局長宛にお願いいたします。                              TM

埼玉支部9月度月例山行 横隈山山行報告

平成28年9月4日(日)、秩父鉄道・野上駅(8:52)を参加者9名で出発し、埼玉長瀞ゴルフ倶楽部の入口から出牛峠を経て、平沢・横隈山登山口より平沢峠経由で、御岳信仰の石碑が立ち並ぶ横隈山の一角に登り、横隈山山頂(12:00)に達した。帰路は平沢峠から住居野峠に下り、更木バス停から皆野町営バスを利用して皆野駅(15:00)に戻りました。   

sanko-20160904-yokogai-01.jpgのサムネール画像      sanko-20160904-yokogai-02.jpg                    

    出牛峠への上り道                       出牛峠

 

sanko-20160904-yokogai-03.jpg      sanko-20160904-yokogai-04.jpgのサムネール画像  

  出牛・西福寺                           平沢・横隈山登山口

 

sanko-20160904-yokogai-05.jpg             sanko-20160904-yokogai-06.jpg

        平沢峠にて                        横隈山山頂

 

sanko-20160904-yokogai-07 .jpg      sanko-20160904-yokogai-08.jpg

        横隈山山頂にて                           横隈山山頂にて

 

sanko-20160904-yokogai-09.jpg

     更木バス停

台風の影響か早朝より雨が降ったり止んだりの状況でしたが、秩父鉄道・野上駅についた頃にはすっかり雨も止んでいました。強力な晴れ男又は晴れ女が参加していたようです。どんよりとした曇り空のため、眺望は望めませんでしたが、真夏の太陽に照らされることなく山行ができました。                                             TM

白根御池小屋管理人の高妻潤一郎氏の話を聞く会を開催します。

どなたでもご参加できます。

案内と申込はこちらまで――anzen-161207-kouenkai.pdf

 

 

10月諏訪山1549m山行のご案内

グレード☆☆

 

10月は紅葉の始まりの西上州・諏訪山です。地味な山ですが300名山に名を連ね、隠れた人気の山です。静かな趣のある山行になると思います。帰路には浜平温泉しおじの湯で汗を流します。

 

1.日程    10月1日(土)  日帰り

2.場所    西上州・諏訪山1549m(300名山)

3.集合    乗用車分乗予定  7:00北本駅  7:00若葉駅西口

4.行程    7:00北本駅・若葉駅出発=(関越道)=下仁田IC=9:00諏訪山登山口(浜平コース)
        9:00登山口―10:30湯の沢の頭―12:30諏訪山山頂(昼食)-
        15:30登山口=浜平温泉しおじの湯=18:30頃北本駅・若葉駅にて解散

5.持参物   通常の日帰り山行装備、昼食1回、行動食1日分、

6.共同装備  ツェルト、トランシーバー、ロープ等

7.担当    山行委員会 高橋 努
           電話 090-2906-4356
           Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 

*参加申し込みは9月20日まで。集合場所をお知らせください。

           *参加者には、追って詳細をお知らせします。

                                                     以上

 

平成28年7月29日~31日戸隠キャンプ場にベースキャンプを設営し、北信の山々を楽しみました。快適なキャンプ場で懇親を深めつつ、毎日元気に登山に励みました。夏の信濃を存分に楽しむ夏山でした。

sanko-160729-1.jpg  sanko-160730-1.jpg

初日は飯縄山、お花畑に歓声をあげました            2日目 さあ高妻山へ登ろう。戸隠キャンプ場の朝

sanko-160730-2.jpg  sanko-160730-3.jpg

清流を渡り、ここから急登の始まり                 こんなところを攀じ登り

sanko-160730-4.jpg  sanko-160730-5.jpg

山頂で快哉をあげる。疲れたぁ・・・                 振り返れば高妻山の威容

sanko-160730-6.jpg  sanko-160731-1.jpg

厳しい登山の後の旨いビール、最高!!               3日目 戸隠神社奥社参拝

 

*山行の報告文こちら →  sanko-1607natsuyama.docx 

平成28年度 第5回 支部委員会報告 (8月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 8月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

「山の日」施行記念 秩父夏休み親子キャンプ報告

 日本山岳会埼玉支部は、埼玉県山岳連盟主催の「山の日」施行記念として、平成28年8月11日に武甲山記念登山及び講演会&コンサート、8月13~14日に秩父夏休み親子キャンプを共催致しました。秩父夏休み親子キャンプに参加しましたので、概況を報告いたします。

 「山の日」施行記念秩父親子キャンプは、平成28年8月13(土)~14(日)、岳人の家(旧大滝小学校三峰分校)で開催されました。13日は開会式(13:00)の後、テント設営、夕食(カレーライス)作り、星の観察、花火などを実施。14日はラジオ体操(6:30)、朝食の後、霧藻ヶ峰ハイキング、テント撤収、閉会式(14:30)のスケジュールです。参加者は23家族約60名、スタッフは埼玉岳連・防衛医大山岳部・県立いずみ高校山岳部など、25名の体制で実施されました。参加者の中には、テントは初めての家族もあり設営を協力して楽しみ、ハイキングも未経験と言う小学生低学年を含む親子も元気に霧藻ヶ峰ピストンを歩き通しました。既に絶滅危惧種と思われていた高校及び大学の山岳部員が生き生きと活動に協力している姿を見ていると、将来に明るい希望が感じられる親子キャンプでした。

kouhou-160813.14-01.jpg  kouhou-160813.14-02.jpg  kouhou-160813.14-03.jpg

      岳人の家           テント設営風景               開会式

 

kouhou-160813.14-04.jpg  kouhou-160813.14-05.jpg  kouhou-160813.14-06.jpg

      開会式        蒸かしたサツマイモのプレゼント    カレーの具材である野菜を調理

 

kouhou-160813.14-07.jpg  kouhou-160813.14-08.jpg  kouhou-160813.14-09.jpg

 子供たちによる竈の火の管理など  カレーライスの盛り付けなど      カレーライスの盛り付けなど   

 

kouhou-160813.14-10.jpg  kouhou-160813.14-11.jpg  kouhou-160813.14-12.jpg

  高校生の管理のもと花火      高校生の管理のもと花火          消灯前のテント

kouhou-160813.14-13.jpg  kouhou-160813.14-14.jpg  kouhou-160813.14-15.jpg

     ラジオ体操         三峯神社付近の登山道        霧に囲まれた霧藻ヶ峰への道

 

kouhou-160813.14-16.jpg  kouhou-160813.14-17.jpg  kouhou-160813.14-18.jpg

  霧藻ヶ峰の山小屋前で昼食     霧藻ヶ峰 集合写真        キャンプ場でテント撤収風景

                                              以上 TM

「山の日」施行記念 武甲山記念登山及び講演会&コンサート報告

埼玉県山岳連盟主催、秩父山岳連盟及び日本山岳会埼玉支部共催による国民の祝日「山の日(山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日)」施行記念の武甲山記念登山及び講演会&コンサートが平成28年8月11日に、武甲山表参道及び秩父地場産センターで開催されました。

武甲山記念登山には埼玉支部から2名の会員が参加しましたので、次号の支部報で概要が報告されます。

講演会&コンサートには埼玉支部から役員・スタッフ等を含め14名の会員が参加しました。

詳細は、以下に掲載しました写真を参照下さい。

kouhou-160811-01.jpg      kouhou-160811-02.jpg         kouhou-160811-03.jpg 

 講演会場の埼玉支部会員 その①    講演会場の埼玉支部会員 その②      講演会場の埼玉支部会員 その③

 

kouhou-160811-04.jpg          kouhou-160811-05.jpgのサムネール画像        kouhou-160811-06.jpgのサムネール画像

  埼玉岳連石浦会長の開会挨拶            岩崎元郎講師                   講演中の岩崎元郎講師

  

kouhou-160811-07.jpg           kouhou-160811-08.jpg             kouhou-160811-09.jpg   

 演奏中のバイオリニスト佐原敦子さん         佐原敦子さん挨拶               紹介中の吉田健一講師

 

kouhou-160811-10.jpg             kouhou-160811-11.jpgのサムネール画像    kouhou-160811-12.jpgのサムネール画像

   講演中の吉田健一先生           トレイルランナー奥宮俊祐講師               講演中の奥宮俊祐氏

 

kouhou-160811-13.jpgのサムネール画像

埼玉岳連 田中文男名誉会長 御礼挨拶

講演会&コンサートは埼玉岳連の加藤冨之事務局長の司会で開始され、参加者は百数十名、13時30分に開会し、17時に閉会となった。また、埼玉県警察山岳救助隊の飯田副隊長が出席されました。                                                    

                                                        以上 TM

 

平川会員と沢を登ろう

浦山川・細久保谷・左俣   グレード☆☆☆

 埼玉の山は沢登りのメッカでもあります。緑が濃く、水量も豊かで、様々なレベルの沢筋がたくさんあります。チャレンジしないのはもったいないというものです。そこで初の試みとして平川会員(認定ガイド)に指導をお願いし、まずは初級コースの沢登りを計画
しました。初めての沢登りにチャレンジしたい方、久しぶりに水と戯れてみたい方など、この機会に是非ご参加ください。

 1.日程   9月22日(木・秋分の日)  日帰り

2.場所   秩父・浦山川・細久保谷・左俣ルート


この渓流コースは、初級向きで、明るく開けた穏やかな沢です。滝の登攀は3級下で、基本的にはロープは使いません。沢を詰めると三ッドッケの稜線に出られますが、時間がかかるため上部のグミノ滝を終了点とし下山します。出発点や要所で平川会員からレクチャーをしていただきながら遡行します。

3.集合   乗用車分乗にて  7:00北本駅東口  7:30若葉駅西口  8:00飯能駅北口 (予定)

4.行程   集合場所出発―秩父・浦山大日堂経由―細久保橋 
        9:30入渓点出発―        12:00グミノ滝・終了点(昼食)-13:00下山開始―14:30細久保橋―帰路

5.装備   日帰り山行装備+渓流シューズ(フェルトソール)、渓流ソックス、渓流スパッツ(あれば)、ヘルメット、ハーネ
       ス、カラビナ、スリング


*参加者には、追って平川会員作成の装備リストをお送りします。装備購入に関して疑問の点は平川会員にお問い合わせください。
 

6.共同装備 ロープ、ツェルト、トランシーバー

7.申込先  山行委員会 高橋 努
090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp


参加申込は9月10日まで。集合場所をお知らせください。

乗用車は参加者決定後に個別に依頼します。

以上

平成28年度 第4回 支部委員会報告 (7月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 7月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

埼玉支部9月月例山行 横隈山山行のご案内

      「グレード☆」

日時:平成28年9月4日(日) 日帰り

場所:横隈山(よこがいさん)

集合:秩父鉄道・野上駅 8時40分

コース:野上駅~萬福寺~埼玉長瀞ゴルフ倶楽部入口~出牛峠~いろは橋~平沢・横隈山登山口~

    平沢峠~横隈山山頂~平沢峠~住居野峠~更木バス停(歩行約5時間)、バスで皆野駅

装備:通常の夏山装備

申込み先:山行委員会 松本敏夫

     携帯電話:090-5338-0118

     Email:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

詳細は下記を参照下さい。

sanko-160904-yokogaisan-01.pdf

日本山岳会埼玉支部  7月例会山行 皇海山報告

山行報告書は右記を参照下さい。 sanko-160703-sukaizanhoukoku.pdf

sanko-160703-1.jpg     sanko-160703-2.jpg

 

sanko-160703-3.jpg       sanko-160703-4.jpg

 

sanko-160703-5.jpg       sanko-160703-6.jpg

 

sanko-160703-7.jpg

平成28年度 支部報 第18号を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 広報委員会 → 支部報をご覧ください。

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度公益社団法人日本山岳会埼玉支部支部会費

 再度納入のお願い

 

常日頃埼玉支部活動に、ご協力ご支援いただきありがとうごじます。

支部会費の納入期限は6月30日ですが、まだ、納入されてない会員の皆様、

至急、支部会費の納入をお願いいたします。

詳細は下記の添付資料をご確認ください。

平成28年7月1日会費再納入お願い(HP用)

ご多忙中とは存じますが、宜しくお願いいたします。

 

自然観察会の解説員の研修会を開催します

内容は次の通りです

shizen-kaisetukensyuu-01.pdf

 

 

 

 

 

 

 

shizen-kaihou-01-1.jpg山と清流

 

自然保護思想の啓蒙・啓発

Voice-of-Saitama

 詳しくはこちらをクリックして下さい。

shizen-kaihou-01.pdf

 

平成28年度四季の山・夏山

高妻山、戸隠山、飯縄山3山を登る
グレード☆☆☆

 信州の名山が並ぶ北信濃。広々した戸隠キャンプ場で天幕を張りキャンプを楽しみつつ。修験道の聖地とも言われるこれらの霊峰を登ります。夏山らしい充実した山行を楽しみましょう。 

1.日程   7月29日(金)~31日(日)  2泊3日
2.場所   高妻山(百名山2352.8m)戸隠山(200名山1904m)飯縄山(200名山1917.4m)
3.集合   乗用車分乗にて    7:00北本駅東口   7:30若葉駅西口
4.行程   7月29日(金):乗用車出発=関越道経由=長野IC(合流)=10:30飯縄登山口―13:30飯縄山山頂―
               15:30飯縄登山口=16:00戸隠キャンプ場(泊)          歩程5時間 
       7月30日(土):7:00キャンプ場出発―9:00不動避難小屋―10:00五地蔵岳―12:00高妻山山頂―
               14:00五地蔵岳―16:30戸隠キャンプ場(泊)           歩程9時間
                (戸隠神告げ温泉で入浴)       
       7月31日(日):7:30キャンプ場出発=8:00奥社入口―9:00奥社―11:30戸隠山-14:00奥社入口
               =長野IC経由=若葉・大宮18:00頃解散              歩程5時間半
5.宿泊先  戸隠キャンプ場にてテント泊(広いテントサイトを予約済み)
       http://www.togakusi.com/camp/guide.html
6.持参物  通常の無雪期山行装備、ヘルメット、食器、シュラフ、昼食3回、行動食3日分
       キャンプでの食事は山行委員が準備します。昼食はコンビニで購入できます。
7.共同装備 テント、コッフェル、バーナー、ツェルト、トランシーバー、ロープ等
8.参加費  15,000円予定
9.担当   山行委員会 高橋 努、宮川 美知子
          電話090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

*参加申し込みは7月10日まで。集合場所をお知らせください。

乗用車は参加者決定後に個別にお願いをいたします。
                                          以上

国民の祝日「山の日」施行記念 秩父夏休み親子キャンプのご案内及び参加者募集

 

日本山岳会埼玉支部は、標記の記念事業を埼玉県山岳連盟(主催)と共催で開催することといたしました。

8月13日~14日に、小学生(保護者同伴)以上及びその家族(30組)とともに、秩父市三峰・岳人の家で、

親子キャンプ体験、霧藻ヶ峰ハイキングなどの野外活動体験を実施いたします。

詳細は下記を参照下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

期日:平成28年8月13日(土)~14日(日)「ただし、13日の午後開始、14日の昼頃終了予定」

場所:秩父市三峰 岳人の家

対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)、30家族

内容:親子キャンプ体験(テント場づくり、秩父神社・ビジターセンター見学、夕食づくり、花火遊び・星空観察など)

    霧藻ヶ峰ハイキングなどの野外活動体験

費用:大人8、000円、子供(小・中・高生)4、000円

募集:埼玉県広報誌(彩の国だより)6月号掲載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

埼玉支部会員の皆様には、キャンプやハイキングなどにご協力いただける方を募集致します。

13日のキャンプのみ、または14日のハイキングのみの参加も可能です。

希望者は7月31日までに、下記松本まで連絡をお願いいたします。

申し込み先:日本山岳会埼玉支部 松本敏夫

   TEL  :090-5338-0118

   Email:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

 TELまたはメールで連絡をお願いいたします。

平成28年度 第3回 支部委員会報告 (6月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 →  6月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度公益社団法人日本山岳会埼玉支部 支部会費納入のお知らせ

 

日頃、埼玉支部活動に、ご協力ご支援いただき有難うございます。

平成28年度支部会費の納入は6月30日(木)までに、埼玉支部のゆうちょ銀行宛にお願いいたします。

詳細は下記の添付資料をご確認ください。

平成28年度会費納入のお願い.pdf

国民の祝日「山の日」施行記念 講演会&コンサート・武甲山登山のご案内

    「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」

 

日本山岳会埼玉支部は標記の「山の日」施行記念事業を、埼玉県山岳連盟(主催)と共催で

下記の日程及び会場で実施いたしますのでお知らせいたします。

なお、講演会会場設営・受付などの運営担当者(会場集合時間は10時30分を予定)及び講演会参加者、

武甲山登山参加者を募集致しますので、宜しくお願いいたします。

夏休みなどの行事の多い期間とは思いますが、日程を調整頂き、一般参加者を含め、多くの方の参加を期待しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Ⅰ.講演会&コンサート

  日時;平成28年8月11日(木・祝日) 13時30分~17時

  場所:秩父地場産センター4階大ホール

    1)百名山を楽しく登る               岩崎元郎氏(無名山塾)

  2)ヴァイオリンコンサート          佐原敦子さん

  3)秩父の楽しみ-山・地質・暮らし-   吉田健一氏(秩父ジオパーク推進員)

  4)トレイルランを楽しもう!         奥宮俊祐氏(トレイルランナー) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Ⅱ.武甲山記念登山

  日時:平成28年8月11日(木・祝日)

  1)武甲山登山

    武甲山生川登山口(一の鳥居)6時30分集合 7時登山開始、コース:登山口~御嶽神社~武甲山山頂~生川登山口

  2)トレランセミナー(奥宮氏)

    武甲山で登山と重ならないコースと時間で実施  募集人数:30名 参加費:500円(保険代)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Ⅲ.【参加申し込み方法】(締切日:7月31日)

  募集人数:300名(先着順)

  参加費:無料

  申し込み方法:松本敏夫

     ①TEL:090-5338-0118

     ②Email:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

       下記を提示のうえ、①または②の方法で申し込みください。

   講演会参加者:氏名、電話番号

   登山参加者 :氏名、性別、電話番号、住所、緊急連絡先

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳細は右のチラシを確認ください。 kouhou-160811-chirasi.pdf

安全登山委員会年間スケジュールの日程の変更

1、第12回講習会「心肺蘇生及びAEDによる除細動」について

  日時:平成29年2月26日(日)13:00~16:00

  場所:仲町川鍋ビル8階会議室

  募集:20名(一般参加可申し込み順)

  会場確保の都合で上記の日程となりました。

  

埼玉支部安全登山委員会では、6月4日瀬藤講師を招き4回目の「ハイキングレスキュー講習」を実施した。

講習会の様子をご覧ください➡anzen-160608-haikingresukyu.pdf

平成28年6月5日~6日春山山行として守門岳に登りました。
1日目の山古志地域の見学ツアー、2日目の守門岳縦走登山とも晴天に恵まれ充実した2日間でした。

報告はこちら → sanko-sumondakehokoku160605.docx

 皇海山(すかいさん2143m)は、足尾山地の代表的な山です。「日本百名山」でもあり、山頂には、「渡良瀬川水源碑」があるように、現在でも広範囲の原生林を有し、自然が豊富な数少ない山の一つです。栃木県側からは2日行程の登りにくい山ですが、今回は歩程の短い群馬県沼田側から日帰りで登ります。
この機会に初夏の山を楽しみませんか。

計画詳細はこちら → sanko-sukaisan160703.pdf

 申込先・CL 山行委員会副委員長 山﨑 保夫

             携帯090-1549-1841
             Email:and66294@kca.biglobe.ne.jp

 

平成28年度 第2回 支部委員会報告 (5月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 5月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

5月月例山行・鹿沼岩山岩登り練習・那須岳山行の報告です。

sanko-nasuhokoku16.05.21.docx

平成28年4月17日総会記念山行(釜の沢5峰)の報告です。

sanko-sokaikinenhokoku16.04.17.docx

自然観察会『玉原高原の自然を訪ねる』のご案内

玉原高原を取り巻くブナ林の森は関東一ともいわれております。

1日目は紅葉の玉原高原のブナ林と玉原湿原を散策

2日目は川場村の自然と歴史を巡り、午後は沼田城の見学を予定

 日 時 :平成28年10月22日~23日 集合:沼田駅11:20

 募集人数:20名(先着順)

 宿 泊 :川場温泉「民宿 福寿草」

 主 催 :日本山岳会埼玉支部 自然保護委員会

 担 当 :多田、村越

詳細は下記チラシを確認ください。

shizen-161022-01a.jpg

 残雪と花の山といえば越後です。今回は1年で最も輝く季節に越後の名峰「守門岳」に登ります。カタクリ、白根葵やヒメサユリにも巡り合えるかもしれません。1日目は最も美しい山村と言われる山古志村を訪れ、田植えの終わったばかりの棚田などを見学します。

貸切バス利用で、宿泊は「さいたま市六日町山の家」を利用します。昨秋の浅草岳山行の際に偶然見つけた安価で立派な施設です(既に青木会員に予約をしていただきました)。贅沢な残雪の山旅に是非奮ってご参加ください。 

1.日程    6月5日(日)~6日(月) 1泊2日

2.場所    越後「守門岳」1537.3m

詳細案内はこちら → sanko-160605-sumondake.pdf

一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会と日本山岳会埼玉支部共催の、平成28年度「ふれあい登山」が、平成28年4月24日(日)、越生町の大高取山で開催されました。登山コースは越生自然休養村センター(開始式)~大高取山~桂木観音~虚空蔵尊~法恩寺(解散式)です。前日の夜間からの雨も早朝にはほぼ止み、新緑のすがすがしい空気に満ち溢れる中、楽しい登山を共有できたと思います。登山時の写真を掲載いたします。

syakai-160424-01.jpg   syakai-160424-02.jpg   syakai-160424-03.jpg   syakai-160424-04.jpg
越生駅前集合   越生自然休養村センター   大高取山への急登   山頂直下
    「開始式」        
syakai-160424-05.jpg   syakai-160424-06.jpg   syakai-160424-07.jpg   syakai-160424-08.jpg
大高取山頂(昼食)   桂木観音への下り   ロープを張り慎重に下る   桂木観音
             
syakai-160424-09.jpg   syakai-160424-11.jpg   syakai-160424-12.jpg   syakai-160424-13.jpg
桂木観音   桂木観音   桂木観音   法恩寺(解散式)
             
syakai-160424-14.jpg            
集合写真            

平成28年度 埼玉支部 通常総会の議事録を掲載しました。

     →  議事録 - ページ1  議事録 - ページ2

  ※尚、「埼玉支部 通常総会議事録」を参照するには、「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

平成28年度 第1回 支部委員会報告 (4月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 4月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

今年も安全登山委員会主催の、一年間の講演会・講習会を計画しました。

皆様ぜひご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらをご覧ください。anzen-160420-kousyuukai.pdf

2016年年度山行委員会年計画予定です。下半期以降は決定次第順次追記してまいります。また、個別の詳細山行案内は都度事前にホームページのお知らせに掲載します。会員それぞれのニーズに合った山行を企画しております。早めに皆様のご計画に組み込んでください。

年間計画表はこちら → sanko-160401nenkankeikaku.xls

山行委員会メンバー  高橋 努(委員長)、山崎 保夫(副委員長)、古川 史典、
           松本 敏夫、冨樫 信樹、三角 朗、南波 克之、堀川 清、
           平川 陽一郎、石塚 昌孝、菊池 武昭、青木 正、宮川 美知子、
           東 洋子、田中 摩利子、若林 弘美、竹内 タミ子、
           大山 光一、遠藤 俊博

         日本山岳会埼玉支部 平成28年度通常総会のご案内

    陽春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は、支部活動へのご参加、運営へのご協力をいただき、ありがとうございます。 

平成27年度は支部長及び事務局長の交代がありましたが、会員の皆様のご支援により新たな体制で支部事業を実施することができました。平成28年度は、埼玉支部のホームページがリニューアルされ、情報開示を進めることで、より積極的な支部活動へ繋げていきたいと思っております。

 つきましては、下記のとおり平成28年度通常総会を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。なお、総会後に懇親会を開催しますので、多くの会員のご参加をお待ちしております。

                    記 

1 期日 平成28年4月16日(土)13時30分~14時50分

2 場所 大宮ソニックシティ 6階 601会議室

      〒330-8669  埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

     (JR・東武野田線 大宮駅下車 西口を歩行者デッキにて直結、徒歩約5分)

3 議題 

(1)議事

   1)平成27年度事業報告(案)及び決算報告(案)について

   2)支部役員(案)について

   3)平成28年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

   4)支部規約改定(案)、遭難事故対策規程(案)について

(2)報告事項等

4 その他

   1)出欠席については、4月2日(土)までに連絡をお願いします。

   2)当日、平成28年度支部年会費2000円を、会友年会費3000円を受け付けます。

5 記念山行

   実施日 4月17日(日) 釜ノ沢五峰。 ※4月24日(日)は「ふれあい登山」を実施。

 

6、懇親会のご案内 

  1 時 間 15時15分~16時45分

  2 場 所 シーノ大宮センタープラザ1階中華料理店「青蓮」電話048-871-8489

  3 会 費 4,000円

  4 内 容 新入会員紹介、各委員会メンバー紹介、会員活動紹介等。

  

         

               ・日時 5月22日(日)  

               ・活動場所 さいたま緑の森博物館

                   埼玉県入間市宮寺889-1 TEL 04-2934-4396

                   http://saitama-midorinomori.jp(交通アクセス含む)

              ・集合時間 集合 8時15分  8時30分 ミーティング

                ・作業時間 9時~12時頃終了

                ・作業内容 緑の森博物館周辺の植林後の幼木の生育を助ける

                  下草刈り及びつる等の除去

         ・機材及び装備 

        草刈りの大鎌はクラブから貸与されます、ヘルメット着装(クラブから借用可)

        軍手、靴は登山靴が良い、ゴーグル有れば持参

       ・参加申し込み

         担当 朝日守 m-asahi@cube.ocn.ne.jp  までお願いします

       ・申し込み期限  5月14日(水)

       ・ボランティア保険加入が必要です

         手続きは朝日が行います 一回の手続きで28年度有効 保険料300円

       

      ※午後からは狭山丘陵で自然観察会を開催します  担当 村越百合子

      ※この度の第一回は「みくり会」(絶滅危惧種保護研究会)との友好コラボレーションとなります

                                            以上

第11回安全登山講習会「ハイキングレスキュー講習」

日 時 :平成28年6月4日(土)

時 間 :9;30~16;00(受付開始9時)

場 所 :飯能市市民会館(会議室103)及び天覧山周辺

講 師 :埼玉県山岳連盟 遭難対策委員長 瀬藤 武 氏

装 備 :補助ロープ、スリング、カラビナ、ツエルト、雨具、ストック等を所有する方は会場に持参

アクセス:西武池袋線「飯能駅」より徒歩約15分

【申込方法】

 募集人員:20~30名

 参加費  :500円

 申込み先:日本山岳会埼玉支部 安全登山委員会 宮川美知子(13795)

        TEL:090-2648-1947

               Email:miyachan-5go@tbb.t-com.ne.jp

  チラシ参照 anzen  -160604-koushuukai11.pdf

 

sizen-takao-150429-01.jpg 好評の高尾山1泊2日体験研修会を今年も開催します、友人もお誘い

ご参加ください。  

日時平成28年4月29日(水)~30日(木)

研修内容間伐・除伐・山径づくり及び自然観察会など

研修場所 : 高尾グリーンセンター及び隣接地高尾山梅の木平国有林

高尾グリーンセンター住所 : 八王子市南浅川町2905-4

            (HPをご覧ください

 

集合場所時間京王線高尾駅9:40集合

     マイカーの方も、電車利用の方も登山口側の駐車場ある駅前広場に集合下さい。

     マイカー又はタクシー相乗りで高尾グリーンセンターへ移動

宿泊場所高尾グリーンセンター (寝具、自炊設備完備)

参加料金宿泊3,300円(行事保険料含む)食費飲料2,700円位 (夕食朝食自炊、30日昼食コンビニ購入)

     合計6,000円位 酒類持ち込み歓迎!します。

作業装備等ヘルメット、作業用具、チエンソーなどの機材は高尾グリーン倶楽部から提供します。

     作業が出来る長袖の服、長ズボン、靴は登山靴又は丈の高めのスニーカー着用でお願いします。

スケジュール予定29日10:00~オリエンテーション10:30~除伐作業13:00~間伐作業17:00~バべキュー夕食、

     30日9:30~草刈り・山径づくり11:00~グリンセンター近くの自然観察会14:00~木工(コースター他)、

     道具手入れ15時現地解散

募集人員:15

参加申し込みは:朝日守m-asahi@cube.ocn.ne.jpまでお願いします

 いよいよ桜花満開ともなり春本番の季節となりました。

5月の定例山行は、新緑の那須連山1915mと温泉泊まりにプラスして

低山ですが岩登りのゲレンデにもなっている鹿沼岩山328mで

平川会員(認定ガイド)による安全な岩稜歩きの講習を計画しました。

バラエティーに富んだ山行です。

以下のご案内をご覧いただき、奮ってご参加ください。

ご案内はこちら → sanko-nasu16.05.21.docx

平成27年度 第12回 支部委員会報告 (3月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 3月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

 埼玉支部・平成28年度4月総会記念山行・秩父釜ノ沢五峰(665m)のご案内
【山行グレード:☆☆】                      

今回の山行は、平成28年度総会記念山行として実施します。このコースは、岩山で形成され鎖場あり、岩場ありと、低山ですがやや手ごわい登山となります。又秩父札所32番般若山法性寺にもお参りし、天候・時間等が許せば、お船観音にも参拝登山予定です。
奮ってご参加下さい。

日程:平成28年4月17日(日)日帰り(貸切バス利用)

詳細案内はこちら → sanko-sokaikinen160417.pdf

国民の祝日「山の日」施行記念事業 平成28年度「ふれあい登山”一緒に登ろう、大高取山(376m)へ”」が

下記の日程で実施されます。

日 時   :平成28年4月24日(日)

集  合  ;東武越生線・八高線 越生駅前 8時50分

対象者  :山道の登り下りが可能な障がい者及びその家族

募集人員:40名

参加費  :一人300円(保険料含む。当日集金)

申込み締切り:平成28年3月31日(木)

主 催  :一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会

      :公益社団法人日本山岳会 埼玉支部

お申込み先:一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会

        〒330-0074 さいたま市浦和区北浦和5-6-5

                 埼玉県浦和合同庁舎3階

        電 話: 048-822-1120    Fax: 048-822-1121

        Mail: 2004@sainokuni-sasa.or.jp

詳細は下記チラシを参照ください。

img001.jpg

第10回安全登山講習会「心肺蘇生及びAEDによる除細動」が平成28年2月20日(土)、13:00~16:00、大宮駅東口、仲町

川鍋ビル8階で開催された。参加者は会員及び一般参加者を含め6名であった。講師は日本赤十字社救急法指導員渡邉 浩

(埼玉支部・安全登山委員)氏である。心肺蘇生及びAEDによる除細動などの救急救命法は応急手当並びにハイキングレ

スキューと共に、登山に際し重要な知識や技術と考えられることから、多くの会員に参加してほしい講習であった。

 

004.JPG 003.JPGのサムネール画像

005.JPG 006.JPG

平成27年度 第11回 支部委員会報告 (2月度) を掲載しました。

  Top → 活動案内 → 総務委員会 → 支部委員会報告をご覧ください。

  こちらからも参照できます。 → 2月度議事録

  ※尚、「支部委員会報告(議事録)」を参照するには「会員ページログイン」用のID、パスワードが必要です。  

                 記: 事務局長 古川  (代:稲越)

  今年も残りわずかとなりました。1年を振り返ると思い出深かった山行のことが目に浮かびます。 

来年も楽しい山行をご一緒したいものと念願しております。

さて、3月の埼玉100山は、奥武蔵の山、大高山から天覚山の縦走コースを計画しました。

天覚山は地元で人気のある景観の良い山です。早春の里山をのんびり歩きたいと思います。

また、特別企画として山行委員会から昼食に温かい豚汁をサービスいたします。

低山ハイキングならではこその楽しみです。

★訂正:皆さま、楽しみにされていたと思いますが、諸事情により、豚汁のサービスは、

  ご提供できなくなりました。大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

平成27年度最後の山行です。是非ともご参加ください。     (募集案内)   


1.日程   平成28年3月5日(土) 日帰り

2.集合   9:00 吾野駅(西武池袋線)

       (飯能駅発8:28発―吾野駅着8:49)

3.行程   9:10出発―10:00前坂―10:50大高山―11:10大岩―12:10天覚山(昼食)

       ~13:00出発―13:10両峯神社跡―長尾坂配水場―14:00東吾野駅(解散)

4.持参物  雨具、防寒具、ヘッドランプ、軽アイゼン、昼食、行動食、など

      (昼食時のアルコールは自己責任の範囲でお願いします)

  ※なお、この時期は里山にも大雪が降ることがあります。参加者には事前に積雪情報をお知

         らせします。

5.申込締切 2月20日(土)まで

6.担当・申込先   山行委員会 高橋 努 

           携帯090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

日 時 :平成28年2月21日(日曜日) ~ 27日(土曜日)

 

時 間 :10:00~19:00   (初日開始は12時、最終日は17時まで) 

 

場 所 :有楽町 東京交通会館 2Fギャラリー

      千代田区有楽町2-10-1  (TEL:03-3215-7962) 

 

     「創立25周年記念特別展」を、B1Fエメラルドルームにて同時開催

 

案内資料::こちら

 

   埼玉支部は平成28年4月に創立7周年を迎えます。

  創立3周年ではブータン・チョモラリトレッキング遠征を行い、創立5周年ではヒマラヤ・チュルー最東峰登頂と

  トレッキング遠征を実施しました。

  それぞれ印象深い登山ツアーになり、埼玉支部の活動促進に大いに寄与したものと言えます。

  年齢に負けないチャレンジ精神を発揮し、未知の夢を追い求めることは日本山岳会員の精神であり、

  また支部活動を活性化させる要諦でもあります。

  埼玉支部山行委員会では、創立7周年記念海外登山として台湾の2大雄峰である

  雪山(3886m)と玉山(3952m)の2峰を登る登山ツアーを企画いたしました。

  台湾は幾多の3000m峰を抱え、登山ルートや宿泊、ガイド体制などが整備されている山岳国であります。

  また、日本人に対して極めて友好的、食事も馴染みやすく美味しいものが提供されます。

  ツアーの手配は実績あるアルパインツアーサービス株式会社に依頼します。

  富士山の高度を超える雄大な台湾のピークを踏んでみませんか。

  まずは、第1回の説明会を下記の通り開催いたします。ご関心のある方は奮ってご参加ください。   (募集案内)

 

 

1.説明会日時・場所

  日時:平成28年2月22日(月)16:00~17:30

  場所:アルパインツアーサービス株式会社 会議室

     〒105 港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル4階

     地図→ http://alpine-tour.com/company/shop.php#shop01

 

  *今回の説明会はご参加を前提としたものではありませんのでお気軽にご参加ください。

 

2.計画概要

  Aコース:「雪山と玉山を登る7日間」

  Bコース:「雪山登頂と島内観光7日間」

 

  以上の2コースとします。日程は別表の通りです。

 

3.費用

   Aコース、Bコースとも258,000円(予価)+空港使用税等

 

4.担当者・申込先

  説明会参加の申込は下記へ(2月10日までにご一報ください)

  また、説明会終了後に場所を移して相談会兼懇親会を開催します。こちらも是非ご参加ください。

 

  登山隊長  古川 史典   Email:f8008pk@rock.odn.ne.jp    携帯:080-3457-0243

  マネージャー  高橋 努   Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp   携帯:090-2906-4356

日 時 :平成28年2月20日(土曜日) 

時 間 :13:00~16:00 (受付開始:12:30) 

場 所 :仲町川鍋ビル(株式会社 万代) 8階会議室 

      さいたま市大宮区仲町2-60 (TEL:048-641-5529) 

講 師:日本山岳会埼玉支部 渡邉 浩 氏

         山岳スポーツ指導員(日本体育協会)

         救急法指導員(日本赤十字社)

         日本山岳会埼玉支部(安全登山委員会)

アクセス:JR大宮駅東口から徒歩約8分      詳細は講習会資料を参照

講習会資料::こちら

注意事項

 ○筆記用具持参

 ○実技講習なので動きやすい服装

 ○講習修了証は発行しない

 

*********************************************************** 

【申込方法】 

 募集人数:20~30名(申し込み先着順) 

 参加費  :無料 

 申し込み先:日本山岳会埼玉支部 安全登山委員会 松本敏夫(12047) 

  ①TEL    :090-5338-0118

  ②メール  :toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

    ※①又は②の方法でお申込みください。

*********************************************************** 

恒例の埼玉支部新年山行と新年支部懇談会を開催いたします。

今回は加治丘陵を歩き、所沢の名店で新年支部懇談会を開催します。

奮ってご参加ください。

 

詳細はこちら → saitama-sinnensanko.pdf

 埼玉県南部の入間市、飯能市、東京都青梅市に亘る、東西に延びる加治丘陵の一部を歩きます。

ここは、秩父山地の東裾が関東平野に伸びた丘陵地帯で、北側には入間川、南側には霞川が流れ

ています。

もとは、昔の多摩川が山から運んだ砂や石が積もった扇状地でありましたが、水の流れに削られ

谷ができ、急斜面の多い丘陵地となったようです。

途中標高189mの桜山展望台からは、富士山・丹沢・奥多摩・奥秩父・上州の山、高層ビルなど

360度を見渡すことができます。

登山参加の方も新年支部懇談会のみ参加の方も奮ってご参加ください。   (募集案内)


☆新年ハイキング

1.日程    :2016年1月16日(土)日帰り

2.入山域   :加治丘陵(仏子駅から唐沢までの粘土地質の仏子層を歩く)

3.集合時間場所:午前10時15分 西武池袋線仏子駅南口集合

4.行程    :西武池袋線仏子駅南口―南コース・桜山展望台―八幡神社―金子神社
         ―唐沢トラスト保全地―北コース―阿須山(188,8m)―西武池袋線仏子

                           駅北口[歩程3時間半]

         電車乗車:西武池袋線仏子駅15:30発~西武池袋線所沢駅西口15:48着

5.持参物   :通常の日帰り山行装備、昼食、飲み物、ストック(一部滑りやすい個所あり)

         共同装備は、医薬品、JAC旗、トランシーバー


☆新年支部懇談会

   食事処「ひょうたん別館」TEL 04-2922-7799

   場所:所沢プロペ通りをダイエーに向かい進む。

        右手前方のブックオフ建物の手前の道を右折すると、左側の小さな竹林の奥に店が

                  ある。

      西武新宿線・池袋線、所沢駅西口から徒歩5分

   参加費:一人5400円(料理+飲み放題+消費税)

       ***参加者のキャンセルは1月13日まで厳守***

   タイムスケジュール :PM16:15~17:00(埼玉支部2016年度計画発表)

              PM17:00~19:30(新年支部懇親会)

   幹事:宮川、東

   申込先:宮川美知子   

   申込締切:2016年1月9日(土)まで   (連絡なしキャンセルは全額支払いのこと)

        新年懇親会のみ参加の方は申込時にお申し出ください。

 

講演テーマ:「滑落・転倒・道迷いを起こさないために!」 

日 時   :2016年1月23日(土)

時 間   :13:30~17:00(受付開始13時より)

講 師   :埼玉県警察本部・秩父警察署

        埼玉県警察山岳救助隊

        副隊長 飯田雅彦 氏

場 所   :さいたま市浦和区常盤6-4-21    Tel:048-822-4411

        ときわ会館(埼玉県勤労者福祉センター) 5階501会議室

        http://www.tokiwakaikan.or.jp

募集人数 :100名(先着順)

参加費   :500円 (ただし、学生は無料)

案内資料 :こちら

申し込み先:安全登山委員会 松本敏夫

        ①TEL:090-5338-0118

        ②Email:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

        ※①、または②の方法でお申込みください。

(1)安全登山委員会と協働して山行時の安全を確保する施策に最大限の努力を行う。

   山行委員は、積極的に支部主催の安全登山研修および支部外のかかる研修に参加する。

(2)将来的に埼玉支部を担うべき若手会員の成長支援のため、山行委員会内に

「埼玉支部YOUTHCLUB」を設ける。 → (起案書)

(3)年間山行計画に基づき、埼玉支部らしさを活かした楽しめる山行を実施する。

山行の中で体力、技術の向上を目指すとともにリーダーシップ、コースマネジメント力を研鑽し、

支部の登山スキルのレベルアップを図る。なお、支部山行参加者は何らかの山岳保険の加入を必須とする。

また、次の海外遠征登山計画の研究を進める。

(4)山行時の自然観察や登山後の温泉、地元食材の賞味など参加者の年齢に応じた楽しみ方も追求し、

登山にプラスアルファを楽しめるよう工夫する。

(5)山行のリーダー体制は、チーフリーダー(山行全体責任者)とコースリーダーとする。

山行には6名のCLのうち1名は必ず参加する。

山行委員は、極力年間に1回はコースリーダーを担当し自身の登山力アップを図る。

(6)山行内容の案内状、参加者名簿、登山届、留守本部の設置等を実施する。

留守本部は山行委員会のメンバーが担当する。

 

 

区 分

対象の山・コースなど

グレード

日 程

予定

人数

担当

CL

山行委員会

4月

総会記念

cv山行

埼玉100山

志賀坂諏訪山1207.1m(5時間)

(お花見山行) 帰路・御嶽山参拝 登山

(バス利用)

4月5日(日)

日帰り

20人

高橋

4月8日

5月

埼玉100山

長尾丸山958.4m~日向沢ノ峰1356m  (6時間)→ 山行紀行文

(ツツジ、新緑見頃)(バス利用)

☆☆

5月16日(土)

日帰り

20人

正田

5月13日

 

岩登り講習会

東吾野 平戸の岩場→ 講習会報告

 

5月24日(日)

6人

正田

 

3支部懇親登山

雲取山2017m集中登山

(埼玉支部は鴨沢登山口より)

(雲取山荘にて3支部懇親会)

☆☆

5月30日(土)~31日(日)

1泊2日

40人

冨樫

高橋

6月

四季の山

春の山

笠取山1953m~将監小屋泊~飛龍山2069.1m

(シャクナゲ見頃)→ 山行紀行文

☆☆

6月13日(土)~6月14日(日)

1泊2日

15人

高橋

6月10日

7月

埼玉100山

宗四郎山1510m

(再挑戦)

☆☆

7月5日(日)

日帰り

15人

古川

7月8日

8月

四季の山

夏の山

秋田駒ヶ岳1637m~乳頭山1478m および和賀岳1440m

(花と温泉の山旅)→ 山行紀行文

☆☆

7月31日(金)~8月2日(日)

2泊3日

10人

高橋

休会

9月

埼玉100山

不動山549.2m

帰路・クズの寺参拝

9月5日(土)

日帰り

20人

松本

9月9日

10月

埼玉100山

天目山(三ツドッケ)1576m

☆☆

10月4日(日)

日帰り

 

高橋

10月14日

11月

四季の山

秋の山

浅草岳1585m~鬼ヶ面山1465m

☆☆

10月31日(土)~11月1日(日)

1泊2日

 

 

高橋

11月11日

12月

忘年山行

埼玉100山

観音山698m~妙法ヶ岳1329m (清掃登山)

三峰神社参拝~忘年懇親会

12月12日(土)~12月13日(日)

1泊2日

30人

 

高橋

12月9日

1月

新年山行

埼玉100山

加治丘陵ウオーキング+新年懇親会

1月17日(日)

日帰り

30人

宮川

1月13日

2月

四季の山

冬の山

未定

☆☆☆

2月13日(土)~2月14日(日)

1泊2日

 

 

 

2月10日

3月

埼玉100山

未定

 

3月5日(土)

日帰り

 

 

3月9日

*グレードについて:☆危険個所の無い4時間程度の登山  ☆☆8時間程度の登山(一部岩・雪あり) ☆☆☆岩・雪・ヤブ等バリエーションを含む登山

山行委員会

 

 四季の山・冬山  登山グレード ☆☆☆

  雪の便りが届く季節となりました。

 今年度の四季の山「冬山」(日光白根山)のご案内を致します。

 関東以北最高峰百名山の日光白根山を群馬県側から登頂するプランです。

 宿泊先は、登山口の丸沼高原スキー場付近の宿を予定。

 1日目は、玉原高原にてスノーハイクで冬山登山の準備をします。

 2日目に今回の主目的の山である日光白根山へ登山します。

 この時期の日光白根山は、風と積雪の本格的冬山となり十分な技術・装備・体力が必要となります。

 しかし登山は無理だが、せっかくスキー場が登山口でもあり、スキーならばと思う方も募集いたします。

 奮ってご参加下さい。

 (宿泊予約の関係で早めにご案内しています。現時点での参加希望で結構ですのでご参加申込下さい)

 (募集案内)


1.期日  : 平成28年2月13日(土)~14日(日)(1泊2日)

2.場所  : 13日玉原高原のスノートレッキング。スキーのみは玉原スキーパーク
         14日日光白根山2578m。 スキーのみは丸沼高原スキー場

3.集合時間・場所 : 7:00大宮駅西口(シーノ大宮)~7:40若葉駅西口

4.宿泊場所: 参加者数で宿泊場所を予約します。

5.コース
   2月13日(土)
     大宮駅・若葉駅で集合後→バス(貸切)→鶴ヶ島IC→沼田IC→玉原高原スノーシュー
     トレッキング→丸沼高原近くの宿予定(泊)

     ※スキーのみの方は、たんばらスキーパーク

   2月14日(日)
     7:30出発→8:15丸沼高原ロープウエー乗場→8:30ロープウエー山頂駅→9:30七色平分岐
     →12:00日光白根山山頂→13:45七色平分岐→15:00ロープウエー山頂駅
     →15:30丸沼高原ロープウエー乗場→沼田IC=若葉=大宮駅 (歩程約6時間)
     ※スキーのみの方は、丸沼高原スキー場 ※天候によっては、引き返し中止もあります。

6.参加費
    20,000円を予定(貸し切りバス代・宿泊代)

7.持参物
   登山: 通常の冬山登山装備(アイゼン10本以上、スノーシューかワカン、ピッケル、ストック、
   
防寒・風具・ヘッドランプ必携)昼食、行動食等
   スキー:自身でご用意ください。

8.募集希望締め切り: 平成27年11月30日(月)(仮予約と概略把握のため)
   ※応募の場合、「登山のみ」か「スキーのみか」をお伝えください。

9.担当
   山行委員会 古川 史典     コースリーダー(選定中)
   〒350-0312 埼玉県比企郡鳩山町鳩ケ丘1-25-10

   電話・Fax 049-296-0860  携帯080-3457-0243  Email:f8008pk@rock.odn.ne.jp

山行委員会

       今年もあと2ヶ月余りとなりました。恒例の忘年山行と忘年懇親会のご案内をいたします。


 秩父と言えば三峰山ですが、今年は、三峰山で年を忘れ、今後の安全登山を祈願したいと思います。


 お参りはしても泊まる機会は少ない興雲閣に宿泊し妙法ヶ岳(三峰奥宮)に登ります。


 また、せっかくの機会なので三峰神社神職に三峰山由来、オオカミ信仰、秩父宮との関わり等について


 ご講話をいただき、併せて安全登山のご祈祷をしていただきます。


 往路の途中で観音院・観音山(埼玉100山)にも登ります。


 なお、恒例の清掃登山になります(用具は用意します)。


 年末のお忙しい時期とは思いますが、貸切バス利用ですので、


 是非とも多数のご参加をお待ちしております。   (募集案内)


1.日程  :   12月12日(土)~13日(日) 1泊2日

2.目的の山:  1日目・観音山698m   2日目・妙法ヶ岳1329m グレード☆

3.集合  :   12月12日(土)  大宮シーノ前 8:30
                      若葉駅西口  9:10
                      西武秩父駅  10:30

4.交通機関: 貸切バス

5.行程


  12月12日(土) 若葉駅-関越道、秩父経由-観音院(31番札所)


            -観音山登山(往復1時間半程度・昼食)-14:00三峰山へ


            -三峰神社参拝―15:00神職による講話


            17:00入浴、18:00忘年懇親会

  12月13日(日) 6:00起床-7:00ご祈祷・安全登山祈願-7:30朝食


            9:00出発-妙法ヶ岳山頂-11:00三峰神社-帰路


               (途中で昼食・入浴)-15:00若葉駅―16:00頃大宮シーノ前(解散)

6.宿泊先  : 三峰神社・興雲閣 0494-55-0241

7.持参物  : 通常のハイキング装備、軽登山靴、昼食1回

8.費用   : 15,000円

9.募集人数: 30名

10.担当・申込先


   山行委員会 高橋 努 


   電話049-286-9296  携帯090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

   申込み 期限:2015年11月30日迄

   
観音院(31番札所)    三峰神社   妙法ヶ岳山頂

  今年もあと2ヶ月余りとなりました。恒例の忘年山行と忘年懇親会のご案内をいたします。

秩父と言えば三峰山ですが、今年は、三峰山で年を忘れ、今後の安全登山を祈願したいと思

います。

お参りはしても泊まる機会は少ない興雲閣に宿泊し妙法ヶ岳(三峰奥宮)に登ります。

また、せっかくの機会なので三峰神社神職に三峰山由来、オオカミ信仰、秩父宮との関わり等

についてご講話をいただき、併せて安全登山のご祈祷をしていただきます。

往路の途中で観音院・観音山(埼玉100山)にも登ります。

なお、恒例の清掃登山になります(用具は用意します)。

年末のお忙しい時期とは思いますが、貸切バス利用ですので、

是非とも多数のご参加をお待ちしております。   (募集案内)


1.日程  :  12月12日(土)~13日(日) 1泊2日

2.目的の山:  1日目・観音山698m   2日目・妙法ヶ岳1329m グレード☆

3.集合  :  12月12日(土)  大宮シーノ前 8:30

                                                  若葉駅西口  9:10

                    西武秩父駅  10:30

4.交通機関: 貸切バス

5.行程
  12月12日(土) 若葉駅-関越道、秩父経由-観音院(31番札所)

            -観音山登山(往復1時間半程度・昼食)-14:00三峰山へ

            -三峰神社参拝―15:00神職による講話

            17:00入浴、18:00忘年懇親会

  12月13日(日) 6:00起床-7:00ご祈祷・安全登山祈願-7:30朝食

           9:00出発-妙法ヶ岳山頂-11:00三峰神社-帰路

          (途中で昼食・入浴)-15:00若葉駅―16:00頃大宮シーノ前(解散)

6.宿泊先  : 三峰神社・興雲閣 0494-55-0241

7.持参物  : 通常のハイキング装備、軽登山靴、昼食1回

8.費用   : 15,000円

9.募集人数: 30名

10.担当・申込先

   山行委員会 高橋 努 

   電話049-286-9296  携帯090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

   申込み 期限:2015年11月30日迄
 

 

   
観音院(31番札所)   三峰神社   妙法ヶ岳山頂

 

2012/06/24 平成24年度 第1回森づくり活動

20160616shikasyokugai-tyosa06.png
参加者記念撮影


・実施日;2012年6月24日(日)AM
・場所 ;緑の森博物館(入間市)
・参加者;総勢23名(内埼玉支部5名)
・資料 ;(1)平成24年度 第1回森づくり活動報告
     (2)同上 添付写真
     (3)緑の森博物館自然観察会参加記録

 


2012/06/16-17 秩父 妙法ヶ岳・和名倉山 鹿被害調査
 → 報告書はこちら

 


2012/01/28 第3回埼玉支部森づくり活動
-平成24年1月28日NPO埼玉森林サポータークラブとのコラボレーション-


8時東吾野バイゴー集合、8時30分現地へ出発。
林道に架かる橋が大雨被害により損壊、橋手前でミーテング、特に担当の沖本様から図解を交え、
業務(製材)用に適した檜の枝打ちの心得(切断位置の確認ときれいな切断手法など)を学ぶ。ヘルメット、ノコギリ、手袋などを装備し徒歩で現場に到り、枝打ちする植林10年の鬱蒼たる檜林を仰ぎみて9時作業開始。

一昨年11月に済ませた上部から作業に取りかかる、檜の枝が地上部から先端まで横枝が密集し、常緑樹とも重なりあっている。支部9人が横一列に並び各々が2~3本幅を担当、枝打ち心得を念頭に地上部から手が届く高さまでの横枝をノコギリで切り落とし、周りの余分な常緑樹も取り除きながら上へと進む。
2回の休憩タイムがあったが、支部メンバーは寸暇を惜しむかの様に枝打ちを続ける。一息し振り返るごとに登ってきた暗い森が拓かれ、日差しがきらきらと差し込み、達成感みなぎる枝打ちの醍醐味でもある。最初のノコの切れ味が時間ともに悪くなったが、腕の疲労とノコギリにつく檜の油が原因らしく、今後の参考にしたい。
12時作業終了、無風の日だまりに参加者全員が集合。昼食と懇親のひとときに相互の情報交換など、今後のさらなる森林サポータ―クラブと埼玉支部のコラボレ-ションが語られた。また、支部の参加者からは間伐の希望もあり、年間スケジュールの再考も検討したい。
今回の現場は4回目の枝打ち、完了までさらに4回の枝打ちが必要であるとの事で、参加人数の確保が大きな課題となっており、より多くの方々の参加をお願いします。

補記
参加者
・NPO埼玉森林サポータークラブ
  梶田会長ほか15名
・日本山岳会埼玉支部
  龍久仁人・堀川 清・村田恭邦・多田 稔・児嶋和夫
  吉田寛治・横山真一・熊谷友昭・朝日 守 9名  計24名

(24・1・30  報告者 自然保護委員会森つくりPJ担当 朝日)

 
急峻な枝打ち現場(左)、枝打ち後の檜林に日差しが入る(右)

昼食懇談のひと時

 

表題:「油断と過信・その思い込みが命取り」

日 時 :平成27年1月24日(土) 

時 間 :13:30~17:00 (受付開始:13時)

講 師:埼玉県秩父警察署・埼玉県警察山岳救助隊 副隊長 飯田雅彦氏

場 所 :埼玉県県民活動総合センター セミナーホール1
      埼玉県伊奈町小針内宿1600  電話:048-725-7112

アクセス:詳細は埼玉県県民活動総合センター ホームページを参照ください。

後 援:埼玉県教育委員会、埼玉新聞社、埼玉県山岳連盟、埼玉県勤労者山岳連盟

講習会資料::こちら



【申込方法】

    参加費:500円

    申込み:日本山岳会埼玉支部  安全登山委員会 松本敏夫

    TEL  :090-5338-0118

    mail :toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

テストページ

 

講演テーマ:「火山噴火と安全登山対策」

 

日 時   :2015年10月25日(日)

 

時 間   :13:30~16:00(受付開始13時より)

 

講 師   :元立正大学地球環境科学部教授

        福岡 孝昭 氏

 

場 所   :さいたま市大宮区仲町2-60

        仲町川鍋ビル8階会議室

 

募集人数 :100名(先着順)

 

参加費   :500円

 

案内資料 :こちら

 

申し込み先:安全登山委員会 正田範満

        TEL:090-5341-9521

        Email:n-masada@nifty.com

浅草岳 遠望

 秋たけなわの頃となりました。登山には絶

好の季節です。

今年度の四季の山秋山(浅草岳)のご案内を

致します。

紅葉の越後、人気のエリアの奥只見ですが、

今回の宿泊先の国民宿舎浅草山荘には、既に

仮の予約をしてあります。

 浅草岳は山頂部がなだらかで、草原と池塘

がある一等三角点の山です。

縦走をする鬼ヶ面山は奥只見に向け屏風を連ねる岸壁が特徴の山域です。

岳人憧れの奥深い山域ですが、交通のアクセスが悪く縦走の山旅を計画しにくいコースです

ので、是非この機会にご参加ください。  (募集案内)

1. 日程:2015年10月31日(土)~11月1日(日) (1泊2日) 

2. 山域:浅草岳1585m~鬼ヶ面山1465m   グレード☆☆(縦走)

3. 集合時間・場所    7:00  大宮駅西口(シーノ大宮)
              7:40  若葉駅西口

4. 宿泊場所   国民宿舎浅草山荘 TEL025-796-2331

5.コース
   10月31日(土)
     大宮駅・若葉駅で集合後=バス(貸切)=鶴ヶ島IC=紅葉散策=小出IC=

               浅草山荘(泊)

     紅葉散策は、六日町の上田長尾氏ゆかりの坂戸城址ハイキングまたは山古志村

               散策を計画中です。

   11月1日 (日)
     浅草山荘=ネズモチ平-2:30-前岳-20-浅草岳-15-前岳-1:20-鬼ヶ面山-2:00-

               六十里越トンネル口=小出IC=若葉=大宮駅 (歩程約6時間半)

6. 参加費
   約20,000円 (貸し切りバスの利用を予定のため参加人数によって変動があります。)

7.持参物
   通常の秋山登山装備、防寒具・ヘッドランプ必携、昼食、行動食など

8.担当
   山行委員会 高橋 努     コースリーダー(選定中)

   〒350-2213 埼玉県鶴ヶ島市脚折1428-40

   電話049-286-9296  携帯090-2906-4356  Email:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

   申込み 期限:2015年10月20日迄



            

 日ごとに秋の気配を感じるこの頃ですが、山もそろそろ装いを新たにする頃です。

10月の埼玉100山は、埼玉県境の山を東京側から登ってみようと思います。

少し趣の異なる登山になると思います。是非ともご参加ください。  (募集案内)

1.日程  :2015年10月4日(日) 日帰り

2.集合場所: 8:30 am  JR奥多摩駅

         ホリデー快速おくたま1号で 8:21 奥多摩駅着

3.行程   :8:35発バス 東日原行-9:03東日原着-9:10出発- ヨコスズ尾根)
        -11:30一杯水避難小屋-12:00天目山山頂-13:30仙元峠-

                    (鳥屋戸尾根)-笙ノ岩山-16:00川乗橋-16:29発バス奥多摩駅行-

                       16:44奥多摩駅着(解散)

        *次のバスは17:34→奥多摩駅17:49になります。

4.持参品:雨具、防寒具、昼食、行動食、ヘッドランプ必携 等々

5.費用  :バス代 700円程度

6.グレード: ☆☆

7.募集人員: 15名

8.連絡先および参加申込先: 高橋 努

    携帯:090-2906-4356

    メール:tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

    申込期限:2015年9月20日まで

 
天目山 遠望 (於・関八州見晴台)   山頂 三角点

新編武蔵風土記稿の秩父郡野上下郷に不動山の条があり、
 

「不動山 村の西北にあり、登ること凡そ十八町、険阻の山にて、

山上に岩石立てり、此岩に不動の像あり、前に小堂あり、

籠り堂と云う、甚だ霊験ありとて宿願のもの登山せりとぞ、洞昌院持」

と記載がある。

不動山(苔不動)は長瀞洞昌院の奥の院で、八重子3号橋手前の苔不動登山口から

苔不動に至る登山道は「山と高原地図(奥武蔵・秩父)」(昭文社)では点線で記載され、

「不明瞭で荒れた道」と注意事項が付けられている。

「埼玉の山」(山と渓谷社)の「不動山」には「ヤブっぽく荒れているが、登るにしたがって

明瞭なよい道となる。」と記載がある。

長瀞町には「秋の七草」に由来する7つの寺があり、洞晶院は「萩の寺」として知られる。

不動山という山名の元となったと考えられる「苔不動」と共に、不明瞭な場所がどの様な

状況になっているのか興味を引く登山道である。  (募集案内)

1.日程:2015年9月5日(土)

2.山域:不動山 及び 雨乞山

3.集合場所:秩父鉄道・野上駅に9時集合

       野上駅前には駐車場と公衆トイレがあります。

4.解散場所:樋口駅(16時頃を予定)

5.装備:通常の夏山登山装備(昼食・行動食など)

6.地図:「鬼石」(二万五千分の一地形図)

7.グレード: ☆ (不明瞭な箇所もありますが、技術的に困難な場所はありません。)

8.【登山コース】
   野上駅(9時集合)~万福寺(15)~洞昌寺(20)~八重子3号橋・苔不動入口(40)~

  苔不動(60)~不動山(20)~間瀬峠(30)~雨乞山(20)~榎峠(30)~樋口駅(50)

  歩行時間:約5時間

 
奥武蔵・秩父(山と高原地図)  

野上駅付近から不動山

9.連絡先および参加申込先は松本敏夫まで

    電話・FAX:048-725-3446    携帯:090-5338-0118

    メール:toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

    申込期限:2015年8月末日まで

 

第五回 支部員による講演会                 主催 JAC埼玉支部・陸地測量部




  これが1970年アンナプルナ日本女子登山隊だ!
   

世界初の女性だけによるヒマラヤ7000m峰登頂



 

 講演者 梅本知榮子氏(No.6389)



 昭和45年、国内から大規模な日本山岳会エベレスト登山隊、同東海支部マカルー登山隊、
他に三浦雄一郎エベレストスキー登山隊が編成され、それら登山隊とは対象的に世界初の
女性9名だけによるヒマラヤ7000m峰遠征が企画され登頂に成功しました。

 

女子登攀クラブによるアンナプルナⅢ峰遠征隊です。
今回はその隊員として活躍した埼玉支部員の梅本知榮子さんに講演をお願いしました。



 当時は、まだ1ドル360円の時代ですから資金的な面から考えても苦労が多かった筈です。
それを乗り越えるために全国の女性エキスパートが東京に集まり、目標の山をどこにするか
第一歩から始め、許可を得た後に準備、遠征、登頂して下山するまで女性同士の壮絶な
戦いが繰り広げられました。

 

その中に田部井淳子さんも参加しており、海外遠征としては同じスタートであった梅本氏は、
後にエベレスト日本女子登山隊の時も許可申請等で奔走、日本の女性登山界で活躍して
きた方です。



 今回はヒマラヤ遠征の話だけでなく、当時の女性エキスパートの方々の貴重な写真や話も
聞けるかと思います。はたして、どなたの話しが出てくるでしょうか。

 

因みにアンナプルナⅢ峰遠征時の準備事務局は当時の浦和市白幡沼の傍にあり、
そこは女子登攀クラブのスタートの地にもなったところです。



   

参考文献 『女の戦い7577m アンナプルナ』(女子登攀クラブ著 東京新聞出版局発行)

   

日時  平成27年7月2日(木) 午後6時30分から午後8時45分まで
   

場所  JR浦和駅東口 パルコ10階 浦和コミュニティーセンター 第6集会室。
   

費用  一人200円
   

案内資料 こちら

   

募集人員 40名(申込制) 必ず下記へ申し込んで参加して下さい。
   

電話 090-3310-9992 (遠山) 

メールは:mt3@nifty.com まで。
 


        

         秋田駒ヶ岳の阿弥陀池と男女岳 by togashi


 四季の山・夏山は2泊3日で東北へ足を延ばします。スケッチの通り、蝶が舞い、

 花咲き乱れる秋田駒ヶ岳から乳頭山を縦走し、更に秘境山塊の盟主。和賀岳に登ります。

 東北の山と温泉を楽しみましょう。乗用車分乗です。奮ってご参加ください。   (募集案内)

1.日程     7月31日(金)~8月2日(日) 2泊3日

2.集合・交通  7月31日(金)7:30北本駅  7:00若葉駅 乗用車分乗です。

3.行程

  7月31日(金)  東北道・秋田道を経由して14:00大曲IC~角館、抱返渓谷、田沢湖

                                など観光、入浴~16:00休暇村乳頭キャンプ場(テント泊)

  8月 1日(土)  7:00出発~田沢湖高原温泉(シャトルバス)8:00秋田駒8合目~

             秋田駒男女(おなめ)岳~湯森山~乳頭山~16:00乳頭温泉~

             シャトルバス乗り場~田沢湖高原温泉(旅館泊)

  8月 2日(日)  6:00出発(朝食は弁当)~7:00真木渓谷薬師岳登山口~薬師岳~

             小杉山~12:00和賀岳~15:00登山口~帰路21:00頃 埼玉県

4.持参物   通常の夏山登山装備、シュラフ、マット、食器、キャンプのテント用具

          夕食・朝食は用意しますが、昼食・行動食は自身で調達ください。

5.宿泊    7月31日(金)休暇村乳頭キャンプ場 0187-46-2244

         8月1日(土)田沢湖高原温泉 湖心亭 0187-43-0721

6.費用    交通費、キャンプ代、旅館代などで合計3万円程度(当日集金)

7.募集人数   15名

8.申込締切   6月末まで(旅館予約の関係で)

9.担当・申込先  高橋 努    携帯:090-2906-4356

                      メール: tom-tak@bk9.so-net.ne.jp 

日 時 :平成26年6月15日(日曜日)

時 間 :9:30~16:00(受付開始:9時)

場 所 :埼玉県立加須げんきプラザ(第3研修室及び中庭)
      〒347-0032 加須市花崎456 (TEL:0480-65-0660)

アクセス:東武伊勢崎線「花崎駅」より500m
     詳細は加須げんきプラザホームページを参照ください。

装 備 :補助ロープ、スリング、カラビナ、ツエルト、ザック、雨具、

     ストック等を所有する方は会場に持参ください。

講習会資料::こちら

 


***********************************************************
【申込方法】

募集人数 :20~30名(申し込み順)

参加費  :500円

申し込み先:安全登山委員会 松本敏夫

TEL    :090-5338-0118  

メール  :toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp

今回の山行は、昨年度実施予定でしたが、天候等の影響で順延となり改めて計画を、

作成致しました。

今コースは、急峻な登り下りがあり岩稜も通過します。

日程 7月5日(日)日帰り  山行グレード : ☆☆  (募集案内)

(1)集合場所
      ①大宮シーノ前 7:00

      ②東武東上線若葉駅西口 8:00

       ※参加者数では、バスを利用することもあります。

(2)登山  天丸橋10:00-(沢コース)-倉門山頂11:30昼食―(尾根コース)-

        13:30山の神―14:00宗四郎山―山の神―天丸トンネルー15:30天丸橋

(3)入浴・休憩: 16:00「ビラせせらぎ」

(4)持参物: 初夏の登山装備、昼食、行動食、非常食、参加費

(5)募集期間:平成6月15日(月)迄に、参加の場合は、山行担当古川迄、連絡をお願いします。
    アドレス:古川 f8008pk@rock.odn.ne.jp(全て小文字)

    電話08034570243   FAX:049-296-0860(電話と共用)

(6)役割:チーフリーダー 古川   コースリダー 青木

日 時 :平成27年6月6日(土曜日) 

 

時 間 :9:30~16:00(受付開始:9時) 

 

場 所 :埼玉県飯能市市民会館(会議室201) 

      〒357-0063 飯能市大字飯能226-2 (TEL:042-972-3000 

 

アクセス:西武池袋線「飯能駅」より徒歩約15分 

     詳細は飯能市市民会館ホームページを参照ください。 

 

昼食 :各自、持参ください。

 

装 備 :補助ロープ、スリング、カラビナ、ツエルト、ザック、雨具、 

      ストック等を所有する方は会場に持参ください。 

 

講習会資料::こちら

 四季の山・春山計画として埼玉100山の笠取山、唐松尾山、飛龍山の3山を登ります。
 飛龍山近辺は、ちょうどシャクナゲの見頃の頃だと思います。奮ってご参加ください。
 宿泊はバイオトイレが新設された将監小屋に泊まります。

1.日程:2015年6月13日(土)~14日(日)

  山行レベル  ☆☆

2.目的の山:笠取山(1953m)、唐松尾山(2109m)、飛龍山(2069m)

3.集合場所:JR塩山駅前 9:00

       ※新宿発 7:30 - あずさ3号 - 塩山着 8:53

4.行動予定

  6月13日(土) 塩山駅(タクシー)~10:00作場平橋登山口~一休坂

           ~ 笠取小屋~笠取山~唐松尾山~将監峠~16:30将監小屋(泊)

            歩程時間6時間30分

  6月14日(日) 6:00小屋出発~飛龍山~前飛龍~サオラ峠~13:00丹波

            ~(バス)~奥多摩駅解散    歩程時間6時間30分

5.宿泊:将監小屋 0553-34-2029 田部方

6.費用:宿泊費7000円+懇親費用1000円+タクシーバス4000円

     合計12000円程度

7.装備:初夏の小屋泊まり縦走装備、昼食(2回)・行動食・水は多め

     ツェルト・医薬品・トランシーバー、JAC旗などは共同

8.申し込みは、5月20日までに、山行委員会 CL 高橋 努まで

   TEL:049-286-9296    携帯:090-2906-4356

   住所:〒350-2213 埼玉県鶴ヶ島市脚折1428-40

   E-Mail: tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

 

   
飛龍山から笠取・唐松尾山方面   飛龍山頂   前飛龍~飛龍山 

    拝啓 、早春の候、皆様益々のご清栄のみぎりお喜び申し上げます。

 さて、埼玉支部100山の今年度5月の山行は、棒の峰の西につながる稜線上にあります、

 長尾丸山から日向沢の頭への静かな稜線を歩く計画致しましたのでご案内申し上げます。

 バスで有間峠まで入り、有間山稜を経由して日向沢の峰、長尾丸山、槇の尾峰、

 棒の峰を経由して、さわらびの湯までの縦走となります。

 但し、交通機関の関係で多摩側の大丹波線より入ることもあります。

 一人でも多くの会員の皆様が参加されることを願っております。          敬具

1.期日:2015年5月16日(土)

  山行レベル  縦走☆☆☆(歩行時間 約6時間位)

2.場所:(貸切バスを利用/有料です。)

  集合場所

   ① 大宮駅方面 大宮駅西口シーノ大宮 AM7:00

   ② 東武東上線方面 (若葉駅西口) AM7:30

   ③ 西武池袋線飯能駅北口 AM8:20  ※鴻巣駅の希望は富樫さんへご相談下さい。

3.コース

  5月16日(土) 有間峠~(60)日向沢の峰~(1:30)長尾丸山~(40)槇の尾山

           ~(20)棒の峰~(10)権次入峠~(2:00)白屋沢経由さわらびの湯

        ☆ 大宮・駅で集合後=貸切バス=飯能駅=有間峠

4.経費
  バス代として出席者は一人4,000円位(案)です。

5.申し込みは、5月10日までに山行・集会委員会 正田範満まで

  TEL FAX 0480-44-8554  住所〒346-0002 久喜市野久喜549-1-723

  メールアドレス n-masada@nifty.com

  コースリーダ:青木 正

  ※大宮駅集合場所 AM7:00集合(バス代4000円です。)

日 時 :平成27年2月21日(土曜日)

時 間 :13:00~16:00 (受付開始:12:30)

場 所 :仲町川鍋ビル(株式会社 万代) 8階会議室
      さいたま市大宮区仲町2-60 (TEL:048-641-5529)

講 師:日本山岳会埼玉支部 渡邉 浩 氏
         山岳スポーツ指導員(日本体育協会)
         救急法指導員(日本赤十字社)
         日本山岳会埼玉支部(安全登山委員会)

アクセス:JR大宮駅東口から徒歩約8分
     詳細は講習会資料を参照

講習会資料::こちら

注意事項
 ○筆記用具持参
 ○実技講習なので動きやすい服装
 ○講習修了証は発行しない

***********************************************************
【申込方法】
 募集人数:20~30名(申し込み先着順)
 参加費  :無料
 申し込み先:日本山岳会埼玉支部 安全登山委員会 松本敏夫(12047)
  ①TEL    :090-5338-0118
  ②メール  :toshio-matsumoto@jcom.home.ne.jp
    ※①又は②の方法でお申込みください。
*********************************************************** 

  若御子山は新編武蔵風土記稿にも記載がある古くから信仰された山です。


 種々のガイドブックや地図によると、三等三角点のある大反山との山名混乱があり、二万五千分

の一地形図には山名や登山道が記されておりません。12月末に下見登山(古川・松本)を実施し、

登山道を確認しましたが、若御子山への数十メートルの急登は一部崖状になっていて、トラロープ

が設置されています。滑落や落石に十分注意する必要があります。

一方、クタシノクビレから若御子神社への巻道はよく踏まれていて、全く問題はありません。

国見の広場は両神山や城峯山などの展望が開けますが、若御子山や大反山の山頂は樹林の中で、

眺望は望めません。 

1.期日:2015年3月7日(土)

2.山域:若御子山・大反山

3.集合場所:秩父鉄道・武州中川駅 9:00 

         駐車場は若御子神社入口を左折し、清雲寺との間です。公衆トイレがあります。 

4.コース:(約5時間)

   武州中川駅(9時集合)~若御子神社(20)~国見の広場(60)~若御子峠~小祠~

   崖状の急登~若御子山(50)~大反山(40)~クタシノクビレ(20)~巻道~

  若御子神社(70)~武州中川駅 

sanko-wakago-map.jpg  
地図 (1/25,000)   若御子山への急登(崖です)

 

5.装備:通常の登山装備(昼食・行動食、一部、崖状地形があるため軽アイゼンを持参のこと)
      崖状の尾根を通過するため、ロープ持参も検討する。 

6.地図:「秩父」(二万五千分の一地形図)

7.グレード:☆☆(若御子山の直下の崖は要注意、下山に使用しないこと)

8.連絡先及び参加申し込み:松本敏夫まで
     電話:FAX:048-725-3446   携帯電話:090-5338-0118
     メールアドレス toshio-matsumoto@jcom.home.net.jp 

天狗岳 (東・西岳)

拝啓 菊花の候、皆様益々のご清栄のこと

とお喜び申し上げます。 

 さて、少し早いですが今年度の四季の山

冬山(天狗岳)のご案内をする時期となり

ました。

 ツアー会社人気のコースなので、宿泊先

の黒百合ヒュッテの予約があり早めの募集

をすることに致しました。

 天狗岳は北八にあってはアルペン的な風

貌と抜群の高度と展望に恵まれた、冬山入門コースです。

 また、登山口には信玄の隠し湯の一つの『渋の湯』があり、風呂好きには下山後直に入浴ができ

ます。

 渋の湯から黒百合ヒュッテまでは約2時間少々、ヒュッテから山頂までは約1時間半と、

 天候さえ恵まれたならば、お手軽な冬山登山が楽しめるでしょう。

 山頂直下にはちょっとした岩場もあり、しっかりとしたピッケル・アイゼンの技術は必要です。

 冬山を目指したい方は是非この機会にご参加ください。

 

1.期日:2015年2月14日(土)~15日(日)

2.場所:天狗岳 (2,645m) グレード☆☆☆(アイゼン、ピッケル使用)

3.集合場所:  渋の湯駐車場 10:30 (自家用車利用予定)

4.コース:(約5時間)

 2月14日(土)

  渋の湯(集合10:30)→(50)2122→(1:20)黒百合平(黒百合ヒュッテ泊)

 2月15日(日)

  ヒュッテ→(1:30)東天狗岳→(15)西天狗岳(15)→東天狗(60)→黒百合ヒュッテ

      (1:30)→渋の湯

5.担当 山行・集会委員会 正田範満

         CL:コースリーダー 冨田容子

6.費用:

  宿泊費 8,000円  交通費は各車単位で清算。

7.装備、他

  アイゼン・ピッケル・ヤッケ上下・スパッツ・防寒具・行動食2食・P食・地図・水等・

      テルモス等は各自用意してください。

  ※山岳保険加入は必須です。(装備については山行集会委員会へお問い合わせ下さい)

8.連絡先   正田範満  携帯電話090-5341-9521

          メールアドレス n-masada@nifty.com 
 

      暑い中にも涼しい風を感じる季節ですが、会員の皆様にはますますご清栄のことと存じます。

 10月には全国支部懇談会も開催され両神山や武甲山の登山が予定されております。

 恒例の「四季の山」で今年の秋の山は昨年悪天候で断念しました八海山のリベンジを予定して

 再び越後魚沼の八海山と谷川岳を立案致しました。

 紅葉真っ盛りの山行です。ご案内いたしますので是非ご参加ください。

1.日時:2014年11月1日(土)~2日(日)

2.場所:谷川岳(1,977m) 及び八海山(1,778m)

3. 集合出発:  冨樫車および正田車

  ① 大宮方面   大宮駅西口 シーノ大宮  7:00出発

  ② 川越方面   川越駅西口         7:30頃

4.行動

 ☆☆11月1日(土) 登山コース☆☆

  川越ICから関越高速道路で、水上ICで下りて291号線で谷川岳ロープウエイ谷川土合に

     10:30頃着

     谷川岳ロープウエイ谷川土合駅→10分→天神平→1時間→熊穴沢避難小屋→1時間30分→

   肩の小屋→10分→谷川岳・トマの耳→2時間10分→天神平→谷川岳ロープウエイ谷川

     土合駅→10分→乗車→1時間→六日町宿

  山行の往復時間は正味6時間です。 時間によっては途中まで

  宿泊 南魚沼市余川 龍気別館025-773-2990   15名予約をしました。

  1泊 夕食付き  宿泊費用  約5,000円(夕食+朝食コンビニおにぎり)

      2万5000分の1地図 水上・茂倉岳

 ☆☆11月2日(日) 登山コース☆☆

  龍気旅館 出発 6:00→バス→ゴンドラ登山口→1時間10分→女人堂→50分→薬師堂

      →1時間→大日岳(八海山)→2時間30分→ゴンドラ山頂駅→10分→山麓駅→乗車→帰宅

  山行の往復の時間は正味5時間30分です。

    2万5,000地図 五日市・八海山

5.担当 山行・集会委員会 冨樫信樹  CL:コースリーダーは稲越洋一

6.費用:
   ★参加者が少ないために自家用車で行動します。


  宿泊5,000円(夕食・朝食はコンビニおにぎり)+懇親会地酒(八海山)他 1,000円合

  その他費用:谷川ロープウエイ往復2,000円、八海山ロープウエイ往復2,000円

            合計約 20,000円(10名参加の場合)

  昼食(行動食):11月1日及び2日の昼食及び非常食を各自で用意する。

  装備は十分な雨具・防寒具・登山具を用意する。

  ツエルト(正田・冨樫)・医薬品〈冨樫〉・トランシーバ〈正田〉は共同装備


連絡先:参加申し込みは冨樫信樹まで電話・FAX048-596-5045 

          携帯電話090-8948-1336

    〒365-0053 鴻巣市緑町5-16

    メールアドレス toga913nt@ybb.ne.jp 

  留守本部:高橋 努 090-2906-4356 松本敏夫 090-4361-5469

 ウメの実が日ごとに大きくなる季節ですが、会員の皆様にはますますご清栄のことと存じます。

山行・集会委員会は4年間の担当していただいた正田範満さんから高橋 努さんに委員長がバトン

タッチされ、4月~5月にかけてネパールヒマラヤに登山とトレッキングを行いました。

恒例の「四季の山」で今年の春の山は谷筋に残雪が残る越後魚沼の山を計画致しました。

下記のとおりご案内いたしますので是非ご参加ください。

 

1.日時:2014年7月5日(土)~6日(日)

2.場所:平標山(1,984m) 及び巻機山(1,967m)

3.集合出発:  遠忠屋 048-541-0174

   ①大宮方面  大宮駅西口 シーノ大宮   7:00出発

   ②川越方面   川越駅            7:30頃

4.行動

 ☆☆7月5日(土) 登山コース☆☆

  川越ICから関越高速道路で、月夜野ICで降りて17号線で平標山登山口に 10:30頃着

  平標山登山口→2時間10分→松手山→1時間20分→平標山→30分→平標山の家→

  50分→平元新道登山口→1時間→平標山登山口  バス乗車→1時間→六日町清水

  山行の往復時間は正味6時間です。

  宿泊 六日町清水 雲天旅館 025-782-3473  1泊 夕食・朝食おにぎり 8,000円

  2万5000分の1地図 三国峠

 ☆☆7月6日(日) 登山コース☆☆

  雲天旅館出発 6:00→バス→登山口→40分→桜坂→1時間20分→5合目→1時間20分

  →7号目→1時間10分→ニセ巻機→40分→御機屋→10分→巻機山→10分→御機屋→

  30分→ニセ巻機→30分→7合目→40分→5合目→40分→桜坂→30分→清水登山口

  山行の往復の時間は正味9時間20分です。

  ※2万5,000地図 六日町

5.担当 山行・集会委員会 冨樫信樹 CL:リーダー   兼務 バス手配

  コースリーダー別途ご案内

  費用:バス貸し切り料金10万円++税金+運転手宿泊代他+高速代21人乗り

            (+補助席あり)

  参加者が10名の場合のバス代は約一人11,000円(人数が少ない場合は割り増しに)

  宿泊8,000円+懇親会地酒他 1,000円  合計20,000千円

  昼食(行動食):7月5日及び6日の昼食及び非常食を各自で用意する。

  装備は十分な雨具・防寒具・登山具を用意する。ツエルト・医薬品・トランシーバは共同装備


連絡先:参加申し込みは冨樫信樹まで電話・FAX048-596-5045  携帯電話090-8948-1336
     〒365-0053 鴻巣市緑町5-16
     メールアドレス toga913nt@ybb.ne.jp 
  申込期限6月30日(月)までに
  募集定員 20名程度(申し込み順で閉め切ります)

3月2日(日) 大高取山376m

・詳細が決定したら予定をお知らせします。

※現在100山を選定中です。来年度(2014年度)は選定された山に対する山行となる

 予定です。なお、100山は、50山を拡大するという観点で選定されます。すなわち、

 100山には、これまでの50山も含まれる予定です。

※諸事情により事前に山行予定を変更する場合もありますのでご容赦下さい。

 変更の場合は事前(1ヶ月前)メール・HPにてご連絡いたします。

※安全に山行を実施するために、泊りやタクシーの予約が必要になる場合だけでなく、

 通常の山行の場合も参加申込みをお願いしております。

 → 山行時の安全登山対策についてはこちらを参照方

植生豊かな大高取山376.4mを登り、里山を辿り午年の山・越生駒ヶ岳369mまで歩きます。

さらに越生七福神の龍隠寺、最勝寺から梅の香かおる越生梅林を訪ねます。

早春の芳しい風を受けての欲張りハイクです。最後に美味しい越生のお蕎麦も楽しめます。

            *梅の開花状況は年によって変わります。昨年のこの時期は、白梅3分咲き、紅梅

8分咲きでした。さて、今年は?

 

日時:2014年3月2日(日)日帰り

集合:9:00越生駅前集合(越生線坂戸駅8:36発―8:59越生着)

コース:越生駅9:10発-世界無名戦士の墓-西山高取-11:00大高取山376.4m-

桂木観音-12:00上大満-火の見下-13:00越生駒ヶ岳369m(午年の山)

-龍隠寺(毘沙門天)-代官屋敷-麦原入口-最勝寺(福禄寿)-15:00

越生梅林-(バス)越生駅16:00頃解散

持参物:雨具、防寒具、ヘッドランプ、昼食、行動食、軽アイゼン(今年は降雪が多い)

申込先:高橋 努 携帯電話090-2906-4356

Emai  tom-tak@bk9.so-net.ne.jp

申込期限:2月27日(木)まで

   ・日時:2014年2月23日(日)13:00~16:00 (受付開始12:30)

 ・場所:仲町川鍋ビル(㈱万代) 8階会議室

         (さいたま市大宮区仲町2-60 TEL:048-641-5529)

         (JR大宮駅東口から徒歩約8分)

 ・講師:日本山岳会埼玉支部 渡邉 浩 氏

     山岳スポーツ指導員(日本体育協会)

     救急法指導員(日本赤十字社)

     日本山岳会埼玉支部(安全登山委員会)

 ・募集人数:20~30名(申込み先着順)

 ・参加費:無料

 ・印刷用案内資料:こちら

 ・申込先:日本山岳会埼玉支部 安全登山委員会 松本敏夫まで

          ここから申し込む場合はタイトル「安全登山講習会参加」でお願いします。

 ・注意事項:

  - 筆記用具持参、動きやすい服装でご参加下さい

  - 講習修了証は発行しておりません

   ・日時:2014年2月8日(土)~9日(日)  

   ・場所:奥日光・学習院光徳小屋周辺

 ・宿泊:学習院 日光・光徳小屋(入浴は光徳温泉・日光アストリアホテル)

  住所:栃木県日光市中宮祠官有無番地:電話:0288-55-0706

 ・宿泊費:4000円(卒業生:3000円)

 ・交通:東武スカイツリー線浅草駅-東武日光駅(2時間:片道運賃1,320円)

   バス(光徳温泉経由湯元温泉行):JR日光駅または東武日光駅→中禅寺湖

   →光徳温泉下車(1時間10分:バス代:1,600円)

   バス停から徒歩(20分)で学習院光徳小屋

 ・レンタルスキーセットまたはスノーシューセット:

   日光アストリアホテル(2,300円/1日)

 ・日光アストリアホテル住所:栃木県日光市光徳温泉(TEL:0288-55-0585)

 ・装備:通常の冬山装備(山王峠コースはアイゼン不要)と防寒対策

 ・詳細日程

 ○2月8日(土)

  -東武スカイツリーライン快速・浅草駅(8:10発)=東武日光駅(10:19)着

   東武バス日光駅(10:35発)→光徳温泉着(11:50)→徒歩で光徳小屋(12:10)

  -自家用車を利用する場合、学習院 日光・光徳小屋(12時10分集合)

  -昼食:各自持参(光徳小屋にて) なお夕食及び翌朝の朝食は自炊です。

  -コース:光徳小屋または日光アストリアホテル周囲コース

     (2時間程度スノーシュなどで散策)

  ・入浴は日光アストリアホテル(学習院割引:500円)

 ○2月9日(日)

  1)山王峠コース(約4時間):参加者の希望、積雪状況によりコース変更も可

  2)日光白根山コース(約6時間):対象はネパールトレッキングAコース参加者を予定

  -昼食及び行動食は各自持参のこと

  -帰路のバス予定時刻:光徳小屋14:00~光徳温泉発(14:20、15:15, 16;20など)

   ~東武日光駅着(15:29, 16:24、17:29など)

  -帰路の電車時刻:東武日光駅・快速(15:36、16:31, 17:39発)=東武浅草駅

   (18:05、 19:05、 20:05着)

   ・連絡先および参加申込先は松本敏夫まで

   ここから申し込む場合はタイトル「日光光徳参加」でお願いします。

   ・申込期限:2014年1月末日まで

     ・募集定員:20名程度

2月2日(日) 大久保山112m

・集合時刻・場所:10時に高崎線本庄駅改札前

・コース案(案の一つであり当日になって変更があり得ます):

  街歩きプラスαと言ったレベルです。

  本庄駅→(約2キロ)→新幹線本庄早稲田駅→大久保山<休憩・昼食>

  →(約2~3キロ)→本庄市内→普寛霊場→本庄駅

  時間があれば、利根川も近いです。

  (注)御嶽山を開いた普寛は本庄で亡くなっています。

・申込み/問合せ:集会山行委員会まで。

  ここから申し込む場合はタイトル「大久保山」でお願いします。

自然保護シンポジウム
  「第3回埼玉の自然を知ろう!」
 ・日時:2014/1/15(水)18:30~21:00
 ・場所:浦和パルコ10階 浦和コミュニティセンター集会室
 ・内容:4テーマ
   (1)武甲山の希少野生植物
  (2)埼玉県のシカ被害の実態と課題
  (3)大高取山の地質と動植物
  (4)森づくり活動報告
 ・入場は無料です。
 ・問合せ/申込み:自然保護委員会 岸まで
  ここから申し込む場合はタイトル「自然保護シンポジウム」でお願いします。

・日時:2014/1/25(土)13:30~17:00(13:00受付開始)

 ・場所:埼玉会館3C会議室

    (さいたま市浦和区高砂3-1-4 Tel:048-829-2471)

 ・講師:埼玉県秩父警察署・埼玉県警察山岳救助隊

      副隊長 飯田雅彦氏

 ・後援:埼玉県教育委員会

     埼玉新聞社

     埼玉県山岳連盟

       埼玉県勤労者山岳連盟

 ・募集人数:100名

 ・参加費:500円

 ・印刷用案内資料:こちら

 ・申込先:日本山岳会埼玉支部 安全登山委員会 松本まで

  ここから申し込む場合はタイトル「安全登山講演会参加」でお願いします。

記録 山行集会 正田
日程:2月9日(土)10日(日) 1泊2日 (自家用車利用)
参加:山崎、高橋、宮川、山崎、石塚、冨田、正田
<コースタイム>
2/9:久喜7:00=茅野IC=12:50ピラタスロープウエイ13:10-坪庭-14:20北横岳15:00-16:00
縞枯山荘(泊)
2/10:小屋8:00-雨池峠-池雨池山8:30-三ッ岳9:40-山頂駅11:10=ピラタスロープウエイ
駐車場12:00=甲府(鮨)=桶川(解散)19:00

<感想>

2/9:素晴しい快晴の中を、お昼前にピラタス駐車場に着き、身支度を整え山麓の駅のヒュッテで思い思いに昼食をとった。

ロープウエイは行列が出来ており、13時前の便に乗車して、一気に山頂駅へ到着した。眺めが良く、乗務員の方も遠景の

山々の説明に余念が無い。

山頂駅は沢山のスキー客、観光客、登山客で溢れかえっているが、そこは流石に厳冬期の2000mの稜線であり、寒さがこた

える。山頂駅広場から一寸した坂を登り、雪の原の坪庭を突っ切り、赤旗で左に折れ、北横岳へ向けジグザグの斜面を登っ

て行く。

尾根を登りきると坪庭を一望できる。樹林帯を進むと三つ岳からの道と合流し、程なく北横岳の前にでる。ヒュッテからは

急登となるが、山頂までは直ぐに辿り着く。

山頂からは南アルプス、中央アルプス、北アルプス、蓼科山、浅間山、妙義山、荒船山、両神山、奥秩父の連山等360度

の大展望を見回す。しかし、風は強く兎に角体感温度は寒い。

記念写真を撮影し、北峰の三角点を往復後下山開始した。縞枯山荘へは約1地時間程で到着した。小屋では3Fへ通され、

早速夕食までの酒盛りとなった。(小屋では猪熊氏と再会)

詳しい報告はこちらをクリックしてご覧ください。2013Kitayatsu.pdf

忘年山行

2012/12/08-09 忘年山行

(1)1日目 天覧山・多峰主山の山行→ 50山「天覧山」を参照方。

(2)1日目 講演・懇親会

 
 
 


(3)2日目 父不見山の山行→ 50山「父不見山」を参照方。

2012/10/13-14 四季の山 南会津 小野岳・燧岳


 


小野岳(2012-10-13)


 
 
 


燧岳(2012-10-14)

2012/08/11-13 四季の山 剣岳

快晴の8月12日に剣岳を長次郎谷から雪渓をつめ、12:10に2,999mに登頂。

13日は前線の通過により暴風雨中で剣沢テント場を撤収して悪戦苦闘をして室堂まで

たどり着き、全員無事に山行を終え20:00に北本駅にて解散しました。

かなりハードな山行でしたが、全員笑顔で終了できましたことは何よりでした。

東チベットの事前訓練として有意義でした。

剣岳山頂(2012-08-12)

剣岳と剣沢テント場

剣岳報告書はこちら

 

2012/07/06-15 海外登山 インドネシア クリンチ山


・スマトラ島中西部にある標高3800mの火山です。




・地図  ; スマトラ島中西部地図 スマトラ島中西部概念図


・報告書 ; レポート

       (注)個人情報が入った登山計画書部分は割愛しました。

・日時:2012年6月30日(土)

・場所:東吾野 平戸の岩場(東吾野駅から5~10分のところ)

・参加者:講師役を含めて全10名

・内容:岩場での道具の使い方、ロープの結び方、確保の技術、岩場の登り方、懸垂下降等

・備考:特にこの秋の偵察隊メンバに必要な初級岩登り技術を講習

 

 
 

2012/04/14-15 三支部合同登山「雲取山」

昨年9月以来、2回悪天のために中止したが、ようやく3度目の正直で実施することができた。

報告書は、こちら(PDF形式)です。

なお、雲取山については、50山「雲取山」も参照して下さい。

埼玉県障害者スポーツ協会との共催事業として、4月8日(日)寄居町にある鐘撞堂山に登った。

当日は快晴。9時20分寄居町役場集合。最年少5歳から最高齢76歳まで総勢65名が集う。

障害者11名(知的障害、高次脳機能障害)、家族等13名、日本山岳会関係者29名、

障害者スポーツ指導員2名、スポーツ協会1名。 開始式の後、10時出発。あらかじめ障害

の特徴や体力などの申告の内容により班分けを行い7つの班を編成した。健脚コース(桜沢ル

ート12Km)2班、一般コース(大正池ルート10Km)

4班、本部班1班、計7班に分かれて登山する。一般コースは、途中の竹工房のご主人の協力に

よりお茶用のお湯と参加者一人ひとりに竹を切って「竹カップ」が用意されており、しばしお

茶の時間を楽しんだあと山頂に向かう。健脚コースはリーダーから歩き方やストックの使い方

などの指導をうけながら、見晴らしのよい尾根歩きを楽しみ鐘撞堂山で合流。例年より寒さが

続いたため、山頂の桜の開花には1週間ほど早い登山となった。鐘撞堂山から羅漢山を経由し、

春の里山の景色を楽しみながら、また体調不良や遅れる者もなく全員がそろって歩くことがで

きた。

解散式では、障がい者それぞれから感想が述べられ、来年のふれあい登山での再会を約束して

15時に解散した。

当日の写真は、50山「鐘撞堂山」を参照して下さい。

 

麓の嬬恋山荘に泊って、スキーまたはスノーシュウによる登山。8名の方が冬山を満喫。

20120218-1.JPG   20120218-2.JPG
嬬恋山荘の語らい   つつじ平を行く

 

20120218-3.JPG   20120218-4.JPG
山頂に登り着く   「雪山讃歌」記念碑


報告書はこちら20120219Yunomaru.pdf

 

2011年10月29日−30日

昨年に続き2回目の南会津の山。 

 

20111029-01.JPG   20111029-02.JPG
田代山山頂の湿原    

 

20111029-04.JPG   20111029-03.JPG
田代山からの展望 日光の山々   会津駒ケ岳

 

20111030-01.JPG   20111030-02.JPG
荒海山へ向かう一同   荒海山を望む

 

20111030-04.JPG   20111030-03.JPG
荒海山山頂   荒海山山頂から三角点があるピークまでは笹に覆われた道をこぐ
java.JPG
Java島の東部にSemeru山3767mがある

 

日本山岳会埼玉支部の海外登山の一環として田尻一實さ んを隊長に奥様の順子さん、松尾治さん、石塚昌孝さん、金 子

鵬一さん、加藤晴久さん、南波克行さん、正田緑さんと冨 樫の9名がインドネシアのジャワ島の最高峰のスメル山 3,67

6m を目指した。

indo-201109-0000.jpg
バリ島デンパサール空港駐車場で

2011年9月9日(金)晴れ

成田空港第2ターミナルには先発している田尻ご夫妻を除い て7人が集合し、ガルーダ・インドネシア航空の 11:00 発

にE チケットで7名まとめてチェックインをする。7時間 30 分のフラ イトでバリ島のデンパサールに 18:30 に到着す

る。空港には 田尻夫妻と通訳・ガイドのマディさんが迎えに来てくれた。車 で宿泊地のウブドまで1時間のドライブ。

気温は赤道直下に かかわらず日本より少し涼しい感じである。 

2011年9月10日(土)曇り

バザールを見物して迎えの車に乗り、湧水で沐浴しているテ ルタアンプル寺を見る。石造りのヒンズー寺は静かなたた

ず まいで多くの参拝者がおり、悪い心を清めるため沐浴をしていた。古い歴史のある寺を見る。寺も古いが、庭に菩提

樹の 巨木があり、元の木が解らないぐらい周辺の気根が太くなり 周囲が40mはあろうかと思えた。16:00にコテ

ージに戻る。 

2011年9月11日(日)曇り後雨

フェリー乗場に到着する。ここで運転手と別れるが、マディさ んは我々と同行する。港にはジャワ島のガイドのココさん

が出 迎えていた。10人乗りのバスと小型車が用意され我々はバ スに乗車する。ジャワ島は西に位置して時差がさらに

1時間 発生する。17:00に大きな屋根の KALIBARU COTTAGES に到着する。ヤシ・バナナ・ブーゲンビリア・熱

帯植物が茂る 広い庭園の中に2人部屋の赤い屋根のコテージが散在す る。

2011年9月12日(月)曇り時々小雨

2台の車に分乗してラヌパニに向かう。山道に入り、海抜 500m のスンドゥロの BALAIBESAR TAMAN NATIONAL ゲー

トで入山料を支払い、いきなり急坂になる。バス1台がやっと 通れる狭い道だが、対向車がなく助かる。海抜 800m の付

近 は赤い肌の杉(?)があり、これを伐採し運搬するトラックがい る。海抜 1,500m 付近は巨木が天空を覆う熱帯雨林で、

巨木 にはサルオガセが垂れ下がり、幹にはシダやランが着生して おり、ヘゴの木が密生しているジャングルである。2,0

00m 付 近は松が多い。道はいきなり高原野菜地帯に飛び込む。急 な山肌には畑が作られ、ねぎ・キャベツ・きぬさやえ

んどうが 栽培され、道端には大根の花(?)が野生化している。山の中 の小さな村と思ったら人口 1,000 人からの村であっ

た。村中 にある宿の前がキリスト教の教会で近くの回教のモスクからマ イクを通して礼拝の祈りがあり、近くにはヒン

ズーの寺がある。 仲良くやっているようだ。夕空に遠くスメル山のシルエットが 見える。宿はベッドだけの2人部屋で

食堂が宿の入口にある。 シャワーがあるがお湯は少々で、トイレは男女共用で手桶で 水を流す方式である。夕食には冷

えたビールが提供され、料 理はジャガイモを練って団子にしたコロッケ、豆腐・鶏肉を油 で揚げたもの、野菜のスープ

を白米にかけていただく。 

2011年9月13日(火)晴れ

2011年9月13日(火)晴れ 快晴の朝で 4:00 にコーランのマイクで起こされ、5:00 に鶏の 鳴く声で起こされそれ

でも寝て、6:00 に起床、6:30 朝食。朝 食はチャーハンとじゃがいものフライと食パンとジャムとコーヒ ーと紅茶で、

こんな山の中で食パンが出るとは驚きである。 7:40 に出発する。他の宿から出てきたドイツ人グループと合 流するが

抜かれる。昨日来た道を少し戻りゲートの手前を右 折し、畑の横をしばらく歩いて左手の山道がルートになる。細 い登

りの坂道で高度を上げるとこの村の高原野菜地帯全体 が見渡せる。かなり奥行きが広く、様々な種類の野菜が栽培 され

ている。生産物は車で下の町のバザールに運ばれる。 道には四角や6角形の石で丁寧に舗装されており歩きやす い。こ

の道は数キロ続いている。道の両脇にはノボタン・イン パチエンス・ミズ・カッコウアザミ等日本にも見られる植物が

あ るが、巨大なヘゴの木には驚いた。霧の多い所の特徴で松 にはサルオガセが垂れ下がり、幹には複数の種類の着生ラ

ンやシダ・モンステラーが付着している。山肌に焼けた跡が あり、まだ燃えているところがる。落雷による山火事であ

る。故 意に火を点け、焼き畑状態にしているところも複数個所見受 けられた。乾燥しているのでよく燃えるが消火活動

はしてい ない。11:30 にガスの中から湖が現れる。ラヌクンブロ湖で岸 辺には大勢のトレッカーが昼食のため休憩して

いる。我々もポーターが作った昼食を食べてから出発する。スメル山との 峠に向かって草原の中を1時間歩き、14:30に

2,750mの峠で 高度順化のため 30 分休憩する。ここからスメル山がよく見え る。山の半分が樹林帯でその上が赤茶けた

火山灰土の裸の 山である。雨による浸食された縦の溝が見え、ルートらしい白 い道も見える。30 分で今夜のテント場

に到着する。屋根の壊 れた建物があるが、炊事用で我々はココさんが用意したテン トに宿泊する。スメル山のスケッチ

をしてテント場に戻ると仲 間は誰もいない。ココさんに聞くと神の雫の水場を見に行っ ているという。すぐ後を追うが

追い付かない 15 分ほど水のな い谷間を下ると仲間の声が聞こえ、やがて右手の岩壁から水 が滴り落ちている水場に到

着する。あまり水量は多くなく水を トタンで集めているが、集めるのは大変である。疲れた体に は戻るのも大変であっ

た。夕食時にはポーター達が焚火を する為近くの木を切って盛大に燃やしてくれる。ここに来て初 めて聞いたのだが、

明日は頂上でご来光を迎えるために夜 中に出発するという。スメル山名とは別に最高地点はマハメ ールと呼ばれインド

ネシアのヒンドウー教では聖山である。

indo-2011090003.jpg   indo-2011090011.jpg
スメル山登山口であるラヌバニ村ホテル前で   スメル山途中の巨木になったシダ(ヘゴノキ)林で
indo-2011090012.jpg   indo-2011090004.jpg
スメル山の麓にあるテント場に向かう一行   スメル山をバックに

 

indo-201109-0005.jpg
スメル山(火山)の頂上

2011年9月14日(水)晴れ

0:00 に起床。ミルクとパンと紅茶をいただいて 1:00 に出発す る。田尻さんは体調不良で登りはキャンセルしてテント撤

収 後にポーターとラヌクンブロ湖まで高度を下げ、場合によって はナヌパニ村まで下山する。田尻隊長からスメル山登

山の隊 長代行を指名される。松尾さんが適任と思うが引き受ける。テ ント場の海抜が2,600mでスメル山は3,676mなので

高度差は 約 1,100m ある。真っ暗なテント場をすこし下ってからスメル山 の登山口に取り付く。我々8名に5人のポータ

ーがついて来 た。いきなり急坂で懐中電灯の明かりを頼りに火山灰のほこり が舞い上がる道を進むが、暗いので後方が見

えない。南波さ んが遅れており、間が開いたようで南波さんを2番手に来ても らい再び一団となって樹林帯の中を登る。

埃はあるが登りや すい。1時間強ぐらい登った 3,000m 付近で樹木が無くなる。 ここから崩れやすい砂利道である。道は

軽石状の火山灰土 で、1歩登ると半歩ずり落ちる。歌の文句のように3歩登って2 歩下がる。懐中電気の明かりで足場が

よく見えず堅い岩がな く、全てずり下がるので疲労が激しい。

見かねたポーターが 手を出すのでひっぱってもらうが大変。

力強いポーターの脚 力に感心するが足場の悪さは解決しない。途中で疲れて登 るのが嫌になったが仕方がない。明るくな

り始めポーターから 杖になる棒を渡され、自分で足場を定めながら調子を上げて ゆく。頂上のご来光には間に合わず、太

陽が出てきて周辺が 明るくなってきた。登っているルートの両サイドは雨による浸 食で深い溝になっておりずり落ちると

軽い怪我では済まない。 ルートのヘリで人が歩いていないやや硬い所を登ると危険を サッチしてポーターがそれ以上へり

に寄らないよう声をかけ てくる。元気のいい金子さん、正田さん、加藤さん、田尻淳子 さん達は先に登りだした。残りは

少しずつピッチを上げて後を 追う。やがて傾斜が緩くなり頂上の道標が見え、平らな所の50m 先に大勢の人が見える。

7:30 到着する。登りは 6 時間 30 分かかった。

砂礫の道に5時間を要した。遅れてきた仲間を 待って、頂上で記念写真を撮る。

頂上はガスで下界は見えないが、尾根続きの噴火口では 時々小噴火があり噴煙が上がっているのが見えるが、周辺の ガス

で写真には写らないであろう。30 分ほどジャワ島の最高 峰の雰囲気を楽しんで 8:00 に下山を開始する。下山は富士 山の

須走ルートと同じで勝手にすべりおちる。途中で休憩を 考えたが、安全に休む所がなくポーターに援護されて全員 快調に

下山している様なのでそのまま火山灰の埃の中を下 る。樹林帯の入口の少し先に広いところが有りそこで休憩す る。急ぎ

過ぎたために数人の後続がついて来ず別れた休憩 になってしまった。途中で一度休憩を入れたほうが良かった。 樹林帯の

中で一度休憩しただけで 9:40 にテント場に到着す る。下りは1時間 40 分であった。テント場には田尻隊長が出 迎えて

全員の登頂を喜んでもらったが、皆からは世界最悪の 山との話があり困っていた。自分を手助けしてくれたポーター は

このグループのサブリーダーで棒を返しながら日本のタバ コを1箱お礼で渡す。タバコは事前に全員が田尻さんから頂

いたもので隊員の皆さんもお礼に使っていた。田尻さんは体 調が少し良くなったが、大事をとってココさんとポーター

と3人 でラヌパニ村まで下山をする。昼食後テントを撤収して 12:00 にラヌクンボロ湖に向かう。途中ですれ違う登山

グループと交流しながら 14:30 に湖に到着する。

ポーター達が山から枯れ た木を担いで下し、盛大に焚火を楽しんだ。岸では釣りをしており 5cm ほどの小魚を釣り上げ

ていた。テントの外で月が 出てきて湖面をいれて3つの月が見えると騒いでいるが疲れ ていたので見ないで寝てしまう。

indo-201109-0014.jpg   indo-201109-0015.jpg
スメル山からの帰路にあるラヌクンボロ湖   ブロモカルデラからブロモ火山と手前のヒンヅー寺

2011年9月15日(木)晴れ

テントは夜露でびっしょりで湖面はガスで見えない。7:30 に 出発して湖の反対側で湖をバックに集合写真を撮影する。

のんびりと歩き、途中の東屋で登って来たインドネシアの大学 山登りグループと国際交流を楽しんだ。12:10ニラヌパ

ニ村に到着する。

田尻さんの出迎えを受ける。元気そうなので安心 する。昼食後3台のジープで来た道とは反対の道を登り尾根沿いに進

んで分岐点に到着。車をおりて下を見ると広大な谷 底が見える。所々に草原・砂地・黒い大地が見える。

これがブロモカルデラで谷底を目指して急坂をジープでゆっくり、 未舗装の草地や砂漠城の道を 20 分近く走ると左手に

頂上まで階段が作られているブロモ火山とその麓のヒンズー寺と馬 方の小屋が現れる。馬方は寺かブロモ山の麓まで馬に

乗ってもらおうと寄ってくるが我々にその時間はない。さらにその先に進むかと思いきやここから引き返し先ほどの分岐

まで登 り返し、分岐の左の道を次第に高度を下げて 17:00 に着いた 大きな都市が州都のマランで、海抜 500m の街は暑い。 

2011年9月16日(金)晴れ

9:00 にマイクロバスで出発し、小鳥のバザールを見物する。 ジャワ島にこんなにたくさんの小鳥がいたかと思うほどた

くさ んの種類の小鳥がかごに入れられ売られている。1羽 25 円ぐ らいらしい。小鳥以外にふくろう・にわとり・カラス

・鳩・ヤモリ・ ウサギ・ハムスター・ハリネズミ・ペルシャネコ・サル達や釣りの 餌の昆虫まで売っていた。途中から高

速道路に乗り 16:30 に スラバヤに到着する。

 2011年9月17日(土)晴れ

11:00 に出発してオランダからの独立の舞台で掲げられたオ ランダの旗の青い部分を切裂いて赤と白をインドネシアの国

旗にしたというエピソードのあるホテルで当時の貴重な写真 を見る。バスで混雑する道を空港に向かう。スラバヤからデ

ン バサールまでの国内線のカウンターで荷物を成田まで預け 身軽になる。フライトは1時間弱でデンバサールに到着する。

国際線のカウンターでチェックインして 15 万ルピーの空港税 を支払い、出国手続きをする。満席の機は 00:45 にテイク

オ フし、一路日本に向かう。

 2011年9月18日(日)晴れ

8:50 に成田国際空港に到着する。気温は 29 度でインドネシ アより蒸し暑い。正田範満さんが迎えに来ていた。 以上 冨樫記 

indo-201109-9999.JPG
スメル山のスケッチ

 

石橋石橋支部長を始め総勢13名の参加。支部長より18年前の三代目山研の建て替えのご苦労話

を伺い楽しい歓談とスリル満点の焼岳登山を堪能することができた。特に、前日はかなりの雨が降

り絶望的な天気予報だったが、翌日は雨にも合わずに、無事山頂へ行く事ができたのは幸い。

詳しい報告はこちらをクリックしてご覧ください。

sanken-001.JPG   sanken-003.JPG
山研にて   焼岳頂上

 

・テーマ : 夏山登山の山岳気象 -観天望気と気象遭難-

・講師  : 環境省自然公園指導員・元気象庁山岳部員

       日本山岳会会員 城所邦夫氏

・場所  : 仲町川鍋ビル 8階会議室 (さいたま市大宮区仲町2-60)

20110615Kouenkai-1.jpg   20110615Kouenkai-2.jpg  
講師の城所氏   盛況の会場    
20110615Kouenkai-3.jpg        
スライドによる説明        

 



 

JAC埼玉支部 四季の山「安達太良山・一切経の山登り」に参加して(2011615日 斉藤幹雄)

20110612Adatara-3.JPG
安達太良山頂上で(2011-06-12)

 

小雨の羽生駅で正田さんご夫妻とお会いして鴻巣駅発のチャーターバスに乗り込みました。どなたもが心配したお天気も

山に向かっていくと次第に収まりとうとう福島支部の皆さんとお会いした浄土平では雨が収まり、翌日の安達太良山は全

く素晴らしいお天気に恵まれました。単純に晴れればうれしい山屋ですから本当にありがたいことです。

 

浄土平の観光ロッジでのお昼を済ませ出発、田部井さんには沼尻高原ロッジに5時との話、時間的に一切経は登らずに東

吾妻山の麓を周る鎌沼コースを行く、雪渓が残り雨上がりの冷たい空気が清々しい、福島支部のご長老伊藤さんがガスの

切れた鎌沼のほとりにたたずみ、雪解けの斜面に元気に生きる多くの花を一つ一つ確かめて「生きてて良かった」「ここ

に来これてよかった」と云いました、僕はそれを聞いて胸に迫るものがありました、本当に山を愛されていらっしゃるの

だなと感じたのはもちろんですが、浄土平での「お客様は例年の10%にも行かない、売り上げは5%ほど」と聞いたこ

とと合わさり「国敗れて山河あり」かと、伊藤さんの心境に察しが及びました、思いもよらない放射能の汚染とこの素晴

らしい自然の変わらない佇まいに励まされ今再び実感として国(福島の)の復活を願ったのではないでしょうか。姥が原

の姥神様に福島の皆さんと一緒にご挨拶させていただいたこともうれしいことでした、吾妻連峰を心底愛するこの日のリ

ーダーの佐藤さん(?)にもやはり長老伊藤さんと同じような感慨がきっとあるに違いないでしょう、植物の再生事業がボラ

ンティアによって成果を見せている現場では素敵な湿原を次世代に託する吾妻を大切にする福島市民の気概も伝わって来

ました。

 

沼尻高原ロッジに泊まったのも田部井さんにお会いできたのもうれしいことでした、田部井さんにはご多忙の中を本当に

ありがとうございました、これからもお元気でご活躍をお祈りしたいと思います。そして田部井さんの「東北の山に登ろ

う、東北に元気を」をこのような形(福島支部の皆さんとの交流)で参加実施できたことは埼玉支部のお陰(埼玉支部設

立一周年の両神山に参加できずに失礼いたしました)とありがたく喜ぶことが出来ました。

沼尻高原ロッジの評判のお湯はもちろんですが僕は夕食時(美味しいものだらけ)の特にニシンのさんしょう漬けがとて

も気に入りました、実は僕もニシンのさんしょう漬けを自前でやっていて「こんなうまいもの」といつも思っているので

自信にもなったことでした。

 

素晴らしい宴とお湯でたっぷり睡眠のとれた朝、美味しいおにぎりをもって記念写真、調達のバスで林道を上り沼尻の登

山口を7:15分出発、安達太良山を裏から登る感じ、いつもは登り口としている岳温泉に下るロングコース。 今日はや

はり福島支部の小林さんがリーダー、イワカガミやヤシオつつじの咲く急登をネマガリダケを採り(15本です、熊の大切

なごはんですから遠慮してます、今朝お味噌汁でそれは美味しく頂きました)スケッチポイントを確かめながら一気に登

る、遠くに真っ白な飯豊山と吾妻の主峰西吾妻が次第に大きく高く輝きをます、胸にしたたりつたう大汗が気持ち良い。

変化にとんだ尾根ルートだ、爆裂火口の沼の平を見下ろし荒々しい溶岩岩の船明神を攀じ、吹きさらしの馬の背から安達

太良山頂上へそしてき薬師岳からロープウエィで安達太良スキー場へ下る、14:00行動終了、標高差約600m(1

110mから1700m)を6時間45分の行程、石橋支部長さんも南波さんも全員予定通り無事・見事に走破すること

が出来ました。

一方で痛々しい地震の爪痕(キレツ・尾根を行く左手、沼の平側に緩みが明らか)が走り今回の企画山行がタイミングと

して本当に多くの意味を含んだ実行になったものと実感したことでした。

 

ところで、沼尻から船明神を上がったこのコースを選んだのは良いプランでしたね、バスやケーブルで高いところまで行

ってスタートすることが当たり前のように多く計画されますが、実は登りにこそ大きな喜びあるのですね、大汗をかいて

一呼吸を入れて景色を楽しむ、高度が上がるにつれて花も彩りを加え、遠くの山も一緒に上がって来て迫力を加えます、

ケーブルで上がってしまってはこうは行きませんもったいない話です、帰りの長い下りも事故のもとです。

 

また逸見様の写真集「吾妻連峰」をありがとうございました、特に稜線の朝(7ページ)は胸に迫る臨場感です、この場

所に立ち針葉樹の樹間に山スキーを滑らせることが出来ればどんなに気分が爽快なことでしょう、僕は吾妻をもっともっ

と知りたいと思ました。

 

 

福島支部の皆さまには本計画の交流会をとても楽しみしていただいたとお聞きしましたありがとうございます、本当に3

月11以前にいつになったら戻ることが出来るでしょう、僕もこのとんでもないことへの重い怒りを何処に持っていたらよ

いか解りません、ただ一つ山に登り祈ることが勇気を与えてくれそうに感じたことでした。  以上

20110611Azuma-1.JPG   20110611Azuma-2.JPG
鎌池への登り   姥神様
20110611Azuma-3.JPG   20110611Azuma-4.JPG
鎌沼から東吾妻   一切経
20110611Tabei-2.jpg   20110612Adatara-1.JPG
沼尻高原ロッジで田部井さんを囲んで(2011-06-11)   障子ヶ岩
20110612Adatara-2.JPG   20110611Azuma-Henmi.JPG
牛の背   逸見征勝「吾妻連峰」(平成21年3月29日発行)より「稜線の朝(西吾妻山)」

高麗駅~登山口~金刀比羅神社~日和田山山頂~駒高集落~物見山~(往路を戻る)~高麗駅という

コースで実施。

物見山へは健脚組が往復。

障害のある人19人、付添16人、山岳会関係者24人、スポーツ協会6人、合計64人の登山隊で

した。支部として、また障害者スポーツ協会としても初めての登山事業であったが、一緒に山の楽し

さを味わうことができた。日和田山山頂からは霞んでいたが、楽しみにしていた東京スカイツリーも

眺めることができた。来年度も「ふれあい登山」を開催する予定である。

20110417-Hureai-00.JPG   2011-05-15SaitamaShinbun.jpg
高麗駅を出発するとき全員で記念撮影。   埼玉新聞の記事(2011-05-15)

・場所 ; 埼玉会館(さいたま市浦和区)3C会議室(けやき)
・式次第
  開会の辞
  支部長挨拶
  定足数報告および議長選出
  議事
   1号議案 平成22年度事業報告および収支決算案 承認の件
   2号議案 平成23年度事業計画および予算案 承認の件
  新入会員および各委員会/同好会メンバーの紹介
  事務連絡(記念山行:両神山について)
  閉会の辞

中止となった懇親会の代わりに会員やメンバーの紹介をおこない、和気あいあいの中で総会を終えることができました。
山に行っていて地震に遭い、帰りの交通手段がなく避難所に泊って山道具が役立った話などが披露されました。

 

「学習院光徳小屋及び周辺スノ―ハイク」に参加して

2011.2.19(土)~20(日)

 学習院光徳小屋に12時集合、参加者10名。各自昼食を済ませる。私はスノーシュー

ハイクは始めてなので不安と逸る気持ちを抑え、快晴の小屋の外に飛び出した。登山靴と

のサイズ合わせに手間取ったがスノーシューを履いて出発。正田夫妻はスキーで山王峠を

めざす。私たち8名は周辺を試し歩行と散策のため別ルートを辿った。

一歩また一歩ごとに気軽に簡単に雪原を歩けるとは思っても見なかった。不安な気持ち

は払拭され、次第に楽しさと喜びに変わってゆく。ただ履いている左右のスノーシューが

ぶつからないよう足幅に注意さえすれば、初心者にも快適な歩行が楽しめる。もっとスノ

ーシューを続けていたかったが、日光アストリアホテルに到着し、ホテルの温泉で汗を流

し、光徳小屋に戻る途中、啄木鳥がタンタンタンと木々を鳴らし反響する。まるで私達を

歓迎してくれているようだった。

 光徳小屋に帰着するや皆で手分けをして寄せ鍋作り。小屋には自炊に必要なガス、鍋、

釜、食器、皿、等々調理用具が全て揃っているので有難い。

 寄せ鍋も出来上がり、ビール、日本酒、ワイン、焼酎と多種のアルコールが出揃う。ビ

ールでまず乾杯の後、和気藹藹となり、宴会が始まる。

 飲むほどに、食べるほどに会話が弾む。たまには山小屋の食事でなく、自炊の料理も美

味しく戴き、久しぶりに堪能する事が出来た。最後はうどんで締め、話は尽きないが明日

のスノーハイクの事を考え就寝。

 翌朝、鳥の声に起こされてリビングに降りると、一晩中ストーブがついていたので暖か

い。全員揃ったところで朝食。ご飯、味噌汁、お新香、納豆、サラダ、タコのさしみにチ

ーズと充分な程の力をつけた。

 今日もまた快晴の光を受け、眩いばかりに輝く雪原に感動する。スノーシューもスムー

ズに装着でき、今日はスキー、スノーシュー隊と一緒の行動となる。

 ひんやりと気持ち良い空気の中、クラストした樹間の雪をザァッ、ザァッと音を立てて

あたりの静寂を破る。

 樹間越しに群青色の空の中に太郎山、小真名子山、大真名子山、さらに男体山の表日光

連山を眺めながら、快調に歩を進める。やがて、道路を横切り一汗すると、冬枯れの荒涼

とした戦場ヶ原に到着。行動食でカロリーを補給する。山はまだ冬休んでいると体が冷え

て行くのが分かる。帰りは往路のトレースを辿り光徳小屋に戻る。軽い昼食の後、帰り際

管理人さんに「ぜひ、また泊まりに来て下さいね」と声をかけられ学習院光徳小屋を後に

する。

 今回なごやかな雰囲気と天候に恵まれたのと、行程にも余裕があり、スノーハイクの良

さがじっくりと味わえ、爽快な気分で山を下りられる事の喜びを体感することができまし

た。

(深井幾蔵 記)



男体山をバックに

参加者記念撮影

参加報告書 → こちら

●2011/01/29 13:00~17:00

 第2回安全登山講演会(安全登山委員会主催)  

 ・後援:埼玉県教育委員会・埼玉新聞社

 ・場所:勤労者福祉会館(ときわ会館)会議室501

 ・講師:埼玉県秩父警察署・埼玉県警察山岳救助隊 飯田雅彦副隊長

 ・テーマ:他人事ではない、山岳遭難! -その原因と安全登山対策-

飯田雅彦副隊長

熱心に聞き入る参加

●2011/01/15 12:30~15:00 第1回懇談会

 ・場所 ; さいたま市大宮区 徳樹庵(中央デパート内)

 ・内容 ; 記念撮影、支部長挨拶、各委員会からの抱負、会食

 ・その他 ; 懇談会終了後に50山No.50浅間山に登頂

                       50山のページに写真を載せました

110115-00.JPG

●2010/09/15 第1回安全登山講演会(安全登山委員会主催)

 埼玉支部副支部長の野村孝義会員を講師に 「増加傾向の山岳遭難」に対する対策設定への

ヒントや槍ヶ岳診療所のお話を伺いました。参加者は野村会員を含めて40名を越え盛会でした。

 (参考)案内資料当日配布資料参加者アンケート集計

ヶ岳診療所当時の野村副支部長

中高年受診者の割合

急性高山病の要因

●2010/09/04-05 支部懇談会(東京多摩主催)

 下記の日程で開催されました。当支部からも支部長以下大勢の方が参加しました。

 東京多摩支部を除くと参加人員は一番多かったようです。

 ・会報編集担当者会議 09/05(日)13:00~14:00 於:多摩センター 京王プラザホテル

 ・支部活性化会員集会 09/05(日)14:00~16:30 於:同上

 ・懇親会 09/05(日)18:30~ 於:同上

 ・記念山行 09/06(月) 高尾山、高尾の森、多摩御陵のコース設定あり

 多摩支部のページもご覧ください。

開会前に準備中の多摩支部(Tシャツ緑色)の方々

記念山行の模様(参加者はエンジ色)

●2010/04/11 記念山行開催

 埼玉の県名を冠した支部の記念山行が4月11日の日曜日.馴染みの深い奥武蔵の丸山と決定し実行

された。以下はその記念山行の一日を追ったものである。

 当日は、西武秩父線芦ケ久保駅前に電車、車などで集合した参加者は男女合わせて32名支部長挨

拶に続き担当者から今日の日程の説明を受けた後、一同は2班に分かれ出発した。天候も時々雲間か

ら日のさす、まずまずの山行日和となった。

 国道299号を渡り、舗装された登り道をたどる。目的とする山は.北緯35度59分19秒 東経139

度09分34秒 標高960.3mの丸山である。登るにつれ淡いピンクの花の山桜、スイセンは黄色の花

で我々を迎えてくれた。

 出発して40分もしたころカタクリの自生地の案内板がありこれに導かれ、一寸寄り道をする。山

の傾斜地には力タクリが可憐な花を地に向けひっそりと咲いていた。そんな姿を写真に納める会

員。目に焼き付かせる会員、それぞれ思い思いの一時を過ごし元に戻った。

 再び山道を山頂目指し歩を進める。標高700m程登ったあたりで左手の樹木の間からは秩父の名

峰、両神山その右手には雪をまとった浅聞山の姿が望まれた。さらに山道を登り野外センターの案

内板を見ながら右に登路をとる。展望台のある頂上に到着したのは12時を少々まわっていた。この

ころより