2017年9月20日の平川講師の講演会報告

saitama-20170923.png

 

浦和のコミュニテイーセンターにて行われた、平川陽一郎講師の講演会が白熱する講義の中、参加者の熱い視線を受けながら終了しました。

埼玉支部員で支部の山行委員でもある、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドⅡの平川陽一郎氏を講師に招き、 「アクシデントに対応する安全技術」の講演会が開かれた。2016年の山の事故は、転倒・滑落・道迷いの50%を 60歳以上が占めるという結果を踏まえ、解決策として技術、経験値のアップ、体力アップのトレーニング、行動中のまめな水分・カロリー補給、早めの装備更新を上げた。また、過去の遭難事例をあげて、安全登山の基本は、 人(参加者の状況)、登山ルート、気象を配慮した行動が大事と説明した。ほかに、ストックの使用方法やザックの 背負い方、カミナリの情報は電力会社から得ることが出来るなどアドバイスした。質疑応答は時間いっぱい交わされ充実した内容であった。

anzen-17,9,20-houkoku2.pdf

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
mail:stm-inquiry@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行