トップメイン画像

第33回播隆祭と高頭山記念登山の報告

tym20180604banryu04.jpg
播隆祭参加者

 日本山岳会富山支部の第33回播隆祭は、6月3日高頭山(1210m)の麓、富山市河内の播隆上人の顕頌碑前で営まれた。支部会員や旧河内集落の住民ら約40名が槍ヶ岳を開山した高僧をしのんだ。

 播隆祭では鍛治支部長が挨拶し、「生家の会」代表の大作一男氏が昨年に引き続き播隆上人の遺品である半鐘や親鸞聖人や蓮如上人や法然上人の名号などの説明を行った。

 その後十数名により高頭山記念登山に向かい、アサギマダラが多数飛び交い、タンナサワフタギが満開を迎える爽やかで楽しい登山でした。
 

 

 

tym20180604banryu02.jpg   tym20180604banryu03.jpg
鍛治支部長の挨拶   生家の会代表:大作一男氏による説明
 
tym20180604banryu05.jpg   tym20180604banryu06.jpg
懇親会   高頭山記念登山の参加者
tym20180604banryu07.jpg   tym20180604banryu08.jpg
アサギマダラ   タンナサワフタギ

このブログ記事について

このページは、富山支部が2018年6月 4日 18:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第33回播隆祭と高頭山記念登山の案内」です。

次のブログ記事は「今後の活動予定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。