安全登山委員会 活動報告の最近のブログ記事

日本山岳会主催 指導者講習会「観天望気」 報告

埼玉支部 東 洋子

pdf版報告はこちら → 「観天望気」報告

4月3日〜4日と日本山岳会主催の指導者講習会として、”観天望気”の学びの機会がありました。

本来は2月13日〜14日でしたが、コロナウィルスで延期となり、少し落ち着いた4月に開催され、埼玉支部からは私を含めて3人で参加しました。

 

以前から、機会があったら学びたいとは思っていましたが、”ヤマテン”などで名前が知れている猪熊隆之氏の講座と実際に八ヶ岳を見ながらの”観展望気”のライブ授業もあるとの事で、楽しみに出掛けました。

 

冊子の”山と渓谷”などでも特集が度々組まれる、読図・ロープワーク・観天望気という三種の神器!の一つで、山に登るなら知識として知らないといけない事。私は山岳部の経験もなく、また、自分から真剣に学ぼうとしたこともなかったので、講座を受けたのは初めて。参加した人:19人の中では高齢な方で、40歳代以下は2人でした。

 

まず、長野県警察山岳救助隊の副隊長の母袋さんの山岳遭難の事故の話があり、それに続いて猪熊さんの講義がありました。

この時の講義は”気象リスクマネジメント”という題でテキストに沿っての話でした。計画段階で登山の成否の半分は決まる。登山計画を立てた時にリスクの想定と対策を練ること。登山ルートにより気象リスクは大きく違ってくる。

気象遭難:①低体温症 ②落雷 ③沢の増水 ④突風による転落死 他に雪崩や熱中症。これは森林限界を超える山でリスクは大きくなっている。これを防ぐには、まずは天気図。そして登山中の雲や風を確認する。

 

天気がどうして崩れるのか?山があるから。海との位置関係。そして等圧線の向き(風向き)等圧線の間隔(風速)について、パワーポイントを使っての講義でした。そして夕飯と風呂。

 

その後、2つのグループに別れて、秋山10月5〜7日に白馬岳に栂池自然園側から登頂するという想定で討議と講義が10時過ぎまでありました。この時の天気図が示されていましたが、太平洋に二つの高気圧。大陸には低気圧。そして日本海には前線。実際に遭難事故が起きた気象状況で、この場合に出発をしてから、どんな気象になるのか?3000m上空ではどんな風が吹いているのか?どこで引き返したら良いのかなどを、グループで討論し、発表して、学び合いました。

 

翌日は、学習にはもってこいの?曇り。これから雨が降り出すという予報の空模様。その中を宿泊していた小諸の安藤百福センターの近くの八ヶ岳パノラマトレイルや蓼科を展望するコースを歩きながら、ライブ授業を受けました。雨予報でしたが時折雨粒を感じるくらいで、降られずに終了。雲を観察しながら、風の通り道を感じたり、学んだり。小諸という地形が盆地で山岳地帯とは大きく違っている事なども体感しました。

 

この講習で、スキー仲間の山岳部員だったおばさま方が言っていた言葉を思い出しました。

”朝日のチャッカリ、姑のニッコリ、油断めさるな”

 

調子の良さそうな時には、後が危ないと!気をつけなさいよと。この日は確かに明るいのだけど、雲が多く、雲の流れもあって、”あれがレンズ雲”などと説明を受けていました。これから荒れてくる前兆の雲。

 

富士山がよく見える山にゆくと、雲をまとった姿をよく見ます。その雲により、これから荒れてくるのか?風が強くて、山の向こう側にゆけないのか?まだ学びが足りないと、学びはじめて知りました。感覚ではなく、きちんと知識が必要だと。

新型コロナウイルスによる自粛も緩み、7月を迎えようとしていますが、まだまだ予断を許さない状況です。

埼玉支部安全登山委員会では、4月5月6月と講習会を中止及び来年に順延としてきました。

これから迎える10月と来年1月の講演会は、検討した結果、中止の決断をしました。

毎年開催している会議室での企画に、ソーシャルデイスタンスなどの準備をもってしても、

危険な状態は変わらず、来期に延期の判断をしました。

委員一同来季に向けて新たに取り組みたいと思いますので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。安全登山委員長宮川

今、山で何が起こっているのか!当世登山者事情からわが身の安全登山を考えた。

講演内容はこちらからーanzen-2020,1,18-houkoku.pdf

飯能市市民会館と天覧山周辺で行われた、読図やツェルトを利用した屋外体験に

参加者は生き生きしていた。-anzen-2019,6,1kousyukai-houkoku.pdff

『今、山道具が充実している!』の講習会開催報告です。

進化している山道具、山道具の選び方を学習しました。記事はこちらーanzen-2019,5,22-kousyukaihoukoku.pdf

安全登山委員会では、4月2日に『安全委山に登るためには』副題「山登りのKYトレーニング」

と題し、講演会が行われた。参加者参加型のユニークな内容であった。

詳しくはこちらーanzen-2019,4,2-kouenkaihoukoku.pdf

支部安全登山委員会では、毎年1月に、埼玉県警山岳救助隊員の講演を開催している。

埼玉県内で起きた各種の遭難事故の様子を、映像と資料から参加者に訴えた内容は見事であった。

来年も又聞きたいとの意見が多く出た。詳しくはこちらからーanzen-2019,1,19-kirokubun.pdf

11月7日と17日の両日、座学と屋外実習にてスマホアプリを利用して読図講習会が行われました。

記録はこちらからーanzen-2018,11gatu-kousyuukai.pdf

爽やかな新緑の中で、飯能の天覧山山中での読図やレスキュー体験。

盛り上がった映像をご覧ください。

こちらからーanzen-6,2kousyukai-houkoku.pdf

5月24日に浦和コミセンにて安全登山委員会主催の「登山者が知っていてほしい医学知識」の

講演会が開催された。ヒマラヤでの経験豊富な金子医師から、登山中に起こる様々な症状に対処する

ノウハウをたっぷりと伝授された参加者は、改めて山への闘志がわいたようだった。

記事はこちらからーanzen-5,24kouenkai-houkoku.pdf

去る1月20日に開催されました、安全登山講演会は、多くの方々に参加していただき、
又、「有益であった」等、多数の方々のお声をいただきました。
 
  テーマ『今、山で何が起こっているか!』
 
大変、有意義な講演会であったと考えますので、参加できなかった会員にも
共有していただけるよう、当日の講演の様子を公開いたします。
 
 
★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。
 
   「【講演会:動画掲載】平成30年1月20日 安全登山講演会」
 
                               <安全登山委員会>

stm-20180120kouenkaihokoku.png

安全登山委員会「飯田雅彦講師の講演会報告」

 2018 年1 月20 日(土)に埼玉支部安全登山委員会主催で、埼玉県教育委員会、埼玉新聞社、埼玉県山岳連盟、埼玉県勤労者山岳連盟の後援を得て、テーマ『今、山で何が起こっているか!』の講演会が開催された。

 講師には、埼玉県警察本部地域課・山岳救助隊連絡指導班の、飯田雅彦氏を招き、昨年の埼玉県内で起こった遭難発生状況に基づき遭難状況の説明があった。遭難発生件数は、63 件で70 名の方の遭難があり、内37 件は単独登山者であった。発生原因は、道迷い、滑落、転倒、急病であるが、近年、認知症と思われる行方不明者の捜索もあった。

 特に、転倒ではバランス感覚の再チェックが必要で、会場で片足立ちをして各人の認識を確認したりした。飯田氏からは、バランス感覚は年齢とともに衰えるが、冷えが原因もあるので、準備運動などでよく足をあたためるとよいとの助言があった。

 今、登山ブームに乗って、年齢を問わず多くの人が里山から遠方の山へ入山している。そこでは命を落としたり、救助隊に救出される現実がある。

 参加者は、飯田講師の話術に引き込まれながら、登山への安全を再確認した。

飯田講師からの推薦図書

1、 「生死を分ける山の遭難回避術」・・羽根田 治著

2、 「続・秩父藪尾単独行」・・坂井勝生著

飯田講師からの案内

・『ココヘリ』・・会員が山岳遭難したとき、ID 付き発信機を探知する捜索ヘリ出動により、早期発見できるサービス

 会員登録が必要・・入会費3000+税、年会費3650+税、ヘリ出勤費1 事案につき3 回まで出動無料

 

こちらからーanzen-18,1,20-houkoku.pdf

 

2月25日(日)「山仲間のセルフレスキューを学ぶ」講習会が開催されました。

 2018年2月 25日(日)に埼玉支部安全登山委員会主催で、テーマ『山仲間のセルフレスキ ューを学ぶ』の講習会が開催された。参加者は、講師を含む 19 名(支部員 9 名、JAC 会員 2名、一般 8 名)が集まった。

 講習内容は午前と午後の部に分かれ、午前の部は「山で起こりやすいケガの応急手当」と題し悳秀彦講師からパワーポイントの映像説明や 3 班に分かれて事故事例に基づき、足や手のケガのテーピングやサムスプリントを用いた応急手当を全員実習した。

 午後の部は、「一次救命処置」を渡邉浩講師から説明を受け、8 体の模擬人形を利用し、 2 人一組で胸骨圧迫と AED 利用の心電図解析を体験する。ほかに傷病者の異物除去の方法も学んだ。 

報告はこちらからーanzen-18,2,25-kousyukai-houkoku.pdf

saitama-20170923.png

 

浦和のコミュニテイーセンターにて行われた、平川陽一郎講師の講演会が白熱する講義の中、参加者の熱い視線を受けながら終了しました。

埼玉支部員で支部の山行委員でもある、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドⅡの平川陽一郎氏を講師に招き、 「アクシデントに対応する安全技術」の講演会が開かれた。2016年の山の事故は、転倒・滑落・道迷いの50%を 60歳以上が占めるという結果を踏まえ、解決策として技術、経験値のアップ、体力アップのトレーニング、行動中のまめな水分・カロリー補給、早めの装備更新を上げた。また、過去の遭難事例をあげて、安全登山の基本は、 人(参加者の状況)、登山ルート、気象を配慮した行動が大事と説明した。ほかに、ストックの使用方法やザックの 背負い方、カミナリの情報は電力会社から得ることが出来るなどアドバイスした。質疑応答は時間いっぱい交わされ充実した内容であった。

anzen-17,9,20-houkoku2.pdf

平成 29 年 6 月 3 日(土)ハイキングレスキュー講習会報告

anzen-20170603haikinguresukyu.png

 

講師:瀬藤 武氏

安全登山委員会主催による講習会「ハイキングレスキュー講習」は、平成29年6月3日(土)、 9:30~16:00、飯能市市民会館(会議室 201)の座学や、天覧山から多峯主山近くの登山 道で屋外講習が行われた。講習会には日本山岳会会員 14 名と一般 14 名の 28 名が参加し、 埼玉県山岳連盟・遭難対策委員長の瀬藤 武氏からセルフレスキューのためのノウハウを 学んだ。

 

講習会内容と詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

5月議事録――anzen-17,5gatu-gijiroku.pdf

去る1月21日に開催されました、安全登山講演会は、多くの方々に参加していただき、

又、「有益であった」等、多数の方々のお声をいただきました。

 

  テーマ『どの山でも登山届をだそう!いざという時にあなたを救う』

      講師:埼玉県警察本部山岳救助隊 副隊長 飯田氏

 

大変、有意義な講演会であったと考えますので、参加できなかった会員にも

共有していただけるよう、当日の講演の様子を公開いたします。

記憶に新しい、H29年1月1日に発生の雁坂峠の事故の詳細も紹介されています。

 

★ 「会員ページ」にログインし、以下から視聴をお願い致します。

   「【講演会:動画掲載】平成29年1月21日 安全登山講演会」

                            <安全登山委員会>

去る2月26日に開催されました、安全登山講習会「テーマ『登山で事故! さあ、どうする!!』」は、

多くの方々の参加をいただき、又、「有益であった」等、多くの方々のお声をいただきました。

大変、有意義な講習会と考えますので、参加できなかった会員にも共有いただけるよう、

当日の講習会の様子を公開いたします。

★ 「会員ページ」にログインし、「【講習会動画掲載】平成29年2月26日 安全登山講習会」から視聴を

お願い致します。      <安全登山委員会>

「登山で事故! さあ どうする!!」講習会報告

こちらからーanzen-17,2,26-kousyukai.pdf

11月議事録

8月議事録ーanzen-8-gijiroku.pdf

9月議事録ーanzen-9-gijiroku.pdf

埼玉支部安全登山委員会は支部会員が事故なく安全に登山を楽しむことに資するよう、安全登山講演会と講習会を毎年開催しております。その内容を検討したり、安全登山に関わる諸問題を議論するため毎月定例会議を開催しております。
原則として第1火曜日に野村クリニックビルにて開催しますのでご関心ある方は飛び入りでも構いませんのでご参加ください。

平成28年4月安全登山委員会報告 → April70th-Safety_climbing_committee-report20160405.pdf

平成28年5月安全登山委員会報告 → May71st-Safety_climbing_committee-report20160405.pdf

平成28年6月安全登山委員会報告 → June72nd-Safety_climbing_committee-report20160405.pdf

埼玉支部安全登山委員会では、6月4日瀬藤講師を招き4回目の「ハイキングレスキュー講習」を実施した。

講習会の様子をご覧ください➡anzen-160608-haikingresukyu.pdf

第10回安全登山講習会「心肺蘇生及びAEDによる除細動」が平成28年2月20日(土)、13:00~16:00、大宮駅東口、仲町

川鍋ビル8階で開催された。参加者は会員及び一般参加者を含め6名であった。講師は日本赤十字社救急法指導員渡邉 浩

(埼玉支部・安全登山委員)氏である。心肺蘇生及びAEDによる除細動などの救急救命法は応急手当並びにハイキングレ

スキューと共に、登山に際し重要な知識や技術と考えられることから、多くの会員に参加してほしい講習であった。

 

004.JPG 003.JPGのサムネール画像

005.JPG 006.JPG

 安全登山委員会による第9回講習会「ハイキングレスキュー講習」が平成27年6月6日(土)、9:30~16:00、飯能市市民会館及び天覧山周辺の登山道で開催された。講習会には埼玉支部会員及び会友、計18名が参加した。講師は遭難対策の専門家である埼玉県山岳連盟・遭難対策委員長である瀬藤 武氏である。ハイキングレスキュー講習は実践的で身近な装備を利用した講習であり、大変有益な講習であった。これらの講習は登山の初心者から経験者まで応用可能である。

anzen-1506-001.JPG      anzen-1506-002.JPG

         講師の瀬藤 武氏                                 机上講習風景

 

anzen-1506-003.jpg  anzen-1506-004.jpg  anzen-1506-007.JPG

             参加者一同                                       搬送訓練

 

anzen-1506-005.jpg       anzen-1506-006.jpg

         読図訓練                                   レスキュー訓練

 

anzen-1506-008.JPG         anzen-1506-009.JPG

                 搬出訓練                 屋外での搬出訓練

 

 

 

 

●2011/01/29 13:00~17:00

 第2回安全登山講演会(安全登山委員会主催)  

 ・後援:埼玉県教育委員会・埼玉新聞社

 ・場所:勤労者福祉会館(ときわ会館)会議室501

 ・講師:埼玉県秩父警察署・埼玉県警察山岳救助隊 飯田雅彦副隊長

 ・テーマ:他人事ではない、山岳遭難! -その原因と安全登山対策-

飯田雅彦副隊長

熱心に聞き入る参加

●2010/09/15 第1回安全登山講演会(安全登山委員会主催)

 埼玉支部副支部長の野村孝義会員を講師に 「増加傾向の山岳遭難」に対する対策設定への

ヒントや槍ヶ岳診療所のお話を伺いました。参加者は野村会員を含めて40名を越え盛会でした。

 (参考)案内資料当日配布資料参加者アンケート集計

ヶ岳診療所当時の野村副支部長

中高年受診者の割合

急性高山病の要因

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ
〒350-0201
 
埼玉県坂戸市赤尾1910
 
stm@jac.or.jp
 
tel:080-2256-4829
 
事務局長:林 信行